登山中のデジタルカメラ活用法①~山行記録として!

(0)

SONY DSC-RX100M4
SONY DSC-RX100M4

登山中のデジタルカメラの使い方を紹介します。

使い方といっても、撮影方法やコツではありません。

デジタルカメラの特徴を生かして、山道具として活用する方法です。

広告
広告

登山中のデジタルカメラ活用法とは?

こんにちは~ (^o^)/

今日は、登山中のデジタルカメラの使い方を紹介します。

使い方といっても、撮影方法やコツではありません。

もちろん風景や、山頂の記念写真も撮りますが、デジタルカメラの特徴を生かして山道具として活用します。

デジカルカメラの特徴というのは、以下の2点です。

デジタルカメラの特徴
・写真と一緒に日付/時刻が記録できる
・写した写真をすぐに見られる(撮影場所と時刻が確認できる)

登山中にデジタルカメラで、登山コースの要所~要所で写真を撮っておけば、あとから、場所と時間(到着時刻/出発時刻)を確認できるので、以下の目的で活用することができますね。

【1】山行記録として
【2】登山中のメモ道具(到着時刻の予想に…)

 

山行記録として

山を始めて1年半ぐらいは、山行記録というものは残していませんでした。

カメラも持っていなかったので、その頃に登った山の写真も残っていません。

写真を撮るよりも、目で見た風景をしっかりと、脳に刻みつけておくほうが、記憶に残るだろうなんて思っていたようです。

最初のうちはそれでよかったんです。

何時、何処の山に登ってどんな風景だったとか…

天気は良かったか、悪かったか…

どんな人に会って、どんな経験をしたかとか…

だいたいのことは覚えていました。

山行記録を残そう!

それが、だんだん多くの山に行くようになってくると、記憶がだんだんあやふやになってきました。

年齢のせいではないと思いますが…(^_^;)

記憶があやふやということは、せっかく登った山の思い出も、そのうちに忘れてしまうんじゃないかと…

これはもったいないですね。

その頃から山行記録を残しておくようになりました。

記録する内容は、

日付、行き先(山域と登った山)、登山コース、天気、所要時間等が基本事項ですが、

その他に、使った装備(ザック、登山靴、等)や交通費。

特に印象的だったことや、感想等も余裕があれば記録していました。

でも書くのが面倒です…

ただし、山行記録を書くのは面倒なんですね。

山から帰ってきた後は、疲れているし、帰る時間が遅かったりするので、山行記録を書くのは翌日以降になってしまいます。

日が経つと、だんだん記憶もあやふやになってくるので、なるべく早く書かなきゃいけないんですが…

仕事が忙しかったりすると、なかなか書く気にもなりません。

山行記録を残すのも大変です。

写真に残せば簡単!

そこで、思いついたのが写真です。

印象に残るシーンを撮っておくのはもちろんですが、要所~要所(登山コース上のポイント)で、写真を撮っておくのです。

そうすれば、後から写真を見ながら、思い出すことができますね。

・どんなコースだったのか?
・どんな風景だったのか?
・天気は?晴れか曇か?

等々など…

PC(パソコン)で、日付毎に写真を整理しておけば、写真だけでも山行記録として成り立ちます。

別途、山行記録を書くにしても、写真を見ながらなら思い出すのも楽ですね。

それ以来、山に行く時は、必ずデジタルカメラを持って行くようになりました。

私にとって、デジタルカメラは登山の必需品です!

SONY・DSC-RX100M4

現在メインで使っているカメラは、SONYDSC-RX100M4です。
軽量コンパクトで、画質も良好。(防水ではありません)
価格は高めですが、山カメラに最適です!


AMAZONで見る
※RX100シリーズは、現在M1(初代)~M5(最新型)まで5機種販売されています。

[次回ブログへ続く]

 

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました!

にほんブログ村ランキングに参加中。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに参加中。
応援クリックお願いします!


登山ランキング
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

山道具
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆