登山中のデジタルカメラ活用法①


・SONY RX100M4(現在メインで使用しているカメラ)

登山中のデジタルカメラ活用法とは?

こんにちは~(^^)/

今日は、登山中のデジタルカメラの使い方を紹介します。
使い方といっても、撮影方法やコツではありません。

もちろん風景や、山頂の記念写真も撮りますが、
デジタルカメラの特徴を生かして山道具として活用しています。

デジタルカメラの特徴
・写真と一緒に日付/時刻が記録できる
・写した写真をすぐに見られる(撮影場所と時刻が確認できる)

山行中にデジタルカメラで、
登山コースの要所、要所で写真を撮っておくことにより、
あとから、場所と時間(到着時刻/出発時刻)を確認できるので
以下の目的で活用することができます。

【1】山行記録として
【2】目的地への到着時刻の予想道具として

山行記録として

山行記録は不要?

山を始めて1年半ぐらいは山行記録というものは残していなかったんです。
カメラも持っていなかったので、その頃に登った山の写真も残っていません。

写真を撮るよりも、目で見た風景をしっかりと脳に刻みつけておくほうが、
記憶に残るだろうなんて思っていたようです。

最初のうちはそれでよかったんです。
何時、何処の山に登ってどんな風景だったとか
天気は良かったか、悪かったか、
どんな人に会って、どんな経験をしたかとか、
だいたいのことは覚えていたんですが…

山行記録は必要です!

それが、だんだん多くの山に行くようになってくると、
記憶がだんだんあやふやになってきました。
年齢のせいではないと思いますが…(^_^;)

記憶があやふやということは、
せっかく登った山の思い出もそのうちに忘れてしまうんじゃないかと…
これはもったいないですね。

その頃から山行記録を残しておくようになったんです。
日付と行った山、コースとかを「Excel」に記録しています。

でも山行記録を書くのは面倒だ!

ただ、これが結構面倒なんですね。
山から帰ってきた後は、疲れているし帰る時間が遅かったりするので。

山行記録を書くのは翌日以降になりますが、
日がたつとだんだん忘れてくるし…山行記録を残すのも大変です。

山行記録は写真で残せば簡単に!

そこで、思いついたのが写真です。
印象に残るシーンを撮っておくのはもちろんですが、
要所~要所(登山地図上のポイント)を写真に撮っておくのです。

そうすると、
写真を撮った時刻から、要所~要所の出発・到着時刻もわかるし、
登山コースを実際に歩いた時間もわかります。

後からでも写真を見ながら、思い出すこともできるし、
山行記録を残すことが簡単になりますので、
休みの日とかにまとめて書くこともできます。

それ以来、山に行くときは必ずデジタルカメラをもって行くようになりました。

次回ブログへ続く)


最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!


登山ランキング

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇