登山中のデジタルカメラ活用法②


・OLYMPUS TG-4(小雨が降ってる時用の防水カメラ)

前回ブログの続きです)

目的地への到着時刻の予想道具として

コースタイムと「実際の所要時間」の差

登山ルートの「コースタイム」は、山行計画を立てる上で重要なものです。
ただし、この「コースタイム」があまりあてになりません。

ガイドブックによって、基準がまちまちだし、
自分orグループの脚力や体調、疲労度によっても、実際にかかる時間が変わってきます。

そこで山行中は、
登山コース上のポイント~ポイント間の「コースタイム」と「実際の所要時間」を比較して、
「コースタイム」の何割ぐらいの時間がかかったかを計算して、
予定を通りに進んでいるかを常にチェックします。

もし、予定通りに進んでいない場合は、
・歩くペースを上げる
・休憩時間を短くする
・予定コースを変更する
・登頂は断念して途中で引き返す

等の対応が必要になってきます。

デジタルカメラで「実際の所要時間」を記録

ポイント~ポイント間の「実際の所要時間」は頭で覚えておくか、
メモにとっておく必要があるのですが、
山行中にメモをとるのは面倒だし、
頭で覚えたと思っても何かの拍子にすぐ忘れちゃったりします。

そこで、デジタルカメラの登場です。
登山コース上のポイント~ポイント毎に、到着時と出発時の写真を撮っておけば、
後からでもポイント~ポイント間の所要時間が計算できるのです。

目的地への到着時刻の予想方法

山行中は特に、以下の点が気になりますね。
・山頂へは何時頃到着できるか?
・帰りのバスの時間までに下山できるのか?
・1泊以上する場合は、次の宿泊場所へは何時頃に到着できるのか?

「コースタイム」と「実際の所要時間」の比較/割合が分かれば、
現在時刻と目的地までのコースタイムで到着時刻が予想できますね。

デジタルカメラの具体的な使い方

必要なもの

・デジタルカメラ(再生画面に撮影時刻が表示されるもの)※注(i)
・登山地図(山と高原地図、等)

CANON製デジタルカメラの再生画面には、撮影時刻が表示されないので、この用途には不向きです。
詳細画面では表示されますが、写真が小さくなって、撮影場所がわかりにくいので…
 (2016年4月3日時点)

山行中の写真撮影

①登山地図上のポイント、ポイントで写真撮影
 山行中、登山地図上に「コースタイム」が表記されている地点、地点にて、
 到着時にデジタルカメラで写真を撮っておきます。
 
 最初はスタート地点になります。
 休憩を入れた場合は、出発時にも写真を撮っておきます。

 ※もちろん、風景や記念写真を撮ってもOKです。
  ただし、写真が多くなるとポイントの写真が見つけにくくなりますのでほどほどに…
 
 ※風景写真用と山行記録用と2台カメラを持つのもありですね…

コースタイムと「実際の所要時間」の比較/割合

②「コースタイム」を確認
 登山地図上で、
 それまで歩いたコースのポイント~ポイント間の「コースタイム」を確認します。

③ポイント~ポイント間の出発・到着時刻を確認
 デジタルカメラの再生画面にて、
 ②のポイント~ポイント間の出発~到着時刻を確認します。
 (①で撮った写真に、ポイント毎の出発~到着時刻が記録されている)

④「実際の所要時間」を計算
 ③の出発~到着時刻から「実際の所要時間」を計算します。

⑤「実際の所要時間」の割合を計算
 「コースタイム」と「実際の所要時間」の、
 割合(実際の所要時間/コースタイム)を計算します。

 [例]
 A地点~B地点の「コースタイム」が45分で、「実際の所要時間」が60分の場合は、
 この割合は、60/45=4/3(133%)になります。

目的地までの到着時間が知りたい時

⑥次の目的地までの「到着時間」を予想
 次の地点までの「コースタイム」と⑤の割合から、
 次の地点までの到着時間が予想できます。

 [例]
 次の地点までの「コースタイム」が60分の場合、
 ⑤の割合が4/3(133%)なので、
 到着予想時間は60×4/3=80分になります。

以上、デジタルカメラの活用法でした。

じゃあまた。お疲れ様~(^^)/^^^


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇