奥多摩・三頭山で「おでん」

 

三頭山

4月10日に奥多摩の三頭山に登ってきました。
三頭山は、2005年(登山を始めた年)に、1回登ったきりで11年ぶりです。

【日程】2016年4月10日(日)
【メンバー】私と学生時代の友人T氏とY氏の3人
【登山口までの交通】
 往復:(車)⇔都民の森
【登山コース】
 都民の森→鞘口峠→三頭山→大沢山→三頭の大滝→都民の森

前回登った時は、奥多摩駅からバスで峯谷橋まで行き、
ドラム缶橋を渡って、ヌカザス尾根を登ったのですが、
山頂までコースタイムが3時間30分あり、登山を始めて間もないこともあり、
結構きつかった記憶があります。

今回は、Y氏の車で都民の森まで行き、山頂まで1時間30分のラクチンコースです。
今回のコース:
・(車)→都民の森→鞘口峠→三頭山→大沢山→三頭の大滝→都民の森→(車)

昼食はおでん

昼食は私が用意していきました。
まだまだ寒かったので「おでん」にしました。

レトルトパックのおでんを、持って行こうかと思ったんですが、
近所のスーパーで3種類のおでんパックを買って、
味見をしたところ、あまりおいしくなかったので、
おでんの素と、おでんの具を持って行って、作ることにしました。

山頂付近に、レジャーシートを敷いて
大き目の鍋(クッカー)にお湯を沸かして、
材料を入れて煮込むだけですが…

材料は、
・おでんの素、結び昆布、はんぺん、つみれ、揚げボール
・ちくわ、ちくわぶ、魚河岸揚げ、ウィンナー

今までは、ほとんどが単独行だったので、
手間のかかるものは持って行かなかったのですが、
「おでん」は、手軽に作れて、温まるしいいですね。

日原鍾乳洞

日原鍾乳洞①  日原鍾乳洞②

三頭山から下山後、この日は小菅で宿泊して、
翌日、「渓流釣り」に行く予定だったのですが、
時間が早かったので、日原鍾乳洞へ寄って行きました。

悠久の時で形成された、大自然の神秘と幻想の世界へ…

鍾乳洞の中に一歩踏み入れると、
ヒンヤリした空気に包まれます。

鍾乳洞の中は、
カラフルな色でライティングされていて、
とてもきれいでしたが…

なんかのアトラクションのようにも見えますね…

演出し過ぎで自然感が薄まってしまったようでちょっと残念です。

この後の話は、またそのうちに…


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇