登山靴選びは難しい①

愛用の登山靴愛用の登山靴

<広告>

登山靴~登山道具で一番大切のもの

登山の道具で一番大切のものは何でしょう?
そうです。登山靴(トレッキングシューズ)です。

足に合っていない登山靴では、快適な山歩きが楽しめません。
でも、登山靴選びって難しいんですよね~。

3シーズン用と冬用の登山靴

上の写真は、私が愛用している登山靴。
3シーズン用(春~秋)と冬用に履き分けています。

冬用といっても本格的な雪山はやりません。
丹沢あたりの低山でも、雪が積もってくると、登山靴が雪の中に埋もれてしまいます。
そうすると、足先がかなり冷たくなってくるんですね。
足先が冷えると凍傷の危険がありそうなので、保温性がある登山靴を冬用として履いています。

AKU・エッジGTX

AKU・エッジGTXAKU・エッジGTXは3シーズン用(春~秋)。
岩稜歩き、テント泊縦走に対応した軽量登山靴(26cm片足780g)で、
固めのソールでもクッション性があり歩きやすい。

ちなみにGTXはゴアテックス使用という意味のようです。

AKU・フィッツロイGTX

AKU・フィッツロイGTXAKU・フィッツロイGTXは冬用。
一見、3シーズン用とあまりかわりませんが、内部に保温材(ゴアデュラサーモだったかな?)が採用された冬山対応靴。
冬山対応としては超軽量(26cm片足880g)なところが気に入ってます。

両モデルとも、AKUというメーカーのもので、細身の私の足にぴったりなんですが、残念なことに現在は販売されていません。

AKUについて

AKUはイタリアの登山靴メーカーです。
日本ではICI石井スポーツでしか見かけないので、ICI石井スポーツのオリジナルだと思っている人も多いようですね。

ICI石井スポーツへ行くとAKUをよく勧められるので、あまりいいイメージを持っていない人もいるようですが…

価格の割りに品質が良く割安感があるという評判で、愛用されている方も多いかと思います。

登山靴が足にあっていないと…

登山をはじめた頃から4-5年ぐらいまでに履いていた登山靴は、長く歩いていると足が痛くなっていました。

具体的には、こんな症状です。

登山靴が足にあっていない時の症状
・急な下りでつま先が痛くなる
・急な登りで踵が靴擦れする
・足の裏に豆ができる

登山靴って、こんなものかなぁ~

と思っていたんですが、実は登山靴が足に合っていなかったんですね。

自分の足にぴったりの登山靴に出会ってから、山歩きが快適になりました。

次回ブログへ続く

<広告>

最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村に参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

★★★シェアする★★★

<広告/お勧め記事>