登山靴選びは難しい②~経年劣化と買い替え時期

登山靴

前回ブログの続きです。

<広告>

登山靴の経年劣化と買い替え時期

去年の話になります。
愛用の登山靴が2足とも(3シーズン用と冬用)、購入してから4~5年経過していました。

経年劣化で登山靴のソール(靴底)が剥がれてしまうことが心配だったので、そろそろ買い替え時期だなーと思って、新しい登山靴(とりあえず3シーズン用)を新調しました。

豆知識・登山靴~寿命と買い替え時期
豆知識・登山靴~経年劣化と保管方法

新調した登山靴(1足目)

SCARPA クリスタロGTX
SCARPA クリスタロGTX

1足目は、SCARPAクリスタロGTX
いつものサイズ(26cm相当)では、幅が狭く感じたので1サイズ上を購入しました。

店内で試し履きした際にはぴったりだ!と思いましたが、実際に山で履いてみると踵が少し緩い感じがします。
歩きには支障はないものの、なんとなく気持ち悪いんです。

靴紐をきつめに縛れば、踵の緩みはなくなりますが、今度は登りで踵が痛くなる(軽い靴擦れ)という状態。

靴擦れは、予めバンドエイド等をはっておけば回避できるし、履いているうちに足に馴染んでくることもあります。
我慢して履き続けようかとも思いましたが…

我慢できず、2足目を買うことに。

新調した登山靴(2足目)

zamberlan ペルモプラスGT
zamberlan ペルモプラスGT

2足目に買ったのは、zamberlanペルモプラスGT(ICI石井スポーツのコラボモデル)
こちらは、いつものサイズ(26cm相当)を購入。

ワックスを塗ったので色が黒っぽくなりましたが、もともとの色はグレー。
靴紐が長すぎたので短めのものに変更しています。

山で実際に履いてみても、踵のホールド感も良く、靴擦れもなくて気に入っていました。

しかし、4-5回履いているうちに、
(何度か水洗いしている際に、革製登山靴のため少し縮んでしまったのか?)
急な下りで、つま先が少し痛くなるようになりました。

実は、店内で試し履きしたときに、若干ですが(ほんのちょっと)、小さいか?という感じはあったのですが…
今思えば、1サイズ上にしておけばよかったかなぁと思います。

とりあえず、ソックスを厚めから薄めに変えれば、つま先部分に余裕ができて痛みは回避できます。
また、縮んだのなら、伸ばすのも可能かとも思いましたが…

登山靴選びは難しい

登山靴もいままで6足ほど購入しています。
その経験から、店内の試し履きで、少しでも違和感があったら、山ではトラブルになる可能性が高いことは、十分承知していたのですが…

やっぱり、登山靴選びって難しいですね。
店内でいくら試し履きしても、ちょうどいいぴったりだと思っても、実際に山で履いてみないとわかりません。

結局ソール張り替えました

結局、2足ともしっくりこなかったので、前回ブログで紹介した、愛用の登山靴のソールを張り替えることにしました。

ソールの張替には1か月程度の期間はかかりましたが、やっぱり履き慣れた登山靴は快適です!

登山靴選びは本当に難しいという話でした。

ちゃん!ちゃん!

P.S
新調した登山靴2足も、工夫して履いていこうと思います。
自分の足に馴染んで、しっくりするまでには時間がかかりそうですが…

<広告>

最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村に参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

★★★シェアする★★★

<広告/お勧め記事>