南アルプス・仙丈ケ岳①


小仙丈岳尾根から望む仙丈ケ岳

仙丈ヶ岳

南アルプスの女王・仙丈ヶ岳(3033m)へ行ってきました。
仙丈ケ岳は、2010年に登って以来、6年ぶり2回目となります。

【日程】2016年7月23日(土)~2016年7月24日(日) ・・・前夜発一泊二日
【メンバー】私、友人のT氏、Y氏
【登山口までの交通】
 往復:(車)⇔芦安駐車場⇔(バス)⇔広河原⇔(バス)⇔北沢峠
【登山コース】
 1日目:北沢峠→長衛小屋(テント設営)→北沢峠→小仙丈ケ岳→仙丈ケ岳
     →馬の背ヒュッテ→北沢峠→長衛小屋(テント泊)
 2日目:長衛小屋→北沢峠  ※2日目は帰るだけ

体力的に余裕があったら、次の日に甲斐駒ヶ岳に登ろうか…
とも計画してたが今回はやめました。

ちなみに前回は単独のテント泊で1泊2日、
北沢峠から藪沢経由の周回コースで、今回とは逆のコースを歩きました。

北沢峠の山小屋

宿泊場所は、北沢峠から徒歩10分ほどのところに建つ「長衛小屋」のキャンプ場。

以前は「北沢駒仙小屋」という名称だったはずだが...
いつから名前が変わったのか?気になって調べてみると、

(旧)北沢駒仙小屋→長衛小屋に改名

(旧)北沢駒仙小屋は、
2011年~2012年にかけて建て替え工事を行い、
2013年に山小屋名を2006年まで使われていた「長衛小屋」に戻し、
リニューアルオープンしたとのこと。

ふーん。
元々「長衛小屋」という名前だったのかぁ~。

あれっ?
北沢峠バス停前にも似たような名前の山小屋があったはずだが…
こちらも調べてみる。

(旧)長衛荘→北沢峠こもれび山荘に改名

こちらは、以前「長衛荘」という名前だったのが、
2012年に建て替え工事を行い、
2013年に山小屋名を「北沢峠こもれび山荘」に改名して、リニューアルオープンしたとのこと。

なんか、ややこしい話である。

現在の「長衛小屋」は、南アルプス市の運営、
「北沢峠こもれび山荘」は伊那市の運営で、
両市の話し合いで決められたようだが…

芦安駐車場~広河原~北沢峠

前日の夜、T氏の自宅で待ち合わせ、Y氏の車で出発。
翌日の午前1時過ぎに芦安駐車場に到着。
バス停の近く、明るい場所に一旦駐車する。

とりあえずトイレを探すが、
バス停近くのトイレは使用不可。(始発バス開始まで施錠されている)
しばらくあたりを探し回り、少し下の方の駐車場にトイレ発見。

トイレのすぐ横に車を移動して、
広河原行の始発バスor乗り合いタクシーの時間まで車内で仮眠に入るが、
なかなか眠れない…

トイレのそばなので、ちょくちょく人が通る。
特にうるさいわけではないが、
人が通るたびにトイレの自動照明が点灯する。
時々、到着する車のエンジン音とドアの開閉音も睡眠を妨げる。

午前4時を過ぎると、
車が続々と到着し、あたりが騒がしくなってきた。
午前4時過ぎに身支度を整えて出発。

乗り合いタクシーは、5~6台だろうか既に出発済み。
始発バスも満杯状態だったが、
臨時便が出たので、なんとか始発バスに乗車。広河原へ向かう。

広河原からは、北沢峠行のマイクロバスに乗り換える。
こちらも満杯状態だったが、7時過ぎに予定通り北沢峠に到着。

長衛小屋のテント場

長衛小屋の広いテント場

長衛小屋の広いテント場。
設営可能数は100張りだが、詰めれば200張り以上いけそうだ。
着いた時には既にに半分ほど埋まっていた。

ここのテントサイトは2段になっていて、
小屋に近い方が整地具合が良いのだが、
混み込み具合も上ななので、
小屋から遠いほうにテントを設営した。

Myテント:エスパース スーパーライト(4-5人用)① Myテント:エスパース スーパーライト(4-5人用)②
Myテント:エスパース スーパーライト(4-5人用)

次回ブログへ続く)


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇