南アルプス・仙丈ケ岳②

前回ブログの続き)

北沢峠~小仙丈ケ岳

長衛小屋にてテント設営後、8時過ぎにいよいよ出発。
北沢峠から小仙丈ケ岳経由のメインコースを登ります。

長衛小屋のそばから2合目まで登れる近道もあったが、
今回はあえて、メインルートを登ることにした。

天気はあいにく曇り。
尾根に出てからもガスで景色が見えない。

小仙丈ケ岳付近 小仙丈ケ岳付近
小仙丈ケ岳付近

小仙丈ヶ岳付近にて少し休憩をとる。
昼食はT氏が持ってきくれた、レモン風味?のカップラーメン。
食後にドリップパックの珈琲。
山で飲む珈琲はうまい!

30~40分休憩後に出発。

小仙丈ケ岳~仙丈ヶ岳

仙丈ケ岳八合目付近 仙丈ケ岳八合目付近
仙丈ケ岳八合目付近

天気は相変わらず曇りだが、
8号目を過ぎたあたりで、少しガスが晴れてきた。

 
仙丈ケ岳の山頂が見えてきた
仙丈小屋への分岐を過ぎて、間もなく頂上が見えてきた。

仙丈ヶ岳の山頂付近① 仙丈ヶ岳の山頂付近②
 
仙丈ヶ岳の山頂付近

ようやく、仙丈ケ岳の山頂に到着。
天気は今一つだが、友人二人にとっては初めての3000m越え。
しばらくは登頂の感慨にふけるが、
寒くなってきたので、間もなく下山開始。

下りは、馬の背ヒュッテから、藪沢沿いに歩く周回コースをとる予定だったが、
予定より時間がかかっていたので、日暮れまでに北沢峠に着くように、
馬の背ヒュッテから、登りのルートへ合流する道へ変更。
2合目付近から長衛小屋方面への近道をくだる。
日暮れ前、18時頃に無事に下山する。

長衛小屋でテント泊

長衛小屋のテント場に帰ってくると、
出発時よりはテントが増えていたが、思っていたほどではない。
まだ余裕がある状態。

長衛小屋のテント場 長衛小屋のテント場~朝食準備中
写真は翌日の朝、朝食準備中

テントの横にレジャーシートを敷き宴会の準備。
まずは、ビールで乾杯!

缶ビール2本と日本酒少々で、すっかり酔っ払ってしまった。
つまみは、え~と何んだったけ?

直ぐに暗くなりそうだったので、
ヘッドライトを用意して、急いで食事の用意。
夕食は定番のカレーライス。

食べ終わる頃には、あたりは暗くなり、
酔いも回ってきていたので、早々と眠ることにした。

テント泊では、いつも眠れない夜を過ごすのだが、
前日の芦安駐車場で、ほとんど寝ていないせいだろう。
今日は、すんなりと眠りにつけた。

帰宅、北沢峠~広河原~芦安駐車場

翌日は5時に起床。
朝食を済ませ、テントを撤収。

始発の北沢峠行バスに乗るため早めに出発。
北沢峠に着くともう人がいっぱい。

始発バスの時間にはまだ30分以上あるが、
とりあえず、バス停前にザックを置いてい順番待ち。

すると、
「広河原行のバスに並んでるんですか?」
と声を掛けれた。
「ええ、そうです。」
と答える。
「だったら、(ここじゃなくて)待合室の中で順番に並ぶんですよ…」

え~っ。
いつの間にそんなシステムになっていたのか!
6年前はそんなのなかったのに。

親切に教えてくれた方、ありがとうございます。
おかげで、始発バスに乗れました。

広河原へ到着すると、
ちょうど芦安駐車場行の乗り合いタクシーが来ていたので迷わず乗車。
予定より、早めに芦安駐車場へ到着。

南アルプル温泉ロッジ・白峰会館(展望風呂・露天風呂)

芦安駐車場のバス停の目の前に建つ白峰会館。
食事とお土産の施設だと思っていたら、
なんと温泉に入れるらしい。

付近に温泉施設がいろいろあるが、
9時から入れるのはここだけとの事。

というこで早速、白峰会館に向かう。
時間が早すぎのかまだ開いていない。
15分程待ってようやく入館。
(営業時間は9時~17時、この日はたまたま開けるの遅かったようだ)

露天風呂に入ると、既に先客がいた?
(開館したばかりなのに…)
ここの施設の関係者か、地元の人なのか?

「どこ行ってきたの?」
と話かけられたので、しばらく話ていると、
その人は白峰会館の宿泊客で、
2日前に来て、ここを拠点に北岳に登ってきたとのこと。
割安で宿泊できるのでよく利用しているらしい。

ここで2泊することになるが、
登山前日と、登山後に温泉に入れて、
しかも割安で泊まれるなら、
なかなかいいプランだと思う。

次は、北アルプスの表銀座、テント泊縦走をめざします。


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇