北沢峠~仙丈ケ岳テント泊②

[前回ブログの続き]

北沢峠~仙丈ヶ岳テント泊後半のレポです。

<広告>
<広告>

北沢峠~小仙丈ケ岳

8:00過ぎ。
長衛小屋のテント場にテント設営してから、バス停のある北沢峠まで戻ります。

北沢峠から仙丈ヶ岳へ登るコースは、小仙丈尾根コースと、藪沢新道コースの2つがあります。

登りは、小仙丈ケ岳を経由して、仙丈ヶ岳を眺めながら登れる小仙丈尾根コースにしました。
下りは、藪沢新道コースで降りる予定です。

張衛小屋から北沢峠へ向かう途中、仙丈ヶ岳の二合目まで登れる近道がありましたが、今回はあえて北沢峠から登ることにします。

北沢峠の仙丈ヶ岳登山口

8:20頃。
北沢峠にある公衆トイレの左側が仙丈ヶ岳の登山口です。
登りコースには途中トイレがないので、ここでトイレを済ませておきます。
さー、いよいよ出発です。

北沢峠の標高が2030mなので、仙丈ヶ岳(3002m)の山頂までの標高差は972m
山頂までは約4時間20分かかりますが、まずは小仙丈ヶ岳を目指します。

●登りコースタイム
北沢峠~小仙丈ヶ岳:約3時間
小仙丈ヶ岳~仙丈ヶ岳:約1時間20分
合計:4時間20分

仙丈ヶ岳一合目

8:45頃。仙丈ヶ岳一合目を通過。
樹林帯の中を登って行きます。

仙丈ヶ岳二合目

9:05頃。
仙丈ヶ岳二合目を通過。
先程の長衛小屋付近からの近道が合流する地点ですね。

仙丈ヶ岳三合目

9:30頃。
仙丈ヶ岳三合目を通過。

木に付けられた看板には、次のように書かれていました。

あなたは
美しい山を守る人
汚れた山を作る人
空缶・ゴミ・良心は持ちかえってね

今ひとつ、意味がわかりません?
要は、「ゴミは持ち帰りましょう!」ということだと思いますが。
特に青字にした部分ですが、これっていらなくない?

仙丈ヶ岳四合目

9:55頃。
仙丈ヶ岳四合目を通過。
樹林帯の中をひたすら登ります。

大滝ノ頭

10:20頃。
大滝ノ頭(おおたきのあたま)へ到着。
五合目の標識はありませんでしたが、ここが仙丈ヶ岳五合目のようです。
馬の背ヒュッテ付近へつながる道が分岐点です。
ここでしばし休憩をとります。

仙丈ヶ岳六合目

11:00頃。
仙丈ヶ岳六合目を通過。

この付近で樹林帯を抜けましたが…天気はあいにくの曇り。
景色もほとんど見えません。

小仙丈ヶ岳

11:50頃。
小仙丈ヶ岳(こせんじょうがたけ、2864m)へ到着。
北沢峠から約3時間30分、景色がほとんで見えないので辛い登りでした。

天気は良ければ、目指す仙丈ヶ岳、後方には甲斐駒ケ岳。その他、鳳凰三山、北岳、富士山が見えるはずですが残念。全く何も見えません。

岩が多いですが、割りと平坦な広い場所です。多くの人達が休憩してました。

昼食

そろそろ腹も減ってきたのでここで昼食にします。
昼食は、T氏が持ってきくれた、レモン風味?のカップラーメン。

カルディオリジナル・瀬戸内レモン鳥白湯塩ラーメン

カップラーメンにレモンは合わないんじゃねぇ?
と思いながら、食べてみると意外と美味しかったです。

食後にドリップパックの珈琲を淹れます。

山で飲む珈琲はうまい!

40-50分休憩してから出発。

小仙丈ヶ岳~仙丈ヶ岳

仙丈ケ岳八合目

13:00頃。
仙丈ヶ岳八合目に到着。
だいぶガスが晴れてきて、目の前の仙丈ヶ岳の姿が見えるようになってきました。

13:35頃。
仙丈小屋への分岐点を通過。
ここまでくれば、山頂までもうすぐです。

 


13:55頃。
仙丈小屋への分岐を過ぎて、間もな仙丈ヶ岳の山頂が見えてきました。

 

14:00頃
もうすぐ山頂へ到着です。山頂にいる人達の姿もはっきり見えます。

<広告>

仙丈ヶ岳の山頂

14:05頃。
仙丈ヶ岳の山頂に到着しました!
山頂は狭いですが、たくさんの人で賑わっています。

晴れていれば、南アルプスの主だった山々をはじめ、中央アルプス、北アルプスを見渡せるようですが…残念!

中でも、富士山と北岳(富士山の次に標高が高い山)が並んで見えるのは仙丈ヶ岳だけ?のようです。

展望はほとんだありませんが、友人二人にとっては初めての3000m越え。
しばらくは、3000m峰登頂の感慨にふけっていました。

仙丈ヶ岳~北沢峠

14:20頃。
ゆっくりと休憩する場所もなく、寒くなってきたので、間もなく下山開始します。

藪沢カールと仙丈小屋

とりあえず、藪沢カールに建っている仙丈小屋まで降ります。

仙丈小屋


14:45頃。
仙丈小屋に到着。
ここでトイレ休憩。水場は少し下ったところにあるようです。

以前は小屋周辺がキャンプ指定地になっていたようです。
ここでテント泊できれば、山頂に近いので便利そうなので残念ですね。

 

仙丈小屋から少し(5-6分)下った所に水場がありました。
まだ先は長いので、ここで水を補給していきます。

馬の背ヒュッテ


15:45頃。
馬の背ヒュッテに到着。
ここで小休止をとりましたが、馬の背ヒュッテの宿泊客が、続々と到着して大混雑でした。

 

16:05頃。
藪沢新道と小仙丈尾根の大滝ノ頭へつながる道の分岐点。

下りは、藪沢新道コースをとる予定でしたが、予定より時間がかかっていました。

疲れも溜まっているので、この調子だと、日暮れまでに北沢峠に着けないかも?
そこで、すこしでも早く下山できる、小仙丈尾根へ合流するルートへ変更することにしました。

大滝ノ頭の方向へ進みます。

藪沢小屋


16:15頃
途中に建っていた藪沢小屋を通過。

ひっそりとした小さな山小屋です。
トイレ(個室のみ)は一応ありましたが、携帯トイレ用のものでした。
(便器がなくて、携帯トイレをセットして用をたすもの)
携帯トイレは、小屋で販売しているようです。

16:40頃。
大滝ノ頭に到着(仙丈ヶ岳五合目)に到着。
今朝登ってきた、小仙丈尾根に合流しました。

17:40頃。
仙丈ヶ岳二合目に到着。
ここから、長衛小屋方面への近道を下ります。

 

18:10頃。
日暮れ前、無事に下山できました。

<広告>

長衛小屋でテント泊

長衛小屋のテント場(翌朝の写真)

長衛小屋のテント場に帰ってきました。
出発時よりはテントが増えていましたが、まだ余裕がある状態。

長衛小屋のテント場(翌朝の写真)

テントの横にレジャーシートを敷き宴会の準備をします。

まずは、ビールで乾杯!

缶ビール2本と日本酒少々で、すっかり酔っ払ってしまいました。

つまみは、え~と何んだったけ?

直ぐに暗くなりそうだったので、ヘッドライトを用意して、急いで食事の用意をします。

夕食は定番のカレーライス。

食べ終わる頃には、あたりはすっかり暗くなっていました。
酔いも回ってきていたので、早々と眠ることにしました。

テント泊ではいつも眠れない夜を過ごしますが、前日の芦安駐車場でほとんど寝ていないせいでしょう。

今日は、すんなりと眠りにつけました。

帰宅、北沢峠~広河原~芦安駐車場

翌日は5時に起床。
朝食を済ませて、テントを撤収。

始発の北沢峠行バスに乗るため早めに出発しましたが、北沢峠に着くともう人がいっぱいでした。

始発バスの時間にはまだ30分以上あります。
とりあえず、バス停前にザックを置いてい順番待ちをしていると…

「広河原行のバスに並んでるんですか?」と声を掛けられました。

「ええ、そうです。」と答えます。

「だったら、(ここじゃなくて)待合室の中で順番に並ぶんですよ…」

え~っ!

いつの間にそんなシステムになっていたのか!
6年前はそんなのなかったのに。

親切に教えてくれた方ありがとうございます。
おかげで、始発バスに乗れました。

広河原へ到着すると、
ちょうど芦安駐車場行の乗り合いタクシーが来ていたので迷わず乗車。

おかげで、予定より早めに芦安駐車場へ到着できました。

南アルプル温泉ロッジ・白峰会館(展望風呂・露天風呂)

芦安駐車場のバス停の目の前に建つ白峰会館。
食事とお土産の施設だと思っていたら、なんと温泉にはいれるらしい。

付近に温泉施設がいろいろありますが、9時から入れるのはここだけとの事。

というこで早速、白峰会館に向かいます。
時間が早すぎのかまだ開いていませんでしたが、15分ほどってようやく入館。
(営業時間は9時~17時、この日はたまたま開けるの遅かったようです)

露天風呂に入ると、既に先客がいました?
(開館したばかりなのに…)

ここの施設の関係者か、地元の人でしょうか?

「どこ行ってきたの?」

と話かけられたので、しばらく話ていると、

その人は白峰会館の宿泊客で、2日前に来て、ここを拠点に北岳に登ってきたとのこと。
割安で宿泊できるのでよく利用しているらしい。

ここで2泊することになりますが、登山前日と、登山後に温泉に入れて、
しかも割安で泊まれるなら、なかなかいいプランだと思います。

次は、北アルプスの表銀座、テント泊縦走をめざします。

[終わり]

★★★関連記事★★★
北沢峠~仙丈ケ岳テント泊①

<広告>
<広告>

最後までご覧頂きありがとうございました。m(_ _)m

にほんブログ村(登山)ランキングに参加中!
↓応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
※クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

人気ブログランキング(登山)に参加中です。
↓応援クリックお願いします!


※クリックするとランキングサイトへ移動します!

テント泊
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆

<関連コンテンツ>
<関連コンテンツ>