酉年登山~黒川鶏冠山へ

黒川鶏冠山(くろかわけいかんざん)

2017年の初登りは、標高2017mの雲取山に登ったので、
次は酉年にちなんだ山にでも登ろうかと…いろいろ考えていた。

酉年にちなんだ山で、最初に頭に浮かんだのは、
「酉」の字がそのまま山名に付いた、奥多摩の「酉谷山」(とりだにやま)。

「酉谷山」は日帰りするには、コースタイムが往復10時間とちょっとキツイし、
以前、雲取山にテント泊した時の、下山ルートの途中で通過したことがある。

どうせ行くなら、
まだ登ったことがなくて、日帰りで行けそうな山がいい。
ネットで調べてみると「鶏」(にわとり)の漢字がつく「鶏冠山」という山名が目をひいた。

「とり」にちなんだ山名というと、
「鳥」「鷹」「烏」等の漢字がついた山名も候補にあがるが、
酉年といったら、やっぱり「にわとり」でしょう!

酉年にちなんで、早速登ってきたという記事もあったが、
どうやら、山梨県の近い山域に「鶏冠山」と名のつく山が2つあるようだ。

ひとつは、西沢渓谷の近くに位置する「鶏冠山(2115m)」で「とさかやま」と読む。
山梨百名山に選定されている山だが、岩場&クサリ場の難所がある険しい山のようだ、
昭文社の「山と高原地図」には登山道が記載されていない。

もうひとつは、大菩薩嶺の北側に位置する「鶏冠山(1716m)」で「けいかんざん」と読む。
こちらも、山梨百名山に選定されているが、
近くの黒川山と合わせて「黒川鶏冠山」と総称されることが多いという。
ここなら、柳沢峠から往復4時間30分ほどで行けそうだ。

登山計画   

早速、「黒川鶏冠山」への交通手段を調べてみる。
登山口となる「柳沢峠」へは、中央本線塩山駅からバスで50分なのだが…

「柳沢峠」行きのバスは季節運行(4月~11月)で今の時期はバスがない!

ただし、途中の「大菩薩峠登山口」までのバスなら運行している。
じゃ、「大菩薩峠登山口」から往復で行けないか?

最近よく利用する「ヤマプラ」でコースタイムを調べてみる。

※ヤマプラは、昭文社の「山と高原地図」を利用して登山コースとコースタイムを作成できる優れもの。
 コースタイムには、倍率と休憩時間も入れることができる。
 こちらのブログでも紹介。

「大菩薩峠登山口」からの往復コースタイムは、8時間40分ほど。
無雪期なら問題なさそうだが…
今は積雪期でしかも初めてのコース。
これはちょっと無理そうだ。

しょうがないので、
柳沢峠へは、中央本線塩山駅からタクシーを使用。
帰りは大菩薩峠登山口から、バスで塩山駅までというコース設定にした。

このコースなら、6時間ほどで登って帰ってこられるので問題ないだろう。

日程・コース   

【日程】2017年2月18日(土) ・・・日帰り(予定)
【メンバー】単独
【登山口までの交通】
 往路:中央本線塩山駅→(タクシー30分)→柳沢峠
 復路:大菩薩峠登山口→(バス30分)→中央本線塩山駅
【登山コース・コースタイム(予定)】

※「ヤマプラ」で作成したコースタイム。
 コースタイムの倍率と休憩時間が設定できるので 積雪期なのでアイゼン歩行を考慮して、
 ・コースタイムの倍率は1.2倍に設定
 ・休憩は鶏冠山で1時間を予定。

※初期設定のコースタイムは、6時間ほどだが、倍率1.2倍と休憩時間をいれると8時間16分
 大菩薩峠登山口の最終バスは、18:30なので1時間ほど余裕あり。

柳沢峠~黒川山   

中央線塩山駅からタクシーに乗り、30分ほどで「柳沢峠」に到着。
タクシー料金は5600円(60円まけてくれた)

時刻は9:00
バス停のそばに「柳沢峠茶屋」が建っているが、今は閉まっている。
オフシーズンなのか、営業時間外なのかは不明。

バス停の後ろ、一段上がったところに駐車場と公衆トイレがある。
乗用車が3台止まっているが、閑散とした風景。
今日は他の登山者とは、会わないかもしれない。

登山口は、道路を挟んで反対側。

登山道に入って100mほど進むと、直ぐにも積雪地帯に突入。

アイゼンを着けるには、まだ早いかなぁ~。
と思いながら50mほど、スリップに気を付けながら進むが、
積雪がなくなる気配はない。

アイゼンを安全につけられるような平地もないので、
さっきの場所まで50m程戻り、ここでアイゼンを装着。
こんなに早くアイゼンが必要になるとは思ってなかった。

「柳沢峠」の標高は1470m。
「鶏冠山」の標高は1716mなので、標高差は260mほど。

「黒川山」までは緩やかな道が続く。

黒川山付近   


11:40頃、「黒川山」付近に到着。
標識には「黒川山(鶏冠山)」とあり、
「見晴台」と「鶏冠神社」への方角も示されてる。

昭文社の「山と高原地図」では、
「黒川山」と記されている地点だと思うが、
ここは「黒川山」の山頂ではなさそうだ…?

※後でわかったことだが、
「黒川山」の山頂は、ここから少し北西に登ったところらしい。
(写真の左上の方か…)

「見晴台」は帰りに寄るとして、「鶏冠神社」の方角へ進む。
先ほどの分岐から5分ほどで「鶏冠山」の分岐点に到着。

ここから先は、いままでの緩やかで歩きやすい道から、険しい道へと一変する。

鶏冠山付近   

「鶏冠山」の分岐点から少し進むと、いきなり岩場の急登があれわれる。
(左側に巻き道のような跡が見えたが直登を選ぶ)

ここには積雪はないが、アイゼンを装着したままの岩場は登りにくい。

岩場を登りきってピークに立つ。
あたりには、ここより高いところはなさそうだ。

ここが「黒川鶏冠山」の頂上か?
山頂標識は何もないが…
しばらく周囲を見渡してみる。

(後でわかったことだが、ここは「鶏冠山」の一つ手前のピークで、
「鶏冠山」の山頂を「東峰」、ここのピークを「西峰」とする記載もある)

昭文社の「山と高原地図」では、
「鶏冠山」山頂は行き止まりになっているが、
この先、一旦下ったところに、
ピンクのリボン(登山道の目印)が巻いてあるのが目に入った。

まだ先がありそうだ。
ここから先は急な下りで、しかも積雪が凍りついている。
アイゼンは付けているが…ちょっと怖い。(^^;)

一歩一歩、慎重に進む。
写真を撮っている余裕はない。

一旦下ったところから、トラバースするように進み、
次のピークを少し登り返すと…

あった。ここだ。
ここが「黒川鶏冠山」の山頂だ!

動画「黒川鶏冠山の山頂風景」をアップしました。

画像をクリックすると再生します。

12:00頃 「黒川鶏冠山」の山頂にやっと到着。
少し迷ったが一安心。

山頂には、鶏冠神社の祠と標識「鶏冠山(黒川山)」が立っている。
祠の裏側に、回りこんだところにある岩塊が、一番高い地点だが…
あいにくガスがかかっていて、景色は全く見えない。(残念)

山頂は狭い。
この辺で昼食にするは予定だったが、
ここではゆっくりできそうもないので、
「黒川山」の分岐地点までもどり、「見晴台」へ行ってみることにする。

来るときに岩場の左側に「巻き道」らしきものがあったので、
帰りは、「巻き道」らしき踏み跡を辿って行くが、途中で行けなくなる。
やはり、直登で正解だったようだ。

鶏冠山~見晴台

12:35頃、
「黒川山」の分岐地点から、10分ほどで「見晴台」へ到着。

動画「黒川山の見晴台」をアップしました。

画像をクリックすると再生します。

もっと広い場所を想像していたのだが…
ちょっとした岩の上で、ゆっくり休憩できる場所ではない。

幸いガスが薄れて、大菩薩嶺と奥秩父の山々が確認できた。
天気が良ければ、南アルプスの山々の展望も見られるのだろう。

景色はいいが、ここでもゆっくりできない。
そろそろ腹も減ってきたので、「丸川峠」に向かうことにする。

見晴台~丸川峠   

「丸川峠」まで行く途中で、昼食をとれそうな場所を探したが、
良さそうな場所がなく、結局「丸川峠」まで行ってしまった。

15:20頃、「丸川峠」に到着。

以前「大菩薩嶺」に登った時に通過しているので覚えている場所だ。
ここまでくればもう安心。

ここで遅い昼食にする。
今日の昼食はカレーうどんとシャウエッセン

「丸川峠」から「大菩薩登山口」までのコースタイムは、2時間ほど。
最終バスの時刻までは、充分あるので急ぐ必要なないが、
そろそそ寒くなってきたので下山しよう。

丸川峠~大菩薩峠登山口   

16:00過ぎ、「丸川峠」を出発。
「丸川峠」から少し下ると積雪が無くなった。

アイゼンをはずすタイミングは難しいものだ。
はずした直後に、また積雪地帯が現れるのは良くあること。
また装着すればいいだけだが、外したり着けたりするのが面倒だ。

アイゼンをはずそうか迷っているうちに、すぐに岩場の下りになった。
積雪のない岩場で、アイゼンを装着したままでは歩きにくいので、
ここら辺でアイゼンをはずす。
この先、積雪箇所は全くなかったので、ここでアイゼンを外したのは正解だった。

17:35 日が暮れる前に「大菩薩峠登山口」のバス停に到着。
最終バスは、18:30なので、まだ1時間近くある。

18:00 日が暮れてあたりは真っ暗。
バス待ち客は私一人。
寂しくはないが寒いー!

18:30 塩山行きの最終バスに無事乗車して帰路へ着く。
結局、ここから最終バスに乗ったのは私一人だった。

山行を終えて

この季節に「黒川鶏冠山」に登る人は少ないのだろう。
土曜日にもかかわらず、山行中に出会ったのは、
「黒川山」の手前で1名と、「見晴らし台」付近で10人以上のパーティとすれ違ったがこの2組だけ。
静けさを求めるにはいいが、ちょっと寂しい山行だった。

「鶏冠山」の山頂付近は以外と険しくて、積雪期に登るのは注意が必要だ。
初心者には厳しいだろう。
私もちょとだけビビッタ(^^;)

なお、今回は「芍薬甘草湯」の出番はなかった。

酉年登山の第二弾はあるのだろうか…


最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!


登山ランキング

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇