テント泊の小技1~ランタンの代用はヘッドランプ2個持ち

(2)

ヘッドランプ

テント泊の小技とは…テント泊を快適に楽しむために、簡単にできる便利で小粋?なアイデアです!

まずは、夜の明かり~ランタンについて。軽量化のためにランタンを持たない人もいますが、長い長いテント泊の夜を快適に過ごすためには、やはり、ランタンは必要ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テント泊にはランタンが必要!

軽量化のためにランタンを持たない人は多くいます。ランタンを持たない場合は、ヘッドランプで代用するわけですが…ヘッドランプだと、頭を向けている方向しか明るくないので、何をするにも不便です。

ヘッドランプをテントの天井に吊り下げておけば、その不便さは解消されますが…地図を見るときや、本を読むときには、天井に吊り下げたままでは見にくいです。夜中トイレに行くときには、天井から外して、頭に付け替えたりするのもめんどうですね。

ランタンの明かりがあれば、ヘッドランプを補助光として使えるので、地図や本も格段に読み安くなります。夜中トイレに行く時も、テント内でランタンを灯しておけば、トイレから帰ってきた時に、自分のテントがわかりやすくて安心です。

ランタン選びの条件(軽量&コンパクトと電池寿命)

テント泊のランタン選びの条件は以下の2つです。
・軽量&コンパクト
・電池寿命が長い

山に持っていくものなので、軽量&コンパクトなのは当たり前ですが、電池の寿命も重要です。いくら軽量&コンパクトで明るいランタンであっても、電池の寿命が短いと予備の電池をたくさん持っていかなければならないので、重量がかさんでしまいます。

軽量&コンパクトなランタンとして人気があるのが、ブラックダイヤモンドのオービットです。
↓これ。

ブラックダイヤモンド・オービット


【重 量】132g(電池込)※電池は単4×4
【明るさ】105ルーメン

AMAZONで見る

オービットは、テントの天井に吊るして使うことを考えると、以下のマイナス面があります。

・本体を伸ばさないとスイッチがON/OFFできない
・ランタンの下方向が照らせない

テント専用なら↓こちらの方が使い易そうです。同じくブラックダイヤモンドのモジ

ブラックダイヤモンド・モジ


【重 量】122g(電池込)※電池は4×3
【明るさ】100ルーメン

AMAZONで見る

モジは、ランタンの下方向が照らせるので、テント全体を照らせるし、オービットよりも少し軽いところがいいのですが…やはり、ちょっと重いし大きいです。

↓これは、最近見つけたモンベルのミニランタン

モンベル・ミニランタン


【重 量】67g(電池込)※電池は単3×1
【明るさ】110ルーメン

AMAZONで見る

オービットより、軽量コンパクトで明るさも充分、首等にぶら下げられる紐もついています。

これなら、テント泊に最適化か?…と思いきや…うーん、電池の寿命が短いですね。

Highで4時間、Lowで15時間。Lowモードだと常夜灯程度の明るさしかないので、通常は、Highモードで使うことになりますが、そうすると4時間しか持ちません。

普通にスイッチを入れるとHighモード、その状態で、スイッチを半押するとLowモードになります

4時間だと、ちょうど1泊(夜と早朝)で使用するぐらいの時間でしょうか。2泊以上する場合は、予備電池(単3約23g)が、1泊につき1本必要になってしまいます。

1泊の場合はいいのですが…残念。

テント泊にはヘッドランプ2個持ちが最適!

軽量&コンパクトなランタンは、あるにはあるんですが…ヘッドランプに比べると、電池の寿命が短いものがほとんどです。

そこでお薦めなのが、ヘッドランプの2個持ちです。

①夜間歩行用
②テント用(ランタンの代用)

一つは夜間歩行用のヘッドランプとして、手元に置いておきます。そして、もう一つをテントの天井に吊るして、ランタンの代用として利用します。

ヘッドランプなら、軽量&コンパクトだし、電池の寿命も長いものを選べて便利です。

(夜間歩行用のヘッドランプの予備にもなります)

テント用ヘッドランプの選び方

テント用のヘッドランプは、明るさよりも、照射範囲が広い(ワイドビーム)タイプのものの方が適しています。

明るさと消費電力は比例するので、明るければ明るいほど、電池の消耗を多くなり、テント泊数が多くなると予備の電池が増えてしまいます。

高価なヘッドランプは、明るいけど照射範囲が狭く(スポットビーム)、安価なヘッドランプの方が、照射範囲が広い傾向があります。

テントの天井に吊り下げた状態での、スイッチのON/OFFの押しやすさもポイントになります。

現在、私がランタンの代用としているのが、ブラックダイヤモンドのギズモです。
↓これ。

ブラックダイヤモンド・ギズモ


【重 量】86g (電池込) ※電池は単4×3
【明るさ】90ルーメン(ダブルパワーLED)

AMAZONで見る

ブラックダイヤモンドのエントリーモデルですが、上位モデルより、照射範囲が広く、テント内では充分明るいです。
スイッチも比較的に押しやすく、1回押しただけで、ライトのON/OFFができるのも使いやすいところ。

最近のヘッドランプは高機能なのはいいですが、ライトのON/OFFに、何回もスイッチを押す必要があるのがめんどうですね。

テント用ヘッドランプの吊るし方

ヘッドランプはテントの天井に吊るして利用します。そのままだと吊るしにくいのでちょっとした改造が必要です。

テント用ヘッドランプの吊るし方
(1) ヘッドランプのベルトを外します。

ベルトを外した重量は、70g 程度、さらに軽量コンパクトになりました。

テント用ヘッドランプの吊るし方
(2) 裏側のベルトが固定されていた部分に、吊るし用の穴をあける。

穴あけには電動ドリルを使用。

テント用ヘッドランプの吊るし方(3) 開けた穴にビニールタイを通す

カラビナ、針金、等、吊るせるものなら何でもいいですが、軽量でかさばらないビニールタイを使っています。

テント用ヘッドランプの吊るし方
(4) ビニールタイをテントの天井部分のループに吊るせば完了。 

ヘッドランプ2個持ちのもう一つの理由

ヘッドランプを2個持つのには、もう一つ理由があります。実は、私は日帰り登山でも、ヘッドランプを2個持ち歩いています。

何故かというと…

日帰りの場合でも、ヘッドランプの電池が切れそうになったら、電池交換は必要になります。電池交換するには、消耗した電池を取り外さなければなりません。ヘッドランプの明かりを、一旦消す必要があるのです。

それが、暗闇だったらどうでしょうか?

グループ登山の場合は、仲間が明かりを照らしてくれるので問題はないでしょう。でも、単独だったら?…

暗闇の山中で一人。手探りで電池交換しなければならない状況になってしまったら…想像しただけでゾッとしますね。

ヘッドランプがもう1個あれば安心です。電池が切れる前に、予備のヘッドランプに交換するだけです。暗闇の中で電池交換する必要はありません。

私の場合、単独行が多いので「石橋を叩いても渡らない」ぐらいの慎重さが必要かと…

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までご覧頂きありがとうございました!
現在ブログランキングに参加中です。応援して頂けると嬉しいです。

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!…ランキングが上がれば励みになります!(^o^)

テント泊の小技
山旅GOGO

◆コメント一覧

  1. より:

    ヘッドランプをコンビニの袋で包むとランタンみたいな灯りになりますよ

  2. suzuki.raito より:

    キさん、コメントありがとうございました。
    なるほど~その手がありましたか~。
    コンビニ袋の活用の幅が広がりますね!

    ただ…スイッチのON/OFFがしにくいような気もしますが…
    今度試して見ます!