テント泊の小技4~ゴミの整理にジップロックで作った携帯ゴミ箱+アルファ米の空袋

テント泊にゴミ箱?

テント生活であると便利なものがゴミ箱ですが…

山にゴミ箱を持って行く人はいないですね。
レジ袋で代用できるし、山にゴミ箱が無いのは当たり前。

山にはゴミ箱がない…
これって意外と盲点(思い込み)ではないでしょうか?

日常生活では、部屋にゴミ箱が無いと不便ですよね。
レジ袋で代用している人も…あまりいないと思います。

テント生活でも、ゴミ箱があったら便利なのに…

というわけで、
今回は、ジップロックを利用した携帯ゴミ箱を紹介します。

ゴミ袋はジップロックが最適

ゴミ箱の代用としては、レジ袋を使っている人が大半でしょうか。
レジ袋は、手軽に使えるのはいいのですが、以下のマイナス面があります。

【レジ袋の短所】
・ゴミを入れておくと結構かさばる
・汁が残っていると漏れる心配あり
・ガサガサする音が気になる(特に夜中)

レジ袋の短所を解消するのが、ジップロックです。
ジップロックは、Wジッパーで内側からは開きにくく、
空気を抜いてい密閉できるので、以下の点でレジ袋より優れています。

【ジップロックの長所】
・コンパクトに収納できる
・汁が残っていても漏れる心配なし
・ガサガサする音もない

ただし、そのまま使ったのでは、ゴミの出し入れが面倒です。
そこで登場するのが、このジップロックを利用した携帯ゴミ箱です。

ジップロックで作った携帯ゴミ箱

前回ブログで紹介した、「ポリ袋の靴置き場」と同じ発想ですが…(^-^;

ジップロックは丈夫なフリーザーバッグ(L・M)を使用します。
左側が Lサイズで、右側が Mサイズ で作ったものです。

小さい方(Mサイズ)は、
お茶やドリップコーヒーの使用済みバックを入れて置くにもちょうどいいです。

ジップロック  フリーザーバッグ(L・M)

携帯ゴミ箱の作り方

作り方というほどのことでもないのですが、一応説明しておきます。

①ジップロックは丈夫なフリーザーバッグ(L・M)を使用します。
 普通のストックバッグより、フリーザーバッグのほうが、丈夫で汁が漏れる心配もなし。

②ジップロックの上半分を外側に折ります。

③ジップロックの底を広げて立てれば出来上がり。

これだけ!

携帯ゴミ箱の持運び

1泊~2泊の場合

携帯ゴミ箱にゴミを入れたまま、
元の形に戻して(Wジッパーを閉じて)、ゴミ袋として持ち運びます。

2泊目は、ゴミ箱として再利用はせず、新しいジップロックでゴミ箱を作り直します。

つまり、「携帯ゴミ箱」の再利用はしない!

【再利用しない理由】
ゴミを入れたジップロックを、
携帯ゴミ箱として再利用すると、ゴミに接触した部分が外側になって不衛生。
(気にしない人はかまいませんが…)

3泊以上の場合

携帯ゴミ箱の中のゴミを、別のジップロックに移して持ち運びます。

携帯ゴミ箱は、
そのまま(折り曲げた部分は元に戻さないで)小さく畳み、次のテント場で再利用します。

つまり、「携帯ゴミ箱」と持ち運び用の「ゴミ袋」は別に用意する!

【再利用する理由】
・1泊~2泊の場合と同じ方法だと、泊数が多くなると、その分ジップロックが増えてしまう。
・ゴミ箱の外側が、ゴミと接触していないので再利用可能。

ゴミを圧縮する

ゴミ袋に使用したジップロックは、
眠る時に、シュラフマットの下(おしりの下あたり)にいれて置くと、
ぺちゃんこになって、更ににコンパクトに収納できます。

追記:アルファ米の空袋を利用した携帯ゴミ箱

アルファ米の空袋でも携帯ゴミ箱が作れますね。
折り返さなくても立てられるし、ジップロックより丈夫なので、
小さいゴミや、紅茶・ドリップコーヒーの使用済みバックを入れるには便利!

灰皿にもなりそうですね!

私はタバコは吸いませんが…

あとがき

ジップロックを利用した携帯用ゴミ箱は、
テント泊用に考えたものですが、日帰り登山でも使えますね。

屋外で使用する場合は、
ゴミ箱の中に重りになるものを入れて置けば、風に飛ばされない。

重りになるものはといえば…

たとえば…

何かいいものありますか?


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇