履き慣れた登山靴で踝が痛くなった件

先日のブログで…

先月のブログ「丹沢・ミツバ岳~ミツマタの花を見に行く」で、
ミツバ岳に登る途中で、履き慣れた登山靴で、左足の踝が痛くなった件ですが…

買ったばかりの登山靴なら、いざ知らず、
履き慣れた登山靴でのトラブルだったので、かなりショックでした~。

気になっている人も、いるかも知れないので、
(いるかな~?…いないか~)

その後の経過とか、対処方法?をお知らせします。

履き慣れた登山靴

今回、痛くなった登山靴は、
以前のブログでも紹介した、AKUのフィッツロイです。
革製で内部に保温材(ゴアデュラサーモ?)が採用された冬山対応靴。

細身の私の足にぴったりで、
2010年1月に購入してから7年間、履き慣れた登山靴です。

保温材入りなので、冬場に履くことが多いのですが、
去年ソールを張り替えた後も、6~7回履いています。

痛くなった経緯

今年の1月に雲取山に登った時には問題なし。
2月に黒川鶏冠山に登った時に、初めて足に痛みを感じました。

記憶では、登山開始時は痛みは無かったものの、
4~5時間たって徐々に痛み出したような気がします。

その時は、アイゼンを付けていたので、
アイゼン装着の仕方が悪かったのか?
はたまた、アイゼンのベルトを強く締めすぎたせいか?

痛みの原因は、あまり気にはしてませんでした…

痛くなった場所

痛くなったのは2か所。
・左足の踝と、
・親指の付け根の骨のあたり。

上の写真の赤い丸の部分です。

先日のブログでは、踝が痛くなったとしか書いていませんが、
踝の痛みの方が強くて、親指の付け根の方はあまり気にならなかったのでした。

原因と対処【その1】~革の硬化

後日、登山靴をよく調べてみると…

親指の付け根の部分の革が硬化して、
曲がり癖がついて固くなっていました。
(踝のあたりは、特に固くなっているわけではかったが…)

ピン!と来ましたね。

これだ!
革が固くなって、そこが足に当たってたんだ~!

保革剤を塗る

ということで、
革に栄養を与えて柔らかくしましょう。

革を柔らかくするには、ミンクオイル等がありますが、
登山靴にはあまり向かないようなので、登山靴用の保革剤を使用しました。

使用したのはこれ。
コロニルのアウトドア・アクティブ・レザーワックス

コロニル・アウトドア・アクティブ・レザーワックス
登山靴用保革・防水ワックス
皮革繊維に潤いを与え、しなやかな状態を保つ。
通気性も損なわず防水透湿素材を採用している登山靴に最適。


好日山荘で見る
AMAZONで見る

【使い方】
①登山靴の紐を外して水洗い。
②登山靴が乾いてから、レザーワックスを指とブラシでまんべんなく塗布。
 ※レザーワックスは、指で塗ると熱でろう成分が溶けて浸透しやすくなるらしい?
③レザーワックスが乾いたらブラッシング。
 

登山靴の修復

登山靴とアルミの水筒?

アルミの水筒は何に使うかというと…
痛くなった場所の革が伸びるように…

アルミの水筒を登山靴のつま先の方に突っ込んで、
靴紐を結んで、まる一日置いておきます。

次に….

登山靴とワインボトル?

ワインボトルは何に使うかというと…
これは、もうおわかりでしょう!

踝のあたりの革が伸びるように、
登山靴の足首部分に突っ込んで、靴紐を結んでまる一日置いておきます。

以前、買ったばかりの革の登山靴の足首が痛かった時に、
この方法で良くなった経験があるので、今回も試してみました。
(以前は、ビール瓶を使いましたが…ビール瓶がなかったので…)

修復後の試し履き

近所の公園まで、試し履きしてきましたが…

親指の付け根部分の痛みは、だいぶ良くなりましたが、

踝の方は…あまり効果がないようです。

残念。

その後、ワインボトルより太い、
焼酎の瓶でも試してみましたが…(^-^;

だめでした。

原因と対処【その2】~靴紐のフック

愛用の登山靴だったので、なんとかならないものかと…

あらためて、痛くなった登山靴をよく調べてみました。

外見からは、分らなかったのですが、
登山靴の中で踝に当たる部分がないかと、
登山靴の中から、指で探っていると…

おや?
この指に当たる感覚は…
踝に当たる感覚と似ているかな~…
という場所を発見しました!

↓ここです

登山靴の足首のフック(上から2番目)の裏側の部分です。

登山靴を履いた時には、踝の位置からは外れているので、
見落としていましたが、他に踝に当たる場所はなさそうです。

試しに、ここのフックに靴紐を掛けないで履いてみました。
(足首の一番上のフックにだけ靴紐をかけて結ぶ)

すると、どうでしょう。
踝の痛みがだいぶ和らぎました。
どうやら、歩くときに踝がずれて、ここに当たっていたようです。

登山靴の修復

さて、やっと、原因がわかったので修復にとりかかります。

フックの何処が、踝にあたるかというと、
フックを登山靴に埋め込んであるリベット?の部分ではなく、
靴紐をひっかける、まさにフックの部分です。

このフック部分をラジオペンチでつかみ、
登山靴から持ち上がるように折り曲げます。

【修復後】

写真は右側(左足)がフックを折り曲げた状態です。
左側(右足)のフックは元の状態のまま。
左右の違いがわかりますか?

修復後の試し履き

近所の公園まで、試し履きした結果…
踝の痛みが全くなくなりました。

大成功です!(パチパチパチ)

ただし、親指の付け根はまだ少し痛い…

あとがき

とりあえず、踵の痛みは治りましたが、
完全に解決したわけではありません。

・何故急に痛くなったのか?
・アイゼンの装着に問題があったのか?
・何かしらの原因で、左足だけ形が崩れたのか?

いろいろと疑問は残りますが、
また、何かわかりましたら、お知らせします。


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇