プロモンテ・VL26(2017年最新モデル)の改良点

(0)

[2017/05/04] 実物を見てきた感想を追記しました。
 

広告
広告

VLシリーズの最新モデル発売!

プロモンテ・VLシリーズの2017年最新モデルが発売されてますね!

(パチパチパチパチ~)

PEAKS4月号(ベスト・バイ!!マウンテンギア2017)と、山と溪谷5月号、に掲載されていたので、気になっていました。

前モデルから、耐久性・耐水性・保温性?がアップ、さらに軽量化 (約100g)され、フライシートの色が、黄色から水色(サックスブルー)に変わっているようです。

プロモンテ(株式会社エイチシーエス)の公式ページには、 まだ情報が上がっていないので、ライシートの色以外は、具体的に何が変わったのか、よく分らなかったんですが、さかいやスポーツのオンラインショップ(楽天)にて、詳しい情報が載っていたので、まとめてみました。

[2017/05/04]
現在、プロモンテ(株式会社エイチシーエス)の公式ページに、カタログ情報があがっています。
http://www.hcsafe.co.jp/tent.html

結論から先に云ってしまうと…

このテントが欲しい!

前モデル (VL25) からの改良点

前モデル (VL25) からの改良点をまとめると、以下の様になります。
※◎○△は、今のところの(実物を見ていない)私的な評価です。

①本体の生地を、10デニールの極薄生地に変更
→軽量化 (中が透けそうなくらい薄い…)
②本体の生地を、ポリエステルからナイロンに変更
→強度強化
③本体の倒立スリーブを、タフタからリップストップに変更
→引き裂き強度を強化
④本体入口のメッシュパネルを、約半分のサイズに変更
→軽量化。本体の生地が薄くなったので、通気量が増えて通気性は確保?
⑤フライシートの色を、水色(サックスブルー)に変更
→他のテントと被らない色
⑥フライシートとポールを固定する紐を、ベルクロに変更
→設営が簡単に
⑦2人用のロングサイズタイプ(VL26T)が新たに登場
 →VL26より間口(長辺側)が20cm長い。長身の人でもゆったり。

詳しくは、さかいやスポーツのオンラインショップ(楽天)をご覧ください。
◇プロモンテ・VL-26【超軽量2人用山岳テント】

最大の改良点

最大の改良点は、なんといっても、↓これでしょう!
⑥フライシートとポールを固定する紐を、べルクロに変更
唯一の欠点が解消された!

従来モデルでは、フライシートとポールを固定するのに、4箇所も紐で結ぶ必要がありました。

これが、かなり面倒だったんです。

※詳しくは、以前のブログに書いたのでこちらをご覧ください。
マイテント紹介~プロモンテ・VL14
ダンロップVSとプロモンテVL~フライシートのヒモ改造

ベルクロなら簡単に固定できそうです。

この改良でテント設営が、かなり楽になることが期待できますね!

実物はまだ見ていないので…
思わぬ落とし穴があるかもしれませんが…
(実物を見れたら、またレポートします。)

少し気になる点

少し気になる点は、↓これですね。
④本体入口のメッシュパネルを、約半分のサイズに変更

軽量化のために、通気性が悪くなってしまったのではないかと。

生地自体が薄くなって通気量が増えたので、このような仕様が可能になったようですが…

賛否が分かれそうですね。

実物を見てきた感想

好日山荘(横浜西口店)に、VL16が展示されていました。

実物を見てきたので、感想を追記します。

[2017/5/28]
今日見に行ったら、もう展示されていませんでした。(~_~;)

>⑥フライシートとポールの接続する紐をベルクロに変更

これについては、期待通りです。
文句なし!

>④本体入口のメッシュパネルを、約半分のサイズに変更

入口の下部の三角定規の様な形をした部分が、メッシュパネルになります。見た目では、半分というよりも、3分の1に近い大きさです。

いくら、生地自体の通気量が上がったといっても、3分の1の大きさでは…

やはり、軽量化のために、通気性は犠牲にしたものと考えられます。

カタログをよく読んでみると、
「生地自体の通気量が増えたことで、このような仕様が可能」 と書いてありますが、
「従来モデルの通気性を確保」とは書いていないですね。

この仕様変更については、私的には残念です。

従来モデルでも、充分に軽いと思っているので…

冒頭で、このテントが欲しい!

と書きましたが、訂正します。

フライシートだけ欲しい!

※今のところ、フライシートだけの別売りはないようです。

VLシリーズの仕様(2017年最新モデル)

VL16(1人用)

【定員】1人用
【大きさ】間口205x奥行90x高さ100cm
【重量】1,210g(総重量1,400g)
【素材】
・フライシート/20Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)
・インナーテント/10Dナイロンリップ(通気撥水加工)
・グランドシート/30Dポリエステルリップ(防水加工)
・ポール/DAC7001S、張り網/テクノーラ(アラミド)

AMAZONで見る
楽天で見る
Wowma!で見る
好日山荘で見る

VL26(2人用)

【定員】2人用
【大きさ】間口205×奥行120×高さ100cm
【重量】1,360g(総重量1,550g)
【素材】VL16と同様。


AMAZONで見る
楽天で見る
Wowma!で見る

VL26T(2人用ロングサイズ)

【定員】2人用
【大きさ】間口225×奥行120×高さ100cm
【重量】1,440g(総重量1,640g)
【素材】VL26と同様。


AMAZONで見る
楽天で見る
Wowma!で見る
好日山荘で見る

VL36(3人用)

【定員】3人用
【大きさ】間口210×奥行150×高さ105cm
【重量】1,530g(総重量1,730g)
【素材】VL16と同様。


AMAZONで見る
楽天で見る(3点セット)
Wowma!で見る
好日山荘で見る

 

★★★関連記事★★★
マイテント紹介~プロモンテ・VL14

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました!(^o^)

にほんブログ村ランキングに参加中です。応援クリックお願いします!
↓クリックするとランキングサイトへ移動します!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!
↓クリックするとランキングサイトへ移動します!


登山ランキング

テント
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆

◆◆◆イチオシ記事◆◆◆
管理人のイチオシ記事です。まだ読んでいない人は、ぜひご覧ください!

脱ストックのすすめPart2~登山中に膝が痛くなった時の対処方法
脱ストックのすすめ!のPart2です。Part1では、足腰と膝を鍛えるために、ストック(トレッキングポール)の使用を止めることをおすすめしましたが…Part2では、登山中に膝が痛くなった時の対処方法を、詳しく説明していきます。
登山靴の慣らし履き…効率的な方法は?
新しい登山靴を買ったら、すぐにでも山に登ってみたくなりますね。早く山で履いてみたい!新しい登山靴で、軽快に、颯爽と、歩きたい!ということで、今回は、効率的な慣らし履きの方法を紹介します。
発見?キツイ登りが楽になる~両手腰当て歩きの秘訣!
登山で登りがキツイなー!と思った時にやってみると、とっても楽になるという、歩き方の秘訣を紹介します。乞うご期待!
’18夏山テント泊登山計画6~脚力強化Part2☆腰を痛めない!上体垂直式スクワット
脚力強化のためには、実際に山に登ることが一番ですが、なかなか、山へ行けない場合もありますね。そんな時に、自宅でできる安全で効果的なトレーニング方法~上体垂直式スクワット?を紹介します。

以上、イチオシ記事でした。