酉年登山~雁ヶ原擦山へ(五百円札の富士山の撮影地)

雁ヶ腹摺山からの富士山

雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)

酉年登山の第二弾です。
今年の干支の酉(とり)にちなんだ名前の山に登ろうというやつです。

第一弾は「黒川鶏冠山」に登りました。その時のブログはこちら↓
酉年登山~黒川鶏冠山へ

第二弾に選んだのは、五百円札に描かれた富士山の撮影地として有名な、
標高1874mの「雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)」です。

「雁ヶ腹摺山」は「秀麗富嶽十二景」の一番山頂にも選ばれている、
富士山の眺めがいい山です。

秀麗富嶽十二景とは

山梨県大月市が、富士山を望む優れた景観がある場所として定めた、
市内にある12の山域(山頂)。

1番山頂から12番山頂まで番号がつけられており、
2つの山頂が1つとして数えられているものもある。(計20峰)

1番山頂:雁ヶ腹摺山(1874m)、姥子山(1503m)
2番山頂:牛奥ノ雁ケ腹摺山(1995m)、小金沢山(2014m)
3番山頂:大蔵高丸(1781m)、ハマイバ(1752m)
4番山頂:滝子山(1590m)、笹子雁ヶ腹摺山(1357m)
5番山頂:奈良倉山(1348m)
6番山頂:扇山(1138m)
7番山頂:百蔵山(1003m)
8番山頂:岩殿山(634m)、お伊勢山(丘陵地・約550m)
9番山頂:高畑山(981m)、倉岳山(990m)
10番山頂:九鬼山(970m)、御前山(730m)
11番山頂:高川山(975m)
12番山頂:本社ケ丸(1630m)、 清八山(1593m)

太字は登ったことがある山

ちなみに、山梨県大月市には、「雁ヶ腹摺山」の名前がつく山は3つあり、
3つとも、「秀麗富嶽十二景」に選定されています。
・雁ヶ原擦山(がんがはらすりやま
・牛奥雁ヶ原擦山(うしおくのがんがはらすりやま
・笹子雁ヶ原擦山(ささごがんがはらうりやま

マイカーかタクシー利用すれば、「大峠」から2時間で往復できますが、
今回は「金山鉱泉」からのクラシックルートを往復します。
標準コースタイムが8時間40分、日帰りとしてはロングコースです。

ゴールデンウィークにもかかわらず、
登山客は少なく、静かな山登りを楽しめる山でした。

日程・コース

【日程】2017年5月3日(水) ※休日
【メンバー】単独
【登山口までの交通】
 往復:中央線大月駅⇔(バス15分)⇔遅能戸バス停⇔金山鉱泉
 ※帰りのバスは休日は、17:10のみ
【登山コース】金山鉱泉から往復
雁ヶ腹摺山・金山鉱泉から往復コース地図

※ヤマプラで作成

【コースタイム】
雁ヶ腹摺山・コースタイム

※ヤマプラの標準コースタイムです。(休憩時間は山頂で30分)

大月駅~遅能戸バス停~金山鉱泉

今日は、ゴールデンウィーク後半の初日。
八王子からの「中央線・松本行き」の始発は、かなりの混雑状態。

大月駅で3分の1ぐらい降りたでしょうか。
大月駅で降りたほとんどの人は、富士急行線への乗り換えに向かいます。

大月駅バス停

大月駅を出てロータリーの右側が、「西奥山行き」のバス停。
トイレを済ませて、バス停に向かうと、先客は3名程。

10分ほど待って、「西奥山行き」のバスへ乗車。
結局乗ったのは、私を含めて5名のみ。
中央線の混み具合とは、打って変わったような空き具合です。

遅能戸バス停

15分弱で、「遅能戸バス停」へ到着。
ここは、バス停だけで、トイレも自販機も何もありません。

ここで降りたのは、私の他に3名。
そのうちの1名と雑談。この人とは、帰りのバスでも一緒になりました。

雁ヶ原摺山・遅能戸バス停~金山鉱泉

17:50頃(予定より10分早い)、
身支度を整えて歩き始めます。
バス停の右側の下っている道が「金山鉱泉」方面です。

雁ヶ原摺山・遅能戸~金山鉱泉

しばらく、沢沿いの舗装路を歩きます。

雁ヶ原摺山・遅能戸~金山鉱泉

20分程で、森屋荘へ到着。
サクラ沢峠へ向かう道を右に分け、道なり(左側)へ進みます。

雁ヶ原摺山・金山鉱泉(山口館)

さらに、25分ほど歩いて「金山鉱泉・山口館」に到着です。
金山鉱泉は、ここ山口館1軒のみの営業のようです。

金山鉱泉~金山峠

雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠

山口館から2分ほどで、「大垈山」経由の尾根どおしの登山口に到着。
ここは、4~5台の駐車スペースになっていますので、
車が止まっていると、案内版を見落としやすいので要注意です。
(上の写真でも案内版が、車で隠れて少ししか見えない)

雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠

案内版の右側が「大垈山」経由の登山口の入口です。
案内版に気が付かずに直進すると、沢沿いの登山道に入り込むので要注意!

雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠 雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠

「大垈山」経由の登山口は、一旦、沢に降りて、沢を渡ります。
沢を渡って、しばらく急登が続きます。

雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠

10分程、ジグザグの急坂を登ると、尾根道へ出ます。

雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠

この辺の尾根道は、急で足場がなくて登り辛い。

雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠

倒木が道をふさいでいる!
ここは、跨いでいくしかありませんが、
女性や、小柄な人はちょっと苦労するかも。

※右側の山の斜面を登るように超えていくといいかも。
 左側は谷に切れ落ちているので危険。

雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠

登山口から1時間15分ほどで、「大垈山」への分岐に到着。
「大垈山」へは寄らず、先へ進みます。

雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠

「金山峠」に向かう途中で、展望がひらけ富士山が見えました。

このコース、尾根道を進みますが、ここの他はあまり展望はありません。

雁ヶ腹摺山・金山鉱泉~金山峠

登山口から1時間30分ほどで、「金山峠」に到着。
左側から、沢沿いの道が合流します。

標識に「金山峠山頂」と書いてありました。
峠なのに山頂?
おかしくない?
と思いながらも先に進みます。

金山峠~雁ヶ原擦山

雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山 雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山

「金山峠」から5分程で林道にでます。
ここは、「百軒干場」(ひゃっけんほしば)と呼ばれています。
意味はわかりませんが…

雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山

「百軒干場」からしばらくは林道を歩きます。
10分ほどで、「登り尾根」の分岐点に到着しますが、
見落としやすいので要注意!

「雁ヶ原擦山」のプレートは落ちているし、
「金山峠」のプレートはだいぶ薄くなっています。

雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山 雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山

「登り尾根」の分岐点から、1時間ほどで舗装路に出ます。
「雁ヶ原擦山」へは、舗装路を渡って向かい側の階段を上ります。

雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山

しばらく行くと、広い尾根道にでます。
写真に写っている人口物は「雨量観測所」です。

雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山

この辺の広い尾根は、登山道が分かりづらい。

雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山

舗装路から15分ほどで、「姥子山」の分岐点に到着。
この辺は「白樺平」と呼ばれています。

雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山

広い尾根道を進みます。

雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山 雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山

「白樺平」しばらく歩くと、巨岩が散在する地帯に入ります。
ここの地帯だけ、大きな岩がゴロゴロして不思議です。

雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山 雁ヶ腹摺山・金山峠~雁ヶ腹摺山

大昔に火山の噴火でもあったのでしょうか?
何かに砕かれたような、鋭角な角をもつ平たい岩が印象的。

雁ヶ腹摺山・雁ヶ腹摺山手前

巨岩地帯から35分ほどで、明るい草原地帯にでます。
この草原地帯を登りつめた所が「雁ヶ原擦山」の山頂です。

ここで、朝のバスで一緒になった人とすれ違いました。
沢沿いの道を登ってきたようです。

雁ヶ原擦山の山頂

雁ヶ腹摺山の山頂

12:50頃 到着~!
「遅能戸バス停」から約5時間。やっと着きました。

ほぼ、予定通りの時間です。

先客は3グループのみ。(1人は単独)
「大峠」から登ってきた人達で、もっと賑わっているのかと思いきや、予想外に静かな山頂です。

わりと、地味な山頂だなぁーとか思いながら…

後ろを振り返ってみると…

雁ヶ腹摺山の山頂から富士山

じゃーん。
という効果音が頭の中で鳴り響きました。
映画「剣岳 点の記」ワンシーンのような…(イメージです…)

後ろに「富士山」が見えることに、全然気づいてなかったんですね。(^-^;

「富士山」が見える方向は、歩いてきた方向の真後ろになるので、
振り返らないと視界には入りません。
それが、感動的な効果をもたらしました!

「金山鉱泉」方面から登る場合は、
頂上につくまでは、振り返らないことをお薦めします!

雁ヶ腹摺山の山頂から富士山(ズーム)

少しアップで。
さすがに、秀麗富嶽十二景の、一番山頂に選ばれた風景ですね。
しばらく見とれてました。

雁ヶ腹摺山の山頂

山頂には、山頂標識の他に、「大月市秀麗富嶽十二景」の案内版と、

雁ヶ腹摺山の山頂と富士山 

「五百円札に描かれた富士山の撮影地」という記念版が設置されています。
左側の富士山の絵が描かれたものは、五百円札の図柄を再現しているようです。
右端に500と描かれている部分が、お札のデザインになっていますね。

動画「雁ヶ原摺山の山頂風景」をアップしました。

画像をクリックすると再生します。

雁ヶ原摺山・昼食(ラーメン・ベーコン、温泉卵)

今日の昼食は、
・即席ラーメン(マルちゃん正麺塩味)
・厚切りべーコン
・温泉卵

お湯を沸かして、ベーコンを先に投入。
再度、沸騰したら麺を投入して、適当に煮込んでスープを加える。
最後に、温泉卵を投入して出来上がり。

塩ラーメン+ベーコン+温泉卵

ベーコンの旨みが、塩味のスープとマッチして旨いです!
ウィンナーを入れるより、ベーコンのほうがお薦めです!

今日は、「マルちゃん正麺塩味」にしましたが、
「サッポロ一番塩味」のほうが好みです。

下山~あとがき

山頂で40分ほど休憩して、
13:30頃、下山開始。

ほぼ、予定通りの時間なので、急ぐ必要はありません。
登ってきた道をゆっくり戻ります。

17:00頃、「遅能戸バス停」に到着。
朝のバスで一緒になった人が、先に到着していました。

その人は、行きは沢沿いの道を登って、
帰りは、尾根どおしの道を降りてこようとして、
途中で道に迷って、結局、沢沿いの道まで降りて帰ってきたようです。

沢沿いの道は「山と高原地図」には、
「道が荒れていて通行困難」と記載されているので、

様子を聞いてみると、
道は荒れているけれど、要所、要所に「マーク(リボン)」があるので、
「マーク」を見失わなければ大丈夫とのことでした。

沢沿いの道も面白そうなので、今度行ってみたいですね。

「遅能戸バス停」からは、
サクラ沢峠を経由して「セーメーバン」「大垈山」を越えていく道もあるので、
いろいろと、楽しめそうです。


最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!


登山ランキング

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇