丹沢・塔ノ岳~バカ尾根の由来?とボッカ駅伝

(0)

塔ノ岳山頂から(当日は曇り気味だったので、写真は2016年1月に撮影したもの)塔ノ岳山頂から富士山

丹沢・塔ノ岳に登ってきました。これで124回目の登頂です!(^o^)

登ったコースは大倉尾根です。通称バカ尾根と呼ばれているのが、以前から疑問に思っていたので、その由来を調べてみましたが…

大倉尾根はバカ尾根じゃないですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

124回目の塔ノ岳

先々週、久しぶりに(6か月ぶり)、丹沢・塔ノ岳に登ってきました。久しぶりではありますが、これで124回目の登頂になりました。

登山を始めてから12年ぐらいなので、年に平均10回以上登っていることになりますね。我ながら、よく登ったもんだと思います。

何故、同じ山に何回も登るのか?というと…

交通機関が便利なのと、行き慣れた場所なので、下調べの必要もなく、行こうと思ったら、すぐに行けるという手軽さからですね。

手軽に行ける割りには、登りがいがあって展望も抜群なので、「どの山に登ろうか?」と悩んでる時は、結局、「塔ノ岳でいいや!」となってしまうのです。

丹沢で一番人気の山?

塔ノ岳は、丹沢山塊の中で2番目に登山者が多い山です。

よく、「塔ノ岳は、丹沢で一番人気のある山」とか、「一番登山者が多い」等と紹介されている場合がありますが、それは間違いです。(^_^;

丹沢で一番人気があって、登山者が多いのは、大山(おおやま)です。大山は江戸時から信仰の山として有名で、落語の「大山参り」の題材としても扱われています。今でも多くの参拝者や登山者で大賑わいです。

しかし、大山は中腹にある阿夫利神社までケーブルカーで行けて、山頂にも観光客が多いので、登る山というよりも観光地の印象が強いのでしょうね。登る山としては、一番目からはずされて(見落とされて)しまうようです。

こう言っている私も、以前のブログで、「塔ノ岳は丹沢で一番登山者が多い山」と紹介していたので、人の事は言えませんが…(^_^;
※現在は修正済みです。

ボッカ駅伝競走大会

第31回丹沢ボッカ駅伝競走大会

後述の大倉尾根では、毎年6月頃にボッカ駅伝競走大会が開かれます。大倉から花立までを、4人でボッカリレーする山岳競技です。

今年(2017年)のボッカ駅伝競走大会の開催日は6月4日(日)です。当日、大倉尾根の登山道は、大変混雑します。登山目的の人は、日程を変更するか、別コースに変更したほうが良いでしょう。

2019年度は6月2日(日)の開催です。(雨天決行)

以前、知らないで大倉尾根を登っている最中に、このボッカ駅伝競走大会に巻き込まれたことがあります。当時、3時間ぐらいで登っていたコースですが、登るのに5時間近くかかり、うんざりした記憶があります。(^_^;

ボッカ駅伝競走大会の詳細は、↓こちらをご覧ください。
丹沢ボッカ駅伝競走大会

大倉尾根(通称バカ尾根)

今回、登ったコースは、塔ノ岳への登山コースの中でも、一番人気がある大倉尾根を往復するコースです。

大倉尾根は、塔ノ岳山頂まで、標高差約1200mを直登するきつい尾根です。(何回登ってもきついですね!)

北アルプルの三大急登とされる合戦尾根(標高差1243m)と標高差が近く、アルプスに向けてのトレーニングとして、利用している人も多くいるようです。ネット上では合戦尾根より、きついと云っている人もいますね。

そんな大倉尾根ですが、通称「バカ尾根」と呼ばれています。この呼ばれ方、以前から疑問に思っていたので今回調べてみました。

何が疑問かというと…バカ尾根と呼ばれる由来です。

バカ尾根とは、一般的には、下記の意味で使われるようですが…

バカ尾根とは
変化に乏しく単調な登り下りを強いられる尾根道。
面白みがなくただ長いだけの尾根道という意味で使われる。
出展:weblio辞書

大倉尾根の様子・特徴

大倉尾根は現在、石ころが多くて、階段状に整備された道が長く続く、歩き難くて疲れる尾根ですが、木道木段ガレ場ヤセ尾根急登緩やかな散歩道、と多彩な登山道が楽しめる明るい尾根です。(岩場、クサリ場はありませんが…)

花立付近からは、富士山相模湾が見下ろせます。天気が良ければ、大島伊豆七島まで見渡せる(めったに見えませんが…)大展望が望める尾根でもあります。

途中、山小屋が6軒あり、トイレも整備されていますので、初心者でも安心して登れます。(きついですが…)

麓に近い山小屋は平日は営業していないので注意!

ただし、登山道は直線的で、見通しがいい所が多いので、急登の先まで見通せて、逆にうんざりすることはあるかもしれませんが…(^_^;

花立山荘前の「木段」の登り始めと終わり。「大倉尾根」で一番きつい所。塔ノ岳・花立山荘前の300階段 塔ノ岳・花立山荘前の300階段

大倉尾根≠バカ尾根

前述したバカ尾根の特徴の
・変化に乏しい
・単調
・面白味がない
・長いだけ

どれも大倉尾根には、あてはまりません。

では、いったいなぜバカ尾根と呼ばれるのでしょうか?

バカ尾根の由来

結論から先に云うと…

よくわかりませんでした。<(_ _)>

由来としては、下記のようなものが、あげらていましたが…

どれも根拠が薄いものばかり。

●バカ尾根と呼ばれる由来?
(1) だらだらした長い登りが続く(一般的な意味)
(2) きつくて馬鹿にできない尾根
(3) 登るのが馬鹿馬鹿しいほどきつい尾根
(4) 馬鹿みたいにきつい登りが続く
(5) 馬鹿じゃないと登れない
(6) 長くて辛くて「バカヤロー」を叫びたくなる

(1) は一般的なバカ尾根の意味ですが、前述したように、大倉尾根にはあてはまりません

(2) 以降は、要するにきついから、という理由なんですが、きつい=バカとなる理由が、今一つ納得できません。北アルプスの三大急登は、「バカ尾根」とは呼ばれませんからね。

今回、調べてみて驚いたのですが、大倉尾根についてネット上の書き込みを見ると、「だらだらとした長い登りが続く」とか、「単調でつまらない、あきる」とか、表現されているのを見かけました。

ちょっと、待てよ!

「だらだら」とか「単調」とかいうのは、違うでしょう!

確かに、大倉尾根は、何回登ってもきつい尾根ですが、前述したように、

大倉尾根は、決して単調ではなく、大展望が望める、素晴らしい尾根なんですが…

そう思っていいるのは、私だけでしょうか?…

ちなみに、ウィキペディアには、こう記載されていました。

ウィキペディア大倉尾根

全長約7km、標高差約1200mで、だらだらとした長い登りが続くことから「バカ尾根」という別称もある。

出展:ウィキペヂアからの引用

あれ?あれ?

やっぱり、私だけ?…

ウィキペディアが間違っている?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までご覧頂きありがとうございました!
本サイトでは山旅の楽しさと面白さと、とっておきのアイデアやお役立ち情報を掲載しています。他の記事もご覧いただければ嬉しいです。

現在ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!…ランキングが上がれば励みになります!(^o^)

山行記
山旅GOGO

◆コメント一覧