夏山テント泊登山計画3~常念山脈(パノラマ銀座)


※涸沢カール(手前)と常念岳(左上)(2011年に奥穂高、北穂高に登った時に撮影)

夏山テント泊登山計画(前回)の続き

常念山脈(パノラマ銀座)

お次は、「北アルプス・常念山脈」
「槍ヶ岳・穂高連峰」の展望とお花畑にも恵まれ、
アルプス登山の入門コースとされています。

いつの頃からか「パノラマ銀座」とも呼ばれているようですね。(^_^;

この縦走コースを、単独&テント泊で縦走する計画です。

今年の夏のメインとして計画しているのは、
同じく北アルプスの「表銀座コース」と「裏銀座コース」なんですが、
いきなりこの2コースを、テント泊装備を担いで縦走するのは、少々きつそうです。

なので、
北アルプスでは、比較的に緩やかなこの「パノラマ銀座コース」で、
体を慣らしてから、メインコースに挑もうという計画です。

体慣らしが目的なので、
最初は、「常念岳」と「蝶ヶ岳」だけのつもりだったんですが、
「パノラマ銀座」というのを知ってから、どうせなら…

というわけで、
北アルプス・常念山脈(パノラマ銀座)のテント泊縦走計画を、進めて行きます。

登山コースと日数は?

一般的には、前夜発3泊4日で「中房温泉」から登り、
燕岳(2762m)~大天井岳(2921m)~常念岳(2857m)~蝶ヶ岳(2677m)と縦走して、
「上高地」に降りるコースをとることが多いようです。

逆に「上高地」から登り「中房温泉」へ降りる、
という逆コースをとっても良さそうですね。

「中房温泉・上高地」ともに、日帰り入浴施設があるので、下山後の温泉も楽しめます。
中房温泉・立ち寄り湯のご案内
上高地・外来入浴施設

キャンプ指定地は?(テント場)

キャンプ指定地には、恵まれたコースです。
縦走中に通過する山小屋は、ほとんどテント泊が可能です。

起点となるの「中房温泉」と「上高地(小梨平)」にもキャンプ場があるので、
これを含めると9軒もあります。

●中房温泉~常念山脈のテント場

テント場幕営数料金水場
中房温泉20張?700円?あり
合戦小屋10張700円小屋で販売
燕山荘30張700円小屋で販売
大天荘50張700円小屋で販売
常念小屋40張700円?小屋で販売
蝶ヶ岳ヒュッテ30張700円小屋で販売

●上高地周辺のテント場

テント場幕営数料金水場
横尾山荘100張700円あり
徳沢ロッヂ200張700円?あり
小梨平キャンプ場400張800円あり

稜線上のキャンプ場は、次の事を念頭に!
・風が強い
・水場がない(有料で販売)

特に、蝶ヶ岳ヒュッテのテント場は、
「風が強かった」という書き込みをよく見かけます。

登山口とアクセス方法は?

拠点となる登山口は、「中房温泉」と「上高地」。
どちらも、直通バス(夜行バス)が運行されていて、
公共交通機関のアクセスも良さそうです。

電車で行くか?
夜行バスで行くか?

やはり、夜行バスが便利ですね。
バスに乗ってしまえば、眠っていいる間に登山口まで到着するので、
早朝から行動開始できます。

だだし、夜行バスの混雑具合や、前後左右の乗客によって、
窮屈な思いをする場合もあるので…

夜行バスの予約状況等を確認しながら、直前になってから決めようと思います。
(空いてそうなら、夜行バスで決まりですが…)

金曜日・休日の前夜発は、人気があるので早めに(1ヶ月以上前)、
予約しておいたほうが良さそうです。

各拠点へのアクセス方法は、下記のリンクをクリック。
中房温泉のアクセス方法
上高地のアクセス方法

コース日程・宿泊地を決めよう!

出発地点を「中房温泉」にするか、「上高地」にするか?
また、夜行バスで行くか、電車&バスで行くか?

出発地点と交通手段によって、
登山口への到着時刻が変わってくるので、
それに合わせて、コース日程と宿泊地を決めていきます。

今のところ、出発地点も、交通手段も決まっていないので、
とりあえず、次の4パターンを考えてみました。

【1】中房温泉から登り、上高地へ下山(夜行バス利用)
【2】中房温泉から登り、上高地へ下山(電車&バス利用)
【3】上高地から登り、中房温泉へ下山(夜行バス利用)
【4】上高地から登り、中房温泉へ下山(電車&バス利用)

夜行バス利用の場合は、(【1・3】)
早朝に登山口に到着するので、1日目から本格的に登山する日程が組めます。

電車&バス利用の場合は、(【2・4】)
登山口への到着が12:00頃になってしまうので、1日目は入山のみか、短時間の移動に限られます。

【1】中房温泉から登り、上高地へ下山(夜行バス利用)

夜行バス利用なので、1日目の早朝から本格的に登山するコース設定です。

◆早朝5:30頃、中房温泉に到着
1日目:中房温泉~燕山荘⇔燕岳往復 [5時間20分]
2日目:燕山荘~常念小屋 [6時間40分]
3日目:常念小屋~蝶ヶ岳ヒュッテ [5時間10分]
4日目:蝶ヶ岳ヒュッテ~上高地 [6時間0分]

一般的なコース日程です。
コースタイムのバランスもいいですね。
[時間]=山と高原地図の標準コースタイム

【2】中房温泉から登り、上高地へ下山(電車&バス利用)

電車&バス利用なので、1日目はお昼頃から移動するコース設定になります。

◆12:00頃、中房温泉に到着
1日目:中房温泉~合戦小屋 [2時間50分]
2日目:合戦小屋~(燕岳往復)~大天井荘 [6時間10分]
3日目:大天井荘~蝶ヶ岳ヒュッテ [8時間40分]
4日目:蝶ヶ岳ヒュッテ~上高地 [6時間]

1日目に、燕山荘まで行くのは厳しいので「合戦小屋」に宿泊して、
2日目、3日目に長く歩くコース設定にします。

合戦小屋への到着が早ければ(14:30頃)、燕山荘まで行ってもいいですね。
(燕山荘のテント場の混雑具合は、合戦小屋で確認できるかと思います)

【3】上高地から登り、中房温泉へ下山(夜行バス利用)

夜行バス利用なので、1日目の早朝から本格的に登山するコース設定です。

◆5:20頃、上高地に到着
1日目:上高地~蝶ヶ岳ヒュッテ [6時間40分]
2日目:蝶ヶ岳ヒュッテ~常念小屋 [5時間10分]
3日目:常念小屋~燕山荘 [7時間10分]
4日目:燕山荘~中房温泉 [2時間50分]

【1】の逆コースになりますが、
コースタイムのバランスは、まずますですね。

【4】上高地から登り、中房温泉へ下山(電車&バス利用)

電車&バス利用なので、1日目はお昼頃から行動するコース設定になります。

◆12:00頃、上高地に到着
1日目:上高地~徳沢ロッジ [2時間0分]
2日目:徳沢ロッジ~常念小屋 [9時間10分]
3日目:常念小屋~燕山荘 [7時間10分]
4日目:燕山荘~中房温泉 [2時間50分]

2日目の徳沢ロッジ~常念小屋のコースタイムが長いですね。
1日目に横尾山荘まで行き、槍見台経由で登って、蝶ヶ岳を往復すれば、50分短縮できますが…
(蝶ヶ岳に登らなければ、1時間50分短縮可能。)

まとめ(とりあえず)

3泊4日のコース日程として、
上述の4つのパターンを考えて見ましたが、

やはり、一般的なコースとされている、
【1】夜行バスを利用して「中房温泉」から登り「上高地」へ降りる
というパターンが、コースタイムのバランスが良くて、一番良さそうです。

ですが、
なるべく、夜行バスには乗りたくないので…

前日に電車&バスで「中房温泉」まで行って、
一泊するという手もありますが…

そうすると、4泊5日になってしまいます。
のんびり歩く予定なら、それでもいいですが…

今回は、「表銀座・裏銀座」をテント泊縦走するための、
体慣らしが目的なので、あまり日数をかけたくないし…

特に「パノラマ銀座」に、こだわってるわけでもないので、
「蝶ヶ岳・常念岳」だけで、2泊3日でもいいかなぁとか…

(続く…)


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

コメント

  1. 似たような夏山計画を立てているところで、楽しく読ませていただいてます(^^)
    私の今年のメインは新穂高~鷲羽岳(雲ノ平までも検討中)ですが、その他は「立山(雷鳥沢泊、浄土山~別山)」「パノラマ銀座(命名したのはたぶん安曇野市)」「唐松~五竜」「木曽駒(桂木場~ロープウェイ)」
    いずれもテント泊です。
    早くから計画しないとあっという間に良い時期は過ぎてしまいますよね。

    • suzuki.m より:

      まつたろうさん、コメントありがとうございます。
      「立山」と「パノラマ銀座」が一緒ですね!
      「新穂高~鷲羽岳」も「裏銀座」と一部かぶるかな?
      「雲ノ平」もいい所なので、来年あたりに、また行きたい場所です。(前回行けなかった「高天ヶ原温泉」にも寄りたい)
      夏山シーズン、ほんとにあっという間ですね!

      ちなみに、
      このブログのトップページ(ホーム)のスライド写真の1枚目が、
      「祖母岳」から見た「雲ノ平」と「水晶岳」の写真です。
      (手前に小さく写っているのが雲ノ平山荘、テント場は右下の丘の裏側で見えません)

⬇スポンサーリンク⬇