夏山テント泊登山計画4~表銀座

「弓折岳」付近から見た「槍ヶ岳」
※「弓折岳」付近から見た「槍ヶ岳」(2011年8月に撮影)

夏山テント泊登山計画(前回)の続き

表銀座コース

さて、いよいよ今年のメインイベント「北アルプス・表銀座コース」です。

単独&テント泊で、
「燕岳」から「喜作新道~東釜尾根」を通って「槍ヶ岳」を目指します。

前半(燕岳~西岳)は、お花畑と展望を楽しみながらのゆったりした稜線歩き。

後半(西岳~槍ヶ岳)は、「東鎌尾根」のスリルある岩稜歩きが待っています。

想像しただけでも、ワクワク、ドキドキしますね!

果たして、険しい「東鎌尾根」をテント泊装備を担いで歩けるのか?

多少、不安はありますが、
コース日程に充分余裕をもって、ゆっくり行けば大丈夫でしょう!

ただし、
「東鎌尾根」で渋滞に巻き込まれると…
不安定なところで立ち往生すると…

立ってるだけでも体力を消耗してしまうので、
土日・休日を避けてスケジュールする予定です。

登山コースと日数は?

表銀座コース地図(中房温泉~槍ヶ岳)

「槍ヶ岳」までは、「中房温泉」から登り、
燕岳(2762m)~西岳(2758m)~東釜尾根~槍ヶ岳(3180m)と縦走します。

※大天井岳(2921m)には登りません

「槍ヶ岳」からの下りコースは、
「槍沢」を下って、「槍沢ロッヂ」経由で「上高地」に降りるのが一般的のようですが、
「飛騨沢」を下って、「槍平小屋」経由で「新穂高温泉」へ下山してもいいですね。

一般的には、3泊4日で歩くコースですが、
小屋泊まりなら、2泊3日で歩く人も多いようです。

「中房温泉・上高地・新穂高温泉」ともに、
日帰り入浴施設があるので、下山後の温泉も楽しめます。

中房温泉・立ち寄り湯のご案内
上高地・外来入浴施設
新穂高温泉協会・温泉施設

槍沢を下って上高地に降りるコース

表銀座コース地図(槍ヶ岳~上高地)

「槍ヶ岳」から「槍沢」沿いに下り、
「槍沢ロッヂ」経由で「横尾山荘~上高地」へと降りるコースです。

【歩行距離】約19km。
【標準コースタイム】8時間

「横尾山荘~上高地」間はほぼ平地のなで、
下りは実質5時間になります。

飛騨沢を下って新穂高温泉に降りるコース

表銀座コース地図(槍ヶ岳~新穂高温泉)

「槍ヶ岳」から「飛騨沢」沿いに下って、
「槍平小屋」経由で「新穂高温泉」へ降りるコースです。

【歩行距離】約12km。
【標準コースタイム】6時間20分

帰りの東京方面(松本行き)のバスが、やや不便です。

キャンプ指定地は?(テント場)

このコースもキャンプ指定地は豊富です。
以下のキャンプ場が利用できます。

●中房温泉~表銀座のテント場

テント場幕営数料金水場
中房温泉20張?700円?あり
合戦小屋10張700円小屋で販売
燕山荘30張700円小屋で販売


●槍ヶ岳周辺のテント場

テント場幕営数料金水場
ヒュッテ西岳??張700円?小屋で販売
殺生ヒュッテ50張700円?小屋で販売
槍ヶ岳山荘39張800円小屋で販売
槍沢キャンプ場(ババ平20張?700円?あり
槍平小屋50張?1000円あり


●上高地周辺のテント場

テント場幕営数料金水場
横尾山荘100張700円あり
徳澤園200張700円?あり
小梨平キャンプ場400張800円あり

稜線上のキャンプ場は、次の事を念頭に!
・風が強い
・水場がない(有料で販売)

※槍ヶ岳山荘のテント場が強風の場合は、殺生ヒュッテまで降りたほうが安心です!

登山口とアクセス方法は?

拠点となる登山口は、
出発地点は「中房温泉」で、
ゴール地点が「上高地」か「新穂高温泉」のどちらか。

いずれも、直通バス(夜行バス)が運行されています。

電車&バス利用では、「上高地」「中房温泉」のアクセスは良さそうですが、
「新穂高温泉」は、東京方面からは若干、不便な気がします。

各拠点へのアクセス方法は、下記のリンクをクリック。
中房温泉へのアクセス方法
上高地へのアクセス方法
新穂高温泉へのアクセス方法

コース日程を決めよう!(出発地、宿泊地、ゴール地)

出発地点は、「中房温泉」で決まりですが、
ゴール地点を「上高地」にするか、「新穂高温泉」のどちらにするか?

「上高地」へ降りる、槍沢沿いのコースは、以前歩いたことがあるので、
今回は、「新穂高温泉」へ降りる、飛騨沢沿いのコースを歩いてみましょう。

交通手段(夜行バス利用か、電車&バス利用か)は、
例によって、まだ決まってないので…

とりあえず、次の2パターンのコース日程を考えてみました。

【1】中房温泉~槍ヶ岳~新穂高温泉(夜行バス利用)
【2】中房温泉~槍ヶ岳~新穂高温泉(電車&バス利用)

※夜行バス利用の場合は前夜発となります。

【1】中房温泉~槍ヶ岳~新穂高温泉(夜行バス利用)

◆早朝5:30頃、中房温泉に到着
1日目:中房温泉~燕山荘(テント泊)⇔燕岳 [5時間20分]
2日目:燕山荘~ヒュッテ西岳(テント泊)⇔西岳 [8時間0分]
3日目:ヒュッテ西岳~東鎌尾根~槍ヶ岳山荘(テント泊)⇔槍ヶ岳 [4時間30分]
4日目:槍ヶ岳山荘~飛騨沢~新穂高温泉へ下山 [6時間20分]

一般的なコース日程です。
コースタイムのバランスも良さそうです。
※3泊4日
[時間]=山と高原地図の標準コースタイム

【2】中房温泉~槍ヶ岳~新穂高温泉(電車&バス利用)

◆12:00~15:40頃、中房温泉に到着
1日目:~中房温泉に宿泊(テント泊)
2日目:中房温泉~燕山荘(テント泊⇔燕岳) [5時間20分]
3日目:燕山荘~ヒュッテ西岳(テント泊⇔西岳)[8時間0分]
4日目:ヒュッテ西岳~東鎌尾根~槍ヶ岳山荘(テント泊⇔槍ヶ岳)[4時間30分]
5日目:槍ヶ岳山荘~飛騨沢~新穂高温泉へ下山 [6時間20分]

電車&バス利用の場合、
登山口への到着が早くても12:00頃なので、後々のコース日程を考えると、
1日目は中房温泉に宿泊して、
2日目の早朝から登山を開始したほうが良さそうです。

中房温泉へは、最終の乗合バス(穂高駅発14:45~15:40中房温泉着)でOK。
この場合は4泊5日になってしまいますが…

あとがき

「槍ヶ岳」の山頂は、2012年に一度登ったことがありますが、
その時は、「上高地~槍沢コース」だったので、

やはり、この「東鎌尾根」か「西鎌尾根」を登らないと、
「槍ヶ岳」に登ったという、実感というか、達成感が感じられなかったので、
「近いうちに登ってやろう!」

なんて思いながらも、はや、5年が経過してしまいました…(^_^;

今年こそ、実現したいので、
今のうちから気合を入れて行きましょう!

北アルプス・表銀座へGO!GO!

(続く…)


最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!


登山ランキング

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇