ブヨ対策(対処編)~ポイズンリムーバーは効果なし?

ブヨ対策グッズ

ブヨ対策(予防編)の続き

ブヨ対策には予防が大切です。
しっかりと予防しておけば、咬まれる確率はかなり低くなることでしょう。

しかし、ブヨには油断禁物です!

ちょっとした隙きに、咬まれてしまうこともあるかもしれません。

私の経験では、宿泊地(山小屋やテント場)に着いてから、安心して(油断して)、軽装(半袖、半ズボン)になった時に咬まれる場合がありますね。(^_^;

そこで、ブヨに万が一咬まれた時の、実践的な対処方法をまとめてみました。

<広告>
<広告>

正しい対処方法は?情報が錯綜!

ブヨに咬まれた後の対処方法は?と調べてみると…

うーん、これが難しい…

何が難しいかって?

ブヨに咬まれた後の対処方法を、紹介しているサイトは数々ありますが、

処置方法として相反する情報が錯綜していて、なにが正しいのか…正しくないのか…
よくわからない…という状況です。

代表的なのが、ポイズンリムーバーです。

ポイズンリムーバーの効果は?

ネット上の多くのサイトでは、
まずは、”ポイズンリムーバーで毒を吸い出せ!” と、ポイズンリムーバーの使用が推奨されています。

ポイズンリムーバーが無い場合は、”指や爪で毒を絞り出せ!” と、毒を抜くことが、早い治療につながるということなんですが…

逆に、ポイズンリムーバーには否定的な、書き込みも見つかりました。

ポイズンリムーバーに否定的な理由
・吸引による毒の除去は効果がない。(または、少ない)
・皮膚組織を損傷する可能性があるので逆効果。
・赤十字で推奨されていない。

否定的な意見は少数派なんですが、赤十字で推奨されていないというのは、かなり説得力がありますね。
気になったので調べてみました。

赤十字で推奨されていない?

赤十字救急法講習

赤十字救急法において、ヘビに咬まれた傷の手当として、
特殊な器具(ポイズンリムーバー等)を使った、毒の吸引が否定されているということです。
以下、赤十字救急法講習教本からの抜粋です。

第3章けが…(6)咬傷(動物に咬まれた傷)…④ヘビ…手当
○安静にします。手足を曲げ伸ばしたり走ったりしないようにします。
○ヤマカガシなどの毒液が目に入ったときには、すぐに水でよく洗い流します。
○ヘビの毒素により脱水症状を起こしやすいので、水分を与えます。
○急いで医療機関に搬送します。(毒ヘビの場合、血清の投与など適切な治療をしないと、死亡する危険があります。)
○かまれたきず口に口をつけて吸い出すことは、推奨されません。
特殊な器具を用いた蛇毒の吸引を推奨している地域もありますが、その効果や有害性に関しては不明です。
※動物を用いたヘビ毒の研究では、吸引は無益であり、逆に組織損傷を引き起こす危険性が示唆されています。また、研究でも、吸引装置では毒素をまったく回収できないとされています。

出典:赤十字救急法講習教本(13版)

ただし、これはヘビに咬まれた場合です。
毒虫(ハチ、アブ、カ、ノミ)に刺された場合については、手当の方法は記載されていますが、毒の吸引については言及されていません。
そもそも毒の吸引という処置は、想定されていないようです。

赤十字救急法講習教本は、日赤サービスのオンラインショップで購入可能です。
日赤サービス/赤十字救急講習教本

昔は、毒ヘビに咬まれた場合に、
「傷口を切開して毒を吸い出し、心臓に近い側を縛る」という方法がとられていたようですが、現在では、このような応急処置は逆効果と考えられています。

プラシーボ効果?

ネット上の書き込みでは、
実際にブヨやハチに刺された時に、ポイズンリムーバーを使用して、効果があったとする書き込みが多くありましたので、実際に効果があるのかもしれませんが…

プラシーボ効果ではないか?という可能性も有りますね…

プラシーボ(プラセボ)効果とは、偽薬効果とも呼び、本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かったり治癒すること。
思い込みの力が状態を変化させることなどを意味する。

出典:ニコニコ大百科

結局、ポイズンリムーバーが毒虫に効果があるのかないのかは、試してみないとわからないという結論です…(^_^;

毒を吸引したあとの消毒は間違い?

毒を吸引したあとは消毒せよ!
これも、多くのサイトで見かける処置方法ですが、現在の医療では、傷の治療に消毒は逆効果とされています。

以前は、細菌による傷口の化膿を防ぐために、消毒をするのが一般的でしたが、
消毒薬は、細菌を殺すと同時に、傷口付近の細胞まで破壊してしまうので、傷の回復が遅くなってしまうというわけです。

ブヨに咬まれた痕は、傷の治療と同様に、洗浄して清潔に保つことが重要ですね。

冷やす?温める?

ブヨに咬まれたあとは、冷やしたほうがいいい(かゆみを感じなくなり、腫れもひく)
としているサイトがある一方。

毒を絞り出した後は温めろ!
としているサイトも多く見られますね。

「ブヨの毒は熱に弱い特性を持っているので、温めることによって毒を中和できる」
というものです。

一見、信憑性があり、効果があったとする書き込みも多いですが、逆に、悪化したという書き込みもあるので、要注意ですね。

登山中は、冷やすのも、温めるのも難しいので、両方とも採用しませんが…(^_^;

ブヨに咬まれた後の対処方法

以上、錯綜した情報をふまえて、私なりにブヨに噛まれた時の対処方法を考えてみました。

ブヨの対処方法は次の4つ。
【1】その場から離れる
【2】手と傷口を洗浄
【3】ステロイド剤を塗布
【4】絶対に掻かない!

結局、ポイズンリムーバーは外しました。
外した理由は最後に。

【1】その場から離れる

毒虫に刺されたら、その場から離れて、安全な場所へ移動することが第一です。

いくら正しい処置をしても、他の毒虫にやられたら、元も子もありません。

ブヨに咬まれた場合、すぐには気が付かないことが多いですが、気がついた時点で、安全な場所に移動してから処置を始めます。

【2】手と傷口を洗浄!

登山中なので手が汚れているでしょう。
まずは手を洗って、次に傷口(咬まれ痕)の洗浄です。

水道水で洗い流すのが一般的ですが、登山中なので、洗い流す水がないですね。
※沢の水は雑菌が多いので使用しないほうが良さそうです。

飲料水を余分に持っていれば、水を入れたペットボトルや、ビニール袋に小さい穴を開けて、圧力をかけて水を勢いよく噴射して、傷口を洗い流すという方法もありますが…

ウェットティッシュ

手はウェットティッシュで拭きます。
なるべく、ノンアルコールタイプがいいでしょう。

リンスキンL

傷口の洗浄には、薬局で販売している洗浄綿を使用します。
写真の洗浄綿は、1枚ずつ包装されていて、広げると8cm四方になります。
ウェットティッシュより、水分の含有量が多いので、傷口の洗浄には持ってこいですね。

※洗浄綿がない場合は、ウェットティッシュで代用します。

エイザイ・リンスキンL

AMAZONで見る
楽天で見る

 

【3】ステロイド剤を塗布

傷口を洗浄した後は、抗ヒスタミン薬を含む、強めのステロイド剤を塗ります。
抗ヒスタミンはかゆみをおさえ、ステロイドは炎症を抑えます。

ステロイド剤は、少しでも早く、腫れや、かゆみが少ないうちに塗ったほうが効果があるようです。

ベトネベートクリームS
市販薬で最も強いステロイド剤を配合した塗り薬。
のびがよく、べたつかないクリーム剤。

AMAZONで見る
➡楽天で見る

ステロイド剤の副作用が気になる人はこちらがおすすめ↓

ムヒアルファEX
アンテドラッグで、ステロイド剤による副作用が低い。
こちらもクリームタイプです。

AMAZONで見る
楽天で見る

 

【4】絶対に掻かない!

痒くても絶対に掻かないこと!
これが、一番大事かもしれません。

掻くと、患部が腫れたり、細菌が侵入したり、症状悪化の原因になります。

無意識のうちに、どうしても、掻いてしまいそうな場合は、咬まれた痕の上に絆創膏などを貼っておくと、直接掻くことを防止できますね。

ポイズンリムーバーを外した理由

結局、ポイズンリムーバーが、毒虫に効果があるのか?ないのか?は、試してみないとわからないという結論なんですが…

ポイズンリムーバーの効果に肯定的な意見でも、

咬まれてからすぐに使用しないと効果がない!

という点では一致していますね。

ブヨ対策(予防編)でも書きましたが、ブヨに咬まれても、すぐには気が付かないことがほとんどです。

そうすると、ブヨに咬まれてから、すぐに使用するというのは、実際には難しいので、

ブヨ対策には必要なし

と判断しました。

ハチやアブ対策にはいいかも知れませんが、ハチやアブがそばに来ればすぐわかるので、逃げの一手で回避する作戦です。(^_^;

<広告>
<広告>

最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村(登山)ランキングに参加中!
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
※上の富士山を押して、ランキングサイトへ移動すると、応援ポイントが加算されます!

人気ブログランキング(登山)に参加中です。
応援クリックお願いします!


※上のボタンを押して、ランキングサイトへ移動すると、応援ポイントが加算されます!

山の悩み/トラブル
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
山旅GOGO

★★★コメント★★★

<広告/お勧め記事>
<広告/お勧め記事>