クマ対策1~クマに遭遇しないための予防方法

クマ対策本

クマ対策は大丈夫?

前回、前々回のブログで、ブヨ対策について書いてきましたが、書いている途中で、だんだん心配になってきた事がありました。

そう、クマです。

去年の4月~5月頃から、クマに襲われたというニュースや、目撃情報をよく見かけるようになってきましたね。

クマ対策としては、なんといっても、クマに遭遇しないことが一番です。

クマは人間がいることが分かれば、警戒して近くに寄って来ないということなので、人が少ない登山道では、必ず、熊除けの鈴を付けて歩いているんですが…

衝撃的なニュース~熊鈴が効かない?

つい最近、衝撃的なニュースがありました。
秋田県仙北市田沢湖玉川の山中で、タケノコ採りをしていた女性が、熊除けの鈴をつけていたにもかかわらず、クマに襲われたというニュースです。

※事件発生は2017年5月27日、詳しくはこちら↓
NHK NEWS WEB

鈴やラジオの音を恐れない、「新世代クマ」が登場しているとの見方もあるようです。
鈴の音を聞いて逆に、人間に近づいてくるクマも例外的にいるとか…

なんとも恐ろしい状況です。

熊除けの鈴が効かないとしたら、山でクマに遭遇する確率は高くなります。

クマに遭遇した時の対処方法をしっかりと、頭に叩き込んでおかなければいけません。

クマに遭遇したら?~あやふやな知識

それで、
クマに遭遇した時は、どう対処すればいいんだったけ?
と考えてみると…

・背中を見せて逃げてはだめ、
・ゆっくり後ずさり、その場から離れる。

だったっけ…

あれっ?
クマが近づいて来たら、どうすればいい?

あれっあれっ?
クマが襲いかかってきたら?

逃げるか?戦うか?死んだふり?

???

熊除けの鈴を付けていることで、安心していたのでしょう。

知識があやふやで、実際にクマに遭遇したら、全く対応できそうもないことに気が付きました。(^_^;

これは、マズイ!
ほんとうに、ヤバイ!

クマ対策の調査~正反対の意見

というわけで、
あらためて、クマ対策について調べ始めたんですが…

あー、クマったクマった~(困った困った~)

なにが困ったかって?

クマ対策について掲載しているサイトは数々ありますが、全く正反対の意見が入り混じって、何がいいのか悪いのか、調べれば調べるほど、わからなくなってきました。(^_^;

それは、もう、ブヨ対策以上に、いろいろな情報が錯綜しています。

たとえば、クマに遭遇した時に、
・死んだふりは自殺行為
・木に登るのは危険

とするサイトがある一方、
死んだふりや、気に登るのが有効とする意見もあります。

さらに、クマに襲われた時は、
・戦う
・抵抗しないで防御姿勢をとる

と、真逆な対処方法だったり、
肝心の、襲われた時の対処方法を、記載していないサイトも多いんですね。

一番大事なところなんですが…

クマ対策の調査~信頼できる情報は?

ブヨ対策であれば、多少間違っていても、大きな被害にはなりませんが、

クマ対策は、命に関わるものなので、信頼できる情報が欲しいものです。

そこで、信頼できる情報として、クマの専門家が書いた(語った)、下記2冊の書籍を、クマ対策の良し悪しを、判断する基準にすることにしました。(他に信頼できる判断基準がなかったので)

熊が人を襲う時

著者の米田一彦氏は、
熊を追いかけて46年になるツキノワグマ研究家。
過去の2000件近いクマ遭遇事故例から、事故の進行と助かる方法を読み解いた本。

著者:米田一彦著
発行:つり人社(2017年発行)
AMAZONで見る

クマにあったらどうするか
語り手の姉崎等氏は、
アイヌ民族最後のクマ撃ち漁師。
クマと遭遇したとき、生き延びるために何をすればいいのかを語った本。

語り手 :姉崎等
聞き書き:片山龍峯
発行:ちくま文庫(2002年発行)
AMAZONで見る

ただし…

著者は二人ともクマの専門家ですが、米田氏はツキノワグマの研究科。
かたや、姉崎氏はヒグマの猟師。

ということで、クマとの係わり方が全く違うので、クマへの考え方や、対処方法の違いがあります。

また、両書籍ともクマ対策としては、
・断片的な詳しい情報か
・箇条書きの簡単な説明のみ

ということで、マニュアル的にまとまった内容ではないんですね。

クマ対策に万全な対策はない

なので、上記2冊を判断基準として、あたらめて、ネット上でクマ対策を調べ直しました。

私が調べた中では、「知床財団」のサイトが一番参考になりました。

知床財団>ヒグマ対処法
※クマに出会ってから、襲われるまで状況別(クマとの距離別)に、
対処方法が詳しく記載されています。

ただし、クマに話しかけるとか、木に登れとか、上記2冊で推奨していない対処方法も記載されています。

クマ対策に万全な対策はない!

ということでしょう。
クマと遭遇した時の状況や、クマの個体差(性格)によっても、
対策として有効か無効かが、変わってくるのでしょう。

いざというときのために、自分なりの対処方法を、考えておいたほうが良さそうです…

クマに遭遇しないための予防方法

というわけで、
自分なりのクマ対策(予防と対処)をまとめてみました

まずは、クマに遭遇しないための予防方法です。
クマ被害を避けるためには、クマと遭遇しないことが最も重要です。
クマに遭遇しないための予防方法は下記の4点。

【1】心構え

山に入ったら、
いつどこで、クマに出会うかわかりません。
クマに遭遇しないように、常に心がけ、努力することが大切です。

【2】熊鈴・笛~人間がいることをクマに知らせる

クマ除けの鈴を携行し、常に鳴らしておくこと。
グループ登山の場合は、話ながら歩くのも有効。
クマが人間の存在に気がつけば、たいていばクマが先に避けていくようです。

ただし、最近では人間の存在に気づいて近づいてくる「新世代のクマ」がいるという説もあるので安心してはいけません。

また、沢沿い(沢の音)や、風の強い日(風の音)は、クマに鈴の音が聞こえない場合もあります。見通しの悪いところでは、笛やホイッスルを吹くのが効果的です。

【注意】
・鈴の音は、低い音「カランカラン」は効果も低く、
 高くてよく響く音「チリーンチリーン」のほうが効果が高い。
・ラジオは役に立たない?(ラジオを大音量で鳴らしていても襲われた事例がある)
 →ラジオは放送内容に気をとられて、クマの接近に気が付かない時がある。

※最近のザックは、チェストベルトがホイッスルになっているモデルも多いので、
 ホイッスルを携行していない人は、ザックのチェストベルトを確認して見ましょう。

カリマーのザックのチェストベルト(ホイッスル付き)
カリマーのザックのチェストベルト(ホイッスル付き)

オスプレーのザックのチェストベルト(ホイッスル付き)
オスプレーのザックのチェストベルト(ホイッスル付き)

【3】登山道を外れて歩かない

登山道を外れて歩かないこと。
登山道は、比較的に見通しがいいので、人間からもクマからも、相手の存在に気が付きやすいのです。

逆に、登山道を外れた、草むら・ヤブ・林の中は危険です。
見通しがわるいので、出会い頭にクマとバッタリ出会ってしまう可能性が高くなります。

特に、山菜採りは危険といえるでしょう。
山菜・タケノコは、クマの食料になるので、クマが付近にいる(近づいてくる)可能性があります。クマからすれば、食事場を人間に荒らされると思うかもしれません。

また、山菜採りに夢中になって、クマの接近に気が付かないケースもあるようです。
熊鈴やラジオが効果なく襲われるケースは、山菜採りが多いようです。

【4】クマに近づかない~フィールドサインに注意!

近くの草むらや林の中で、
・ガサガサと大きな音がしたら、
・バキバキと木の枝が折れる音がしたら、

クマが潜んでいるかも知れません。
確認するために、わざわざ近づいたりせずに、その場を離れたほうが得策です。

クマは地上にいるとは限りません。木の上にも注意が必要です。

子グマを見つけても絶対に近づかないこと。
近くに母グマがいるのでとても危険です。

クマの新しい糞、足跡、熊棚を見つけたら、そばにクマがいる可能性が高いので、引き返したほうが安全です。

素人には判断するのが難しいですが…

ツキノワグマの糞
季節によって食べるものが違うので、色も形もさまざま。
大きさは夏であれば、直径15センチぐらいに広がる。
秋には、直径4センチ、長さ15センチぐらいになり、人間のものとよく似ている。

ツキノワグマの足跡
前足の長さは15センチぐらい、後ろ足の長さは16センチぐらい。
歩幅は人間ぐらいで、とくに雪の上の足跡は人間のものに似ている。

熊棚
クマは木の実を食べるとき、自分は太い枝に座り、
実がなった先端の枝を次々に手繰り寄せて折る。
そして食べ終わった枝は自分の尻に敷くので、
しだいに中ほどが鳥の巣状のベッドになるのだ。

引用:山でクマに会う方法(米田一彦著)

クマの糞、足跡は、こちらのサイトが参考になります。
あきた森づくり活動サポートセンター
※クマの生態が詳しく記載されています。

クマ対策(対処編)へ続く)


最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!


登山ランキング

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇