パノラマ銀座でまったりと…テント泊縦走レポ③(常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳)

常念小屋のテント場

[前回ブログの続き]

常念小屋の朝

3日目の朝、天気は3日連続の晴れ。

常念小屋のテント場から、
槍ヶ岳~大キレット~穂高連邦がきれいに見えました。

昨日は雲がかかって見えなかった槍の穂先もくっきりと。
(時刻は4:30頃)

常念小屋のテント場付近

小屋の西側の谷を雲海が埋め尽くし、
雲海の向こう側が、ほのかにオレンジ色に染まっています。
ご来光は見られませんでしたが、幻想的な風景でした。

さぁー、
いよいよ今日は、目前の常念岳を越えて行きます。
朝食をササッと済まして、準備にとりかかります。

5:30頃、テントの撤収開始
6:30頃、テント撤収完了。

水は昨日のうちに補給済みだったので、
トイレを済ませて準備完了!

だいたい、昨日を同じぐらいの時間になりました。

常念小屋~常念岳

常念小屋6:40頃、常念小屋を出発します!

昨日はよく見えませんでしたが、
小屋の裏側にも、槍ヶ岳~大キレット~穂高連邦の展望が広がっています。

こんなに、景色がいい場所だったんですね!

今日の行動予定は、常念小屋~常念岳~蝶ケ岳ヒュッテまで。
コースタイムは5時間20分ほど。

そういえば、昨日、中学生の集団が泊まっていたはずなんですが…
どこに行ったんでしょうか?とても静かでした。

常念岳

眼前に聳える常念岳への登り。
(きつそ~!)

常念岳の山頂までは、1時間ちょっとの登りです。
常念岳さえ越えてしまえば、あとは緩やかな稜線歩き…

と思きや、それは、大きな間違いでした。(^_^;

常念小屋

10分ほど登ってから振り返ったところ。

常念小屋がだいぶ小さくなって見えます。
テント場のテントも、もうほとんど撤収されています。

真ん中後方に見えるピークが横通岳ですね。

常念岳

7:45頃、
1時間とちょっと登り、
常念小屋から見えていたピークを越えたところ。

あれーっ!

時間的にも、ここら辺が山頂かと思っていたんですが…

たいぶ先に別のピークが見えてますね。
山頂はまだまだ先のようです。(^_^;

前常念岳分岐

8:00頃、
なにやら標識た立っていると思ったら、
三股登山口の分岐地点でした。
山頂までは、ここから5分ほどのはずですが…

常念岳山頂付近

三股登山口の分岐点から15分ほどで、
先程、見えていたピークへ到着しました。

ここが一番高いところのようですが…まだ山頂ではなさそうです。

まだかー!
でもきっと…この岩を越えると…

常念岳山頂

ついたー!

8:15頃、常念岳の山頂にやっと到着!(^o^)/

常念小屋から約1時間35分ほどかかりました。
標準コースタイムが、1時間15分なので20分オーバーですね。

あー、きつかったー!

常念岳山頂

岩塊が積み上がった狭い山頂です。
一番高いところに、祠と山頂標識と展望方位盤が設置されています。

狭い上に、岩場なので、体が安定しない。
風も強くて…怖い…ですが…

展望は抜群です!

常念岳からの展望

北方面を振り返ると、
昨日歩いてきた常念山脈の山並みが見通せます。
・横通岳~東天井岳~大天井岳
東天井岳の奥には、立山・剱岳もかすかに見えています。

常念岳からの展望

北西方面には、
・大天井岳~喜作新道~西岳~東鎌尾根~槍ヶ岳へ続く稜線。
・槍ヶ岳から右側へ続く北鎌尾根と、奥に続く、裏銀座の山々(鷲羽岳~水晶岳)

常念岳からの展望

西方面には、
・槍ヶ岳~大キレット~穂高連邦(北穂高~涸沢岳~奥穂高~前穂高)へと続く大パノラマ。
※北穂高岳の山頂付近には雲がかかっている状態です。

動画「常念岳からの展望」をアップしました。【2017/8/27追加】


画像をクリックすると再生します。

常念岳からの展望

一通り写真を撮ってから、
少し降りたところで休憩します。

今日のコースの一番きつい箇所は、
これで終わってしまったと思っていたので…
しばらくの間、達成感に浸っていました。

(実際は、ここからが、もっときつかったー)

常念岳~蝶ケ岳

蝶ケ岳

8:30頃、蝶ケ岳へ向かって出発。

常念岳の鞍部までは40-50分ほど。

そこまで降りてしまえば、
あとは緩やかな稜線歩き…かと思ってんですが…

蝶ケ岳と蝶槍

蝶ケ岳の手前(右側)のピークが蝶槍(2664m)です。
山名に「槍」という字が入っていますが、尖っているのは山頂だけですね。

岩だらけで不安定な道を、
アップダウンを繰り返しながら降りていきます。

40-50分で鞍部まで行けると思ってたんですが…
なかなか、鞍部までたどり着きません。

登りはきつかったけど、下りも楽じゃなかったー!

写真で見返してみると、
それほど急な道ではないように見えますが、

段差が大きく、不安定なガレ場が長く続いたような気がします。
(はっきりとは覚えていませんが…)
膝に、かなり負担がかかったきました。

常念岳~蝶ケ岳

10:00頃、やっと常念岳の鞍部付近に到着しました。

おそらく、
①前方手前のピークが2512m地点。
②奥のピークが2592m地点。

常念岳を下りはじめて、既に90分経過しています。

2512m地点までの標準コースタイムは45分なので、
ここまでで、2倍以上の時間がかかってしまいました。(^_^;

ここのコースタイムおかしくねー?

とグチってみてもしょうがない。
歩き続けるしかないのです。

蝶ケ岳までは、まだまだ。
2512m地点、2592m地点、蝶槍(2664m)と、
3つのピーク越えて行いかなければいけません。

地図(山と高原地図)では、わからなかったんですが、
実際に目にすると、結構、標高差もあるようです。

よっしゃー!

と気合を入れて、先へ進みます。

1つ目の2512mのピークは、サクッと、
2つ目の2592mのピークも、サクサクッと越えて行きたかったんですが…

2592mピーク

11:20頃、
サクサクッとではなく、ヘトヘトになって、
2つ目の2592mのピークに到着。

あー、ここが蝶槍(3つ目のピーク)だったらいいのに!

なんて考えていたので、
私のすぐ後から、軽快に登ってきた人がいたので、

こんにちはー!

と挨拶したあとで、

ここ蝶槍ですか?

と思わず聞いてしまいました。(^_^;

もちろん、蝶槍でないことはわかっていたんですが…

その人とは、のちに、
蝶ケ岳ヒュッテのテント場で、親しくなったのですが、
その話は後ほど…

2592mのピークのニッコウキスゲ

2592mのピークは、
ニッコウキスゲ(黄色い花)の群生地でした。

ヘトヘト、バテバテでしたが、
花の写真を撮る余裕は、まだありましたね。(^o^)/

しばらく休憩後、

よっこらしょっと!

気を取り直して、蝶槍に向かいます。

蝶槍までのコースタイムは1時間30分、無心で歩き続けます。

蝶槍

2592mのピークを出発してから1時間ちょっと。

蝶槍の山頂らしきピークに近づいてきました。

もうちょっとー!

蝶槍の山頂

着いたー!蝶槍だー!

12:45頃、蝶槍に到着しました。

ここからの景色も抜群です。
槍ヶ岳~大キレット~穂高連峰の大展望が広がっていますが…
あいにく、雲が多くなってきました。

蝶槍の山頂から

ここまでくればもう安心。
蝶ケ岳までは、ゆるやかな稜線歩きです。
ゆっくり歩いても1時間ぐらいで着くでしょう。

蝶槍

振り返って蝶槍を見たところ。

なるほど…
ここから見ると、槍の穂先っぽい感じはしますね。

蝶ケ岳・横尾の分岐

13:00頃、
横尾へ下る分岐点を通過。
蝶ケ岳まで、あと30分です。

蝶ケ岳

前方に見えているのが蝶ケ岳です。
山頂付近に、すこし雲がかかってきました。

蝶ケ岳

一歩一歩、蝶ケ岳に近づいて行きます。

蝶ケ岳

もうすぐです。
ここのピークを登れば…

蝶ケ岳と蝶ケ岳ヒュッテ

蝶ケ岳の山頂に到着???

あれっ、
展望指示盤が設置されてるけど…
山頂標識がないぞ?

と思ってたら、ここは山頂ではなく、
瞑想の岡と呼ばれているところでした。(^_^;

ここの100mほど先が蝶ヶ岳ヒュッテです。

蝶ケ岳と蝶ケ岳ヒュッテ

13:40頃、蝶ケ岳ヒュッテに到着。

小屋の裏側がすぐ蝶ケ岳の山頂です。
山頂のすぐ下がテント場になっています。

今朝、常念小屋を出発してから約7時間。
想定以上にキツイコースでしたが、その分、達成感もひとしおです。

小屋に着いたら、まずはテントの受付を済ませます。
早速、テントを張ってしまいましょう!

蝶ケ岳ヒュッテのテント場

テント場は、小屋の裏側を少し登ったところ、蝶ケ岳の山頂のすぐ下です。
右側の登山道を登って行くより、小屋の中を通って行ったほうが近道です。
幕営数は30張になっていますが、60張は余裕で張れそうです。

蝶ケ岳ヒュッテのテント場

私が到着した時は、まだ14-15張りの状態でした。

テント場は、ハイマツ帯に囲まれていて、
広くて水平な場所も多いですが、石ころが結構多いところです。

強風を警戒してか?
ハイマツ帯の近くにテントを張っている人が多くいましたが、

虫が多そうなので、
真ん中辺りで、なるべく水平で石ころが少ない場所を選びます。

蝶ケ岳ヒュッテのテント場

隣のテントに近い場所になってしまったので、
一声かけてから設営を開始。

30分ほどでテントの設営完了。

ここのテント場は、風が強いらしいので、
張り綱をしっかりと固定しておきます。

蝶ケ岳ヒュッテのテント場

夕方、18:30頃に撮った写真です。

ここのテント場は、ペグが刺さるので、
ツエルトを張っていた人もいましたが(2張りほど)、
風が強い場合は、小屋泊りに変更するという算段のようでした。

この日は結局、30張りほどのテントが張られましたが、

そのうちの8張りのテントが、
アライテント・エアライズでした。(エアライズ率高い!)

しかもすべてオレンジ色!
(エアライズはグリーンもあります)

蝶ケ岳ヒュッテのテント場から

テント場の西側から安曇野市が見下ろせます。

蝶ケ岳ヒュッテのテント場の景色

テント場の北方面には、常念岳が見えます。
(山頂付近は雲がかかってますが…)

今回のコースで泊まったテント場の中で、最高のロケーションです。

蝶ケ岳ヒュッテにて…

さーて、テントも張り終えたところで、

お待ちかねの…

蝶ケ岳ヒュッテで乾杯

生ビールで乾杯!(一人で)

槍ヶ岳~大キレット~穂高連邦の展望を眺めながらの生ビール!

最高です!

(雲が多くなってきて山頂付近は見えませんでしたが…)

明日は最終日。
上高地へ降りるだけなので、何の心配もありません。
今日はのんびり過ごせます。

小屋前のテーブル席で、しばらくまったりとしていましたが、
この日は話相手が見つからず…

小屋で缶ビール(500ml)を買って、テントに戻りました。

山の飲みニケーション?(3日目)

テントに戻ってから、缶ビールを飲みながらボーットしていると、
隣のテントの人も、一人でまったりしている様子。

軽く言葉を交わしているうちに、
そこは、同じ単独テント泊者同士です。
自然と会話が盛り上がってきちゃいますね。

その人は、今朝、三股登山口から
常念岳~蝶槍~蝶ケ岳と歩いてきて、
明日は大滝山を往復してから、三股へ降りる予定とのこと。

常念岳からは、同じコースを歩いてきていたので、

常念岳からの下りは長かった!、とか
ここのコースタイムおかしい!、とか
アップダウンの標高差が大きくてきつかった!、とか

共感してもらえて、スッキリしましたー。(^o^)/

話をしているうちに気付いたんですが、
蝶槍の手前の2592mのピークで、
私が、「ここ蝶槍ですか?
と聞いた人だったんですね。(^_^;

静岡の方に住んでいるので、
南アルプスへはよく行くそうですが、
北アルプスは、まだ2回目とのこと。

詳しく話を聞いていると…

去年、はじめて歩いた北アルプスは、
西穂高~奥穂高~北穂高~槍ヶ岳という超難関コース。
しかもテント泊装備で、3泊4日で歩いたという強者でした。

すごいですねぇー!

蝶ケ岳の山頂でのんびりと…

蝶ケ岳の山頂

テント場のすぐ上が、蝶ケ岳の山頂です。
山頂といっても、緩やかな岡のような感じで、
この日は風もほとんどなくて、のんびり過ごせました。

蝶ケ岳の山頂

蝶ケ岳の山頂標識です。

ただし、三角点は、蝶槍のすぐ南側にあるようです。
(知らなかったー)

地図(山と高原地図)を見ると、
蝶槍のところに、旧蝶ケ岳山頂と書かれており、
以前は、蝶槍が蝶ケ岳の山頂とされいたようです。

現在の蝶ケ岳山頂は、以前は、長塀ノ頭と呼ばれていたようです。
長塀山(2565m)とは別。

蝶ケ岳の山頂

蝶ケ岳山頂から北西方面です。

テント場と山頂が近いので、行ったり来たり、
のんびり、ブラブラしてました。

蝶ケ岳の山頂からの展望

山頂の西側には、
槍ヶ岳~第キレット~穂高連峰の展望が広がっています。

山頂付近には雲がかかっていますが、
雲の間から刺す日差しの線が神々しい。

蝶ケ岳・瞑想の岡18:30過ぎ、瞑想の岡付近。

アーベントロート(夕焼け)を期待して、
西の空を眺めていた人が多くいましたが…残念でした。

明日の朝のモルゲンロート(朝焼け)に期待しましょう。

蝶ケ岳・テント場

テント場の方もだいぶガスってきました。

暗くならないうちに夕食にします。
今日の夕食はカレーライス。
アルファ米(白飯)を炊いて、レトルトカレーを温めます。

  

3日間まったく同じです。(^_^;

テント泊縦走も3日目を終わり、
明日は上高地へ降りるだけとなりましたが、
だいぶ疲労も溜まってきました。

今は、早く家へ帰りたい気分です。(^_^;
風呂にも入りたいし…

[次回ブログへ続く…]


最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!


登山ランキング

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇