パノラマ銀座でまったりと…テント泊縦走レポ④(蝶ヶ岳~上高地)

蝶ケ岳と蝶ケ岳ヒュッテ

蝶ケ岳と蝶ケ岳ヒュッテ(朝)

[前回ブログの続き]

蝶ケ岳ヒュッテの朝~ご来光

蝶ケ岳のテント場からの夜明け①

4日目の朝、時刻は4:30頃。

あたりがまだ薄暗いうちに、
東の空の地平線付近が、オレンジ色に染まり始めました。

蝶ケ岳のテント場からの夜明け②

しばらくすると、
東の空がだいぶ明るくなってきました。

若干、雲が多いようですが…
オレンジ色に染まった雲と、周囲のブルー系の色彩がきれいです。

蝶ケ岳のテント場からの夜明け③

テント場もだいぶ明るくなってきました。

テントから出てきて、早朝の景色に見入ってる人もいます。
既にテントを撤収して、出発したグループもいるようです。

蝶ケ岳のテント場からの夜明け④

昨日は雲がかかって見えなかった、
常念岳もはっきりと見えてきました。

そうこうしているうちに…

(時刻は5:00頃)

蝶ケ岳のテント場からのご来光

ご来光!\(^o^)/

1泊目の燕山荘についで、
2回目のご来光(日の出)を見ることができました。

荘厳な景色にしばらく浸ります。

蝶ケ岳のテント場の朝

振り返ってみると、
西側の空もきれいな色(スカイブルー)でしたー!

上空の高いところに、小さな雲の群れが模様になって…

あれー、これって、いわし雲かー?

いわし雲が現れると、半日後に雨が降る前兆といわれてますが…

蝶ケ岳のテント場からの朝②

朝方の槍ヶ岳~大キレット~穂高連邦の眺めです。

昨日は山頂付近が雲に覆われて、
はっきり見えなかったんですが、今朝ははっきりくっきりと見えてますね。

さぁーて、きょうは最終日。
上高地へ下るだけの楽な道のりです。

急ぐ必要もないので、
もうちょうっと、ゆっくりして行こうかとも思いましたが、
天気が崩れる気配(いわし雲)があったので、
さっさと出発準備に取り掛かります。

1時間ほどでテントを撤収して、
トイレも済ませて準備完了。

昨日親しくなった、隣のテントの人は、
予定通り大滝山へ向かいました。

行ってらっしゃい!
気をつけてー!
また会う日までー!

蝶ケ岳の山頂~再び

6:30頃、
蝶ケ岳ヒュッテのテント場を出発。
すぐ上の蝶ケ岳の山頂へ向かいます。

昨日から、何回も見に来ている蝶ケ岳の山頂ですが、

何回見ても、見飽きない見事な展望です。
あらためて、目に焼き付けておきましょう。

たまたま、写真に写ってしまったお姉さん達が指差しているのは…

西側に広がる穂高連邦~大キレット~槍ヶ岳の山々です。

左から、
前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、大キレット(山頂標識で隠れてしまった…)、
南岳、中岳、大喰岳、そして、槍ヶ岳。

南西方面を見ると、
前穂高岳の左に、明神岳、その左奥には焼岳。
正面の奥が、乗鞍岳、更に左奥に遠く御嶽山。

南東方面には大滝山。
大滝山の右上辺りに、かすかに富士山が写っているんですが、
この写真ではわかりませんね。m(_ _)m

北側には、蝶ケ岳ヒュッテとテント場と、
昨日、歩いてきた常念岳~蝶槍の稜線が見えます。

動画「蝶ケ岳からの展望」をアップしました。

画像をクリックすると再生します。

蝶ケ岳~徳沢

6:45頃、
名残惜しいですが、蝶ケ岳を後にして、下山を開始します。
振り返るともう、蝶ケ岳ヒュッテがだいぶ小さくなってしまいました。

徳沢までは約3時間。
徳沢まで降りてしまえは、上高地まではほぼ平地歩きになります。

最後に、もう一度、
槍ヶ岳~大キレット~穂高連邦のパノラマに足を止めます。

ここからすぐに樹林帯に入ってしまうので、この景色も見納めです。

7:20頃、長塀山に到着しました。

標識がなければ、全く気が付かずに通り過ぎてしまうような場所です。

ここから、徳沢までは、ひたすら樹林帯の中を下ります。

9:30頃、
蝶ケ岳から2時間45分ほどで徳沢に到着。
蝶ケ岳・長塀山の登山口です。

ここまでくれば、上高地までは約2時間のほぼ平地歩き。
下山したのと同じですね。

徳澤園です。
先ほどの蝶ケ岳・長壁山の登山口は、ここの右側を入って行きます。

たくさんの人が休憩していました。
これから登る人がほとんどのようですが、
下山してきた人もちらほらと…

徳澤園のテント場です。
かなり広い芝生のテント場です。

奥の方に大きなテントがいっぱい並んでますが、
レンタルテントのようです。

徳沢~上高地(明神岳を眺めながら)

上高地方面に5分ほど歩くと、明神岳が見えてきました。

こちらも明神岳。
明神岳は、6つの峰からなっていますが、
見る方向によって全く違う山のように見えますね。

10:35頃、明神館に到着。

明神館の左側からみた明神岳。
ここに明神岳(穂高岳)の説明板?が設置されていました。

明神岳(穂高岳)の説明板?のアップです。
明神岳は、もともとは、穂高岳の一部とされていたようです。

明神岳って標高2931mもあるんですね。
なんと西穂高岳(2908m)よりも高いじゃないですか。

おったまげー!

これも明神岳。

小梨の湯

11:10頃、小梨平へ到着。

上高地バスターミナルまでは、あと4-5分ですが、
ちょっと道を外れて、小梨平キャンプ場の受付へ向かいます。

ここには「小梨の湯」という入浴施設があります。

温泉ではないですが、気軽に立ち寄れて、
大きなザックを置ける場所もあり、
登山の帰りに寄るのにちょうどいいんです。

入浴時間は、12時からなのでまだ早いんですが、
早い時間からやっていることもあるので、行ってみると…

入浴可能でした!(^o^)
早速、入浴の受付を済ませ、風呂に入って4日間の汗を流しました。

4日ぶりの風呂は気持ちいい~!

入浴後は、下山服に着替えて身も心もスッキリ・サッパリしました。

上高地周辺には、7軒ほど立ち寄り入浴施設がありますが、
それぞれ、営業時間が違うので、事前に調べておいた方がいいですね。

↓こちらのほうにまとめておきました。
上高地の立ち寄り入浴施設

12:10頃、
観光客で賑わう河童橋に到着。

河童橋の手前から見た明神岳。

12:20頃、
上高地バスターミナルへ到着。
今回の3泊4日の山旅のゴール地点です。

終わったー!

あとは、家へ帰るだけです。

家へ帰ってから、じっくりと今回の山旅を思い返します。

装備の見直しとか、いろいろと反省点もありましたので、

次回の山旅へ向けて…

あとがき         

12:40頃の松本行きのバス(新島々で電車へ乗り換え)に乗ってしばらくすると、

急に激しく雨が降り出しました。

さっきまで晴れていたのに…

今朝、蝶ケ岳の山頂で見たいわし雲…

さっさと、下山を開始して正解でした。
もっとゆっくりしていたら、下山途中で大雨に遭遇するところでした。

山の観天望気…大事ですね。

もうちょっと勉強しておこうと思います。

観天望気(かんてんぼうき)とは

観天望気(かんてんぼうき)とは
生物の行動や自然現象(雲や霧の様子)を観察して天気を予想することです。

例えば、観天望気には、
「夕日が出ると次の日は晴れる」
「おぼろ雲(高層雲)は雨の前ぶれ」
「山に笠雲がかかっていると雨が降る」
  :

引用:➡お天気.com

[終わり]


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇