表銀座の途中まで…テント泊縦走レポ④(燕山荘~大天荘)

大天井岳の頂上

[前回ブログの続き…]

北アルプス・表銀座コースの1日目(後半)のレポです。

燕山荘~大天荘までのコースも、
7月にパノラマ銀座を縦走した時と同じコースです。
前回、見落としてしまったポイントや、
よくわからなかった場所があったので、
よーく注意して歩きましたが… 今回もわからずじまいの場所もありましたー。

パノラマ銀座の縦走レポ(燕山荘~大天井岳)はこちらをご覧ください。
パノラマ銀座でまったりと…テント泊縦走レポ②

燕山荘~大下りノ頭

燕山荘から見た槍ヶ岳(西側のテラスから)

燕山荘のテラスでしばらく休憩。
軽く食事をとって、水を補給しておきます。

水は燕山荘の東側テラスの売店で、1L=200円で販売しているので、
プラティパス(1L)に汲んでもらいます。
(ここは、セルフサービスではありません)

今日の目的地は大天荘(だいてんそう)。

今回は燕岳へは登りません。
燕岳は前回来た時に登っているし、
時間的、体力的にも、燕岳へ登る余裕はありませんので。

30分ほど休憩し、体力も回復してきたところで、
大天荘に向けて出発します。

標準コースタイム:
 燕山荘~大天荘:3時間40分

時刻は11:30頃、
この分なら午後3時頃に大天荘まで行けそうです。

 

燕山荘の東側(右側)から、
大天井岳・槍ヶ岳方面へ緩やかに下って行きます。

まだまだ先は長いですが、ここから先は大展望の表銀座縦走路です。

天気もいいので、ゆっくり景色を楽しみながら歩きましょう!

前方には、槍ヶ岳~大キレットへ続く稜線。

右手方向には、槍ヶ岳~西鎌尾根に続く裏銀座の山々。
(鷲羽岳~水晶岳~野口五郎岳~三ッ岳~烏帽子岳)

後方には燕岳、その左奥には7月末に行った立山が…

さらに…もう少し進むと…

蛙岩(げえろいわ)近くまで行くと、
燕岳の後ろに隠れてた、北燕岳が姿を見せます。

その左奥には、剱岳、針ノ木岳も見えてきました。
針ノ木岳のきれいな三角形が印象的でした。

蛙岩(げえろいわ)

燕山荘から30分ほどで、
蛙岩(げえろいわ)のある巨岩地帯が見えてきました。
大天井岳も見えますね。

前回は、蛙岩がどれなのか?
なんだかよくわからなかったので、

今回は、じーっくりと見ていきましょう!

だいぶ近づいてきました。
遠くからだと1つの岩塊が2つに割れていように見えましたが、

近寄ってみると、左側の岩塊が手前にあり、
右側の岩塊はその奥に位置しているようです。

まずは、手前の岩塊の間を通り抜けます。

すると、奥の岩塊が見えてきますが…
近づいてみると…

その前に、Y字形に割れた壁が立ちはだかります。

Y字形の割れ目を通り抜けて…奥の岩塊の前に到着しました。

これが蛙岩(げえろいわ)のようです。

上の写真の拡大したところは、「冬ルート」と書いてあります。

冬季はこの岩塊の上(間)を越えて行くようですが、夏道は左側へ周り込みます。

蛙岩の左側に回り込む場所に、
「燕山荘 1.2KM ⇔ 大天井岳 5.6KM」
と掘られた標識が立っているんですが、

この標識側から蛙岩を見てみると…

おーっと!

この角度から見ると、

蛙がしゃがんでるように見えるじゃないですか!

これが蛙岩の正体か?

体の割に頭が小さいですが、
大きな頭はくずれてしまったのかもしれません。

これが蛙の正体か?どうかは、実際のところわかりませんが、

とりあえず納得して先へ進みます。

大下りの頭

燕山荘から1時間ほどで大下りノ頭へ到着。
ここまでは多少のアップダウンはありますが、緩やかな稜線歩きです。

ここから一気に100mほど下ります。
下ってからの登り返しがキツイところです。

前回は、ここの登り返しで一気に体力を消耗してしまいした。(^_^;

ここから先に前回見落としてしまった、
ポイントが2つあるので注意して歩きます。
↓この2つです。

・為右衛門吊岩
・喜作レリーフ

為右衛門吊岩は、場所的には上の写真に写っているはずなんですが…

大下りノ頭~大天荘

為右衛門吊岩(ためえもんのつりいわ)

為右衛門吊岩(ためえもんのつりいわ)とは、
大下りノ頭から切通岩の途中にある岩で、

人の名前が付いた岩なんて珍しいと思って、気になっていたポイントです。

前回来た時は見つからず、今回はよーく注意していたんですが….

結局、わかりませんでしたー!

上の写真は、スマホの「山と高原地図アプリ」のスクリーンショットです。

「山と高原地図アプリ」のGPS機能で、
自分の位置を確認しながら歩いたんですが、
それらしい岩は見つからず…通り過ぎてしまいました。

私と前後して歩いていたカップルも、
この岩を探していたようですが、やはりわからなかったようです。

ネットで為右衛門吊岩を検索してみると、
・大下りの頭を下って登り返す時に眼前に見える大岩。
・夏道はこの岩の左下についている。(迂回しているため通らない)
・昔、太った猟師の為右衛門を吊り上げた場所
以上のような記載が見つかり、写真を載せている記事もありましたが…
場所を特定することはできませんでした。m(_ _)m

為右衛門吊岩は確認できませんでしたが、
その代わりに、↓こんな岩を見つけました。

人の顔にみえませんか?
モアイ像のような…

場所は為右衛門吊岩のポイント付近(手前?)です。

2699m地点~大天井岳の鞍部

(大下りの頭から約1時間)
大下りの頭を登り返したところで、
見通しのいい緩やかな登り道に出ます。

前方に大天井岳の手前のピーク(2699m地点)が見えてきました。

この辺はコマクサの群生地帯で、
登山道に沿って両側に、緑色のロープが張ってあります。

コマクサの見頃は、7月中~8月中なので、もう咲いていませんが…

(前回来た時は咲いていました!)

大天井岳の手前のピーク(2699m地点)を越えたところ。

どっしりした大天井岳の姿が目の前に迫ってきます。

ここから、大天井岳の鞍部までは緩やかな下りになるので、一息つける場所ですね。

2699m地点から約15分、大天井岳の鞍部までやってきました。

切通岩(きりどおしいわ)の少し手前です。

ここから本格的に大天井岳への登りになるので、

その前に、休憩してエネルギーを補給しておくことにします。

Aさんと再会…

すると…
前方からどこか見覚えのある人がやってきました。

夜行バスで隣の席だった人(Aさん)ではないでしょうか?

バスの中ではほとんど話さなかったので、
確信はなかったんですが…

(私)こんにちは~
(A)こんにちは~

と挨拶を交わすと、
向こうも気がついた様子で、

(私・A)バスで隣でしたね~?

とお互いに、ほぼ同時に、
確認し合ってしまいました。(^o^)

Aさんの方も、隣の席の人だと気がついたけど、
確信はなかったようですね。

なんせ、バスの中ではほどんど話してないんですからねー!

行き先も一緒…

お互いに確認し合ったところで、
行き先を聞いてみると、

(私)今日はどちらまで?
(A)大天荘まで。

(私)一緒です!…明日は?
(A)槍ヶ岳。

(私)一緒です!…明後日、上高地に降りる予定です。
(A)一緒です!

ということで、
コースと日程が全く同じでした!

夜行バスで隣の席だったという縁もあって、
一気に仲良くなってしまいました。(^_^;

バスの中ではほどんど話さなかったのに、不思議ですねー!

切通岩と喜作レリーフ

大天井岳の鞍部で休憩後、
Aさんと合流して切通岩(きりどおしいわ)へ向かいいます。

上の写真ではわかりにくいですが、
赤い線を越えたところが、切り通しのように切れ込んだ岩稜地帯になります。
そこが切通岩と呼ばれる場所です。

切通し(きりどおし)とは、
山や丘などを掘削し、人馬の交通を行えるようにした道のこと。

ここら辺に喜作レリーフがあるはずなんですが…

喜作レリーフとは、
大天井岳から槍ヶ岳に直接至る東鎌尾根に、喜作新道を開設した猟師・小林喜作のレリーフ(浮き彫り)のこと。

喜作レリーフありましたー!

切通しを降りた場所の右側の岩壁の上の方です。

あそこまで降りてみないと、はっきり見えませんが…

その前に…

鎖場とハシゴを下ります。
燕山荘~大天荘で唯一の鎖場です。

鎖場とハシゴを下りて、振り返ったところ。

そして…正面の岩壁の上の方に…

喜作レリーフ確認できました!

前回確認できていれば、
なんてこともなかったのでしょうが…
見落としてしまったので、

確認できて、うれしいです!

レリーフは岩壁の結構上の方、
手が届かないところにあるので、写真は取りにくいです。

どうしてあんな所に設置したのでしょうか?
だいたい喜作新道ってもうちょっと先からじゃないですか?

喜作レリーフがある切通岩から、
急な木段と岩場をの登って振り返ったところ。
この辺は、少し高度感があって気が抜けないところです。

大天井岳・槍ヶ岳分岐

切通岩を越えるとすぐに、
大天井岳と槍ヶ岳の分岐に到着します。

ここから大天荘までの登りがまたキツイところです。

切通岩の通過で体力を消耗してしまったので、
しばらく休憩していきます。

(A)そろそろ行きましょうか!

Aさんに促されて一緒に登りはじめます。

大天荘までの標準コースタイムは40分。
約600m(標高差150m)の登りです。

石ころだらけで歩きにくい道です。
風も少し強くなってきました。

大天荘まで500m、400m、300m、200m、100m
と標識がたっているので、それを目標に登って行きます。

上の写真は前回見落としてしまった、
大天荘まで500mの標識です。

Aさんと一緒に登りはじめましたが、
なかなか足が進まなくなり、
途中からだいぶ離されてしまいました。(^_^;

あー、やっぱりキツイわー!

20-30歩ごとに立ち止まり、
息を整えながら、一歩一歩、ひたすら登り続けます。

Aさんの姿も見えなくなってしまいましたー!

大天荘

15:20頃ようやく、

大天荘に到着しましたー!

大天井岳・槍ヶ岳の分岐から登りはじめて約40分
燕山荘を出発してからは約3時間50分。

予定より少し遅くなりましたが、今日の目的地へ到着です。

あー、疲れたー!

こちらは、大天荘前の広場ですが…

Aさんの姿が見えません!
もうテントの受付にいっちゃったようです。

私もザックを置いて、テントの受付を済ませます。

ちょっと寒くなってきたので、さっさとテントを張っちゃいましょう!

大天荘のテント場

大天荘の前から情念岳へ続く登山道の
両側(東側と西側)がテントサイトになっています。
テントは約50張り可能です。

東側のテントサイト(翌日早朝の写真)

東側のテントサイトからは、
槍ヶ岳~穂高連邦へ続く稜線が目の前に広がっています。

(真ん中の道は槍ヶ岳へ向かう登山道)

展望は抜群です!

上の写真では槍ヶ岳が隠れて見えませんが…

もうちょっと先へ行くと…

東側のテントサイトの景色(翌日早朝の写真)

じゃじゃーん!

槍ヶ岳もバッチり見えますね。
特に前穂高岳の北尾根が迫ってくるようで印象的でした。

この先少し下ったところにも、
4-5張りテントを張れる場所がありました。

西側のテントサイト

西側のテントサイトは、安曇野平野が見下ろせる開放的な場所です。

東側のテントサイトに比べると
石ころも少なくて、平らなところが多いようです。

テント設営~強風

西側のテントサイトは、
石ころが多くて平らな場所も少なかったし、
良さそうな場所は既にテントが張られていたので、

東側のテントサイトに張ることにしました。

強風でテントが飛ばされるのが心配だったので、
なるべく風の影響がなさそうな場所を探しましたが…
どこでもあまり変わりはなさそうです。

風が強くてテントの設営に少々手間取りましたが、

16:30頃にテント設営完了!

今回のテントは、アライテント・トレックライズ1。
居住性が良くて使いやすテントです。

最近はダンロップ・VS20をメインに使ってますが、
今回は軽量化と耐風性でこのテントに決定。

このテントは、こちらのブログで紹介しています。
マイテント紹介~アライテント・トレックライズ1

右上の黄色のテントがAさんのテントです。
(モンベル・ステラリッジ2型)

強風時のテント設営方法

風が強い時は、
テント本体の4隅をペグで固定してから、
テントを立ち上げれば、設営し易いのですが、

稜線上のテント場では、ペグはほとんど刺さりません!

(Aさんは強引にたたきこんでいましたが…
 後でペグが抜きにくくなるので要注意!)

ペグが刺さらない場合は、

①テント本体の4隅に石を乗せてテントを広げる。
②テント本体にテントポールを通す。(スリーブ式の場合)
③先にザックをテントの中に入れておく。(重石替わり)
④テント本体を立ち上げる
 →ザックが重石になって、強風でも飛ばされない
⑤テントの張り綱4本を大きめの石にしっかりと固定する。

テントの種類で設営方法が違う場合もあるでしょうが、
だいたいこんな手順でOKだと思います。

大天井岳

テントも張り終えたので、
お待ちかねの…

生ビールで乾杯!

といきたいところですが、
その前に大天井岳に登っておきます。
酔っ払って山登りは危険ですから~!

大天荘から大天井岳は往復20分。
だいぶ寒くなってきたので、ダウンジャケットを着て、
カメラだけもって出発します。

大天荘から約10分、大天荘の頂上に着きました。

360度の展望ですが、
やはり、目がいってしまうのは槍ヶ岳。(西南方向)

北鎌尾根や硫黄尾根からの硫黄岳も迫力があります。

北方向には、今日歩いてきた登山道が見渡せました。

合戦尾根~燕山荘~表銀座縦走路。

今日一日でここまで歩いてきたんですね!

西方向は安曇平野が見えるはずですが…
雲海に覆われている景色も素晴らしい!

振り返って南方向は、
大天荘から常念岳~蝶ケ岳へと続くパノラマ銀座の山々が。

大天井岳の景色を堪能しているうちに、
だんだん寒さが増してきたので、ダッシュでテントへ戻ります。

大天荘でブルブルと…?

時刻は17:20頃、
大天荘まで戻ってきました。

日が暮れるにはまだ時間がありますが、

かなり寒くなってきました。

外に出ている人もちらほらです。

寒くてもう、

生ビールどころじゃないですよー!

Aさんもテントの中に入ったきり、外へ出て来る気配はありません。

せっかく楽しみにしていたのに…

残念ですが…

しょうがありません…

ということで、

缶ビールにしましたー!

缶ビールならテントの中に持ち込んで、
ゆっくり飲めますからね!

その前に乾杯だけしておきましょう!

テントに向かって乾杯!

今日歩いてきた、

合戦尾根~表銀座縦走路に乾杯!

乾杯の写真だけ撮って、
テントの中で飲もうと思ってましたが…

臨場感を出すために、ひつ口だけ飲んだら…

勢いで、結局1缶全部飲んでしまいましたー!

寒くてブルブルしてきましたー!

早くテントに入って、熱いコーヒーでも淹れましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

明日はいよいよ東鎌尾根を登ります。
明日に備えて早めに眠ろうとしますが、なかなか寝付けません。

夜中…風が強くなってきました。
この程度の風なら、まだまだ大丈夫ですが、
もっと、強くなってきたら…

結局、ほとんど眠れませんでした…

[次回ブログへ続く…]


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇