スリーピングマット空気漏れの件☆ニーモ・テンサー20S

ニーモ・テンサー20S

スリーピングマットが空気漏れ!

今年の夏(2017年7月)、テント泊中にスリーピングマットが空気漏れで使えなくなりました。

(;_;)

その時は、スリーピングマットの代わりに、ザックを背中に敷いてなんとか凌いだんですが…
山のテント泊をはじめて10年ぐらいになりますが初めての経験でした。

最近のブログで何度か書いていたんで、気になっている人もいるかも知れませんね。

その後、空気漏れのスリーピングマットはどうしたのか?

修理したのか?

直ったのか?直らなかったのか?

気になって、気になって、夜しか眠れない!

なんてね。(^_^;



でも、安心してください!

自分で修理して、とりあえず直りましたー!

バンザーイ! \(^o^)/ 

しかし…

空気漏れの場所さえわかれば、簡単に修理できるだろうと思ってたんですが…

結構、手間取りましたー。(^_^;

●手間取ったところ
・空気漏れの場所がわからない
・付属リペアキットが使いにくい

ということで、
空気漏れの経緯とか、修理した手順とか、詳しく書いておきましょう。
同じような経験をされた時の参考になれば幸いです。

ニーモ・テンサー20Sについて

空気漏れしたのは、ニーモ(NEMO Equipment)エアパッドテンサー20Sです。

エアパッド
スリーピングマットの呼び方はいろいろありますが、ニーモでは、空気注入式のスリーピングマットを、エアパッドと表記しています。

2016年に発売。
ニーモ史上、最も軽く、コンパクトでかつ温かいエアパッドとして、テンサーシリーズ(4つのモデル)が発売されました。

・テンサー20S
(サイズ:幅51x長さ122x厚さ7.5cm、重さ:240g、収納サイズ:20xφ6㎝)
・テンサー20R
(サイズ:幅51x長さ183x厚さ7.5cm、重さ:360g、収納サイズ:20xφ8㎝)
・テンサー インシュレーテッド 20S
(サイズ:幅51x長さ122x厚さ7.5cm、重さ:265g、収納サイズ:20xφ7㎝)
・テンサー インシュレーテッド 20R
(サイズ:幅51x長さ183x厚さ7.5cm、重さ:410g、収納サイズ:20xφ9㎝)

テンサー20Sは、シリーズ内で最も軽量&コンパクトなスリーピングマットです。

テンサーシリーズの特徴と4つのモデルの違い

パッドの内部にサーマルミラー(THERMALMIRROR)という反射フィルムを搭載しているので、地面の冷たさは下に返し、体の暖かさは上に還元するしくみになっています。

4つのモデルの違いはサイズと断熱性
20Sはショートサイズ(122cm)で、20Rはレギュラーサイズ(183cm)です。

インシュレーテッドは断熱性を高くしたモデルになっています。
表側(上部)の生地にプリマロフト(人口羽毛)をラミネートしたことにより、外気温-4℃~-9℃までの使用に耐えうるR値でいうと5以上を実現したとのこと。

冬のテント泊でも使えそうですね!

その分20S(ショートサイズ)で25g、20R(レギュラーサイズ)で50gほど重くなります。
価格も20Sで2000円、20Rで2500円ほど高くなります。

ちなみに、ノーマルモデルのほうは、外気温4℃~-1℃までの使用を想定しているようです。

私の場合は、冬にテント泊する予定がないので(寒いので…)、ノーマルタイプを購入しました。

プリマロフト®は、アメリカ国軍の要請を受けたALBANY社が開発した、羽毛に代わる画期的な超微細マイクロファイバー素材です。プリマロフト®は羽毛のように軽くて暖かい保温性と柔軟性を発揮するだけではなく、羽毛にはない撥水性も発揮。

引用:株式会社ディーブレスのホームページより

●参考URL
テンサー20S(ニーモ)
テンサー20S(ムーンライトギア)
テンサー インシュレーテッド20S(ニーモ)
テンサー インシュレーテッド20S(ムーンライトギア)

購入と空気漏れの経緯

軽量&コンパクトさが魅力で購入

購入したのは、2016年に発売後まもなくだったと思います。

軽量&コンパクトなところが気に入りました。

以前ブログでも紹介した、モンベルの空気注入式のスリーピングマットと比較すると、

モンベル・システムエアパッド
・120モデル(120cm)
 (重さ:367g、収納サイズ:φ9×20cm)
・180モデル(180cm)
 (重さ:504g、収納サイズ:φ11×20cm)
モンベル・システムエアパッド(2017年新型)~旧型との違いと使用感

ショートサイズで122g、レギュラーサイズだと144gも軽いんです。
収納サイズも、丸めた時の直径が3cmもコンパクトになります。

テント泊で縦走する場合は、少しでも軽く、コンパクトな装備を選びたいので、
この軽さで、クッション性も断熱性も高レベルを実現してるというのは魅力です。

まぁ、その分生地が薄いので、パンクの危険性も高いんじゃないか?

とは思っていたんですが…

使用回数は、
2016年に2泊、2017年は3泊と合計5泊しか使用ていません。
まだまだ使い始めたばっかりの感覚です。

空気漏れに気がついたのは

空気漏れに気がついたのは、今年の夏(2017年7月)立山にテント泊に行った時の事。
雷鳥沢キャンプ場での1泊目の夜でした。

スリーピングマットを敷いて、シュラフに入り、うとうとと眠りにつきかけたていた頃…

なにやら背中と腰に違和感が…痛い…?

あれっ、おかしーなー?

と思ってスリーピングマットを触ってみると、

ありゃりゃりゃ!ペシャンコだー!

最初は、空気注入バルブから空気が漏れたのかと思いました。

このスリーピングマットのバルブは、ねじ込み式ではなく、押し込んでひねるだけのタイプです。
簡単にバルブを閉められるようになっているんですが、ちょっとした拍子にバルブが外れる場合もあります。

空気を入れ直して、バルブをしっかり閉めて(念入りに確認)…
スリーピングマットの上に横になってみると…大丈夫そうです。
これで安心して眠れます。

再び、うとうとと眠りにつきましたが…

1時間ぐらいでしょうか。またも、背中と腰に違和感が…

だめだこりゃ!

またまた、ペシャンコになっていました。

空気漏れの量が微妙なので、空気を入れたばかりだとわからなかったんですが、
時間が経つとだんだん、空気が抜けてくるんです。

後で確認したところ、
だいたい30分ぐらいで、70%程度の空気が抜けて、1時間ぐらいでペシャンコになるようです。

応急措置~ザックを背中に敷いて凌ぐ!

スリーピングマットに付属していた、リペアキットを持っていたんで、
空気漏れの場所がわかれば、応急修理もできるだろうと思ったんですが…空気漏れの場所は見つからず。

(後でわかったことですが、付属のリペアキットでは応急修理は無理でした…詳細は後述します)

結局、その夜と次の日の夜2日間、スリーピングマットなしで寝ることになりましたが、ザックを背中に敷いてなんとか凌ぎました。

こんな感じです。↓

ザックでスリーピングマットの代用

ザックは、オスプレー・イーサー60です。

ザックを仰向けにして、雨蓋の部分も広げます。(これで最低限の長さ90cmを確保)
雨蓋の中にはクッション代わりに、ザックカバーやレジャーシート等を詰め込みます。
ザック本体と雨蓋の連結部分にある、プラスティックの部品が体に当たると痛いので、タオルでカバーしています。
着替え等をスタッフバックに詰めて枕代わり。

これで、結構寝れますね!
多少、背中と腰は痛くなりますが…(^_^;

空気漏れの修理

修理の手順は、モンベルのシステムエアパッドの取扱説明書を参考にしました。

テンサー20Sの説明書にも、簡単な修理方法が記載されていましたが、説明不足でうまく修理できないでしょう。(^_^;

↓これ。

修理方法
パッドに穴があいた場合は、最初に破損箇所の汚れを落として乾燥させてください。次にパッドの空気を完全に抜いた状態で破損箇所の周辺及び付属のリペアバッチにウレタンベースの接着剤を塗り、しっかりと貼り付けて下さい。
その後、接着剤が硬化するまで24時間放置して下さい。

引用:ニーモ・テンサー20Sの説明書より

空気漏れの場所の確認

まずは、空気漏れしている場所を見つける必要があります。
場所がわからなければ、修理のしようがないですからね。

といっても、これが、なかなかわからない。

スリーピングマットをパンパンに膨らませても、上に乗って加圧してみても、空気漏れしている気配はありません。

モンベルの取扱説明書を見ると、空気漏れ位置の確認方法が載っていました。

十分にパッドを膨らませて、空気の漏れている穴の位置を確認します。分かりにくい場合は、水に浸すか石鹸水を疑わしい部分に塗って加圧すれば、小さな気泡が発生するので位置の確認が出来ます。

石鹸水を塗った場合は水で良く洗い流した後に完全に乾燥させてください。

引用:モンベルのシステムエアパッドの取扱説明書より

水に浸すか、石鹸水を塗れば気泡が発生してわかるんですね!

石鹸水の方が手軽にできそうですが、疑わしい場所もないし、
「石鹸水を塗った場合は、水で良く洗い流す」必要があるので、かえって面倒のような気がします。

なので、風呂に水を張ってスリーピングマットを沈めることにしました。

こんな感じです↓
スリーピングマットの空気漏れ箇所の確認

これ、結構たいへんな作業でした。
パンパンに空気を入れた、スリーピングマットは、なかなか沈まないんですね!

全体重をかけても少し(一部分)しか沈まない。
一部分しか沈まないと、気泡の発生もわかりにくい。

スリーピングマットの下部から上部まで、一通り沈めてみたんですが、気泡が発生している場所は見つからず。

(かなり疲れました…)

諦めようかなと思ってたところ、いいアイデア(?)が思い浮かびました。
空気がパンパンだと沈みにくいので、空気を抜けばいいんですね。(^_^;

スリーピングマットの空気を7-8割り程度まで抜いて、もう一回試してみました。

これは正解でした!

今度は、全体重をかけると半分ぐらい沈みました。

おーっ、あったー!

ほんとに小さな穴でした。
気泡もわずかしか発生しなくて、思いっきり沈めて圧力をかけないとわからない程度でしたが、なんとか空気漏れの箇所を発見できました。

(場所がわかった後でも、見た目では全くわかりません。)

テンサー20S付属のリペアキットについて

空気漏れの箇所が確認できたので、あとはリペアキットで修理するだけなんですが…

これが、またまた、手間取りました。


上の写真はテンサー20S付属のリペアキットの中身です。
黄色い円形の布がバッド表面の修理用パッチで、黒い四角い布が裏面の修理用です。

これっ、使いにくいです!

パッチの裏に何も付いていません!

モンベルのリペアキットだと、
パッチの裏に予め接着剤が塗ってあるので、裏紙を剥がせばそのまま貼り付けられます。
テント泊中に空気漏れが発生しても、場所がわかればその場で応急修理ができますね。

でも、これは接着剤が塗ってないので、その場で応急修理ができないんです!

付属のチューブ接着剤で貼り付けて、24時間放置しなければなりません。

テント用のリペアキットも使用したことがありますが、裏紙を剥がせばそのまま貼り付けられるものばかりだったので、このタイプははじめてです。

スリーピングマット自体はいい製品だと思いますが、リペアキットは残念でした!

説明書も不親切。

接着剤を塗る時の注意!

テンサー20Sの説明書には、修理方法として「破損箇所の周辺及び付属のリペアバッチにウレタンベースの接着剤を塗り」と書いてあります。

説明書の通り、パッチ側に接着剤を塗ったとたん、パッチが丸まってしまい、破損箇所への貼付けが困難になってしまいましたー。(^_^;

いやー、焦りましたねー。

まさか、こんなことになるなんて!

その場はなんとか凌いで、無事に修理できたんですが…
どうやって凌いだのかは…覚えていません。(^_^;

パッチ側には接着剤を塗らないほうがいいですね!

修理手順

私が実際に修理した手順を元に、失敗したところや注意点をふまえて、まとめてみました。

1.汚れを落とし乾燥させる
 汚れていたり、濡れていると接着しないので、完全に乾燥させることが大事です。
 (石鹸水を塗った場合は、水で良く洗い流した後に完全に乾燥させること。)

2.空気を抜く
 修理用パッチは空気を抜いた状態で貼り付けるので、パッドの空気を抜いておくこと。

3.接着剤を塗る
 パッドの空気漏れの箇所から、外側に向かって同心円状に接着剤を薄く塗ります。
 その際、修理用パッチより少し大きい範囲で、接着剤を塗っておくことがポイント。

修理用パッチより大きい範囲に接着剤を塗っておくと、パッチの端までピッタリと貼り付けられます。乾いた後にバッチの回りに接着剤が残ってしまいますが…仕方ない。

 【注】修理用パッチ側に接着剤を塗ると丸まってしまうので塗らないこと!

4.接着剤を乾かす(5分) 
 接着剤を塗ったあとは、粘着性を高めるために、5分ほど乾かします。

 【注】粘着性が弱いと修理用パッチを貼り付けた後に丸まってしまいます!

5.修理用パッチを貼り付ける
 接着剤を塗った箇所に、修理用パッチを貼り付けます。
 パッチの端や、浮いている箇所がないように、指で押さえて確認します。
 パッチが浮きそうな場合は、平たい物で暫く押さえておくといいでしょう。

6.接着剤が完全に乾くまで放置(24時間)
 接着剤が完全に乾くまで、空気を抜いた状態で24時間放置します。

※放置時間は、モンベルの取扱説明書では約8時間程度、ニーモの場合は24時間となっています。おそろく接着剤の違いでしょう。

以上で修理完了しました!

ニーモ・テンサー20S~修理した箇所

上の写真は修理箇所のアップです。
近くからよーく見ると、少し汚いですが、少し離れればほとんど気にならない程度です。

テンサー20Sの説明書の通り、修理用パッチ側に接着剤を塗ったのが汚くなった原因です。

パッチ側に接着剤を塗らなければ、もっときれいに仕上がっていたんじゃないかなー。

終わりに

いつもは、テント泊する前に、
事前チェックとして、スリーピングマットの空気漏れがないか確認してるんですが、

この時は、1週間前のパノラマ銀座のテント泊縦走で使用したばっかりだったので、
(この時は何の異常もなかったのでした)
確認するのを怠っていました。

スリーピングマットの空気漏れ。事前チェックを忘れずに!

テント泊装備の事前チェックについては、こちらのブログをご覧ください
夏山テント泊登山計画8~テント泊装備の事前チェック

最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!


登山ランキング

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇