テント泊の小技9~ジップロックでゴミ箱作ろう!mark2

(0)

ジップロックゴミ箱 mark2

テント泊の小技とは…

テント泊を快適に楽しむために、簡単で便利なアイデアを紹介しています。

今回は、テント泊で便利なゴミ箱の第2弾です!

広告
広告

新作完成!ジップロックゴミ箱mark2

以前のブログで、テント泊生活でも、ゴミ箱があったら便利なのに…

ということで、ジップロックで作るゴミ箱を紹介しました。

以前、作ったゴミ箱は↓こんなのです。

ジップロックゴミ箱 mark1

以前のブログは↓こちら。
テント泊の小技~ジップロックでゴミ箱作ろう!
※ゴミ箱の作り方の他、ゴミの持ち運び方法等、詳しく紹介しています。

その後、研究に研究を重ねて…(嘘です)

この度、新作のゴミ箱が完成しました!

パチパチパチパチー(自画自賛!)

名付けて、ジップロックゴミ箱 mark2。(^_^;)

冒頭の写真がmark2です。mark2の完成に伴い、以前作ったゴミ箱は、mark1と呼ぶことにします。

mark2の改良点は?

mark1からの改良点は、フリーザーバッグの上部を折り返さなくても、自立できるようになったのが大きなポイントです。

ゴミを入れたまま、簡単にジッパーの開け閉めができるようになりました。

上部を折り返さない分、ゴミ箱の容量も増えたので一石二鳥です。

使わない時は、ジッパーを閉めておけばよし。

匂いが漏れないし、倒しても中身が散らかることもありません。

移動する時も、ジッパー閉めるだけで持ち運びOKです。

次のテント場で、そのままゴミ箱として再利用可能で、衛生的にも問題ありません。

mark2の改良点をまとめると以下のようになります。

mark2の改良点
・自立したまま簡単にジッパーの開け閉めが可能
・ゴミ箱の容量が増えた
・持ち運びはジッパーを閉めるだけでOK
・衛生的にも問題なし

では、早速、ジップロックゴミ箱mark2の作り方を紹介しましょう!

ジップロックゴミ箱mark2の作り方

用意するもの

ジップロック

ジップロック・フリーザーバッグ(M・L)

ジップロックは丈夫なフリーザーバッグ(M・L)を使用します。

普通のストックバッグより、フリーザーバッグのほうが、丈夫で汁が漏れる心配もありません。

ジップロックゴミ箱mark2(M・L)

左側が Mサイズで、右側が Lサイズ で作ったものです。

ソロテント泊であれば、小さい方(Mサイズ)で十分かと思いますが、グループ登山の場合は、大きい方(Lサイズ)のほうが使いやすいですね。

メンディングテープ


ジップロックの底面の貼り付け(2箇所)に使用します。

今回は、Scothのメンディングテープ(巾12mm)を使用しました。

セロハンテープでも、ビニールテープでも、ガムテープでもなんでもかまいませんが、なるべく、きれいに剥がれやすいテープのほうが、使いやすいと思います。

作業手順

①まずは、フリーザーバッグを縦に持ち、口を開きます。

 


②そのまま、平らな場所でフリーザーバッグを潰していきます。

この時に、フリーザーバッグの底がひし形になるように、潰すところがポイントです。

 


③フリーザーバッグが完全に潰れて、フリーザーバッグの底がひし形になりました。

 


④ひし形の下の三角形の部分を半分に折って、メンディングテープで固定します。

 


⑤ひし形の上の三角形の部分も半分に折って、メンディングテープで固定します。

 

⑥あとは、フリーザーバッグを広げて立てれば、自立するゴミ箱になります。

これで、完成です!

ゴミを入れて…

自立したまま、簡単にジッパーを閉じることができます。

ザックに入れて持ち運ぶ時は、空気を抜いて折りたためばOKです。

動画をご覧ください!

写真だとわかりにくいので、↓こちらの動画をご覧ください!
※画像をクリックすると再生します。

 

あとがき

以前紹介したゴミ箱mark1は、その場で簡単に作れたんですが、ゴミ箱mark2を作るには少し手間がかかります。

とはいっても、慣れれば1分もあれば作れるはずです。

山で作ることも可能ですが、山行前に事前に作って、持ってい行った方がいいでしょう。

まだ、実際に山のテント泊で使用したことはないんですが…

次のテント泊は…夏の予定です。

 

★★★関連記事★★★
テント泊の小技(一覧)

◆◆◆コメント◆◆◆