’18夏山テント泊登山計画4~塩見岳Part3☆危険地帯は?

塩見岳

前回のブログの続きです。
今回は、もう一つの懸案事項、塩見小屋~塩見岳の危険地帯について。
あとは、危険地帯を通らない縦走コースも検討してみました。

<広告>
<広告>

塩見小屋~塩見岳の危険地帯?について

危険地帯の場所

塩見小屋~塩見岳の危険地帯

昭文社「山と高原地図」で、塩見小屋~塩見岳の間に2箇所の「」マーク(通行に注意をようするところ)が付いていますね。
地図上には、「岩場の急坂注意」とだけ記載されています。

ガイドブック等を調べてみると、
塩見小屋を過ぎてから、天狗岩(険しい岩峰)~塩見岳・西峰の間に急な岩場(ガレ場)があり、天狗岩は基部を右側に巻いて行けますが(登らなくてOK!)、その先の岩場は浮石が多く、落石スリップに注意とのこと。

ガレ場
石や岩が堆積していて、歩きにくい斜面のこと。
小さな石が多い場所はザレ場と呼ばれ、大きな岩が堆積した所はゴーロと呼ばれます。
浮石(うきいし)
固定されていない不安定な石の事。うっかり足をのせてしまうと、バランスをくずし転倒したり、急な斜面では落石の危険性があります。

テント泊装備で越えられるか?

テント泊でも、三伏峠から往復する場合は、軽装備で登れるので問題ないでしょう。

しかし、テント泊縦走となると…
ここを重いザックを担いで、越えて行かなければなりません。

果たして、テント泊装備で危険地帯を越えられるのか?

ガイドブック等の記載だけでは判断できないので、ネットでこの辺の記事を探してみました。

ネットで見つかった記事のほとんどが、三伏峠から往復で(軽装備)、テント泊装備でここを通過している記事は、少なかったんですが…

ネットで見つけた記事を総合すると、以下のような様子です。

危険地帯の様子
ハシゴは無くて、三点支持でよじ登る箇所がある
・高度感はあまりない?(多少ある)
・危険地帯は、滑落よりも落石に注意!
・狭い岩場で、大きなザックがひっかかりそうな場所がある

軽装備であれば、なんなく通過しているようなので、テント泊装備でも、慎重に登れば大丈夫そうです。

ただし、三伏峠からこの危険地帯までは、約4時間かかります。
ここに到着するまでに、体力を消耗していると、やはり、テント泊装備を担いで通過するのはキビシイでしょう。

となると、

脚力を鍛えておくことが重要ですね!

減量もね!

危険地帯を通らない縦走コース

脚力を鍛えておくことが重要!
とはいっても、脚力を鍛えるのは、なかなか難しいですねー。

毎週、山に登っていれば脚力は付いてきますが…そうは、なかなか行けません。

そこで、危険地帯を通らない縦走コースを考えてみました。
ちょっと変則的ですが、熊ノ平小屋ベースキャンプにして、軽装備で塩見岳を往復しよう!というコースです。

往復といっても、北岳~間ノ岳~塩見岳という3000m峰を縦走できるので、充実感はありますね。

【6】熊ノ平小屋BC~塩見岳(変則縦走コース)

【所要日数】3泊4日
広河原からスタートして、2日目に北岳・間ノ岳を通って、熊ノ平小屋まで行きます。
(ここまでは、【4】の北岳~塩見岳コースと同じです)

3日目は、熊ノ平小屋をベースキャンプにして、軽装備で塩見岳往復して、4日目に広河原に戻ってきます。

熊ノ平小屋BC~塩見岳(変則縦走コース)

【日程&コースタイム】
1日目 [5時間35分]
・広河原~北岳肩の小屋(テント泊)※手前の白根御池小屋でもOK
2日目 [5時間20分]
・北岳肩の小屋~北岳~間ノ岳~三峰岳~熊ノ平小屋(テント泊)
3日目 [10時間40分]
・熊ノ平小屋~塩見岳~熊ノ平小屋(テント泊)
※熊の平小屋をベースキャンプにして、軽装備で塩見岳を往復します。
4日目 [8時間44分]
・熊ノ平小屋~三峰岳~間ノ岳~広河原

3日目が10時間40分と長くなりますが、軽装備塩見岳往復できるのがメリットです。
4日目は、熊ノ平から一気に広河原まで降りてしまいます。
コースタイムは8時間以上かかりますが、間ノ岳を越えて、北岳山荘の先からはほぼ下りなので、以外と楽に降りられます。

ただし、土日祝日だと、北岳左又コースを登る登山者で渋滞して、なかなか降りれなかった経験があります。(^_^;)

脚力があればですが…
三峰岳から仙塩尾根を歩いて、仙丈ヶ岳へ登るコースも考えられますね。
北岳・間ノ岳は2回登っているので、(仙丈ヶ岳も2回登ってますが…)
脚力があれば…仙塩尾根をすべて踏破してみたいところです。

Part1~Part3のまとめ

以上、テント泊で行く、塩見岳の登山コースを6つ検討してきました。

【1】鳥倉登山口~塩見岳(往復コース)※2泊3日
【2】塩見岳~北岳(縦走コース)※3泊4日
【3】塩見岳~仙丈ヶ岳(縦走コース)※4泊5日
【4】北岳~塩見岳(縦走コース)※3泊4日【2】の逆コース
【5】仙丈ヶ岳~塩見岳~(縦走コース)※4泊5日【3】の逆コース
【6】熊ノ平小屋BC~塩見岳(変則縦走コース)※3泊4日

一番歩きたいコースは、【3】の塩見岳から仙塩尾根と通って仙丈ヶ岳まで行く縦走コースですが、脚力が必要になるのでちょっと無理かな。

今のところ一番目の候補は、やはり【1】の最短コースですね。

二番目の候補は、【6】熊ノ平小屋BC~塩見岳の変則縦走コース。危険地帯を通らないので、テント泊装備でも問題無いでしょう。せっかくなので、往復だけじゃつまらない!縦走したいですからね!

【4・5】は、【2・3】の逆コースですが、スタート地点のアクセスは便利ですが、テント泊の場合は、1日の歩行時間が長くなる区間があるので、メリットはなさそうです。

蝙蝠岳を登る周回コースもあるよ

小屋泊まりなら、二軒ロッヂ小屋~荒川三山~三伏峠~塩見岳~蝙蝠岳~二軒ロッヂ小屋という、周回コースも面白そうです。

蝙蝠岳(こうもりだけ)への稜線歩きが最高らしい!

ですが、三伏峠~塩見岳~二軒ロッヂ小屋までの間にキャンプ指定地がないので、テント泊では無理そうです。

三伏峠小屋をベースキャンプにして、塩見岳~蝙蝠岳往復している人もいるようですが、塩見岳~蝙蝠岳の往復だけで4時間以上かかるので、健脚じゃないと無理ですね。

その他の注意事項

塩見小屋~熊ノ平小屋の間、約6時間は水場なし
※塩見岳~北荒川岳の間にある、雪投沢(ゆきなでざわ)の水場はあてにならないようです。

塩見小屋トイレ携帯トイレ用(携帯トイレは小屋で販売)
→使用済みの携帯トイレは、小屋で処理してくれるので、持ち帰らなくてもいいそうです。

あとがき

夏山シーズンまでは、あと4ヶ月半。
まだまだ、先だと思っているうちに、あっという間に来てしまいますね。

それまでに、減量脚力強化もしておかないと。

3月になって、そろそろ、暖かくなってきました。
丹沢山あたりでは、積もっていた雪もだいぶ溶けてきたようです。

よーし、夏山シーズンに向けて、

ガンガン山に登って鍛えましょう!

ちなみに、現在、1日1食から1日2食に減速中です。(^_^;)

 

★★★関連記事★★★
’18夏山テント泊登山計画2~塩見岳Part1
’18夏山テント泊登山計画3~塩見岳Part2
’18夏山テント泊登山計画3~塩見岳Part4
夏山テント泊登山計画(一覧)

<広告>
<広告>

最後までご覧頂きありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!

いいね!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

イイネ!


登山ランキング

夏山テント泊登山計画
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
<広告/お勧め記事>
<広告/お勧め記事>
山旅GOGO

★★★コメント★★★

  1. Carmotive より:

    suzuki.m, thanks! And thanks for sharing your great posts every week!