’18夏山テント泊登山計画7~塩見岳Part4☆蝙蝠岳への稜線を歩きたい!

塩見岳Part3の最後のほう(Part1~Part3のまとめ)に、ちょっとだけ触れていた蝙蝠岳(こうもりだけ)。
蝙蝠(こうもり)という特徴のある名前がついた山なので、名前だけは知っていましたが…どんな山なのかは知りませんでした。

今回、塩見岳へ登るルートや危険地帯等を調べている時に、

塩見岳~蝙蝠岳への稜線歩きが最高!

という記事を目にしてから、気になっていた山なんですが…
調べているうちに…どんどん…行きたくなってきましたー!

今では、塩見岳へ登るよりも…むしろ…

塩見岳~蝙蝠岳の稜線を歩きたい!

という気持ちの方が大きくなってきましたね。(^_^;

<広告>
<広告>

蝙蝠岳と蝙蝠尾根について

蝙蝠岳と蝙蝠尾根
蝙蝠岳と蝙蝠尾根

蝙蝠岳(こうもりだけ、2865m)は、塩見岳南東に位置するきれいな三角形をした山です。

塩見岳から見える美しい姿を見て、登りたくなる人も多いらしいですね。

私もその1人です。写真でしか見たことないんですが…(^_^;

特に、塩見岳から蝙蝠岳へ、左回りでぐるっと半円を描くように続く、なだらかな稜線が本当に素晴らしい。(実際には、結構アップダウンがあるようですが…)

あの稜線を歩いてみたい!

登頂よりも、ゆるやかな稜線歩きが大好物な私にとっては、夢のような稜線歩きが楽しめそうです。

蝙蝠岳から見る塩見岳は、非常に大きく見えて迫力もあるようなので、その姿も見てみたい!

蝙蝠尾根(こうもりおね)は、塩見岳南東の登山口である二軒小屋から、蝙蝠岳を経て塩見岳の東側の仙塩尾根に至る、標高差約1500mの長大な尾根です。

展望が素晴らしく、南アルプス南部では、白根南嶺(しらねなんれい)とともに、最も登山者が少なく、自然が残っているというのも魅力ですね。

最新の昭文社「山と高原地図」では、蝙蝠尾根はすべて破線(難路)になっていますが、手持ちの2013年の「山と高原地図」では、蝙蝠岳から仙塩尾根の合流点までは実線(一般コース)になっています。
蝙蝠岳の名前の由来は?
情報が少ないので確かではないんですが…蝙蝠が翼を広げた様に見えるからというのが有力のようです。
他には、白馬岳の名前の由来のように、蝙蝠の雪形が見えるという説もあるようです。
なかには、こうもり傘を広げた形に見えたという意見も…

蝙蝠岳への登山コースとコースタイム

蝙蝠岳への一番近い登山口二軒小屋ですが、登り約7時間往復約13時間かかります。
二軒小屋もアクセスが不便なところなので、なかなか行きにくいですね。

二軒小屋へのアクセス方法はこちら↓
登山口~南アルプス・畑薙第一ダム~椹島~二軒小屋

そこで、てっとり早く行けそうなのが、塩見岳からの往復です。
塩見岳に登ったついでに、蝙蝠岳も登ってしまおうというものです。

塩見岳~蝙蝠岳へのコースタイムを調べてみると…

塩見岳~蝙蝠岳のコースタイム
【往路】2時間40分
【復路】3時間00分
【合計】5時間40分

塩見岳から蝙蝠岳へは、行き2時間40分帰り3時間往復5時間40分掛かります。

うーん、
塩見岳からの往復だけでも、かなり時間が掛かりますね。

テント泊で行く場合は、宿泊地は三伏峠小屋になるので、三伏峠小屋~塩見岳のコースタイムを加算してみると…

三伏峠小屋~塩見岳~蝙蝠岳のコースタイム
【往路】時間40分+2時間40分=7時間20分
【復路】4時間05分+3時間00分=7時間05分
【合計】8時間45分+5時間40分=14時間25分

三伏峠小屋からだと…行きも帰りも7時間以上往復では約14時間以上になってしまいました。(^_^;

いくらなんでも、往復14時間以上なんて!
それは無理でしょう!

と一瞬おもいましたが…ちょっと待てよ…

コースタイムは、14時間以上だけど…

三伏峠小屋がベースキャンプになるので、重い荷物はテントに置いていける。
軽装備で歩けるので、実際にはコースタイムの7-8割で歩けるでしょう。

そうすると、行き帰りは約5時間ちょっと…往復だと10-11時間か…

だんだん、行けそうな気がしてきましたね。
往復10-11時間。このコースタイムなら、何とか行けるでしょう!
まぁ、往復コースなので、無理だと思ったら、途中で引き返してもいいですからね。

とういうことで、塩見岳~蝙蝠岳の往復コースを計画してみました。

【7】三伏峠~塩見岳~蝙蝠岳(往復コース)

【所要日数】2泊3日
三伏峠小屋をベースキャンプにして、塩見岳~蝙蝠岳を往復するコースです。
アクセスの悪い蝙蝠岳をてっとり早く登ってしまおうというコースでもあります。

コースタイムは、塩見岳までなら往復8時間45分
蝙蝠岳まで行くと往復14時間以上となるハードコースですが、重い荷物はテントに置いて軽装備で歩けるので、実際には10-11時間で歩ける予定。

往復コースなので、途中で引き返すことも可能。その日の体調や体力によって無理なく歩けるコース設定です。

三伏峠~塩見岳~蝙蝠岳・往復コース三伏峠~塩見岳~蝙蝠岳・往復コース

日程&コースタイム
【1日目】
・鳥倉登山口→山伏峠小屋(テント泊)[3時間]
【2日目】
・山伏峠小屋→塩見岳 [3時間30分]
・塩見岳→蝙蝠岳 [2時間]
・蝙蝠岳→塩見岳→三伏峠小屋(テント泊) [5時間]
合計 [10時間30分] ※軽装備の場合
【3日目】
・山伏峠小屋→鳥倉登山口 [2時間15分]

1日目は倉登山口から三伏峠小屋まで。三伏峠小屋にテントを張ってベースキャンプとします。
夜行バスを利用する場合は、8-9時頃に到着してしまうので、三伏峠小屋の東に位置する烏帽子岳(えぼしだけ)をのんびりと往復(往復約1時間30分)するのもいいでしょう。

2日目に塩見岳~蝙蝠岳を往復します。
行程が長いので早めに出発して、とりあえず塩見岳を目指します。
塩見岳に着いてから、蝙蝠岳へ行くかどうか?(行けるかどうか?)の判断となります。

塩見岳~蝙蝠岳は、軽装備で約2時間往復すると約4時間
蝙蝠岳から三伏峠小屋へ戻るには約5時間かかるので、引き返し時刻の目処は12時とします。
12時までに蝙蝠岳に到着できない場合は、あきらめて三伏峠小屋へ引き返します。

3日目は登山口まで2時間ちょっと下るだけ。

鳥倉登山口のアクセス方法はこちら↓
登山口~南アルプス・鳥倉登山口

あとがき

塩見岳Part1~Part4まで7つのコースを検討してきましたが、もうこれで決まりですね!

塩見岳~蝙蝠岳の往復コースなら、蝙蝠岳への稜線歩きも楽しめるし、蝙蝠岳までが無理なら途中で引き返せばいいんだし。

ただちょっと問題なのは、三伏峠小屋~塩見岳~蝙蝠岳の間に水場がないことです。

夏場の10時間以上のコースとなると、水の量も4Lぐらいは必要になるでしょう。

水は三伏峠小屋から運べますが、そうすると水だけで4kgになってしまいますね。

途中の塩見小屋で水は購入できると思うんですが(高い?)…なるべく軽装備で歩きたいので…水の運搬計画も必要ですね…

最後にもう一度!

塩見岳~蝙蝠岳の稜線を歩きたい!

 

<広告>
<広告>

最後までご覧頂きありがとうございました。m(_ _)m

にほんブログ村(登山)ランキングに参加中!
↓応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
※クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

人気ブログランキング(登山)に参加中です。
↓応援クリックお願いします!


※クリックするとランキングサイトへ移動します!

夏山テント泊登山計画
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆

<関連コンテンツ>
<関連コンテンツ>