夜行バスは眠れない!不眠対策は…首枕と腰枕

(0)

早朝の室堂・バスターミナル(2012年7月)早朝の室堂・バスターミナル

登山には夜行バスが便利ですが…眠れるかどうかが大問題!

今年の夏のテント泊登山に向けて、夜行バスで、少しでも快適に眠れるよう対策を考えてみました。

広告
広告

夜行バスは眠れない!

登山には夜行バスが便利ですが…

北アルプスや、南アルプスの登山口へは、夜行バスが便利ですね!

寝ている間に登山口まで到着して、早朝から登山を開始できるんですからー。

特にマイカーを持っていない人には、願ったり叶ったりの交通手段です。

しかも、料金も安い!

公共交通機関を乗り継いで行くよりも、料金が安く設定されているんですよねー。

夜行バス(登山バス)といえば、毎日あるぺん号さわやか信州号
ネットで行き先と料金の確認・予約ができるのも便利です!

夜行バスに乗ったことがない人は、↓こちらの記事が参考になるかも?

眠れるかどうかが大問題!

そんな便利な夜行バスですが…

眠れるかどうかが…大問題です!

私の場合は、ほとんど眠れないことが多いです。

というか…ぐっすり眠れたことは一度もありません。

人によっては、熟睡できる人もいるようで…

夜行バスに乗って、いびきをかいて寝ている人もよく見かけます。

いびきは、迷惑だけど…ぐっすり眠れてるようで…羨ましい!(^_^;

夜行バスで眠れないと、寝不足のまま、登山を開始することになるので、思わぬ体調不良や、トラブルの原因にもなりかねません。

幸いにも、今のところ寝不足が原因でトラブルになったことはないんですが…

今年の夏のテント泊登山に向けて、夜行バスで、少しでも快適に眠れるよう対策を考えてみました。

眠れない原因と対策

眠れないという状況

まずは、眠れない原因をあらためて考えてみました。

そもそも、移動中の車や電車では眠れない!という人もいるでしょう。

しかし、私の場合、車や電車の中では、むしろ眠くなるほうなので(車や電車の振動が、ゆりかごのように眠気を誘うのか…)、夜行バスでも、全く眠れないというわけではありません。

だいたいこんな状況です。

①夜行バスは出発後しばらくすると消灯するので、目をつぶって眠る態勢に入ります。
②そのうちに…うつらうつらしてきて…眠れそうかな?と思いきや…なかなか眠れません。
③少しでも眠りやすいように、姿勢や頭の位置を調整して、ふたたび眠る態勢に入ります。
④すると…また…うつらうつらしてきますが…でも眠れない。
⑤そんな繰り返しで、ほとんど眠った気がしないうちに、目的地へ到着してしまうというパターンです。

うつらうつらしてから…眠れない…

眠れそうな状況になっているのに眠れない。

ということは、眠りを妨げる原因が、何かあるということでしょう!

眠りを妨げる原因

では、眠りを妨げている原因は何でしょうか?

うつらうつらしてから…眠れそうで…眠れなかった時のことを思い出してみます。

その時に感じていたのは…足が窮屈首が疲れる腰が痛い

細かいことをあげれば、その他にもいろいろ思い浮かびますが、夜行バスで眠れないのは、この3つが主な原因といっていいでしょう。

●夜行バスで眠れない原因
【1】足が窮屈!
【2】首が疲れる!
【3】腰が痛い!

【1】足が窮屈なのは、足が伸ばせるだけのスペースがないからですね。

【2】首が疲れるのは、夜行バスの座席は、頭や首を支えるものがなく不安定なので、首に負担がかかってしまうためです。

【3】腰が痛くなるのは、夜行バスの座席が、充分にリクライニングすることができないので、その分、上体が斜めになるように浅く腰掛けてしまうため、腰の支えがなくて負担がかかってしまうんでしょう。

不眠対策

原因がわかったところで、次は対策です。

対策【1】足が窮屈!

足が窮屈なのは…夜行バスの物理的な問題なので…できる対策はあまりありません。

できるのは、以下の2つぐらいでしょうか。

通路側の座席に座る(片足だけ通路側に伸ばすことができる)
靴(登山靴)を脱ぐ、または、サンダル等へ履き替える

通路側の座席に座れば、片足だけ通路側へ伸ばすことができるので、だいぶ楽になりますね。

ただし、通路側の席を選ぶと、(窓側の席のほうが人気があるので)高い確率で隣の窓側の席が埋まってしまいます。つまり隣の席が空いているというラッキーな状況にはなりにくい、というマイナス面があるんです。

(可能性は低いですが、窓側の席を選んだほうが、隣の席が空いているラッキーな状況になる確率は高くなります)

また、足が窮屈というのは、膝が伸ばせないことが原因なんですが、靴(登山靴)を脱ぐことによっても少しだけ楽になりますね。

座席が広い、3列シートバスに乗る方法もありますが、3列シートの大型バスの運行は、上高地行き等の一部山域に限られます。

対策【2・3】首が疲れる!腰が痛い!

首が疲れる!腰が痛い!の対策は簡単です。

首が疲れるんだったら、首枕(ネックピロー)でしょう!

腰が痛いなら、腰枕(腰クッション)でしょう!

首枕と腰枕を持って行けば、問題解決です!

とはいっても…

首枕はともかく、腰枕(腰クッション)なんて…旅行じゃないんだから…登山なんだから…

そんな嵩張るものは持っていけません!

持って行くものは、軽量&コンパクトじゃなきゃね。

でも、大丈夫!

軽量&コンパクトで登山に持っていける、腰枕(腰クッション)見つけました。

\(^o^)/(バンザーイ!)

不眠対策グッズ~登山に持って行ける首枕と腰枕

では最期に、今年、夜行バス用に準備した首枕腰枕(腰クッション)を紹介してお別れしましょう。

【1】首枕(ネックピロー)

ハイマウント・トラッキンヘッドレスト

首枕は、ハイマウントトラッキンヘッドレストです。

モンベル(横浜・リーフみなとみらい店)で購入したものですが、コンパクトに折りたためて、重さ55gという軽さです。

軽量&コンパクトの割には、首への圧迫感もなくて寝心地もまぁまぁです。

ハイマウント・トラッキンヘッドレスト

空気を抜いて畳めばこんなに小さくなります。(上の写真)

ネットでいろいろ探してみましたが、私が調べた中では最軽量で値段も安い!

携帯用のポーチが付属していますが、ポーチだけで重さが10gあるので、これは必要ないかな。

ハイマウント・トラッキン ヘッドレスト

【重さ】55g
【サイズ】340 x 240 x 90mm(空気注入後)

AMAZONで見る

 

【2】腰枕(腰クッション)

モンベル・システムピロー

腰枕(腰クッション)は、モンベル・システムピローです。(正式名称は、U.L.コンフォートシステムピロー)

これは…腰枕(腰クッション)じゃなくて…普通のエアー枕なんですが…

形がほほ長方形で真ん中が少し凹んでいるので、腰枕(腰クッション)に使えるんじゃないかと、自宅の椅子で試してみたところ…ちょうどいい感じでした。\(^o^)/

これを、座席と腰の間に挟めば、腰が支えられるので、腰への負担が軽くなりますね。

空気量を調節できるので、夜行バスの座席にもフィットしそうです。

ちなみに、自宅の椅子では、空気を半分ぐらい抜いたほうがベストでした。

モンベル・システムピロー

空気を抜いて畳んだところです。(上の写真)

重さは61gですが、テント泊の枕として持って行くものを、腰枕(腰クッション)として流用するので、荷物の増加量は実質ゼロで済みますね!

モンベル・U.L.コンフォートシステムピロー

【色】ブルー・オレンジ
【重量】61g
【サイズ】長さ25×幅45×厚さ12cm

AMAZONで見る
楽天で見る

 

◆◆◆コメント◆◆◆