発見?キツイ登りが楽になる~両手腰当て歩きの秘訣!

(4)

塔ノ岳・大倉尾根~花立山荘の手前(大倉尾根で一番キツイ場所)塔ノ岳・大倉尾根~花立山荘の手前

登山で登りがキツイなー!と思った時にやってみると、とっても楽になるという、歩き方の秘訣を紹介します。

乞うご期待!

広告
広告

発見?キツイ登りが楽になる歩き方

最近、登山でキツイ登りが楽になる歩き方を発見しました!

(パチパチパチー)

これは…もしかしたら…大発見かもしれませんねー!

(いやいや、そんなの常識ですよー!と云われるかもしれませんが…)

一見なんでもない歩き方なんですが…やってみると…あら不思議!

これが…効果抜群なんですね!

以前から、疲れた時とかに、たまにやっていた歩き方なんですが、ちょっとだけ、意識を変えることで、驚くほど効果がありました。(^o^)/

その歩き方とは…ズバリ、両手を腰に当てて歩くという方法です。

なーんだ…

とがっかりする人も多いでしょう。

両手を腰に当てるというのは、登山中や、休憩中に無意識にやってしまう、山ではお馴染みのポーズですからね。

でも、違うんです!

ただ、腰に手を当てるだけじゃなくて、大事なポイントがあるんです!

たぶん…おそらくは…

この大事なポイントに、気付いていない人が多いんじゃないでしょうか…

両手腰当て歩きの秘訣!

両手腰当て歩きというのは、両手を腰にあてて歩く歩き方です。

そのまんまなんですが…いいネーミングが、思い浮かばなかったので、とりあえず、両手腰当て歩きと呼ぶことにします。(^_^;

歩き方のポイント

歩き方のポイントは、以下の2点です。

●両手腰当て歩きのポイント
【1】両手を腰に当てる
【2】背筋を伸ばし、胸を張って歩く

両手を腰に当てるだけじゃなくて、背筋を伸ばす胸を張って歩く、というところが大事ポイントです。

要するに姿勢が重要!ということですね。

姿勢を良くして歩くことで、足腰への負担が少なくなって、楽に登れるようになるんです。

歩き方の説明

では、早速、歩き方を説明しましょう。

説明というほどのことでもないんですが…

【1】両手を腰に当てる

<両手腰当歩きの姿勢:正面>
両手腰当歩きの姿勢:正面

上の写真のように、普通に両手を腰に当てます。

ザックの腰ベルト(ヒップベルト)の上に両手を乗せる感じでOK。

両手を腰に当てることによって、自然と姿勢が良くなり、また、姿勢を維持する効果があります。

【2】背筋を伸ばし、胸を張って歩く

<両手腰当歩きの姿勢:横>
両手腰当歩きの姿勢:横

両手を腰に当てると、自然と背筋が伸びて、胸を張る姿勢になると思いますが…

登山中は、疲れやザックの重みで、前かがみの姿勢になっている場合が多いので、意識して背筋を伸ばして胸を張って歩きましょう!

上体が垂直になっていることを意識して歩くこと!

これだけです!

両手を腰に当てて、姿勢を良くして歩くだけ!

これだけで、驚くほど楽に登れるようになるんですからー。

信じられませんねー?

でも本当です。少なくとも私の場合は…

キツイ登りが楽になる理由

キツイ登りが楽になる理由1

歩き方のポイントで、既に説明していることですが、

両手を腰に当てる

姿勢が良くなる

足腰の負担が減る

両手を腰に当てて、姿勢を良くして歩くことで、上体を支える足腰への負担が減って、結果的に楽に登れるようになるということです。

登山中は、上体が前かがみになりやすいので、両手を腰にあてることで、姿勢を矯正するという効果がありますね。

キツイ登りが楽になる理由2

また、こんた理由も考えられます。

両手を腰に当てる

腕を振らない

腰が安定

歩行バランスが良くなる

無駄な力の消費が無くなる

足腰のパワーが生まれる

両手を腰に当てると、腕を振らなくなるので、その分勢い(推進力)がなくなってしまいそうですが…

逆に、腕を振らない分、腰が安定して、歩行時のバランスが良くなります。

そうすると、無駄な力の消費が無くなるので、その分、足腰へのパワーが生まれるということ。

あとがき

両手腰当て歩きの秘訣は、最近発見したものです!

まだ誰にも教えていません!(^_^;

 

そんなこと、前から知ってるよ!

とか、

知らなかったけど、試してみたら効果があったよ!

とか、

試してみたけど、効果なかったわ!

等など、感想をお待ちしています!

下の方のコメント欄に記入&送信して下さいね!

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました!(^o^)

にほんブログ村ランキングに参加中です。応援クリックお願いします!
↓クリックするとランキングサイトへ移動します!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!
↓クリックするとランキングサイトへ移動します!


登山ランキング

山の悩み/トラブル
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆

  1. KK より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    腰に手を当てるのは私も実践していたので凄く共感しました。
    私の場合は手の甲を上にして骨盤を掴んで親指で腰をやや背後から押すようにして、骨盤が前傾する様に意識しています。ただし押しすぎて腰が反らないように腰から上は真っ直ぐにします。
    ランニングの基本姿勢も骨盤を前傾させて姿勢を良くする事が推奨されていたと思います。
    そうする事で脚力をあまり使わずに荷重移動で前に進む推進力を得られるのではないかと思います。

    • 鈴木ライト より:

      KKさん、いつもご覧いただきありがとうございます。

      共感していただけて嬉しいんですが…既に実践されていたんですね。
      残念!大発見ではなかったかー。(^_^;

      KKさんが実践されている、「骨盤が前傾するように意識して…腰から上は真っ直ぐ」というのが、わからなかったんですが…

      つまり、腰を後ろに引かないで、少し前に出すように意識すると、姿勢が良くなるという感覚であれば、私の「背筋を伸ばして胸を張る」感覚と一緒だと思うんですが…ちょっと違うのかな?

      またのコメントお待ちしてます!(^o^)

  2. KK より:

    昔からやっていたように思われたかも知れませんが意識し出したのは極最近です。なのでヤッパリそうなんだ〜!とライトさんの記事が凄く腑に落ちた気がして思わずコメントしました^_^

    恐らく感覚的には同じ事だと思います。私の場合は胸を張ることを意識しすぎると腰が反りすぎてしまうので頭を上から引っ張られている感覚を意識する(腰から上を真っ直ぐにする)ようにしていました。

    • 鈴木ライト より:

      なるほどー。
      姿勢を良くする(上体をも真っ直ぐに保つ)やり方も、人によっていろんな感覚があるわけですね。
      「頭を上から引っ張られている感覚」というのは、それだけで体が軽くなりそうな気がしてきます。今度試してみますね!(^o^)

      P.S.
      KKさんも最近気付かれたんですね。
      ということは、大発見の可能性があるのか…
      はたまた、気づいている人は多いけど、公表していないだけなのか…

      いずれ、「両手腰当て歩き」が登山の新常識となる日も近いかも…?

◆◆◆イチオシ記事◆◆◆
管理人のイチオシ記事です。まだ読んでいない人は、ぜひご覧ください!

脱ストックのすすめPart2~登山中に膝が痛くなった時の対処方法
脱ストックのすすめ!のPart2です。Part1では、足腰と膝を鍛えるために、ストック(トレッキングポール)の使用を止めることをおすすめしましたが…Part2では、登山中に膝が痛くなった時の対処方法を、詳しく説明していきます。
登山靴の慣らし履き…効率的な方法は?
新しい登山靴を買ったら、すぐにでも山に登ってみたくなりますね。早く山で履いてみたい!新しい登山靴で、軽快に、颯爽と、歩きたい!ということで、今回は、効率的な慣らし履きの方法を紹介します。
発見?キツイ登りが楽になる~両手腰当て歩きの秘訣!
登山で登りがキツイなー!と思った時にやってみると、とっても楽になるという、歩き方の秘訣を紹介します。乞うご期待!
’18夏山テント泊登山計画6~脚力強化Part2☆腰を痛めない!上体垂直式スクワット
脚力強化のためには、実際に山に登ることが一番ですが、なかなか、山へ行けない場合もありますね。そんな時に、自宅でできる安全で効果的なトレーニング方法~上体垂直式スクワット?を紹介します。

以上、イチオシ記事でした。