登山靴購入記~スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX【その1】

(0)

<スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX>
スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX

前回の記事で紹介した登山靴、スポルディバ・トランゴ アルプ エボ GTX を購入した経緯をまとめておきます。

これから、登山靴の購入を考えている人の参考になれば良いのですが…(^_^;

広告
広告

プロローグ

テント泊縦走用に、6-7年ほど前に購入した登山靴、AKU・エッジGTXをずっと愛用してきました。

ソールも一度張り替えて、まだまだ履き続ける気満々だったんですが…

<AKU・エッジGTX>

最近、アッパー(靴の表面)のつま先部分を補強する革が摩耗してボロボロに、つま先を覆っているゴムも剥がれそうになってきました。

登山靴自体はまだまだ丈夫なんですが、つま先部分の防水性が心配になってきたこともこともあり、そろそろ、新しい登山靴が欲しいなーと思っていたところ…

きっかけは…ローバー・ティカムⅡ GT

2018年6月某日、山岳雑誌「山と溪谷」5月号の特集「上高地と穂高岳」をパラパラと見ていると、ある登山靴の広告に目がとまりました。

<LOWA Ticam GT>

ローバー(LOWA)・ティカムⅡ GT です。

アッパーが黒い革製で、一部、黄色がアクセントになっています。

黒い登山靴がカッコイイ!

最近は、オレンジ色、黄色、赤色等の派手な色の登山靴が多い中、黒い登山靴はなかなか見かけなくなってきたので、この黒い登山靴が気になってきたわけです。

登山道具は見た目からはいるタイプです…(^_^;

ネットで調べてみると、ローバーの縦走向け登山靴ようです。堅牢性があり、ソールは岩稜対応で硬く、歩きやすいようにつま先部分が丸くなっている(つま先までソールが覆っている)タイプです。テント泊縦走にもぴったりそうです。

バックカントリー穂高太田さんが解説されている、↓こちらの動画が参考になります。

 

この登山靴が欲しいー!

他にも、ローバーフレックスや、Xレーシング等、今までになかった機能も魅力に思えました。

ローバー(LOWA)の登山靴は、一度も履いたことがなかったので、すぐにでも履いてみたくなって、早速、登山ショップへ出かけました。

もちろん、足に合えば、購入する気満々だったんですが…

登山ショップへ

出かけた場所は東京・神田(かんだ)神保町(じんぼうちょう)。

自宅からは片道約1時間10分ほどかかりますが、神保町付近には、品揃えが豊富な登山ショップが集中しているので、登山用品を購入するには便利な町です。

●神田神保町にある登山ショップ
・ICI石井スポーツ(登山本店、神田本館)
・さかいやスポーツ(エコープラザ、シューズ館、キャンプ&クライミング館、等)
・L-Breath
・ニッピン(神田店)
・ビクトリア(本店)
・ici Club神田
・KANDAHAR(本店、山の店、アウトレット店?)
・等

お目当ての商品がなかったり、ちょうどいいサイズがなかったり、欲しい色がなかったりしても、他の店を探せば、見つかる可能性が高いですね。

特に登山靴の場合は、ちょうどいいサイズが売り切れ!なんてことは良くあることです。

地元の横浜にも、好日山荘(横浜店)、カモシカスポーツ(横浜店)、ICI石井スポーツ(横浜店/関内)、モンベル(みなとみらい店)など、有名な登山ショップがありますが、店と店の距離が離れているので、探しに行くのに時間がかかってしまいます。

厚手のソックスを履いて行く!

登山靴を購入する時は、いつも、登山用の履く厚手のソックスを履いて行きます。

登山用のソックスを履いた足のサイズに、1cm-1.5cm プラスしたサイズが、ちょうどいい登山靴のサイズ(目安)だからです。

たいていの登山ショップには、試し履き用の登山用のソックス(厚手~薄手まで数種類が用意されている)が置いてありますが…不特定多数の人が履いたソックスなので…(^_^;

やはり、自分がいつも履いているソックスで、登山靴を合わせたほうがベストでしょう!

店内で、いちいちソックスを履き替える手間も省けます。

厚手のソックスを履けるように、少し大きめの靴を履いて行きます。
厚手のソックスで履ける靴がない、という場合でも、自分のソックスを持参して店内で履き替えたほうがいいでしょう!

試し履き~ローバー・ティカムⅡ GT

まず訪れたのが、ICI石井スポーツ(登山本店)。神保町では一番よく利用している店です。

現在まで愛用している、AKU・エッジGTX もこの店で購入しました。

到着したのは11:00過ぎ。入口の階段を登り、奥の方の登山靴売り場に行って、お目当ての登山靴があるかどうか探してみると…すぐに見つかりました。

手に持って観察してみると…なかなか良さそうです。

ローバー(LOWA)は、足幅が広い?というイメージがあったんですが…足幅もそれほど広くはなく、標準的な私の足にも合いそうです。

まだ時間も早く客もまばらだったので、早速、試し履きしてみることに。

店が混んでくると、店員さんが捕まえられなくなって、試し履きもできなくなるので、空いているうちがチャンスです。

ちょうど店員さんが、と声をかけてくれました。

店員
気になる靴があったら、サイズ出しますよ!
あっ、これ履いてみたいんですけどー!
店員
それじゃ、足のサイズをはかってみましょう!
そちらに腰掛けてください!

店員:足サイズ測定機を準備中…
私:店内の長椅子に座り、荷物を置いて、靴を脱いで準備OK!

店員
ソックスは、厚手のものを履かれますか?
店に用意しているものがありますが…
安心してください、はいてますよ!↓^_^↓

ということで、自分のソックスを履いていたので、履き替える手間もなく、スムーズに足のサイズを測ってもらえました。

ソックスを履いた足のサイズは、両足とも25.1cm前後だったので、ちょうどいい登山靴のサイズは、26.1-26.6cmということになります。

ローバー(LOWA)の登山靴サイズでは、UK7(26.2cm)~ UK7.5(26.6cm)が該当しますね。

ローバー(LOWA)の登山靴サイズはこちら
LOWA登山靴換算表(バックカントリー穂高)

最初は、UK7(26.2cm)を出してもらいいましたが、履いてみると少しキツイ感じ(つま先がぴったりサイズで余裕が無い)だったので、次に、UK7.5(26.6cm)を履かせてもらい、こちらはちょういいサイズでした。

やはり、私の足に合う登山靴のサイズは、26.5cm前後がいいようです。

試し履きのポイント

試し履きをす際は、登山ショップの店員さんが、履き方や、確認するポイントを教えてくれるので、店員さんの指示に従っていればいいのですが…

自分で確認する際のポイントを簡単に記載しておきます。

【1】登山靴の靴紐を完全に緩めてから足を入れる。
【2】つま先が登山靴の先端につくまで深く入れて、踵側に約1cmの空間ができる事を確認する。
約1cmというのは、指一本入るぐらいの空間が目安となりますが、指の太さは人によって違うので、約1cmと覚えておいたほうがいいでしょう。
※山の下り斜面では、登山靴の中で足が前方にずれるので、この約1cmの空間がないと、つま先があたって痛いという状態になってしまいます。
【3】次に、足の踵を登山靴の踵側につけて、靴紐をきつめに結びます。
この時に足の先に約1cmの空間ができているはず。
【4】店内を歩いて、歩いた時のフィット感、踵のホールド感を確認します。
靴紐の結び具合でフィット感は変わってくるので、ゆるいと感じたら靴紐を結び直し、キツイと感じたら靴紐を緩めたりして調整します。それでもフィット感が悪い場合は、足に合っていないということなので、別の登山靴を試してみましょう。
【5】試し履き用の人工斜面を利用して、登り降りで問題がないかを確認します。
登山ショップの店内には、試し履き用の人工斜面があるので、斜面を登ったり…降りたり、つま先だけで登ったり、踵だけで降りたりして、以下のことを確認します。
つま先があたらない
踵が抜けない
あたって痛いところがない

試し履きのポイントは以上ですが、登山靴によって、フィット感や、ソールの硬さ、クッション性はちがうので、あとは自分の好みや価格で選ぶことになります。

できるだけ、たくさんの登山靴を履き比べると、違いがわかってくるかと思いますが…
なかなか、そうもいかないですね…

試し履きの結果…気になる点

ということで、ローバー・ティカムⅡ GTを試し履きさせていただきましたが、購入にはいたりませんでした。

履き心地は悪くはなかったんですが…3点ほど気になるところがあったんです。

ローバー・ティカムⅡ GTの気になる点
①靴紐が結びにくい。
②フックの取り付け部分が弱そう。
③ソールのつま先の丸くなっている部分が、岩を登るときに滑りやすい?

①と②は、ローバーフレックスという構造によるものです。

①は慣れの問題かもしれませんし…②はこの登山靴の売りといえる構造なので、強度は問題ないのでしょう。

③は店内の試し履き用の人工斜面の岩がプラスティック製なので、滑りやすかっただけかもしれません。

見た目が気に入ってたので、このまま、購入してしまおうかとも思いましたが…

登山靴は高価な買い物だし、すぐに必要というわけではなかったので、一旦、見送ることにしました。

だが、しかし…

頭がもう完全に、登山靴購入モードになってしまっていたため、このままじゃ帰れません!

ということで…他の登山靴を物色することに…

 

★★★関連記事★★★
テント泊縦走に最適な登山靴~スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX
➡登山靴購入記~スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX【その1】
登山靴購入記~スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX【その2】

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました。m(_ _)m

にほんブログ村(登山)ランキングに参加中!
↓応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
※クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

人気ブログランキング(登山)に参加中です。
↓応援クリックお願いします!


※クリックするとランキングサイトへ移動します!

登山靴
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆