登山靴の慣らし履き…効率的な方法は?

(0)

<空に浮かぶを登山靴!~スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX>空に浮かぶを登山靴!~スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX

広告
広告

登山靴の慣らし履き…効率的な方法は?

新しい登山靴を買ったら、本格的に山に登る前に、慣らし履きをしておくことが重要ですね。

買ったばかりの登山靴は、固くて、足に馴染んでいないので、そのまま山に登って長時間歩き続けると、靴ずれを起こしたり、登山靴の一部が足にあたって痛い!というトラブルがよく発生するからです。

慣らし履きをしておけば、登山靴が足に馴染んでくるので、履き心地が良くなります。また、事前に足が痛くなる場所がないかどうかも確認できますね。

ただ…
新しい登山靴を買ったら、すぐにでも山に登ってみたくなりますね!(^o^)

早く山で履いてみたい!

新しい登山靴で、軽快に、颯爽と、歩きたい!

ということで、今回は、効率的な慣らし履きの方法を紹介します。

登山靴を買ったら、翌日にでも山へ登れるという…てっとり早い方法です。

以下の2段階で実施します。

第1段階~購入した登山靴を履いて帰る(街中歩き)

まず、登山靴を買いに行く時は、登山用の厚手のソックスを履いて行きます。

登山靴を扱うショップには、たいてい、試し履き用のソックスが用意してありますが、
自分がいつも履いているソックスで、登山靴を合わせたほうがベストでしょう!

登山靴を購入したら、そのまま、試し履きした登山靴を履いて帰ります。

そして、街中や公園などを、2-3時間歩き回ります。

これが、第一段階です。

自分のソックスを履いて行ったからこそできる小技ですね。(^_^;

●第1段階のポイント
【1】購入した登山靴を履いて帰る
【2】登山靴の靴紐はキツ目に締める
【3】街中や公園などを2-3時間歩く

では、第1段階のポイントを詳しく説明します。

【1】購入した登山靴を履いて帰る

登山靴を購入する際に、店員さんに「このまま、履いて帰りたいんです…」と伝えれば、対応してもらえます。履いてきた自分の靴はビニール袋等に入れて持ち帰ります。

登山靴を購入した日に、慣らし履きもできるので一石二鳥です!

もしも、途中で足が痛くなったり、なにか問題があれば、履いてきた自分の靴に履き替えればいいというメリットもあります。

【2】登山靴の靴紐はキツ目に締める

登山靴の靴紐はキツ目に締めるのがポイントです。
キツ目に結んだほうが、登山靴が足に馴染みやすいし、痛くなる場所があれば、わかりやすいからです。

【3】街中や公園などを2-3時間歩く

街中といっても、平地だけではなく、階段や、上り道、下り道があるコースを選んで、靴紐の結び具合とフィット感、痛いところは無いか?等を確認しながら歩きます。

丘の上の公園などが近くにあれば、アップダウンがあってちょうどいいですね。

第1段階~第2段階へ

第1段階で問題がなければ、すぐに、第2段階へ移ります。

街中の慣らし履きを数日かけて行う人もいるようですが、街中でいくら時間をかけて慣らし履きをしても、結局は山に登ってみないとわからないので…第1段階は、1日で充分です。

ただし、第1段階でなにか問題があれば、なにかしらの対処をして、問題がなくなるまでは、第2段階へは進みません。

第2段階~慣らし履き登山

第2段階では、新しい登山靴を履いて、実際に山に登ります。

登山靴を購入した日に、慣らし履きの第1段階を済ませておけば、翌日にでも山に登れることになりますね。

ただし、あくまでも、慣らし履きとして山へ登るので、普段より時間をかけて、ゆっくり歩くことが重要です。

●第2段階~慣らし履き登山のポイント
【1】歩き慣れたコースを一人で歩く
【2】登山靴の靴紐はフィット感を確認しながら調節
【3】登山靴を足に馴染ませるようにゆっくり歩く

第2段階のポイントを詳しく説明していきます。

【1】歩き慣れたコースを一人で歩く

慣らし履きに行く山は、なるべく、歩き慣れたコースのほうがいいでしょう。問題が発生した時に、知っているコースのほうが対処しやすいからです。

それと…自分のペースで歩くことが必要なので、グループ登山は避けたほうがいいですね。

慣らし履き登山に付き合ってくれる人がいれば別ですが…

(同じ時期に登山靴を購入した仲間や家族がいれば、一緒に、慣らし履き登山へ行くのも楽しいかもしれませんね…)

【2】登山靴の靴紐はフィット感を確認しながら調節

登山靴の靴紐は、やはり、キツ目に締めておきます。

新しい登山靴は、締め具合がわからず、緩めになりがちなので、ちょっとキツイかな?と思うぐらいがちょうどいいですね。

山道では靴紐の締め具合で、かなり、フィット感が変わってくるので、山道を歩きながら、ちょうどいい具合に調節していきます。

(踵がゆるい場合は、靴紐を締め直したり…足首が痛い場合は靴紐を緩めたり…)

【3】登山靴を足に馴染ませるようにゆっくり歩く

慣らし履き登山は、登山靴を足に馴染ませるように、ゆっくり歩くのがポイントです。

足の動きに馴染んでいない登山靴で、激しい動きをすると、足が痛くなる可能性が大きいですね。

山道に特有の地形がある場所、急斜面や、段差が大きい場所、岩場等では、特に注意しながら歩きます。

私の場合は、登りでは、踵のホールド感、下りでは、つま先が当たらないかを入念にチェックしながら歩きます。

第2段階~本格的な登山へ

第2段階で、山の登り下りで、何も問題なければ、本格的な登山へ履いていっても大丈夫でしょう。

足の痛み(靴擦れ、足首の痛み、等)がある場合は、まだ、登山靴が足に馴染んでいないのか…あるいは、登山靴が足に合っていない可能性もあります。

登山靴が足に馴染んでいないだけなら、2-3回、慣らし履き登山を実行すれば、足の痛みもなくなってくるはずですが…

慣らし履き登山を繰り返しても、改善しない場合は、登山靴が足に合っていない可能性が高いですね。

登山靴が足に合っていない?場合

登山靴が大きい

登山靴の中で足がズレたり、フィット感がゆるい場合は、登山靴のサイズが大きいのが原因ですね。

以下の方法で簡単に調整できるので試してみます。

●登山靴が大きい場合の調整方法
①靴紐をもっとキツ目に締める
②もっと厚手のソックスを履く(または、2枚履重ねて履く)
③市販のインソール(厚めのもの)に交換する

<広告>

登山靴が小さい

下りの斜面で足の先(親指や小指)があたって痛い場合は、登山靴が小さいことが主な原因です。

登山靴が小さい場合でも、下記の方法で多少は調整可能です。

●登山靴が小さい場合の調整方法
①薄手のソックスを履く
②市販のシューズストレッチャーで広げる(革製登山靴の場合は多少効果あり)
③インソールをはずして履く(最終手段)
③は最終手段です。インソールをはずして履くと、登山靴が1サイズぐらい大きくなったような感じになりますが、登山靴によっては、クッション性がなくなって、足の裏が痛くなる可能性大です。でも、つま先が痛くなるよりはマシなので、登山中につま先が痛くなった時は、試してみる価値ありです。(^_^;

②シューズストレッチャーというのは、↓こんなのです。

Fluckey・シューズストレッチャー

AMAZONで見る

その他…足の痛み

靴擦れや、足の痛みが改善しない場合は、ソックスの厚さや、インソールの交換で、多少、調整することはできますが、私の経験上、あまり効果は期待できません。

その場合は残念ですが、インソールを交換したりするよりも、別の登山靴を購入したほうが、快適な登山につながる早道です。

市販のインソールは、足の疲労を軽減したり、クッション性を高めることが目的なので、靴擦れや、足の痛みを和らげる効果はありませんね。(^_^;

といっても、登山靴は高価なので、すぐに新しい登山靴を買うのも難しいのが現実です。

インソールの交換で改善されるなら…登山靴を買い換えるよりはいいかーと思いがちですが…(私もそうでした…)結果的には散財に終わってしまいました…(^_^;

 

★★★関連記事★★★
登山靴購入記~スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX【その1】
登山靴購入記~スポルティバ・トランゴ アルプ エボ GTX【その2】

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました。m(_ _)m

にほんブログ村(登山)ランキングに参加中!
↓応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
※クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

人気ブログランキング(登山)に参加中です。
↓応援クリックお願いします!


※クリックするとランキングサイトへ移動します!

登山靴
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆