猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊③~雨上がりのテント場にて…

(0)

奥多摩小屋のテント場にて

雲取山テント泊レポの続きです。

1日目、猛暑の中、雷雨にも見舞われましたが、なんとか、目的のテント場に到着。

その後のテント場でのレポです。

テント泊の受付、テント場の様子、テント設営、乾杯からのまったりタイム…

 

広告
広告

奥多摩小屋のテント場にて…

奥多摩小屋(2017年1月撮影)
奥多摩小屋

やっと、目的地の奥多摩小屋のテント場へ到着しました。

天気も、だいぶ回復してきたので、早くテントを張って、まったりと過ごしましょう。

テント泊受付

まずは、テント泊の受付です。

奥多摩小屋は現在、管理人が非常駐になっているとのことですが…

今日は、小屋番さんがいました!

缶ビールも買えますね!

小屋の中は相変わらず、薄暗くて、人の顔もよく見えない状態です。

こんにちはー!

受付には、先客がいたので(小屋泊まりのようでした!)、終わるまで待っていると…

ザーーーッ!

またまた、雨が降ってきましたー。(;_;)

えーっ、せっかく、テントでまったり過ごせると思ったのに…残念!

がっかりですね…

先客の受付終了後、テント泊の受付をします。

テント泊したいんですけどー!

小屋の中は暗いので、小屋番さんが照らす懐中電灯の光をたよりに、テント泊の申込書を記入します。

(えー、まじですか?…まじです)

申込書を記入して、宿泊料(500円x3人=1500円)を払えば受け完了です。

そして…

受付を済ませて小屋の外へ出てみると…

なんと…

雨はすっかり止んでいましたー!

あー、良かった!\(^o^)/

とはいっても、こんな不安定な天気では、また、いつ降ってくるかわかりません。

さっさと、テントを張ってしまいましょう!

テント場

奥多摩小屋のテント場(ヘリポート側)
奥多摩小屋のテント場

テント場は広く、先程のヘリポートから、奥多摩小屋までの、約200mの登山道の両側が、ほぼテント設営可能です。(平坦な場所は少ないですが…)

ヘリポートから、奥多摩小屋方面に向かって、左側が開けた斜面、右側が林の中になります。

天気がいい日は、開けた斜面のほうが気持ちがいいですが、林の中にテントを張る人も多いですね。

奥多摩小屋のテント場(奥多摩小屋側)
奥多摩小屋のテント場

この日のテントの数は、20張りほどでしたが、最盛期には100張り以上のテントで賑わう場所です。

開けた場所なので、展望は良く、天気が良ければ富士山も見えますね。

奥多摩小屋の閉鎖とともに、このテント場も利用できなくなってしまうとは…ほんとに残念です。

水場とトイレ

水場は、テント場の開けた斜面を3分ほど下ったところ。

水量は豊富ですが、手前が急坂で滑りやすい場所なので、登山靴を履いていったほうがいいでしょう。

トイレは、小屋の前に個室が3つ。一つは女性用になっています。

昔ながらの山小屋のトイレ。虫がいるので虫が嫌いな人は落ち着いて用が足せないかも?

トイレットペーパーは置いてないので、持参する必要があります。

テント設営

奥多摩小屋のテント場

15:40頃。テント設営完了。

テントを張る場所と、配置(向き)で少し悩みましたが…

最終的には、開けた斜面側に、2つのテントをほぼ、直角になるように張りました。

テントの前のスペースには、レジャーシートを敷いて、宴会スペースにする作戦です。(^o^)!

左の青色のテントが、私のテント、ダンロップ・VS20

右のオレンジ色のテントが、Y氏の新品テント、ファイントラック・カミナドーム2(2人用)です。

カミナドーム2は、私も、以前から気になっていたテントです。

超軽量で、収納時のコンパクト性も抜群。少し価格は高くなりますが…日本の山岳地帯で、強風にも耐えられる、自立式テントとしては、現在、最も軽量&コンパクトなテントですね。

今回じっくり見させてもらいました。気になる点もいくつかありましたが…別の記事でアップしたいと思います。

VS20については、以前の記事をご覧ください。↓こちら。

 

乾杯!…まったりタイム

さてと…

テントを設営し終わったところで…

お待ちかねの…

乾杯!

缶ビールで乾杯!(お疲れさまー!)

ゴクッゴクッ!(しみるねー!)

 

奥多摩小屋のテント場でまったりと...

缶ビールで乾杯したあとは…

持ってきた酒と肴をつまみながら、まったりとした時間を過ごします。

このひとときが楽しいんですね。

ここは、標高約1750m。涼しいとまではいきませんが、平地より10℃ほど低いので、まぁまぁ、過ごしやすい気温です。

不安定だった天気も、落ち着いてきたようです。

猛暑と雷雨の中、ここまで登ってきた甲斐がありましたね。

時刻は16:00頃。暗くなるのは19:00過ぎなので、まだまだ、たっぷりと時間はあります。

ぼんやりと山の景色を眺めたり…

周辺を散歩したり…

近くのテントの様子を見に行ったり…(^_^;

他の人達がどんなテント生活送っているのか?…気になりますね。
結構、参考になることも多いです。

ここから雲取山の山頂までは、往復1時間30分。今から、雲取山へ向けて出発しても、明るいうちに戻ってこれる時間ですが…

既にアルコールもまわっているので、そんな気はさらさらおこりません。(^_^;

そもそも、今回の雲取山テント泊は、Y氏の新品テントのお試しが目的だったので、雲取山の登頂は明日にとっておきましょう。

虫対策は万全に!

ただし…

虫が多かったのは、想定外でした。(^_^;

特に、大きなアブが、ブンブン飛び回っているので、とにかく、鬱陶しい!

テント場の周辺は、マルバダケブキという大きな黄色い花が群生しているので、この花を目当てにアブが集まってきているのかも知れません。

虫除けのハッカ油スプレーは持って来ていたんですが…ハッカ油は、アブには効かないと思っていたので…使用しませんでした。

後日、ネットで調べてみると…
ハッカ油はアブには効かないという情報は見つかりませんでした。私の勘違いでしたか?…

結果的には、これが失敗でした。

大きなアブにばかり気をとられていましたが、小さい虫もたくさん居たんですね。

下山後に、腕がやたらと痒くなり…帰宅後によく調べてみると、両腕で10箇所以上、首3箇所、顔も2箇所ほど虫に刺されていました。

足は長ズボンを履いていたので、まぬがれたようです。

さいわい、2-3日で酷いかゆみはなくなりましたが…今回の2つ目の反省点です。

1つ目の反省点は、ザックカバーは、取り出しやすい場所入れておくこと。
(雨蓋のポケット等)

T氏も額を2箇所ほど刺されていたようで、痒みはないようでしたが、少し腫れていました。

脚も4箇所ほど刺されていたようです。タイツを履いていたにかかわらず…

タイツの上からでも、攻撃してくる虫がいるので安心できません。要注意!

夕食

夕食(レトルトカレーとナン)

夕食は、レトルトカレーナン野菜サラダ

カレーは、チキンカレー、キーマカレー、トマトカレーの3種類。レトルトカレーも3種類あると、ちょっこし、豪華な気分になりますね。

クッカーで温めて、別々の器にあけておきます。

実はこの時に、事件がおきました!
私が、チキンカレーのレトルトパックを開封しようとした時のことです。
勢い余って、Y氏の新品のテントに、カレーぶっかけてしまったのです!
すぐに、ウェットティシューで拭いたので、シミや匂いは残らなかったんですが…
レトルトカレーを食べる時は、ウェットティシューは必需品ですね!(^_^;

食べ方は、好き好きなんですが…

ナンにカレーにつけて食べるという、インド式?よりも、

スプーンでカレーを一口食べてから、(口の中のカレーがなくならないうちに、)ナンを食べるという、おかず→主食方式がおすすめです。

カレーをどこかに垂らしてしまう心配もないし、一緒に食べるカレーの量が多くなるので、より美味しくいただけますね。

奥多摩小屋のテント場(夕暮れ)

19:00頃。そろそろ、日が暮れてきました。

夕方になって空も晴れて、月も見えてきました。

もうちょっと暗くなってきたところで、星も1つ2つと確認できるようになってきました。

心配していた雨も、その後は降らず。

山の天気予報では、夕方から雷雨の予報だったんですが…

雷雨に遭遇したのはお昼ごろ、予報より早めに通りすぎて行ったようです。ラッキーでした!

翌日の天気予報は、曇だったんですが…明日の天気も期待できそうです。

就寝

20:00頃。
とりあえず、就寝。

夜になっても、あまり気温は下がらなかったので、テントのメッシュは全開にして眠りにつきます。
といっても、すぐに眠れるわけではないのですが…

今日一日のことを思い返します。

猛暑…雷雨…テント場到着…テント設営…乾杯…まったりと…鬱陶しいアブ!…(^_^;

23:00頃。
テントから顔を出すと…夜空に…星が…たくさん見えました!

このテント場は今回で4回目になりますが、毎回天気が悪く、こんなに星が見えたのははじめてです。
東京でも、こんなに星が見える場所があるんですね。

25:00頃。
気温はだいぶ下がってきましたが、シュラフ(寝袋)に入ると暑く、シュラフから出ると肌寒い…中途半端な気温です。

ちなみに、今回持ってきたシュラフ(寝袋)は、モンベル・UL・ダウンハガー#3です。
カタログ上では、夏の高山から冬の低山キャンプまでカバーするとのことですが、私は夏の暑い時期、専用として使っています。

結局、シュラフには入らず、シュラフのジッパーを全開にして、掛ふとんのようにして、眠りにつきました。

再現すると…こんな感じですね↓

暑い時のシュラフの使い方

青い部分(左半分)がシュラフの上側で、黒い部分(右半分)がシュラフの下側です。

では、おやすみなさい…

といっても、なかなか、眠れないのですが…(^_^;

明日は、5:00に起床、7:00までに、雲取山へ向けて出発する予定です。

[続く…]

 

★★★関連記事★★★
猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊①~平将門の迷走ルート?
猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊②~無謀な登山者への警告?迷いの分岐点
➡猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊③~テント場にて…
猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊④~雲取山を越えて三峯神社へ

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました!

にほんブログ村ランキングに参加中。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに参加中。
応援クリックお願いします!


登山ランキング
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

テント泊
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆