テント泊の小技12~テント撤収後のパッキングのコツ!丸めないパッキング方式

(0)

ザック:オスプレー・イーサー60、テント:ダンロップ・VS20
ザック:オスプレー・イーサー60、テント:ダンロップ・VS20

テント泊の小技とは…
テント泊を快適に楽しむために、簡単にできる、便利なアイデアを紹介しています。

今回は、テントの収納とパッキング方法について。

ザックの中にテントをパッキングする際に生じる、デッドスペース(余分な空間)を無くし、テント撤収後のパッキングも楽になるという、一石二鳥のパッキング方法を紹介します。

広告
広告

テントの収納とパッキングの問題点

まず、テントの収納とパッキングの問題点をあげておきましょう。

デッドスペース(余分な空間)

テントは、テント泊装備の中で、寝袋(シュラフ、スリーピングバッグ)と並んで、大きくて、ザックの中にパッキングしにくい装備です。

たいていのテントは、収納袋が円筒型で、テントを丸めて収納するようになっています。

この大きくて、円筒型という形のため、ザックの中にデッドスペース(余分な空間)ができやすく、コンパクトにパッキングしにくいんですね。

テント撤収後のパッキング

大きくて円筒型という形は、テント撤収後のパッキングの時にも問題となります。

テントを撤収する時は、テント以外の荷物を先にザックに詰めておき、テントは最後にパッキングすることになります。

私はテント泊用に2気室のザック(オスプレー・イーサー60)を使用しているので、ザックの底のほうにテントをパッキングしたいのですが…

これが、一苦労です。

2気室ザックの底へテントを押し込む

ううー、はいらない!

テント撤収後のパッキング時によく起こる状況です。

上の写真のように、ザックの底のほうに空間を作って(他の荷物をザックの上部へ押しやり)、テントを押し込んでいくんですが…力のいる作業で時間もかかります。

2気室の仕切りは、コンパクトに収納するために、取り外しています。

うまく入らない場合は、先にザックの中に入れた荷物を、一旦、外に出して、テントを押し込んでから、再び荷物を入れ直す、なんて、二度手間な作業になったりもします。

出発前に、こんなことをやっていたら、それだけ体力を消耗してしまいますね。(^_^;)

そこで、なんとか、もっと楽にパッキングできないか?…

で、たどり着いたのが、次に説明する、丸めないパッキング方法でした。

丸めないパッキング方式

丸めないパッキング方式とは…
文字通り、テントを丸めずに、ザックの中にパッキングする方法です。(^_^;)

丸めないことで、デッドスペース(余分な空間)を無くし、しかも、テント撤収時のパッキングも楽になるという、一石二鳥のパッキング方法です。

では、詳しく説明していきましょう。

以下の説明では、私の愛用テント、ダンロップ・VS20(1-2人用)を使った説明になります。

テント本体とフライシートは別々に収納

まずは、テント本体とフライシートは別々に収納すること。

大きな1つのかたまりよりも、2つに分けたほうが、ザックの狭いスペースでも、押し込みやすいので、パッキングしやすくなります。

フライシートは結露で濡れている場合が多いので、別々に収納して、テント本体を濡らさないようにする、という効果もあります。

丸めない!ザックの大きさに合わせて畳む

丸めない!テントのパッキング方法

テントは丸めずに、ザックの大きさに合わせて、四角く薄く畳みます。

フライシートも同様に、四角く薄く畳みます。

上の写真ぐらいの大きさに畳めば(もうちょっと大きくてもいいですね)、ザックの底面にフィットするので、デッドスペースはできにくくなります。

厚さも薄くなるので、ザックの隙間にも押し込みやすくなります。

大き目のスタフバッグに収納…レジ袋でもOK!

丸めない!テントのパッキング方法

ザックの大きさに合わせて畳んだあとは、そのままの形で、大きめ目スタッフバッグに収納します。

テント付属の収納袋でも、そのままの形で収納できればOKです。

手頃なサイズのスタッフバッグがない場合は、レジ袋(ポリ袋)に入れてもいいでしょう。

ただし、レジ袋は耐久性がないので、長期のテント泊にはやはり、スタッフバッグを用意したほうがいいでですね。

スタッフバックに収納後のテント本体とフライシートを横からみると、↓こんな感じになります。

丸めない!テントのパッキング方法

空気が入って少し膨らんでいますが、空気を抜けばもっと薄く(半分ぐらいの厚さ)なるので、ザックの隙間に押し込むのも楽になります。

ちなみに私が利用しているスタッフバッグは、グラナイトギアのエアバッグ

円筒型ではなくて、スタッフバッグの底が角丸長方形になっているので、テントやフライシートの収納に最適です。

色は4色(ブルー、イエロー、グリーン、オレンジ)あるのでテントの色に合わせて選べます。

グラナイトギア・エアバッグッグ#4(7リットル)

AMAZONで見る(色:ブルー)
楽天で見る(色:ブルー)
グラナイトギア・エアバッグッグ#3(5リットル)

AMAZONで見る(色:アソート/選択不可)
楽天で見る(色:選択可)

テント本体用が#4(7リットル)で、フライシートが#3(5リットル)を利用しています。
1-2人用テントならこの大きさがちょうどいいです。

ひとつ小さいサイズでも収納可能ですが、
(テント本体用が#3(5L)で、フライシートが#2(3L))
少し大きめで余裕があったほうが、薄く収納できるので、丸めないパッキング方式に向いています。

その他には、衣類圧縮袋(手で空気を抜いて圧縮できるタイプ)も使えそうですね!
↓こんなの

(私は使ったことはありませんが…)

さらに…2気室ザックの底へパッキングするコツ

丸めないパッキング方式で、テント撤収後のパッキングは、格段と楽になりますが…

さらに、2気室のザックの底へパッキングしやすくするコツも紹介しておきます。

以前のブログでも、チラッと紹介した方法なんですが…

こちらの写真をご覧いただければ、一目瞭然でしょう!

じゃーん!

ザック逆さまパッキング

名付けて、ザック逆さまパッキング!

レジャーシートを敷いた上に、ザックを逆さまに立てて、パッキングするんです!

そうすれば、重力で他の荷物がザックの上部へ下がり、ザックの底部に空間が作りやすくなります。

これで、さらに、テントのパッキングが楽になりますね!\(^o^)/

レジャーシートが必要になりますが、百円ショップで売っている薄いもので構わないので、テント泊装備に加えておくことをおすすめします。

私的には、レジャーシートは、テントの設営・撤収には必須の装備なので、いつでも取り出しやすいように、ザックの前面のポケットにいれています。

テント設営・撤収時のレジャーシートの使い方は、こちらの記事をご参考に!
テント泊の小技7~雨の日のテント撤収!レジャーシートが必需品

その他のテント泊装備のパッキングにも…

丸めないパッキング方式は、他のテント泊装備にも使える方法です。

たとえば、シュラフカバースリーピングマット

ザックとスリーピングマットとシュラフカバー

これらも、丸めた状態だとパッキングしにくい装備です。

以外とかさばるんですよねー!

でも、丸めないパッキング方式を使えば、ザックの隙間に押し込むことができて、デッドスペースができないのでコンパクトに収納可能ですね。

以上、丸めない!パッキング方式でした。

 

★★★関連記事★★★
テント泊の小技(一覧)

◆◆◆コメント◆◆◆