奥秩父・国師ヶ岳と北奥千丈岳~大弛小屋で楽々テント泊①

(0)

大弛峠の鳥瞰図
大弛峠の鳥瞰図

2018年10月13日(土)~14日(日)。

奥秩父の大弛峠(おおだるみとうげ)にある、大弛小屋(おおだるみごや)で、友人2名(T氏とY氏)とテント泊してきました。

目指す山は国師ヶ岳(こくしがたけ、2592m)と、奥秩父の最高峰である北奥千丈岳(きたおくせんじょうだけ、2601m)。

といっても、大弛峠までは車で行けて、テント場がある大弛小屋までは、徒歩約1分という近さ。

さらに、大弛小屋から、国師ヶ岳と北奥千丈岳は、登り約1時間という、楽々テント泊&登山コースです。

Y氏に続き、T氏もテントを購入したので、テントの試し張りに行こうということで、楽に行けて、展望も良さそうなこのコースに決定!

8月中頃にギックリ腰で腰を痛めてしまってから約2ヶ月、久しぶりの登山になります。

実はY氏も、8月の初めに北岳を目指す途中で、膝を痛めてしまったので、それ以来の登山になりました。

あいにく天気が悪く、景色はほとんど見えませんでしたが、リハビリにはちょうど良かったですね。(^_^;

広告
広告

国師ヶ岳・北奥千丈岳について

国師ヶ岳

国師ヶ岳(こくしがたけ)は標高2592m。奥秩父山域の主脈にある山の一つ。

日本百名である甲武信ヶ岳(こぶしがたけ、2475m)と金峰山(きんぷさん、きんぽうさん、2595m)の間に位置しています。

知名度は低いですが、標高は甲武信ヶ岳よりも高く、金峰山よりわずか3m低いだけ。

景色も良くて、奥秩父最大の山体を誇るとされ、山梨百名山と、日本山岳会による三百名山に選定されています。

山名の由来は、鎌倉時代から室町時代にかけての高僧・夢窓国師(むそうこくし)の修行伝説からその名が付けられたと言われています。

北奥千丈岳

北奥千丈岳(きたおくせんじょうだけ)は、標高2601m。奥秩父山塊の最高峰。山頂からは360度の展望があり、景色も抜群です。

しかし、知名度は国師ヶ岳よりもさらに低く、不遇の山と云っていいのではないでしょうか。山梨百名山には入っていますが、三百名山には選ばれていません。

国師ヶ岳の山頂から10分程度の距離なので、国師ヶ岳の一角とみられている向きもあるようです。

山名は、南方に位置する奥千丈岳(2409m)の北に位置する山ということなんですが…

では、千丈岳という山が近くに存在するか?というと…「山と高原地図」では見当たりません。

今ひとつ腑に落ちない山名ですね…

日程・登山コース・交通情報

【日程】2018年10月13日(土)~10月14日(日)
【メンバー】私、T氏、Y氏(3名)
【宿泊場所】大弛小屋(テント1泊)

登山コース

国師ヶ岳、北奥千丈岳の登山コース

標高2360mの大弛峠(おおだるみとうげ)から、国師ヶ岳北奥千丈岳を往復する最短コースです。

往路は、大弛峠から夢の庭園を経て国師ヶ岳(2592m)の山頂へ。

復路は、国師ヶ岳山頂から北奥千丈岳(2601m)の山頂へ寄ってから大弛峠へ戻りました。

標準コースタイム

往路:大弛峠 – [1:00] – 国師ヶ岳 (約1時間)
復路:国師ヶ岳 – [0:15] – 北奥千丈岳 – [0: 40] -大弛峠 (約55分)

登山口までの交通

今回はT氏の車で大弛峠まで行きましたが、シーズン中(土日祝日)はJR塩山駅から乗り合いバスが運行しています。ただし予約が必要です。

マイカー利用の場合

・中央道勝沼ICから120分。
・駐車場は、大弛峠付近に無料駐車場あり(15台)。
・駐車場が満車の場合は、林道の路肩に駐車可能。

電車&バス利用の場合

・JR塩山駅から乗合バス+乗合タクシーで90分(要予約)。

6/1から11月の勤労感謝の日(その振替休日を含む)までの土、日、祝日のみ運行します。乗車には事前に予約が必要です。

乗合バスの出発時刻(平成30年改正)
●塩山駅→柳平→大弛峠行き
7:30、8:30、9:30
●大弛峠→柳平→塩山駅行き
14:50、16:00
※柳平で乗合バス↔乗合タクシーに乗り換える

大弛峠と駐車場

大弛峠の駐車場
大弛峠の駐車場
10月13日(土)の早朝、T氏の自宅で待ち合わせ、Y氏の車で大弛峠へ向かいます。

大弛峠に到着したのは10:30頃。

峠の駐車場(約15台)は既に満杯で、峠の手前の路肩と、峠の向こう側の路肩の駐車スペースもいっぱいでした。

大弛峠について
・標高は2360m。自動車車両が通行できる日本最高所の車道峠。
・公衆トイレあり
・水場なし(大弛小屋の水場で補給可能ですが、水量は少ない)

今回、テント泊する大弛峠小屋は、峠のすぐ近くなので、急ぐ必要もないし、しばらく待っていれば空くだろうと思ってたんですが…

峠の向こう側の林道をしばらく進んでみると…

大弛峠の林道(長野県川)

駐車できそうなスペースがありました!

峠からは少し離れてしまいますが(徒歩4-5分)、とりあえず、ここに止めておいて、駐車場が空いたら車を移動することにしました。

峠の手前(山梨県側)は舗装道路ですが、峠の向こう側(長野県側)は未舗装のでこぼこな砂利道です。

大弛峠

テント泊用のザックを背負って、大弛峠まで戻ってきました。

テント場がある、大弛小屋は駐車場の北側、徒歩1分のところにあります。

大弛小屋

大弛小屋

大弛小屋(おおだるみごや)へ到着。収容人数30名のこじんまりした山小屋です。

小屋の前には、ベンチとテーブルが置かれ、屋根がついた休憩スペースが設けてありました。

早速、テント泊の受付を済ませます。

大弛小屋の幕営情報
【幕営数】25張
【料 金】1人1泊800円
【水 場】あり(湧き水)
【トイレ】大弛峠の駐車場の公衆トイレ
【その他】
・朝9:00までにテント撤収!
大弛小屋のホームページは↓こちら
大弛小屋

大弛小屋のテント場

テント場は、小屋と駐車場の間の樹林に囲まれたスペースに、大小7-8箇所のテントサイトが設置されています。各テントサイトには、番号が振られMAX25張りとのこと。

駐車場からは徒歩1分以内の距離にあるので、日中の騒がしさはありますが、小屋に近い場所のほうが比較的に静かです。

なお、テント泊の受付時に、テントを張る場所について、ちょっとした注意を受けましたので、記載しておきます。

男性
管理人

大きなテントを張れる広い場所は少ないので、小さいテントは1張り用の狭い場所に張ってください。

男性
管理人

広い場所に小さいテントを張った場合、後から大きなテントが来たら、他の場所に移動してもらいます。

とのことでした。

我々3人は、1人1張りづつ、3つ並べて張ろうと思ってたんですが…

広い場所に3つ張った場合、後から大きなテントが来たら移動しなければならず…

かといって、1張り用の場所に張ると、離れ離れになってしまうし…

どうしても、3つ並べて張りたいなら、駐車場に面したサイトならOKとの事でした。

大弛小屋のテント場

ここは小屋に一番近いサイト。駐車場からは一番遠く、一番静かなサイトです。1-2人用テントなら3つ張れますね。

ここが空いていればベストだったんですが…残念!先客がいました。

大弛小屋のテント場

こちらが1張り用の狭いサイト。手前の空き地は登山道です。

1張り用のサイトはここの他に3-4箇所ありました。

大弛小屋のテント場

ここが一番広いサイト。8人以上の大きなテントを張れる場所はここだけですね。

駐車場には近いですが、樹林に囲まれているので、駐車場からは見えにくい場所です。(登山道の脇なので、人通りはありますが…)

はじめはここにテントを張ろうと思っていましたが…

後から8人以上の大きなテントが来た場合、移動しなければならなくなるので、他の場所を探します。

大弛小屋のテント場

ここは、駐車場に隣接している、小屋から一番遠いサイトです。

騒がしいし、駐車場から丸見えなので、テント泊の雰囲気なんてあったもんじゃないですね。

ただし、整地状態は良くて、一番明るいサイトです。

ここなら、小さなテントを3つ並べて張ってもOKとのことだったので、ここに設営することに決めました。夕方近くになれば、静かになるでしょう。

大弛小屋の水場

水場は小屋の右側に隣接しています。

登山道のすぐ脇にあるんですが、気が付かない人も多いでしょう。

大弛小屋の水場
こちらが水場がある建物の入り口。「水」とかかれた表札がありますが、中は薄暗く、外からは水場は見えません。

薄暗い建物の中に入って行くと…

大弛小屋の水場

ここが水場です。国師ヶ岳の天然の湧き水をひいているそうですが、水量は少なくて、1Lの水を貯めるのに1分以上かかりました。

公衆トイレ

テント泊の場合は、大弛峠の駐車場の公衆トイレを使用とのこと。

大弛峠の公衆トイレ

こちらが駐車場の公衆トイレ。

外観は普通の公衆トイレですが、掃除がされていなくて汚かったです!

トイレットペーパーも補充切れでした!

こんなに汚いと、出るものも出なくなってしまいそうですね。(^_^;

手洗い場はありますが断水中?で水は出ません。2300mの高地なので、これはしょうがないか。

トイレの手前、道を挟んだ向かい側に、沢水が引いてある場所があるので手を洗うことはできます。
ただし、飲用不可です。

管理者側(山梨県?)もトイレが汚いことは認識しているようで、トイレの中には、こんな張り紙がありました。正確な文言は覚えていませんが、だいたいこんな内容でした。

はじめから汚いトイレはありません…トイレはきれいに使いましょう…

うーん?

はじめから汚いトイレはない」それは、ごもっともなんですが…

トイレは汚れるものです。ましてや、土日祝日ともなれば、大勢の人で賑わう場所です。

汚れるのは当たり前でしょう!

トイレが汚いのを利用者のせいにしないで、ちゃんと掃除してください!

ああ、すっきりしたー!(^o^)/

大弛峠で出せなかった分を、ようやく出しきった感じです!(笑)

テント設営

11:10頃。
ということで、駐車場に隣接するテントサイトに設営開始。

奥から、Y氏、T氏、私という並びでテントを張りました。それぞれのテントは下記の通り。

Y氏:ファイントラック・カミナドーム2
T氏:NatureHike・Cloud-Up2
私 :ダンロップ・VS20

大弛小屋のテント場~テント設営

一番手前の私のテント(ダンロップ・VS20)は吊り下げ式。シンプルなクロスポールなので、テント本体の4隅のスリーブに、テントポールを差し込むだけでテントの形になります。

大弛小屋のテント場~テント設営

あとは、テント本体側のフックを、テントポールに引っ掛けるだけで立ち上げ完了です。

大弛小屋のテント場~テント設営

フライシートをかぶせて、最後に張り綱をしっかり張って設営完了です。

上の写真では、張り綱は石で固定していますが、ペグも刺さります。

大弛小屋のテント場~テント設営

手前のT氏のテントも吊り下げ式。外で本格的に張るのは初めてのようでしたが、順調にテントポールの組み立てが完了。

ちょっと変わった形のテントポールですね…日本製のテントではない形です。

奥のY氏のテントは、スリーブ式。テントの立ち上げに少し手間取っているようです。(^_^;)

大弛小屋のテント場~テント設営

T氏のテントは、構造がやや複雑で、本体の設置に手間取っている様子。

その間に、Y氏はテント本体の立上げ完了。フライシートをかぶせるところ。

大弛小屋のテント場~テント設営

12:10頃。1時間ほどで全員テント設営完了。

T氏のテント(ネイチャーハイク・Cloud-Up2)は中国製で、価格は日本製のテントの半額ぐらい。一見、華奢そうに見えましたが、防水性、耐風性に優れ、ネットでもなかなか評判がいいテントです。

正面からみたところ↓

入口を開けたところ↓前室もあります。

テントポールだけ組み立てた時点では、グラグラして耐風性があるとは思えませんでしたが、張り綱を張ったあとは、なかなか丈夫そうで、強風のテント場でも充分耐えられそうです。

張り綱を張る位置が独特で、わかりにくかったので、張り綱の固定に少し手間取りましたが、慣れればもっと早く設営できるでしょう。

ネイチャーハイク・Cloud-Up2(2人用)
AMAZONで見る

Y氏のテント(ファイントラック・カミナドーム2)は、以前のブログで紹介しているので、↓こちらをご覧ぐださい。

駐車場に隣接するテントサイト
大弛小屋のテント場

駐車場側から、テントサイトを見たところ。

駐車場に隣接してはいますが、道路より少し高台になっているので、そう悪くはない場所です。

左から、私のテント(青)、T氏のテント(白)、Y氏のテント(オレンジ)が並んでいるのがわかりますね。

テントを張り終えた後は、1時間ほど休憩。

さてと…

そろそろ…国師ヶ岳へ向かうとしますか…

[続く…]

 

★★★関連記事★★★
奥秩父・国師ヶ岳と北奥千丈岳~大弛小屋で楽々テント泊②

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました!

にほんブログ村ランキングに参加中。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに参加中。
応援クリックお願いします!


登山ランキング
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

テント泊
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆