丹沢・表尾根~日帰りで楽しい稜線歩き#5(塔ノ岳~大倉)

(0)

大倉尾根
大倉尾根

丹沢・表尾根(おもておね)の山行レポの最終回(5/5)です。

下山路は塔ノ岳から大倉尾根を下ります。大倉尾根は通称バカ尾根と呼ばれているため、単調で面白みにかけるコースと思われがちですが、実は、明るくて、展望がいい、気持ちのいいコースです。

大倉尾根のレポは、以前アップしているんですが、登りしか書いてなかったので、下りの様子をササッと書いておきましょう。

広告
広告

塔ノ岳~大倉尾根~大倉

さーてと、そろそろ下山することにしますかー。

下山路は大倉尾根を下って大倉バス停へ。下り2時間20分のコースです。

大倉尾根は、通称バカ尾根と呼ばれているため、単調で面白みにかけるコースと思われがちですが、実は、明るくて、展望がいい、気持ちのいいコースです。

登りで利用する場合は、標高差1200mの直線的な登りのため、どうしてもキツイという印象だけが残ってしまうようですが、下りで利用する場合は、相模湾方面の爽快な風景を見下ろしながら下山することができるんです。

思わず足を止めて、写真を撮りたくなってしまう場所も数箇所あります。

ただし、階段が多くて、膝に負担がかかる場所が多いので、景色を楽しみながら、急がずに、ゆっくりと歩くといいでしょう。


14:05頃。塔ノ岳の南端から大倉尾根の木段を降りて行きます。

眼前に広がる、相模湾方面の眺めが素晴らしい!

今日は少しガスっていますが…運が良ければ、大島伊豆七島まで見渡すことができるんです!


しばらくは木段が続きます。下りはじめてすぐの場所なんですが…思わず、立ち止まって写真を撮りたくなる場所(#1)です。

何度も足を止めてしまって、なかなか進みません。(^_^;

狭い場所なので、前後の登山者の邪魔にならないように、注意が必要です!

金冷し

丹沢・大倉尾根・金冷し
10分ほどで、鍋割山(なべわりやま、1272m)への分岐点の金冷しを通過します。

金冷し(きんひやし)という地名は、ヒヤッとするような場所に付けられる名前ですが、ここには危険な場所はありません。昔は危険な場所だったのかもしれませんね…

鍋割山や途中の小丸尾根(こまるおね)を下る場合はまっすぐに、大倉へは左の道を下ります。

小丸尾根(こまるおね)
大倉尾根が登りの登山者で混雑している場合は、鍋割山方面へ25分ほど進んだ場所から、小丸尾根を利用して西山林道二俣へ降りて、大倉まで行くことができます。コースタイムは1時間ほど余計にかかってしまいますが、歩く人が少ない静かなコースです。

丹沢・大倉尾根・馬の背
金冷しから少し下ると、馬の背(うまのせ)と呼ばれるヤセた尾根が現れます。

現在は、登山道の両側に鉄の杭とロープが張られ、安全に通過できるようにはなっているんですが…自然の景観が失われてきているのは残念なところです。

丹沢・大倉尾根・馬の背
馬の背に入ると、すぐに崩落地を通過します。しっかり整備されているので、なにも問題ありません。しかし…ここは、ちょっと整備されすぎの感が強いですね。(^_^;

花立

丹沢・大倉尾根・花立
ヤセた尾根を少し登り返すと、開けた丘のような場所に出ます。花立(はなたて)と呼ばれる場所です。

眺めが良くて、のんびりしたくなるような場所なんですが、残念ながら、植生保護のためロープが張られ、登山道(木道)以外は立ち入り禁止となっています。

花立(はなたて)とは
本来は花立場といい、山岳宗教が盛んだった頃の名残で、山に入った人が花や木の枝を神に手向ける霊場であったことから付けられたようです。
出典:山と溪谷社/フルカラー特選ガイド・丹沢を歩くより

丹沢・大倉尾根・花立
実は、木道の手前から富士山方向へ踏み跡があり…この先に絶好の休憩ポイントがあるんですが…内緒にしておきます。(^_^;

丹沢・大倉尾根
花立からは、ザレたガレ場を通過します。ここも相模湾方面の眺めがいいところ。

思わず、立ち止まって写真を撮りたくなる場所(#2)です。

花立山荘

丹沢・大倉尾根・花立山荘
塔ノ岳山頂から30分ほでどで花立山荘(はなたてさんそう)に到着。

丹沢・大倉尾根・花立山荘
花立山荘は宿泊可能で、軽食メニューも豊富な山小屋です。夏場はかき氷が食べられるのが嬉しいですね。ただし、週末のみの営業、祝日は営業していない日もあります。(土曜日の早い時間だと、まだ空いていない日も多いです。)

花立山荘の詳細はこちら↓
花立山荘ホームページ

丹沢・大倉尾根・花立山荘
花立山荘の正面は開けた広場。眺めも良く絶好の休憩場所になってます。

丹沢・大倉尾根・一番キツイ場所
花立山荘を後に、急な階段の降りていきます。ここは、大倉尾根の登りでは一番キツイ場所です。

下りでも、膝が弱い人(膝が痛くなる人)にはつらい場所となりますが、ここも相模湾方面の眺めがいいところなので、景色を眺めながらゆっくり降りていきましょう。

丹沢・大倉尾根~相模湾
だんだん、相模湾と町並みが近づいてきました。視界も再び、大きく開けてきます。

思わず、立ち止まって写真を撮りたくなる場所(#3)です。

丹沢・大倉尾根
急階段を降りきると、ガレ場に突入し、相模湾の展望ともこの辺でお別れです。

浮石に乗らないように、足元をしっかり確認して降りていきます。

丹沢・大倉尾根
ガレ場が終わると、やや、幅の広い階段状の下りになります。

土留めの木材がむき出しになっているので、以外と歩きにくい場所です。

丹沢・大倉尾根
歩きにくい階段状の道を抜けると、歩きやすい木段に代わり…

丹沢・大倉尾根
平坦な木道へと代わり…

茅場平

丹沢・大倉尾根・茅場平
まもなく、ベンチが置かれた広場を通過します。ここは茅場平(かやばだいら)と呼ばれる場所で、花立山荘と次の山小屋の堀山の家の中間地点です。

天神尾根

丹沢・大倉尾根・天神尾根分岐
茅場平から少し下ったところで天神尾根が左に分岐します。

天神尾根(てんじんおね)
戸川林道の戸沢45分で降りられます。戸沢~大倉1時間20分。戸沢付近に駐車スペースがあるようなので、マイカー利用なら塔ノ岳への最短ルートになりますが、かなり急傾斜で道も荒れているようです。エスケープルートには向きません。現在、山と高原地図では破線ルート(難路)になっています。

丹沢・大倉尾根
天神尾根の分岐をすぎると、土留めされた階段状の登山道がしばらく続きます。

丹沢・大倉尾根
途中、木段もありますが…

丹沢・大倉尾根
土留めされた階段状の登山道は、まだまだ続きます。

それほど急傾斜ではありませんが…長くて…疲れます。

丹沢・大倉尾根
長い階段地帯を抜けると、再び、ガレ場に突入します。

丹沢・大倉尾根
ガレ場を降りた所。少し崩落した場所を通過して、少し下った場所が、堀山の家(ほりやまのいえ)が建つ、小草平(こぐさだいら)です。

小草平と堀山の家

丹沢・大倉尾根・小草平
15:05頃。花立山荘から約30分で、堀山の家(ほりやまのいえ)が建つ、小草平(こぐさだいら)へ到着。塔ノ岳からは約1時間。大倉尾根のほぼ中間地点になります。

小草平から西山林道の二俣へ下る登山道がありますが、現在、山と高原地図では破線コース(難所)で、初心者通行禁止となっています。

丹沢・大倉尾根・堀山の家
こちらが堀山の家(ほりやまのいえ)。週末営業の小さな山小屋。大人の隠れ家です 。(笑)

1時間で下界という、泊まる必然性のない立地なのに、「この小屋が頂上なんだ」とファンが集まる、アットホームで隠れ家的な山小屋だそうです。(堀山の家ブログより)

堀山の家のブログはこちら。
堀山の家ブログ

丹沢・大倉尾根
堀山の家から次の山小屋、駒止茶屋までは約10分。なだらかな登山道が続きます。

少しヤセた尾根道もあり、若干の登りもありますが、大倉尾根の中では一番歩きやすい区間です。

駒止茶屋

丹沢・大倉尾根
堀山の家から約10分。ベンチが置かれた広場の下が駒止茶屋です。

丹沢・大倉尾根・駒止茶屋
15:25頃。駒止茶屋(こまどめちゃや)を通過します。

週末営業の山小屋です。昔はここまで馬で登ってきたことから、馬(駒)を止める場所というのが小屋名の由来だそうです。

丹沢・大倉尾根・足つり坂
駒止茶屋からは、階段状の急坂です。距離はそれほど長くありませんが、石がゴロゴロしていて歩きにくい。

私が下りでよく足をつる場所なので、かってに、足つり坂と呼んでいる場所です。(^_^;

この日は大丈夫でした!最近週に2-3回やっている、上体垂直式スクワットの効果でしょう!

丹沢・大倉尾根・無名平
駒止茶屋から緩やかな登山道を10分。テーブルが設置された広場を通過。

この場所は名前がないようなので、私がかってに、無名平(むめいだいら)と呼んでるところです。

2018年12月、登山道の左側(上の写真の左側)に沿って、杭とロープが張られ、テーブルは撤去されていました。

丹沢・大倉尾根
無名平の先、石がゴロゴロした歩きにくい道を通過。

丹沢・大倉尾根
そして土留めされた広い道をジグザクに降りていきます。(上の写真は下から撮ったもの)

丹沢・大倉尾根
木道が現れれば、もうすぐ、次の山小屋、見晴茶屋ですが…

その前に最後の急階段が待ち受けています。

丹沢・大倉尾根
最後の急階段の始まりです。

丹沢・大倉尾根
ここは、旧階段の中間ぐらいかな。

丹沢・大倉尾根
急階段の終わりのほう、ちょっとガレた道になります。前方に見えている緑色の屋根が、見晴茶屋です。

見晴茶屋

丹沢・大倉尾根・見晴茶屋
15:55頃。見晴茶屋(みはらしちゃや)を通過。

見晴茶屋はベランダのある山小屋で週末・祝日営業で宿泊も可能。休憩は無料とのことです。

見晴茶屋の詳細ばこちら↓
見晴茶屋ブログ

丹沢・大倉尾根・雑事場ノ平
見晴茶屋から3分で雑事場ノ平(ぞうじばのだいら)を通過。大倉まではあと30分。ここまでくればもう下山したようなもんですね。

まっすぐ進むと、丹沢山中で唯一のテント場である、大倉高原山の家キャンプ場を通りますが、大倉へは左の道が近道です。

今回は、大倉高原山の家キャンプ場経由の道を歩きましたが…詳細は省略します。

大倉高原山の家については、こちらの記事をご覧ください。
丹沢・大倉高原山の家~山小屋は閉鎖!テント場は利用可能!水場は断水中!

観音茶屋

丹沢・大倉尾根・観音茶屋
16:15頃。観音茶屋(かんのんちゃや)の横を通過。右側の建物が観音茶屋で、左手前はトイレです。

観音茶屋も週末営業なので本日は閉まっていました。宿泊はできませんが、コーヒーや軽食をとることができます。

なかでも牛乳プリンが有名ですね。私は食べたことありませんが…牛乳で作ったフルーツゼリーみたいな…

丹沢クリステルと丹沢キャサリン

丹沢クリステルと丹沢キャサリン
16:35頃。大倉尾根の登山口へ到着。大倉バス停はここから5-6分です。

いつものように、丹沢クリステルと丹沢キャサリンの様子を見てみると…

丹沢クリステルと丹沢キャサリン
右が丹沢クリステル、左が丹沢キャサリンです。特に変わった様子はありませんね…?(笑)

2人の間に止まってた黄色い車が気になりましたが…違法駐車ですか?(怒)

丹沢クリステルと丹沢キャサリンを知らない人と…もっと詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。Part3までありますよ!(^_^;

大倉バス停

丹沢・大倉バス停
16:40頃。大倉バス停に到着。

渋沢駅行きのバスが、もう来ていたので、急いでトイレ前の洗い場で、登山靴のドロを落とし、トイレを済ませ、顔を洗ってバスに乗り込みました。

この時間帯なら、バス便は平日でも1時間に2本あるので、そんなに急ぐ必要はありませんが…

ちなみに、大倉バス停から渋沢駅行きのバス時刻表はこちら↓

丹沢・大倉バス停・レストハウス
こちらは、バス停そばにあるレストハウス。

2018年2月末まで営業していたレストランは閉店になっていしまいたが、本日(2018年11月21日)より、ポプラというコンビニがオープンしていました。24時間営業ではないのでご注意を!

ポプラ秦野戸川公園店/営業時間
平日:8:00~17:00
休日:7:00~17:30

下山後に、ここで生ビールを飲むのを楽しみにしていたんですが…

コンビニじゃ、生ビールはないですね…残念!

缶ビールがあるのかどうかは…未確認です。m(_ _)m

あとがき



広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました!
現在ブログランキング「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加中です。応援して頂けると嬉しいです。

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!…ランキングが上がれば励みになります!(^o^)

山行記
山旅GOGO

◆コメント&質問コーナー