山旅カメラ#1~登山&テント泊に最適なカメラ☆SONY・RX100M4

(0)

SONY・RX100M4
SONY・RX100M4

山旅カメラとは…登山&テント泊の相棒として、手軽に何処へでも持ち運べる。貴重なシーンを逃さず確実に撮れる。画質もあきらない。そんな山旅に最適なカメラのこと!

冒頭の写真は、私が山旅カメラとして愛用している、SONYのコンパクト・デジタルカメラ、DSC-RX100M4です。

今回は、山旅カメラについて、あれこれ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山旅カメラとは

山旅カメラとは…登山&テント泊縦走の相棒として最適なカメラであること!

登山に持っていくので、軽量&コンパクトであることはもちろん、画質もあきらめない。山旅で出会う様々な貴重なシーンを逃さず、確実に撮影できる機能と操作性を兼ね備えていることが必要です。

カメラの選択は、利用目的次第で変わってきます。とにかくきれいな写真を撮りたいという場合は、一眼レフや、ミラーレス一眼。軽量&コンパクトさを最優先するならば、スマホでOKという選択になりますが…

まずは、私の山旅カメラの利用目的をあきらかにしておきましょう。

山旅カメラの利用目的

私の山旅カメラの利用目的は、主にこの3つです。

山旅カメラの主な利用目的
【1】簡単な山行記録として
【2】登山中の所要時間の確認
【3】ブログ用の写真・動画撮影

簡単に説明すると、

【1】デジタルカメラは、写真と一緒に撮影日と時刻が記録できるので、簡単な山行記録として利用しています。

【2】登山コース上の通過地点で写真を撮っておけば、各地点の通過時刻が記録されるので、登山中に、地点~地点間の所要時間の確認に利用できます。また、コースタイムと実際の所要時間がわかれば、次の目的地への到着時刻の予想にも役立ちますね。

【3】は、このブログを始めてから新しく加わった目的です。ブログに載せるので、なるべくきれいで、印象的な写真や動画を撮っておきたいですね。

風景写真や静止物を撮るのがメインですが、山で出会う野生動物・高山植物などを撮影することもあります。

山旅カメラの条件

次に、私が考える、山旅カメラの条件をあげておきましょう。

以下の条件を全てクリアしたデジタルカメラが、山旅カメラにふさわしい一台となるわけです。

山旅カメラの条件
【1】携帯性と速写性
【2】高画質
【3】手ブレ補正
【4】広角+望遠
【5】可動式液晶モニター
【6】ファインダー(EVF)
【7】防水は不要
【1】携帯性と速写性

携帯性とは軽量&コンパクトで持ち運びに負担がかからないこと。

軽量&コンパクトで、かつ、画質がいいというのは、登山にカメラを持っていく人が誰でもあげる条件です。携帯性と画質どちらを優先するかは人によって違いますし、そこが悩みどころでしょう。

速写性とは素早く取り出せて、すぐに撮影できること。

速写性というと、AF(オートフォーカス)や、連写速度をさすことが多いようですが、風景や静止物を撮ることがメインなので、AFや連写速度に関して標準レベルでOK。

山旅の途中では、思いがけないシーンに出会うことも度々です。いつでも、どこでも、サッと出してパッと撮れることが重要なポイントになるので、携帯性と速写性を優先します。

大きさはウエストバッグに入れて持ち運べるぐらい。重さは300gぐらいまでが許容範囲です。

よって、一眼レフや、ミラーレス一眼は選択肢からは外れます。コンパクト・デジタルカメラと呼ばれる機種の中から選ぶことになります。

コンパクト・デジタルカメラは、レンズキャップの取り外しが必要ない(自動で開閉する)ところも、速写性が高いといえますね。
【2】高画質

デジタルカメラの画質は、イメージセンサー(撮像素子)の大きさと、レンズの性能でほぼ決まるといわれています。

一眼レフや、ミラーレス一眼が高画質なのは、イメージセンサーが大きいからです。

イメージセンサーが大きいほど、取り込める光の量が多くなるので、画質が良くなり、暗いところでも、ザラつきの少ない写真が撮れるようになります。その分、カメラの機体が大きくなってしまいますが…

イメージセンサーが大きい=高画質は○ですが、画素数が多い=高画質とは限りません。イメージセンサーの大きさが同じなら、画素数が増えると受光面積が小さくなり、解像度はあがっても受光量が少なくなるため。

山旅の途中では、暗い場所での撮影も多くなりますので、イメージセンサーが大きいコンパクト・デジタルカメラが山旅カメラの候補となります。

具体的には、1.0型以上のイメージセンサーを搭載していること。

1.0型というのは、一般的なコンパクト・デジタルカメラや、スマホで多く採用されている、1/2.3型のイメージセンサーの約4倍の大きさです。

一眼レフで採用されるフルサイズのイメージセンサーと比較すると約1/7、APS-Cサイズと比較するなら約1/3ぐらいの大きさなります。

レンズの性能(きれいに撮れるかどうか?)はカタログ仕様ではわからないので、ネット上の評判にたよるところが大きいですね。

【3】手ブレ補正

軽量&コンパクトで、高画質が売りのコンパクト・デジタルカメラの中には、手ブレ補正がついてない機種があります。

例えば、RICHO・GR2。総重量わずか251gでありながら、APS-Cセンサー(フルサイズの約1/2、1.0型の約3倍)を採用し、一眼レフや、ミラーレス一眼にも劣らない写真が撮れると評判のカメラです。

これ↓

ただし、手ブレ補正がついていません。しっかりカメラを固定して撮れば、手ブレ補正なんて必要ない!という意見が大勢をしめているようですが…

2019年春発売予定のRICHO・GR3には、手ブレ補正が採用されているようです!

私も、GR2の一つ前の機種を所有していました。軽くて操作性も抜群で気に入っていたんですが…

登山中は写真がブレるんです!

何故ブレるかというと…原因はいろいろとありますが、おもな原因はこんなところでしょうか。

登山中に写真がブレる原因
・傾斜地や岩場で体が安定しない
・強風で体が煽られる
・疲れで体がブレたり、筋肉疲労で足がガクガクなんてことも…(^_^;

登山中に撮る写真は、貴重な一枚になる可能性があります。二度と行けない場所になるかもしれないし、行けたとしても二度と出会えない風景かもしれないからです。

そんな貴重な写真がブレないように、山旅カメラには手ぶれ補正は必須です。

【4】広角+望遠

山の風景写真を撮るには、やはり広角レンズがいいですね。

レンズの画角が狭いと、撮りたい風景(眼下に広がる大展望、目前に迫る大岩、そそり立つ巨木、等)が写真の中におさまらないことがよくあります。

目で見た風景をそのまま写真にとっておくには、なるべく、広い画角で撮影できる広角レンズが必要です。

また、山の野生動物や草花を撮るには、望遠側も欲しいです。

山で出会う野生の鹿や、高山でしか見ることができない雷鳥。近づくと逃げてしまうので、少し離れたところから望遠で撮りたいですね。

近づくことができない場所に生えている草花の撮影にも、望遠が必要です。

といことで、広角レンズ望遠もそこそこ必要ということになります。

広角と望遠は焦点距離で表すことが多いので、焦点距離(35mm換算)でいうと、24mm-100mm ぐらい欲しいとことです。(約4倍ズーム)

焦点距離
焦点距離の小さい広角レンズは写る範囲(画角)が広く、焦点距離の大きい望遠レンズは写る範囲(画角)が狭くなります。
引用:Canon/写真用語集/焦点距離
画角
画角とは、カメラで撮影した際、実際に写る範囲を角度で表したものです。焦点距離が長くなると画角は狭くなるため、広角レンズほど画角が広く、望遠レンズほど画角が狭くなります。
引用:Canon/写真用語集/画角
【5】可動式液晶モニター

高い位置から写真を撮りたい時や、低い位置から写真を撮りたい時が、ちょくちょくあります。

たとえば、岩壁の高い位置に掘られたレリーフ撮ったり、地面に生えた草花を横から撮ったりと。

そんな時に可動式液晶モニターは便利ですね。いろんな高さから、液晶モニターを見ながら撮影できるので、違った角度の写真を簡単にに撮ることができます。

また、可動式液晶モニターがあれば、通常では撮れないような場所から撮影することも可能なので、撮影できるシーンが増えるでしょう。

たとえば、見えない崖下の様子を、手をいっぱいに伸ばした状態で撮影するとか…

他には…

【6】ファインダー(EVF)

夏の日差しが強い日は、液晶画面がほとんど見えなくなります。撮影すること自体はできますが、どこを撮っているのか?ちゃんと写っているのか?わからない状態になりますね。

貴重な写真を、確実に残したい!

そこで必要なのがファインダーです。ファインダーがあれば、いくら日差しが強くても、被写体(写真に移す対象物、人・物・風景)を確認できますね。被写体を確認することがメインなので、光学ファインダーではなく、電子ファインダー(EVF)で充分です。

ただし、ファインダーを装備した、デジタルカメラはどうしても、サイズが大きくなりがちです。コンパクトなサイズで、ファインダー(EVF)を搭載したカメラは少ないのが現状です。

【7】防水は不要

必須条件ではないんですが、登山用カメラの条件として、よく話題になるので一応あげておきます。

防水はあったほうがいいんですが…防水カメラは画質が悪いので、そういった意味で不要です。

現在、防水カメラとして販売されているカメラは、水中で撮影することが主な目的なので、登山で使用する防水機能としてはオーバースペックです。

以前は、私も防水カメラを使用していました。

登山中は雨に降られることが多いので、雨に濡れても大丈夫な防水機能を、山旅カメラの条件の2番目に入れていたんですが…

よく考えると、雨の中で撮影することはほとんどありません。

私の山旅カメラの利用目的【1・2】からすると、コース上の通過地点の写真は撮っておきたいんですが、雨の中で写真を撮っても、撮った場所がわかりにくいので、あまり役にたちません。

防塵・防滴

ただし、防滴機能は欲しいですね。雨の中で撮影することはないとしても、雨が降ってきたら、カメラをザックにしまうわけで、その間に濡れてしまったり、滝や渓流のそばで撮影する時に、水しぶきがかかったりすることはあるでしょう。

また、夏場は汗で衣服がびっしょり濡れているので、カメラも汗で濡れてしまうことがよくあります。

登山中に安心してカメラを使用するには、できれば、防塵・防滴機能があったほうがいいですね。必須ではありませんが。

SONY・RX100M4~山旅カメラに最適!~

SONY・RX100M4
SONY・RX100M4↑オプションのアタッチメント・グリップ装着済みです。

そして、厳しい山旅カメラの条件をクリアした、私が愛用している山旅カメラが、SONY・DSC-RX100M4となります。

発売当初から、コンパクトカメラの常識を越えたカメラとして注目されている、RX100シリーズの4代目(マーク4)です。

最初に初代RX100を購入し、その後RX100M4を購入。(初代RX100は売却済)

現在は、6代目となるRX100M6(マーク6)が販売されていますが、なんと、初代から6代目まで、全ての機種が、今でも販売されているという人気カメラです。

今のところ、私の考える山旅カメラの条件を全て(ほぼ)満たしているのは、この、SONY・RX100シリーズの3代目のRX100M3(マーク3)以降だけですね。

主な仕様は下記の通り。

SONY・DSC-RX100M4


重量
:298g (バッテリー、メモリカードを含む)
サイズ:101.6/58.1/41mm(幅/高さ/奥行)
センサー:1.0型 積層型 CMOSセンサー
焦点距離:24mm-70mm(35mm換算)
F値:1.8-2.8
光学ズーム:2.9倍
動画:4K動画、スーパースローモーション(最大40倍)
液晶モニタ:可動式(上向き180度、下向き45度)
EVF:ポップアップ式・2段
※防塵・防滴性はありません。

AMAZONで見る(RX100M4)

 
RX100シリーズの仕様と違いは↓こちらにまとめておきました。
補足:RX100シリーズの仕様と違い

山旅カメラに最適な理由

では、いったいどこが山旅カメラとして最適なのか、山旅カメラの条件と照らし合わせてみていきましょう。

【1】携帯性と速写性

RX100M4は、重さ298g奥行き4.1cm。一般的なコンパクトデジタル・カメラと比較すると、重いし、厚みもあるので、決して携帯性がいいとはいえません。

しかし、この小さな機体の中に、山旅カメラとして欲しい機能が全部つまっているんです。

高画質、手ぶれ補正、広角・望遠、可動式液晶モニター、ファインダー(EVF)、全て装備されているんです。それを考えれば、逆に、携帯性は抜群といえるでしょう。

速写性については、素早く取り出せてすぐに撮れるという意味では、充分満足なレベルです。

レンズキャップの取外しが必要ないので(自動で開閉する)、取り出して電源をONにすれば、1秒ほどで撮影可能になります。

電源ONから、撮影可能になるまでの時間は、初代RX100よりも早くなっています。

風景写真がメインになるので、AF(オートフォーカス)速度は、あまり気にしません。

AF速度を重視するなら、RX100M5Aがおすすめです。
約0.05秒の高速AF機能を搭載しています。
【2】高画質

RX100シリーズの一番の魅力は、コンパクトな機体に、1.0型のイメージセンサーと、優れた描写力で評判のいい、カールツァイスレンズを搭載していることです。

デジタルカメラの画質は、イメージセンサーの大きさとレンズで決まるといわれているので、これは、最強のコンビではないでしょうか。

F値1.8-2.8という明るいレンズなので、樹林帯の中や、夕方の暗いシーンでも、ざらつきの少ない写真をとることができます。

背景をボカした写真を撮ることも可能ですが、私は目で見たままを写真に撮りたいほうなので、背景ボケにはあまり興味ありません。

プレミアムおまかせオート

また、登山中は、カメラの操作に時間をかけたくないので、ほとんどオートで撮影しているんですが…カメラまかせでも、きれいな写真が撮れるところも気に入ってます。

RX100シリーズのオートモードは2つあります。通常のおまかせオートと、プレミアムおまかせオート。

プレミアムおまかせオートにしておけば、暗い場所や、逆光でも、シャッターを一回押すだけで、カシャッカシャッカシャッと連写して、複数の画像を重ね合わせて、きれいな画像に仕上げてくれるんです。

ただし、重ね合わせの処理に、少し時間がかかる(2-5秒)のと、撮影するシーンによっては、不自然な写真になってしまうこともあるので、通常は、おまかせオートで撮影して、暗い場所や、逆光の場合にプレミアムおまかせオートに変更するという使い方がおすすめです。

【3】手ブレ補正

ブレやすい登山中の撮影には、手ブレ補正は必須の機能です。もちろん、RX100シリーズには、手ブレ補正が内蔵されています。

静止画の場合はON/OFFの切り替えのみですが、動画の手ブレ補正には、以下の3段階の手ブレ補正モードがあり、もちろんOFFにすることも可能です。

動画手ブレ補正モード
・インテリジェントアクティブ
・アクティブ
・スタンダード

スタンダード→アクティブ→インテリジェントアクティブと、手ぶれ補正の度合いが強化されていきます。

インテリジェントアクティブモードは、5軸手ブレ補正にソニー独自のフレーム解析技術を加えたもので、手ブレ発生前後のフレームを解析して、より強力に補正します。

手ブレ補正は、三脚などで固定できる場合は、逆にブレてしまうことがあるため、OFFに切り替えます。

以前は、山で撮った写真の5%ぐらい、ピントがボケた写真があったんですが、RX100シリーズにしてからは、ピンボケ写真はほぼなくなりました。たまにはありますが…(^_^;

【4】広角+望遠

日向山から八ヶ岳を撮影:広角24mm

RX100M4の焦点距離(35mm換算)は、24mm-70mm(光学ズーム2.9倍)

上の写真が広角側24mmで、下の写真が望遠側70mmです。

日向山から八ヶ岳を撮影:望遠70mm

広角側は24mmなので充分でしょう。21mmぐらいになれば、もっと嬉しいんですが…コンパクト・デジタルカメラにそこまで求めるのは酷でしょう。

ただし、望遠側はもうちょっと欲しいですね。せめて100mm(光学ズーム4倍)ぐらいは欲しいところです。

最新のRX100M6は、望遠側がなんと、200mm(35mm換算)になりました!
1.0型センサーで、光学ズーム8倍とは…凄すぎる!欲しい!…でも高い!
【5】可動式液晶モニター

RX100M4の液晶モニターは上方向に180度、下方向に45度回転します。

可動式液晶モニタ・上方向90度

上方向に90度回転させれば、低い位置から撮影が楽になります。

可動式液晶モニタ・上方向180度

上方向に180度回転させれば自撮りができます。可動式液晶モニターは横に開く機種が多いですが、この液晶モニターは上に開くので、自撮りする時に視線が横にずれなくて(上にずれる)、自然な視線で写せます。

可動式液晶もにた・下方向45度
下方向に回転させれば、高い位置からの撮影も可能です。

下方向へ回転できるのはMAX45度です。

最新のRX100M6は、下方向に90度まで回転できるようになりました!
【6】ファインダー(EVF)

RX100M4には、ポップアップ式電子ファインダー(EVF)が搭載されています。

側面の [FINDER]スイッチを押し下げると、ファインダーがポップアップします。コンパクトなサイズのままに、EVFを搭載できたのは、ポップアップ式を採用したからでしょう。

一見すると、ちょっと、ちゃちい!とも思えますが…電子ファインダーとしては充分機能していますので安心してください。

ただし、ファインダーを使用する時は、以下の2段式の操作になっているので、出し入れがちょっと面倒です。

ファインダーの操作方法

ポップアップ式AVF・1段目

まず、側面の [FINDER]スイッチを押し下げると、ファインダーがポップアップします。この状態ではまだ使えません。

ポップアップ式AVF・2段目

次に、ファインダーの接眼部の両脇を指でつまんで、2段目を引き出します。この状態でEVFが使えるようになります。

しまう時も、2段目を押し込んでから、更に、一段目を押し込むという2段階作になります。

これが面倒なので、改善して欲しいと思っていたところ…

最新のRX100M6は、ワンタッチ操作になりました!
ファインダーを出す時もしまう時も、1回の操作でできるようになったんです…嬉しい!…でも高い!
【その他】動画性能

山旅カメラの条件には入れていませんでしたが、RX100シリーズは、動画もそこそこきれいに撮れますね。

RX100M4からは、4K動画や、スーパースローモーション(最大40倍)が撮影できるようになったことも魅力でしょう。

遊び心がウズウズしてくるのではないでしょうか?

私はほとんど使用していませんが…

欠点は…価格と持ちにくさ

ここまで、RX100M4の良い点ばかりあげてきましたが…欠点もあります。

欠点は、価格と持ちにくさ(すべりやすい)です。

価格は、現在(2019年1月、ヨドバシカメラ価格)、初代RX100ならば4万円前後で購入できますが、RX100M3は7-8万円、RX100M4は9-10万円、RX100M5Aは11万円前後、RX100M6は、なんと14万円前後という、コンパクト・デジタルカメラとは思えないような高価格になっています。

価格に見合うだけの、魅力があるカメラではあるんですが…それにしても高い!

持ちにくさというのは、機体がそこそこ重いのに、指を引っ掛ける場所がないので、持ちにくくて、すべりやすいのです。しかし、これは、オプションのアタッチメント・グリップをつければ、ほぼ解決です。

↓これです。

SONY・アタッチメントグリップ(AG-R2)
裏面のシートを剥がして、カメラ本体に接着します。

重さ:5g
AMAZONで見る(SONY アタッチメントグリップ)

私のRX100M4にも装着済みです。こんなの、はじめから付けといて欲しいー!と思うのは私だけではないでしょう!

あると便利なシューティンググリップ

あると便利な、シューティンググリップという製品があるので、ついでに紹介しておきます。

SONY・RX100シリーズ(M2以降)に対応しています。
初代RX100には非対応です!

シューティング・グリップシューティング・グリップ

重さ:93g
大きさ:36.1/108.3/30.0(幅/高さ/奥行)
三脚時:105.7/82.5/92.2(幅/高さ/奥行)

リモコン付きの撮影用グリップで、さらに、ミニ三脚としても使用できるという製品。リモコンで、シャッター、録画開始/停止、ズーム操作が可能です。

撮影用グリップとして
シューティング・グリップ

RX100シリーズに取り付けて、付属のマルチ端子ケーブルでRX100と接続すれば、片手で素早い撮影操作を行うことが可能になります。

自撮り用グリップとして

手をいっぱいに伸ばした状態でも、親指だけで操作できるので、自撮りも簡単にできますね。

ミニ三脚として

そして、グリップの部分が開くので、ミニ三脚としても利用できます。

ミニ三脚で自撮り

歩きながらの動画の撮影や、自撮りに便利なので、山に行く時にはいつも、ザックの雨蓋のポケットに入れて持ち歩いています。

グリップの長さが短すぎて持ちにくいので、もう少し長いと(あと3cm)ちょうどいいんですが、携帯性を考えると、このサイズがベストかもしれません。

SONY・シューティンググリップ(VCT-SGR1)


AMASONで見る(VCT-SGR1)

あとがき

山旅カメラとは…登山&テント泊縦走の相棒として最適なカメラであること!

SONY・RX100M4は、軽量&コンパクトで画質もいいし、動画もきれいに撮れる。ズームもできるし、可動式液晶モニターと電子ファインダーも装備しているという、まさに、山旅カメラとしてふさわしい1台です。

さらに、オプションのシューティンググリップを組合させることで、撮影シーンはもっと広がるでしょう。

現在は、最新のRX100M6が発売されています。

なんと、望遠側が200mm(光学ズーム8倍)ですと!

その代わりにF値が暗くなってしまいましたが、EVFがワンタッチで開閉できるようになり、液晶モニターも下方向に90度まで開くようになったので、使い勝手は向上しています。

欲しい!

でも…価格が高いので手が出せない…

RXシリーズは初代RX100が発売されてから、毎年のように新機種が発売されているので、今年後半か来年あたり、次のRX100M7が発売されることでしょう。

今度はどんな機能が搭載されてくるのか楽しみです。どこまで価格があがるのか…(^_^;

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までご覧頂きありがとうございました!
本サイトでは山旅の楽しさと面白さと、とっておきのアイデアやお役立ち情報を掲載しています。他の記事もご覧いただければ嬉しいです。

現在ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!…ランキングが上がれば励みになります!(^o^)

カメラ
山旅GOGO

◆コメント一覧