山旅テント場ガイド/北アルプス【涸沢・穂高】エリア

(0)

北アルプス・涸沢~穂高連峰エリアのテント場情報を記載しています。

2021年の営業状況について
山小屋/キャンプ場テント泊特記事項
涸沢利用可能 予約不要
北穂高小屋利用可能 予約不要
穂高岳山荘利用可能予約制
岳沢小屋利用可能 予約不要
西穂山荘利用可能7月15日までは予約不要
7月16日以降は別途案内
スポンサーリンク
スポンサーリンク

涸沢


涸沢(からさわ)は奥穂高岳北穂高岳前穂高岳に囲まれた涸沢カールにある、絶景のキャンプ場です。

超人気のキャンプ場で、紅葉シーズンには1000張り以上のテントで埋め尽くされ、毎年その混雑ぶりがテレビのニュースになるほどです。

涸沢には山小屋が2軒(涸沢ヒュッテ、涸沢小屋)ありますが、テントの受付は涸沢ヒュッテで行います。

涸沢ヒュッテのテラスで、穂高連峰を眺めながら飲む生ビールは最高でした!

涸沢

【幕営数】500張
【料 金】2,000円/1人1泊
【水 場】あり
【トイレ】あり
【風 呂】なし

▲▲▲テント場▲▲▲
テント場はかなり広いですが、ほとんど岩場なので居住性はかなり悪いというか…痛いです。

テントのグランドシートが傷つかないような対策も必要です。

岩の上に敷くコンパネ(板)がレンタル可能ですが、数が少ないので(50個ぐらい?)、混雑時にレンタルできる可能性はかなり低いでしょう。(^_^;

北穂高小屋

北穂高小屋

北穂高小屋(きたほだかごや)は、北穂高岳の北峰の直下、標高3100mに建つ山小屋です。

富士山の山小屋を除くと、最も標高が高い場所にあります。

北穂高小屋/テント場

【幕営数】20張
【料 金】2,000円/1人
【水 場】なし(1リットル200円で販売)
【トイレ】小屋(往復約20分)
【風 呂】なし

▲▲▲テント場▲▲▲
テント場は北穂高岳南領のテラスにあります。小屋からは涸沢岳側へ徒歩10分のところ。

眼前に迫る前穂高岳の大迫力が魅力のテント場です。 

稜線上のテント場なので強風に注意が必要!

穂高岳山荘

穂高岳山荘

穂高岳山荘(ほだかだけさんそう)は、奥穂高岳涸沢岳の鞍部に建つ山小屋です。

奥穂高岳までは登り50分、涸沢岳までは登り20分の距離にあります。

穂高岳山荘/テント場

【幕営数】30-40張
【料 金】2,000円/1人
【水 場】なし(1リットル200円で販売。※テント泊料金に含まれる)
【トイレ】あり
【風 呂】なし

▲▲▲テント場▲▲▲
テント場は小屋の北側、涸沢岳への登り口付近の斜面にあります。

段々状によく整備されたテントサイトです。

稜線上のテント場なので強風に注意が必要!

岳沢小屋

岳沢小屋・テント場

岳沢小屋(だけさわごや)は、上高地から前穂高岳へ向かう途中(上高地から2時間30分)、岳沢の右岸に建つ山小屋です。

岳沢小屋/テント場

【幕営数】30張
【料 金】2,000円/1人
【水 場】あり
【トイレ】あり(カートリッジ式)
【風 呂】なし

▲▲▲テント場▲▲▲
テント場は小屋から1~5分ほど、岳沢を渡った左岸付近に小さなサイトがいくつか(6~7箇所)点在しています。

混雑時は小屋の周辺と、岳沢の中にも設営可能です。

ただし、小屋の指示に従うこと!(勝手に張ってはいけません)

西穂山荘

西穂山荘(にしほさんそう)は、西穂高岳から焼岳へ続く稜線上に建つ山小屋です。

西穂高岳までは約3時間の距離にあります。北アルプス南部では唯一、通年営業しています。

西穂山荘/テント場

【幕営数】30張
【料 金】2,000円/1人
【水 場】なし(1リットル200円で販売)
【トイレ】あり
【風 呂】なし

▲▲▲テント場▲▲▲
テント場は、小屋から少し下った平坦地にあります。

砂利が多そうですが、周囲は植物に囲まれてのんびりできそうな場所です。