豆知識~登山靴・経年劣化と保管方法

登山靴の経年劣化

登山靴のソール(靴底)は、履かなくても経年劣化します。
むしろ、長期間は履かないでいるほうが、経年劣化の進行が早くなる傾向があり、
経年劣化が進むと、登山中にソール(靴底)が剥がれる危険があります。

原因はポリウレタン素材

原因は、登山靴のミッドソール(クッション部分)に使われているポリウレタン素材にあります。

ポリウレタン素材は、軽量で耐摩耗性に優れ、適度な衝撃緩衝性を持つ優れた素材で、
登山靴のミッドソールとして多く採用されていますが、
年月を経ると使用頻度にかかわらず、加水分解により劣化してしまうのです。

一般的には製造より5年程度が寿命とされていますが、
保管方法が悪いと、経年劣化の進行を早める恐れがあります。

EVA素材は?

ポリウレタン素材より、寿命が長いEVA素材を採用している登山靴もありますが、
ミッドソールとアウトソールを接着する、接着剤の経年劣化による剥離等の可能性は残ります。

登山靴の保管方法

風通しが良く(高温多湿な場所はける)、直射日光が当たらない場所で保管します。
ビニール袋で密封したり、購入時の箱のまま保管するのは厳禁です。

関連記事
登山靴~寿命と買い替え時期

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★