当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

北アルプス【上高地・涸沢・穂高】エリア|山旅テント場ガイド’24

北アルプス・上高地~涸沢~穂高連邦エリアで利用できるテント場(山小屋/キャンプ場)の幕営情報と、最新の営業状況をまとめました。

上高地~涸沢・穂高エリアのテント場マップ
上高地~涸沢・穂高エリアのテント場マップ
2024年営業状況一覧
山小屋/キャンプ場テント泊予約幕営数料金営業期間
北穂高小屋不要20張2,000円4月下旬~11月上旬 
※2024年 4/29~11/3
穂高岳山荘不要60張2,000円4月下旬~11月初旬 
※2024年 4/27日~11/3
涸沢不要500張2,000円4月下旬~11月初旬 
※2024年 4/27〜11/3
岳沢小屋不要30張2,000円4月下旬~11月初旬 
※2024年 4/27~11/3
西穂山荘不要30張2,000円通年営業
横尾山荘不要150張2,000円4月下旬~11月初旬
※2024年 4/27〜11/3
徳澤園不要200張1,500円4月下旬~11月初旬
※2024年 営業予定
小梨平キャンプ場不要400張1,300円4月中旬~11月初旬 
※2024年 4/20~
徳本峠小屋予約制10張2,000円7月中旬~10月中旬 
※2024年 7/11~10/14
広告

1. 北穂高小屋

北穂高小屋
北穂高小屋

北穂高きたほだか小屋は北穂高岳(北峰)の山頂直下(徒歩1分)、標高3,100mに建つ山小屋です。

富士山の山小屋を除くと、最も標高が高い場所にあります。

小屋のテラスからの眺めも素晴らしく、大キレット~槍ヶ岳方面にかけての大迫力の展望が楽しめます!

北穂高小屋/テント泊情報(2024年)
連絡先直通:090-1422-8886(午前7:00〜午後7:00)
事務所:0263-46-0407(午前10:00〜午後4:00)
営業期間4月下旬~11月上旬 
※2024年4月29日(月)~11月3日(日)
テント泊〇/予約不要 ※小屋泊は予約制
幕営数20張
料金1人1泊 2,000円
水場なし(1リットル200円で販売)※テント泊は無料
トイレ小屋のトイレ(往復約20分)
風呂なし
電波docomo 〇/au 〇/Softbank △
関連サイト北穂高小屋ホームページ
備考・混雑期は受付時に場所が指定されることがあります。
・必ず受けを済ませてからテントを張ること。
・テント泊でもお弁当・夕食を利用可能。
確認日:2024/4/6

▲▲▲テント場▲▲▲

テント場は北穂高岳南領のテラスにあります。小屋からは涸沢岳側へ徒歩10分のところ。

眼前に迫る前穂高岳の大迫力が魅力のテント場です。 

稜線上のテント場なので強風に注意が必要!

2. 穂高岳山荘

穂高岳山荘
穂高岳山荘

穂高岳ほだかだけ山荘は、奥穂高岳と涸沢岳の鞍部に建つ山小屋です(標高約3,000m)。

奥穂高岳までは登り50分、涸沢岳までは登り20分の距離にあります。

穂高岳山荘/テント泊情報(2024年)
連絡先直通:090-7869-0045(朝9時〜夜7時)
事務所:0578-82-2150
営業期間4月下旬~11月初旬 
※2024年4月27日(木)~11月3日(日)の宿泊まで
テント泊〇/予約不要
幕営数約60張
料金1人1泊 2,000円(中学生以下 500円)
水場玄関横と喫茶売店カウンター(雪解け水、料金はテント泊料金に含まれる)
トイレ山荘裏手の外来トイレ
風呂なし
電波 
関連サイト穂高岳山荘ホームページ
穂高岳山荘(Facebook)
穂高岳山荘(Twitter)
備考テント泊でも夕食(折詰テイクアウト形式)、朝食(弁当)が利用可能。受付時に申し込む。
確認日:2024/4/6

▲▲▲テント場▲▲▲

テント場は小屋の北側、涸沢岳への登り口付近(ヘリポート付近)にあり、段々状によく整備されたテントサイトです。

稜線上のテント場なので強風に注意が必要!

3. 涸沢

涸沢ヒュッテ
涸沢ヒュッテ

涸沢からさわは奥穂高岳、北穂高岳、前穂高岳に囲まれた涸沢カールにある絶景のキャンプ場です。

超人気のキャンプ場で、紅葉シーズンには1000張り以上のテントで埋め尽くされ、毎年その混雑ぶりがテレビのニュースになるほどです。

涸沢には山小屋が2軒(涸沢ヒュッテ、涸沢小屋)ありますが、テントの受付は涸沢ヒュッテで行います。

涸沢キャンプ場/テント泊情報(2024年)
連絡先直通:090-9002-253
営業期間4月下旬~11月初旬 
※2024年4月27日(土)〜11月3日(日)宿泊まで
テント泊〇/予約不要 ※小屋泊は予約制
幕営数500張
料金1人1泊 2,000円(子供は1,000円)
水場あり
トイレ小屋のトイレ
風呂なし
電波 
関連サイト涸沢ヒュッテ・ホームページ
涸沢ヒュッテ(X:Twitter)
備考・マット、コンパネ板をレンタル可能(先着順)。
・夕食/朝食は館内で利用可能。朝食代わりの弁当、昼弁当も注文可能。
確認日:2024/5/28

涸沢ヒュッテのテラスで、穂高連峰を眺めながら飲む生ビールは最高でした!

生ビール+おでん+北穂高岳
生ビール+おでん+北穂高岳

▲▲▲テント場▲▲▲
涸沢野営場と北穂高岳
涸沢野営場と北穂高岳

テント場はかなり広いですが、ほとんど岩場なので、居住性はかなり悪いというか……痛いです。

比較的条件の良い場所は、涸沢ヒュッテから涸沢小屋へ向かう石畳の両側付近でしょうか。

(人通りが多いので静かではありません)

涸沢野営場(中央部)
涸沢野営場(中央部)

テントの底面が傷つかないような対策(厚めのアンダーシートを敷く等)も必要です。

岩の上に敷くコンパネ(板)がレンタル可能ですが、数が少ないので(50個ぐらい?)、混雑時にレンタルできる可能性はかなり低いでしょう。(^_^;

4. 岳沢小屋

岳沢小屋
岳沢小屋

岳沢だけさわ小屋は、上高地から前穂高岳へ向かう途中(上高地から2時間30分)、岳沢の右岸に建つ山小屋です(標高2,170m)。

槍ヶ岳山荘グループが運営しています。

岳沢小屋/テント泊情報(2024年)
連絡先電話:090-2546-2100
営業期間4月下旬~11月初旬 
※2024年4月27日(土)~11月3日(日)
テント泊〇/予約不要 ※小屋泊は予約制
幕営数30張
料金1人 2,000円
水場小屋の水場を利用
トイレ小屋のトイレ(カートリッジ式)を利用
風呂なし
電波docomo:〇 / AU:〇 / softbank:〇
関連サイト岳沢小屋ホームーページ
山小屋のご案内 | 槍ヶ岳山荘グループ
備考・前穂高岳を往復する際に、ヘルメットのレンタルが可能(1回1,000円)
確認日:2024/3/27

▲▲▲テント場▲▲▲
岳沢小屋のテント場
岳沢小屋のテント場

テント場は小屋から1~5分ほど、岳沢を渡った左岸付近に小さなサイトがいくつか(6~7箇所)点在しています。

混雑時は小屋の周辺と、岳沢の中にも設営可能です。

ただし、小屋の指示に従うこと!(勝手に張ってはいけません)

5. 西穂山荘

西穂にしほ山荘は、西穂高岳から焼岳へ続く稜線上に建つ、通年営業の山小屋です(標高2,367m)。

新穂高ロープウェイの終点(西穂高口駅)から、約1時間30分で到着します。

山荘から西穂高岳までは約3時間の距離にあります。

※新穂高ロープウェイは​​、2024年5月7日(火)〜7月31日(水)まで、第2ロープウェイ(しらかば平駅~西穂高口駅間)が運行休止(新穂高ロープウェイ)。

西穂山荘/テント泊情報(2024年)
連絡先事務所:0263-36-7052
営業期間通年営業
テント泊〇/予約不要 ※小屋泊は予約制
幕営数30張
料金1人 2,000円
水場なし(1リットル200円で販売)
トイレあり
風呂なし
電波docomo:〇 / AU:〇 / softbank:◯
関連サイト西穂山荘ホームページ
西穂山荘(Instagram)
備考・テント泊者への朝夕の食事、及び弁当の提供はありません。
・ヘリの荷揚げがある場合は、作業終了までテントは張れません。
確認日:2024/5/28

▲▲▲テント場▲▲▲

テント場は、小屋から少し下った平坦地にあります。

砂利が多そうですが、周囲は植物に囲まれてのんびりできそうな場所です。

6. 横尾山荘

横尾山荘
横尾山荘

横尾よこお山荘は上高地から3時間、涸沢と槍ヶ岳に向かう分岐点に建つ山小屋です(標高1,620m)。

お風呂がある山小屋ですが、テント泊は入浴不可です。残念!

横尾山荘/テント泊情報(2024年)
連絡先電話:0263-95-2421
事務所:0263-33-2225(冬期のお問い合わせ)
営業期間4月下旬~11月初旬 
※2024年 4月27日〜11月3日の宿泊まで
テント泊〇/予約不要(横尾山荘売店にて受付) ※小屋泊は予約制
幕営数150張
料金1人1泊 大人 2,000円 / 小学生 1,000円
水場あり(小屋近くの給水施設)
トイレあり(小屋近くの公衆トイレ)
風呂あり(※テント泊は入浴不可
電波docomo、au、Softbankが通話可能(山荘の営業期間内のみ)
関連サイト横尾山荘ホームページ
野営場案内|横尾山荘
備考テント泊者への食事の提供はなし。
確認日:2023/5/23

▲▲▲ テント場 ▲▲▲

横尾山荘のテント場は2カ所あります。

小屋の前の広い道を挟んで左側の木々に囲まれた広場と、川辺の広場(横尾大橋の下)です。

横尾山荘のテント場(小屋前の広場)
横尾山荘のテント場(小屋前の広場)

こちらが小屋前のテントサイト。

入口付近と登山道に面しているサイトは整備されていますが、奥の方は石ころだらけです。

樹林に囲まれていますが、テント場の入口付近から前穂高岳が眺められます。

こちらが、横尾大橋の下にある川辺のテントサイトです。

かなり広いですが、草むらが多いので虫が多いかもしれません。

7. 徳澤園

徳澤園
徳澤園

徳澤園とくさわえんは上高地から2時間、井上靖の「氷壁」の舞台となった山小屋風のお宿です(標高1,560m)。

徳澤園/テント泊情報(2024年)
連絡先電話:0263-95-2508
営業期間4月下旬~11月初旬 ※2024年営業予定
テント泊〇/予約不要
幕営数200張
料金大人 1,500円、小人 1,000円(小学生まで)※3歳児以下無料
水場あり(近くの給水施設)
トイレあり(近くの公衆トイレ)
※2024年は公衆トイレの回収工事のため仮設トイレを利用。
風呂宿泊者のみ ※近くの徳沢ロッヂで外来入浴可(有料)
電波 
関連サイト徳澤園のホームページ
キャンプ場|徳澤園
氷壁の宿 徳澤園 | 上高地公式ウェブサイト
備考・テント、シュラフ、毛布、マットなどがレンタル可能。
確認日:2024/4/6
▲▲▲テント場▲▲▲
徳澤園のキャンプ場
徳澤園のキャンプ場

テント場は小屋の前。かつて牧場だった広々とした草原の広場です。

かなり広いので、どこに張ったらベストなのか…迷いますね。

徳澤園のキャンプ場

上高地から徳沢に向かうと、徳澤園の手前右側にテントサイトが広がっています。

8. 小梨平キャンプ場

小梨平キャンプ場の管理棟
小梨平キャンプ場の管理棟

小梨平こなしだいらキャンプ場は、上高地バスターミナルから約10分にある広大なキャンプ場です(標高1,500m)。

キャンプ場の管理棟には、外来入浴可能な「小梨の湯」が併設されています。

小梨の湯の営業時間は12時からですが、土日、祝日等、もっと早い時間から営業している日もあります。

小梨平キャンプ場/テント泊情報(2024年)
連絡先電話:0263-95-2321(6:00~18:00)
営業期間4月中旬~11月初旬 
※2024年4月20日(土)~
テント泊〇/予約不要
※予約も可能です(予約 | 小梨平キャンプ場
幕営数400張
料金大人 1,300円/1泊、小人 800円/1泊
水場あり(管理棟と近くの調理場)
トイレあり(管理棟と近くの公衆トイレ)
風呂外来入浴施設「小梨の湯」
(料金700円、入浴時間14:00-16:00)
電波 
関連サイト小梨平キャンプ場
受付・浴場・食堂・売店|小梨平キャンプ場
備考確認日:2024/4/19
▲▲▲テント場▲▲▲

テント場は徳沢・横尾へ続く道のそば。10箇所ぐらいのエリア「A~K?」に分かれています。

かなり広いので、どこにテントは張っていいのか迷いますね。

おすすめは梓川の河岸に近い「J」サイト。穂高連峰の山々の姿がが眺められます。

小梨平キャンプ場/Jサイト
小梨平キャンプ場/Jサイト

「J」サイトの周囲は木々に囲まれていますが、直ぐそばの梓川の河岸まで行けば…

Jサイト付近から見た穂高連峰
Jサイト付近から見た穂高連峰

西穂高岳~奥穂高岳へ続く稜線と、前穂高岳へと続く吊尾根が目の前に広がっています。

9. 徳本峠小屋

徳本峠とくもととうげ小屋は、かつて上高地へのメインルートとして利用されていた徳本峠に建つ山小屋です(標高2,134m)。

徳本峠小屋/テント泊情報(2024年)
連絡先電話:090-2767-2545
営業期間7月中旬~10月中旬 
※2024年 7/11(木)~10/14(月) 昼まで
テント泊〇/予約制
幕営数10張
料金1人 2,000円
水場あり(往復40分)※小屋でも販売。1L:200円
トイレ小屋のトイレを利用
風呂なし
電波docomo × / au 〇 / softbank 〇
関連サイト徳本峠小屋ホームページ
Tokugo(X/Twitter)
北アルプス山小屋公友会/徳本峠小屋
備考・テント泊の食事提供は不可
確認日:2024/5/28

▲▲▲テント場▲▲▲

テント場は小屋正面の広場になり、明神が岳が眺められます。

小屋の裏側にも少し張れるようです。

~~~ コメント ~~~