山旅テント場ガイド/尾瀬

尾瀬のテント泊で利用できるキャンプ場は以下の3箇所です。

いずれのキャンプ場でも管理する小屋で入浴が可能です。

2021年の営業状況について
キャンプ場テント泊特記事項
山の鼻キャンプ場利用休止中ツキノワグマ出没多発のため
見晴キャンプ場利用可能予約不要
尾瀬沼キャンプ場利用可能完全予約制
スポンサーリンク
スポンサーリンク

山ノ鼻キャンプ場

山の鼻キャンプ場
山の鼻キャンプ場

山の鼻(やまのはな)キャンプ場は、尾瀬ヶ原の西端にそびえる至仏山(しぶつさん)の麓(東側)にあるキャンプ場です。

管理・受付は、山ノ鼻に建つ至仏山荘(しぶつさんそう)がおこなっています。

鳩待峠からは約1時間の距離、キャンプ場から至仏山の山頂までは約3時間かかります。

山の鼻キャンプ場

【幕営数】50張
【料 金】800円(1人1泊)
【水 場】キャンプ場内に炊事場あり
【トイレ】近くの公衆トイレ(水洗式)
【風 呂】至仏山荘で入浴可

山の鼻キャンプ場は、昨シーズンからツキノワグマ出没多発のため、安全を考慮して利用を休止中です。
(期間:2021年4月23日~当面の間)

山の鼻キャンプ場休止について(2021年度)
テント場

至仏山荘の手前、尾瀬ヶ原へのメインルートのすぐ脇の広場にテント場があります。

日中は人通りが多い場所なので、わいわいがやがやと騒がしく、ゆっくりまったりとテント泊を楽しむ雰囲気ではありません。

ただし、周囲には売店等もあるので便利といえば便利ですね。

テントサイトの詳細は↓こちらをご覧ください。

山旅テント場ガイド/尾瀬★山の鼻キャンプ場
至仏山荘山の鼻(やまのはな)キャンプ場は、尾瀬ヶ原の西端にそびえる至仏山(しぶつさん)の麓(東側)にあるキャンプ場です。管理・受付は、山ノ鼻に建つ至仏山荘(しぶつさんそう)がおこなっています。鳩待峠から徒歩1時間の...

見晴キャンプ場

見晴キャンプ場
見晴キャンプ場

見晴(みはらし)キャンプ場は、尾瀬ヶ原の東端にそびえる燧ヶ岳(ひうちがたけ)の麓(南西側)にあるキャンプ場です。

管理・受付はキャンプ場入り口にある燧小屋(ひうちごや)です。

鳩待峠から約3時間。キャンプ場から燧ヶ岳の山頂(柴安嵓)までは、約4時間30分かかります。

見晴キャンプ場

【幕営数】100張
【料 金】800円(1人1泊)
【水 場】あり
【トイレ】近くの公衆トイレ(水洗式)
【風 呂】燧小屋で日帰り入浴可能(一人500円)

テント場

燧小屋から徒歩1分の開けた場所にあります。人通りが少ない場所なのでゆっくりとまったりと過ごせます。

山ノ鼻キャンプ場から2時間ほどかかりますが、こちらのほうがおすすめです。

テントサイトの詳細は↓こちらをご覧ください。

山旅テント場ガイド/尾瀬★見晴キャンプ場
燧小屋見晴(みはらし)キャンプ場は、尾瀬ヶ原の東端にそびえる燧ヶ岳(ひうちがたけ)の麓(西側)にあるキャンプ場です。環境省の管轄となっていますが、受付と管理は燧小屋(ひうちごや)が委託されて担当しています。キャンプ...

尾瀬沼キャンプ場

尾瀬沼キャンプ場
尾瀬沼キャンプ場

尾瀬沼(おぜぬま)キャンプ場は、尾瀬沼東岸の樹林帯の中にあるキャンプ場です。

管理・受付は尾瀬沼東岸に建つ尾瀬沼ヒュッテになります。

大清水からは約3時間、沼山峠からは約1時間の距離です。

キャンプ場から燧ヶ岳の山頂(柴安嵓)までは、約4時間30分かかります。

尾瀬沼キャンプ場

【幕営数】28張
【料 金】800円(1人1泊)
【水 場】あり(公衆トイレの前)
【トイレ】近くの公衆トイレ(水洗式)
【風 呂】尾瀬沼ヒュッテで日帰り入浴可能(一人500円、17:00~18:30まで)

 

尾瀬沼キャンプ場は完全予約制です。

シーズン中(4月末-10月)はネットから予約可能です

テント場

テント場は尾瀬沼ヒュッテの裏手の樹林帯の中にあります。木道とデッキで区画されたテントサイトになっています。

キャンプ場は完全予約制ですが、テントサイト(何処に張るか?)は早いもの勝ちです。

テントサイトの詳細は↓こちらをご覧ください。