当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

北アルプス【槍ヶ岳周辺】エリア|山旅テント場ガイド’23

北アルプス・槍ヶ岳周辺で利用できるテント場(山小屋/キャンプ場)の幕営情報と、最新の営業状況をまとめました。

槍ヶ岳周辺のテント場マップ
槍ヶ岳周辺のテント場マップ
2023年営業状況一覧
山小屋/キャンプ場テント泊予約幕営数料金営業期間
槍ヶ岳山荘不要39張2,000円2023年 4/27日~11/4
殺生ヒュッテ不要80張2,000円2023年 6月中旬~
ヒュッテ西岳予約制30張2,000円2023年 7月上旬~
南岳小屋不要50張2,000円2023年 7/8〜10/14
槍沢キャンプ場
(ババ平)
不要30張2,000円2023年 4/27~11/4
槍平小屋不要60張2,000円2023年 7/12~10/9
広告

1. 槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘
槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘(やりがたけさんそう)は、槍ヶ岳の肩に建つ大規模な山小屋です。

槍ヶ岳山荘/テント泊情報(2023年)
連絡先期間中:090-2641-1911
営業期間4月末~11月初旬 ※2023年4月27日(木)~11月4日(土)
テント泊◯/予約不要
幕営数39張
料金1人1泊 2,000円
水場なし(小屋で販売。1L:200円)
トイレテント場の北側
風呂なし
電波ドコモ:◯ / AU:◯ / ソフトバンク:◯
関連サイト槍ヶ岳山荘のホームページ
槍ヶ岳山荘グループ(Twitter)
備考確認日:2023/5/23

▲▲▲ テント場 ▲▲▲
槍ヶ岳と槍ヶ岳山荘

テント場は小屋の南側、山の斜面の岩場に設けられています。

テントサイトは39個に区画整理されていて、それ以上の数のテントは張れません。

また、つ一つの区画は狭いので大きなテントも張れません。

風が強いので強風が予想されるときは、殺生ヒュッテまで降りたほうが無難ですね。

2. 殺生ヒュッテ

殺生ヒュッテ
殺生ヒュッテ

殺生ヒュッテ(せっしょうひゅって)は、槍ヶ岳の肩まで登り40分、下り20分の場所に建つ山小屋です。

テント場は槍ヶ岳を仰ぎ見ることができる最高のロケーション。

殺生ヒュッテ/テント泊情報(2023年)
連絡先連絡事務所:0263-77-2008
営業期間6月中旬〜10月上旬 ※2023年営業予定
テント泊◯/予約不要
幕営数80張
料金1人 2,000円
水場なし(1L:200円で販売)
トイレあり
風呂なし
電波docomo:◯
関連サイト北アルプス山小屋友好会/殺生ヒュッテ
備考確認日:2023/5/23
▲▲▲ テント場 ▲▲▲
殺生ヒュッテ

テントサイトは小屋の近くの岩稜地帯ですが、わりと平坦な場所です。

槍ヶ岳山荘のテント場に比べて風の影響が少ないので、こちらに張ったほうが安心ですね。

3. ヒュッテ西岳

ヒュッテ西岳
ヒュッテ西岳

ヒュッテ西岳(ひゅってにしだけ)は、西岳のそばに立つ眺望の良い山小屋です。

ヒュッテ西岳/テント泊情報(2023年)
連絡先電話:090-7172-2062
営業期間7月上旬〜10月上旬 ※2023年営業予定
テント泊◯/予約制 ※2022年より
幕営数約30張
料金1人 2,000円
水場なし(1L:200円で販売)
トイレあり
風呂なし
電波docomo:◯、au:◯
関連サイト北アルプス山小屋友好会/ヒュッテ西岳
備考確認日:2023/5/23
▲▲▲ テント場 ▲▲▲
ヒュッテ西岳のテント場(A/B/Cサイト)
ヒュッテ西岳のテント場

テント場は赤沢山(あかざわやま、2670m)の方向へ少し行ったところで、3つのサイトに分かれています(上の写真のA/B/C)。

展望は抜群ですが、各サイトの端は崖なのでちょっと怖いですね。

夜中にトイレに行く時にも注意が必要です!

風もかなり強いです。

こちらは一番手間のAサイト。正面にはドーンと槍ヶ岳!

テントが張ってないので広さがわかりにくですが、ここで3~4張り設営できますね。

ヒュッテ西岳のテント場
Bサイト

こちらがBサイト。広さは3張分ぐらいありますが、水平な場所は1張分しかありません。

こちらが細長いCサイト。A・Bサイトに比べるかなり広いです!

中間部は左右が傾斜していますが、先端部は傾きがなく平坦な場所です。

Cサイト先端部からは正面にドーンと常念岳!

小屋からはやや遠くなってしまいますが、ベストポジションでしょう。

4. 南岳小屋

南岳小屋
南岳小屋

南岳小屋(みなみだけごや)は、槍ヶ岳から北穂高岳の稜線上の南岳の直下、大キレットの直前に建つ山小屋です。

南岳小屋/テント泊情報(2023年)
連絡先期間中:090-4524-9448
営業期間7月初旬~10月中旬 ※2023年7月8日(土)〜10月14日(土)
テント泊◯/予約不要
幕営数約50張
料金1人 2,000円
水場なし(小屋で販売)
※天水(雨水)は 1L:200円、ミネラルウォーターは 500ml:300円
トイレあり
風呂なし
電波ドコモ:◯ / AU:△ / ソフトバンク:△
関連サイト南岳小屋ホームページ
槍ヶ岳山荘グループ(Twitter)
備考確認日:2023/5/23
▲▲▲ テント場 ▲▲▲

テント場は小屋の前の広々とした平坦地。石ころが多いですが展望は申し分なし。

北穂高岳、滝谷の眺めが良く、比較的すいています。

5. 槍沢キャンプ場(ババ平)

槍沢キャンプ場(ババ平)~槍ヶ岳側
槍沢キャンプ場(ババ平)~槍ヶ岳側

槍沢キャンプ場槍沢ロッヂが管理するキャンプ指定地です。

小屋から30分ほど槍ヶ岳方面へ登った槍沢沿いにあります。

トイレと水場は整備されていますが、小屋から遠いでのでビールを買いに行けないのが難点です。

(小屋まで往復すると40-50分かかります)

槍沢キャンプ場/テント泊情報(2023年)
連絡先期間中:090-3135-0003(槍沢ロッヂ)
営業期間4月末~11月初旬 ※2022年4月27日(木)~11月4日(土)
テント泊◯/予約不要
幕営数約30張 ※槍沢の河原にも幕営可能(20張ぐらい?)
料金1人 2,000円
水場あり
トイレあり(水洗式)※2016年に改築
風呂なし
電波ドコモ:◯ / AU:△ / ソフトバンク:△
関連サイト槍沢ロッヂのホームページ
槍ヶ岳山荘グループ(Twitter)
備考確認日:2023/5/22

上高地からテント泊で槍ヶ岳を目指す場合は、ここで一泊する人が多いでしょう。

ここをベースキャンプにして、軽装で槍ヶ岳を往復することも可能です。

ちなみに、槍ヶ岳の肩までのコースタイムは下記の通り。

コースタイム

上高地→ババ平:5時間25分(逆コース:4時間05分)
ババ平→槍ヶ岳の肩:4時間45分(逆コース:2時間55分)

往復約8時間ほどかかる計算ですが、軽装ならもっと短時間で行って帰って来れるでしょう。

▲▲▲ テント場 ▲▲▲
槍沢キャンプ場(ババ平)~槍沢ロッヂ側
槍沢キャンプ場(ババ平)~槍沢ロッヂ側

石ころや砂利は多いですが、全体的に平坦な場所が多く、どこに張っても比較的快適です。

上記写真の左側の石積みは旧槍沢小屋の跡で、風除けにちょうどいい壁の役割を果たしてくれます。

2016年に水場とトイレ(水洗式)が改築され、女性でも安心して泊まれるようになりました。

なお、上記テントサイトの他に、槍沢沿いの河原にも幕営可能(20張ぐらい?)です。

6. 槍平小屋

槍平小屋(やりだいらごや)は、飛騨沢沿いにある静かな山小屋です。

槍ヶ岳・飛騨沢ルートのベースキャンプとして、槍ヶ岳~大喰岳~中岳~南岳の周回コースも可能です。

コースタイム

新穂高温泉→槍平小屋:4時間35分(逆コース:3時間35分)
槍平小屋→槍ヶ岳の肩:5時間00分(逆コース:2時間50分)

槍平小屋/テント泊情報(2023年)
連絡先直通:090-8863-3021
営業期間7月中旬~10月中旬 ※2023年7月12日(水)~10月9日(月)
テント泊◯/予約不要
幕営数約60張
料金1人 2,000円
水場あり
トイレあり
風呂なし
電波 
関連サイト槍平小屋のホームページ
槍平小屋ニュース
槍平小屋(Twitter)
備考確認日:2023/5/23

▲▲▲ テント場 ▲▲▲

テント場は小屋のそばの広々とした平坦地で石ころが多い場所。

穂高の山並みを仰ぎ見れるロケーションにあり、穂高の夕焼けがきれいとのこと。

~~~ コメント ~~~