丹沢・大山~表参道から大山山頂周遊コース

前回ブログの続き

ということで、
今回の登山コースとポイントをリポートしていきます。

日程・登山コース

【日程】2017年4月15日(土)
【メンバー】私、T氏、Y氏(3名)
【登山口までの交通】
 往復:小田急線伊勢原駅⇔(バス25分)⇔大山ケーブルバス停

【登山コース】大山:表参道からの大山山頂周遊コース

大山に登るコースは、
①ケーブルカーがある表参道を登るコース
②ヤビツ峠からイタツミ尾根を登るコース
③日向薬師から雷ノ嶺尾根を登るコース
④広沢寺温泉から唐沢峠経由で登るコース
⑤蓑毛から裏参道を登るコース
⑥地獄沢橋または、一の沢峠から大山北尾根を登るコース
(⑥は破線ルート)

と6つありますが、今回は最も一般的なコースで、
表参道から登り、下りは見晴台を経由して表参道を下山する、
大山山頂周遊コースをとりました。
(ケーブルカーには乗りません)

【コースタイム】

※大山には4~5回登っていますが、今回の表参道から登るコースは、12年ほど前に1回登ったきり2回目

小田急線伊勢原駅~大山ケーブルバス停

小田急線伊勢原駅から、大山ケーブル行きのバス(8:25分頃)に乗車。
休日の割りに人は少なく、全員座って乗れました。
※大山ケーブル行きは、時刻表以外の臨時便?が結構でているようです。

25分ほどで、大山ケーブルバス停に到着

バス停付近にトイレ、手洗い場、靴洗い場、自販機等あります。

大山ケーブルバス停~表参道(男坂)

阿夫利神社下社への表参道を歩いて行きます。
(はじめは舗装路)

表参道はしばらくすると、狭い石段の道になります。

表参道の両側には、お土産屋、食堂、豆腐料理屋、宿坊(旅館)等が軒をつらねています。
狭い石段の道を登って行きます。

10分程で大山ケーブルカー駅に到着。
今回は、ケーブルカーには乗らずに、歩いて登ります。

ケーブルカー駅の先で、表参道は、男坂と女坂に分岐します。

男坂は尾根上をまっすぐ登る急な道。
女坂は緩やかな道で、大山寺、女坂7不思議、等の見どころがあります。
登りは尾根上で明るい男坂を登ります。
(下りは女坂を降りる予定で)

男坂はいきなり急な階段で始まります。
70度ぐらいありそうですね。

この階段を始めて登った時(12年前)は、
一気に登れなかったのを思い出しました。

その時は、4~5段登っては休憩、
また4~5段登って休憩の繰り返しでした。(^-^;

急な階段が続きます。

まだまだ、急な階段が続きます。
12年前に来た時には、こんなに階段ばっかりだった記憶はなかったのですが…

阿夫利神社下社までは、たいたいこんな感じです。

阿夫利神社下社

表参道を登り始めて1時間ほどで、阿夫利神社下社の境内に到着。
ここには、売店やトイレがあります。

境内の階段を上りきって、やっと、阿夫利神社下社に到着。

ここからは、相模平野が見下ろせます。

下社正面の右手に「大山名水」の入口があります。
入っていくと…

「大山名水」が竜の口から湧き出ています。

柔らかくておいしい水です!

2リットルのポリ容器に「大山名水」を汲んでいきました。

阿夫利神社下社~大山山頂

下社正面の左側に大山山頂(阿夫利神社本社)への道が続きます。

ここでお祓いをして山頂(頂上本社)へ登ります。
御祓い料は100円。
強制ではないのでお祓いしている人はあまりいないようです。

ここが、山頂(頂上本社)への入口。
ここが一丁目で、山頂まで〇○丁目の石票が建っていいます。
山頂は二十八丁目です。

門をくぐるといきなり急な階段。
男坂の階段で慣れてしまいましたが…

夫婦杉。(8丁目)
左右同形の巨木で、樹齢5、600年を経ている縁起のいい大木

 

天狗の鼻突き岩。(十五丁目)
天狗が鼻を突いてあけた穴といわている。

追分の碑(十六丁目)
蓑毛からの裏参道との合流地点。

 

富士見台(二十丁目)
天気が良ければ富士山が見えますが…
今日は、ガスッていて見えませんでした。

二十八丁目。
門をくぐるともうすぐ山頂です。

大山山頂

阿夫利神社本社の大きな石票が建っています。

階段を上って左側に売店。

奥に進むと、山頂の一番高いところに「阿夫利神社奥の院」。

南東側の開けたところに「大山山頂」の標識が建っています。

山頂からは相模平野が見下ろせます。
天気がよければ、江ノ島、大島、房総半島の大展望が広がるはずですが..
今日は、残念でした。

ここの景色が「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」の2つ星に選ばれたところですね。

東側に少し降りた所に、広くて景色がいい場所があります。

ここで休憩。
この場所の奥の方にトイレがあります。

まずは、赤ワインで乾杯!(お疲れさまー!)
おつまみはチーズ&サラミ。

昼食は、カップヌードルとミルクパンと…etc

食後は、阿夫利神社・下社で汲んできた大山名水で、ドリップコーヒー。

山頂で1時間ほど、休憩してから下山開始です。

大山山頂の穴場

東側広場のトイレの裏側に回り込んたところに…

FMヨコハマの送信所が建っているのですが、
目立たないところあるので、気が付かないひとがいるかもしれません。

穴場は、ここではなく、もうちょっと先。

山頂の北側に、
塔ノ岳・丹沢山が見える場所があります。
天気が良ければ、左側に富士山も見えるはずですが…

大山~見晴台~阿夫利神社下社

帰りは、雷ノ嶺尾根を下り、
見晴台経由で阿夫利神社下社へ戻ります。

降り始めの階段状の木道。
ここからの眺めもいいですね。

むしろ、山頂からよりも、いいかも…

相模平野が目前に迫ってくる感じで、迫力があります。
海(相模湾)もかすかに見えますね。

山頂から、1時間ほどで見晴台へ到着。
東南方面が開けた広い場所で、
テーブル&ベンチもたくさんあります。

 

見晴台から阿夫利神社下社へ向かう途中で
巨大な御神木を発見!

場所は二重滝の手前付近ですが、
案内板、等が出ていないので、通過してしまいそうでしたが、
丁度、人が降りてきたので、気が付きました。

人と比べると、巨大さがわかるでしょうか。
これだけの巨木なのに、案内板どころか、なんの説明文もありませんでした。

二重神社(左)と、二重滝(右)です。

見晴台から35分ほどで、
阿夫利神社下社(売店があるところ)へ戻ってきました。

売店でソフトクリーム(とうふ味)をいただきました。

とうふ味ってどんな味?
ちょっとざらっとした食感で、苦みがあって(にがりの味?)…
バニラ味のほうがよかったかな。

阿夫利神社下社~女坂~大山ケーブルバス停

行きは男坂を上ってきたので、帰りは女坂を下ります。

いきなり、急な下り階段が…しばらく続きます。

女坂の七不思議

女坂には七不思議があります。
・眼形石(めがたいし)
・潮音洞(ちょうおんどう)
・無明橋(むにょうばし)
・逆さ菩提樹(さかさ菩提樹)
・爪切り地蔵(つめきりじぞう)
・子育地蔵(こそだてじぞう)
・弘法の水(こうぼうすい)

七不思議を探しましょう!

【その七】眼形石(めがたいし)
人の眼の形をしたこの石に手を触れてお祈りすれば、
不思議に目の病が治ると言い伝えられている。

※ここは見過ごしてしまいました。(^-^;

【その六】潮音洞(ちょうおんどう)
洞(ほこら)に近づいて心を静め耳を澄ませると…
遠い潮騒が聞こえるという。

・・・近づいて…耳を澄ませると…
何も聞こえませんでした。

【その五】無明橋(むにょうばし)
話をしながら渡ると、橋から下に落ちたり、忘れ物や落とし物そしたり、
悪い事が起きたりするという。

【その四】逆さ菩提樹(さかさ菩提樹)
上が太くて下が細く、逆さに生えたように見えることから逆さ菩提樹という。
現在は2代目である。

・・・逆さには見えませんでした。

【その三】爪切り地蔵(つめきりじぞう)
弘法大師が道具を使わず、一夜のうちに手の爪で彫刻されたと伝えられる。
何事も一心に集中努力すれば実現できるとの教えである。

集中することは大切ですね!

【その二】子育地蔵(こそだてじぞう)
最初は普通のお地蔵様として安置されたが、何時の頃からか顔が童(わらべ)に変わっていた。
この地蔵に祈ると子供がすくすくと丈夫に育つといわれる。

【その一】弘法水(こうぼうすい)
弘法大師が岩に杖をついたら、その跡から清水がこんこんと湧き出たという。
夏でも枯れることが無く、いつでも水の量が変わらないという。

女坂のミツマタロード

 

女坂の七不思議【その二】子育地蔵を過ぎたあたりから
参道の両側にミツマタが生えている場所がしばらく続きます。
まさに、ミツマタロードといえる場所です。

 

ミツマタの花に気をとられていて、
女坂の七不思議の【その一】弘法水(こうぼうすい)は、
見逃してしまったようです。(^-^;

 

ミツマタロードが終わったところで、
男坂・女坂の分岐点に到着です。

ここからは、舗装された階段状の参道を下ります。
阿夫利神社下社から45分ほどで、バス停に到着。

バス停付近のトイレには、靴洗い場があるので、
登山靴を水洗いしているうちに帰りのバスが到着。
帰りのバスも、混雑することなく座れました。

あとがき

バスが出発してから2~3分。
バスの窓からは、満開の桜が見えました。
後で思うと、ここら辺が「大山桜」だったのかなーと…

最後に、

ゴミは持ち帰りましょう!


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇