プリムス・フェムトストーブ(P-115)にぴったりな風防~オプティマス・ウインドシールド

(2)

P-115とオプティマス・クリップオン・ウインドシールドオプティマス・クリップオン・ウィンドシールドとP-115

軽量&コンパクトでテント泊に最適なガス・バーナー、プリムス・フェムトストーブ(P-115)と、P-115にぴったりな風防、オプティマス・クリップオン・ウインドシールドを紹介します。

テント泊装備に風防を入れていない人も多いかと思いますが、風が強い日や、気温が低い時には、お湯がなかなか沸かないという経験をした人は多いでしょう。

風防があれば、風除けとしてはもちろんですが、熱が逃げにくくなるので、お湯が早く沸かせるし、燃料の消費も抑えられます。テント泊には、ぜひ持って行きたい装備のひとつです。

なお、今回紹介する風防は、

・プリムス・ウルトラバーナー(P-153)は、ゴトクを折り畳めば使用可能。
・SOTO・アミカス(SOD-320)はOK。
・SOTO・ウィンドマスター(SOD-320)は取り付けはOKですが…

詳細は後述します。

広告
広告

プリムス・フェムトストーブ(P-115)

プリムス・フェムトストープ(P-115)プリムス・フェムトストープ(P-115)

【重さ】57g
【出力】2100kcal/h

まずは、プリムス・フェムトストーブP-115)を簡単に紹介します。

去年から使い始めたばかりですが、軽量&コンパクトで使い勝手もいいし、単独テント泊にはピッタリのガス・バーナーですね。

以前あった、プリムス・ナノストーブP-114、64g)の後継機のようですが、さらに軽量化されて、点火装置やバーナー部が改良された製品です。
ただし、P-114は点火装置(13g)が取り外せたので、ライター等を持参する場合は、点火装置を外して、その分軽量化できたようですが、P-115の点火装置は一体式なので外せません。

主な特徴をあげてみます。

P-115の主な特徴
1.軽量(本体重量57g)
2.コンパクトに収納
3.細かい火力調整が可能
(とろ火でも安定した火力)
4.火力調整つまみを押し込むだけで点火
5.安定した3本ゴトク

軽量&コンパクト収納

このガス・バーナーの最大の特徴は、軽量&コンパクトなところです。

信頼できるメーカーの製品としては、最軽量ではないでしょうか。

特に収納時のコンパクトさが、ズバ抜けて素晴らしいですね!

折りたたむと、↓こんなに小さくて、薄くなります。

110ガス缶とプリムス・フェムトストーブ(P-115)プリムス・フェムトストープ(P-115)

プリムス・フェムトストーブ(P-115)/横からプリムス・フェムトストープ(P-115)

最近、重さ25gという中国製品も出回ってますが、怖くて使えません…(^_^;

カスタマーレビューは概ね良さそうですが…
こんなの↓

BRS 超軽量チタン合金ストーブ

【重さ】25g
【出力】2700W
AMAZONで見る

 

手持ちバーナーとの大きさ比較

手持ちの他のバーナーとの大きさも比較してみました。

横から見たところ。

斜め下から見たところ。ガスバーナーの大きさ比較(P-153, P-115, SOD-320, SOD-310)

上から見たところ。ガスバーナーの大きさ比較(P-153, P-115, SOD-320, SOD-310)

折り畳んだ時の、P-115(57g)のコンパクトさがわかりますか?

P-153(116g)も、バーナーヘッドが小さくてかなりコンパクトに収納できますが、重量が約2倍の重さ。

重さだけなら、SOD-310(67g、付属3本ゴトクの場合)もかなり軽いですが、バーナーヘッドが大きく高さもあるので、小さめのクッカーには収納しにくいですね。

細かい火力調整&とろ火の安定性

細かい火力調整が、ダイレクトに反応するので使いやすいです。

とろ火(超弱火)もできるので、米やアルファ米を炊く時に、吹きこぼれないように火力調節できます。

とろ火にすると、火力が不安定で消えてしまうバーナーもありますが、このバーナーは、とろ火でも火力が安定しているところが気に入ってます。

つまみを押し込むだけの点火装置

火力調整つまみと、点火スイッチが連動しています。

つまみを左に回して押し込むという、1連の動作でガスが噴出して点火できるようになっているので、慣れれば、すばやく点火することが可能です。

慣れないと使いにくいかもしれませが、従来通りの、つまみと点火装置を別々に操作することも可能です。

安定した3本ゴトク

プリムス・フェムトストープ(P-115)

このバーナーは3本ゴトクなので、4本ゴトクにくらべると安定性は悪いですが、ゴトクの長さが長め(バーナーの中心から約6cm)なので、3本ゴトクの割には以外と安定感があります。

ちなみに、その他の手持ちバーナーのゴトクの長さは以下の通り。

プリムス・ウルトラバーナー(P-153)
・4本ゴトク:約7.4cm

SOTO・アミカス(SOD-320)
・4本ゴトク:約5.4cm

SOTO・ウィンドマスター(SOD-310)
・付属の3本ゴトク:約5cm
・オプションの4本ゴトク:約7cm

プリムス・フェムトストーブ P-115

【重さ】57g(スタッフバッグ付きで62g)
【出力】2100kcal/h
AMAZONで見る
AMAZONで見る(SWEDENバージョン)

SWEDENバージョンは、スウェーデン国旗をイメージしたポーチと、ガスカートリッジが付いたオリジナルモデルです。本体にも一部スウェーデンカラー(青と黄色)が採用されています。

 

オプティマス・クリップオン・ウインドシールド

オプティマス・クリップオン・ウィンドシールド
【重量】87g
【直径】約12cm(ガス缶にセットした時)
【高さ】約10.5cm

そしてこれが、オプティマス・クリップオン・ウインドシールド。

ガス缶にワンタッチで取り付けられる、アルミ製(ハード・アノダイズド・アルミニウム)の風防です。

ガス缶に直接固定するので、移動も楽だし、安定感も抜群です。

ただし、直径が約12cmなので、直径12cm以上のクッカーや、バーナーは使用できません。

少し重い(87g)のが難点ですが、収納時はクッカーの外側にセットすれば、嵩張らずに持ち運び可能です。

↓表側からみたところ。オプティマス・クリップオン・ウィンドシールド

風防の取り付け方

ガス缶の口の部分へ直接取り付けます。

オプティマス・クリップオン・ウィンドシールド

風防を左右に開いて、ガス缶の首のところに挟むだけ。

プリムス・P-115と風防

P-115とオプティマス・クリップオン・ウィンドシールド

P-115をセットした、110サイズのガス缶に取り付けたところ。

写真は110缶ですが、250缶でも問題なく取り付けられます。

P-115と風防(上から見たところ)P-115とオプティマス・クリップオン・ウィンドシールド

大きさ(直径)といい、高さといい、P-115にぴったりサイズです。

P-115と風防(横から見たところ)P-115とオプティマス・クリップオン・ウィンドシールド

プリムス・P-153の場合

同じくプリムス・ウルトラバーナー(P-153)に取り付ける場合は、ゴトクが長いので、風防側のゴトクを畳めば、なんとか取り付けられます。

P-153と風防
P-153とオプティマス・クリップオン・ウィンドシールド

P-153の場合は、プリムスの純正品で同じ様な製品があります。

P-153のゴトクに合うように設計されていて、風防の上にゴトク用の切れ込みが入っています。ただし、価格が高いし、日本では入手困難なようです。
こんなの↓

プリムス・ウィンドスクリーン

AMAZONで見る

 

SOTO・アミカス(SOD-320)の場合

SOD-320と風防
SOD-320とオプティマス・クリップオン・ウィンドシールド

SOTO・アミカス(SOD-320)に取り付けた場合、ゴトクの長さは問題なし。

P-115に比べると、バーナーヘッドが約1cm高くなりますが、問題ないでしょう。

SOTO・ウィンドマスター(SOD-310)の場合

SOD-310と風防
SOD-310とオプティマス・クリップオン・ウィンドシールド

SOTO・ウィンドマスター(SOD-310)の場合、付属の3本ゴトクは取り付け可能ですが、バーナーヘッドの位置が高いので、風防としての効果はあまりないかもしれませんね。

※オプションの4本ゴトクの場合は、P-153と同じように、風防側のゴトクを折りたためば取り付け可能です。

風防の収納方法

見た目は嵩張る製品ですが、クッカーの外側にセットすれば、持ち運びは便利です。

私の愛用のクッカーの外側にセットしてみます。

プリムス・イージークックNS・ソロセットMオプティマス・クリップオン・ウィンドシールドの収納

写真だとスッキリ収まっているように見えますが…

プリムス・イージークックNS・ソロセットMの直径は20cm。

風防の直径も約20cmなので、スッキリ収まるかと思いきや、高さが、風防の方が少し高いので、クッカーの縁の出っ張り部分にかぶってしまい、今ひとつしっくりきません。

風防は底をずらして重ねれば、楕円形につぶせるので…

こんなふうに↓

オプティマス・クリップオン・ウィンドシールドの収納

外側がだめなら、クッカーの中へ入れてしまえ!

オプティマス・クリップオン・ウィンドシールドの収納
ということで、クッカーの中にいれるとこんな感じになりますね。

オプティマス・クリップオン・ウィンドシールドの収納

この状態では、250サイズのガス缶は入りませんが、110缶なら2つ入ります。

オプティマス・クリップオン・ウィンドシールドの収納

ついでに、P-115とガス缶のスタビライザーも入れてしまいましょう!

カトラリー以外の調理器具一式が全て収まりました。

・ガスバーナー(P-115)
・110ガス缶 ✕ 2缶
・風防(オプティマス・クリップオン・ウィンドシールド)
・スタビライザー(ジェットボイル付属のガス缶ホルダー)

これで、クッカーの蓋もちゃんと締まります!

ジェットボイル付属のスタビライザーは、バラでも購入可能です。
↓こちら

ジェットボイル・スタビライザー

コンパクトに収納可能です!

AMAZONで見る
楽天で見る

 

あとがき

オプティマス・クリップオン・ウインドシールドは去年の秋に購入したばかり。

テント泊ではまだ使用してないんですが、自宅で試した限りではなかなか良さそうです。

オプティマス・クリップオン・ウインドシールド

AMAZONで見る

難点は、重量が87gと少し重いところです。もっと軽い製品(チタン製とか)があればいいんですが…

ント泊で使用するのが楽しみです。

 

★★★関連記事★★★
登山用ガス・ストーブの燃焼音を比較してみました

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました。m(_ _)m

にほんブログ村(登山)ランキングに参加中!
↓応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
※クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

人気ブログランキング(登山)に参加中です。
↓応援クリックお願いします!


※クリックするとランキングサイトへ移動します!

山道具
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆

  1. ETLGLOBAL より:

    ありがとうございました。