豆知識~登山靴・寿命と買い替え時期

(0)

登山靴の寿命

登山靴の寿命はソール(靴底)が経年劣化することから、製造されてから5年程度とされています。この5年というのは購入してからではなく、製造されてから5年なので要注意!

でも、購入者側では製造日はわかりませんね。以下の買い替え時期の目安を確認して、あてはまる場合は「買い替え」か「ソールの張り替え」を検討しましょう。

買い替え時期の目安
●購入してから3~5年経過
●ソールが剥がれそう、傷み、ひび割れがある
●スリップしやすくなった
●ソールの溝が半分以下に減った

購入時の注意点

型落ちした旧モデルの登山靴が安売りされていることがありますが、製造日からの経年劣化が進んでいる可能性があるのでご注意ください。

登山靴は高価な買い物になるので、旧モデルでも手頃な価格であれば、購入したくなってしまいますね。でも、 旧モデルは価格が安ければ安いほど、経年劣化が進み、ソールの寿命が短くなっている可能性が高いと言えるでしょう。寿命が近くなった登山靴では、登山中に靴底が剥がれるといった事故も起こりやすいので、登山靴に限っては型落ち品はおすすめできません。

ただし、2~3年で買い替えるか、ソール(靴底)を張り替えるつもりであれば、安く購入できる旧モデルを選択するのも良いでしょう。

安売りされている登山靴は、経年劣化が進んでいる可能性があるので要注意!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までご覧頂きありがとうございました!
当サイトでは山旅の楽しさとお役立ち情報を掲載しています。他の記事もぜひご覧ください!
トップページへGO!

登山ブログのランキングに参加中です。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
山旅GOGO

◆コメント一覧