ホームグラウンド丹沢#3~丹沢山

丹沢山の山頂標
丹沢山の山頂標

こんにちは~(^_^)/

前回ブログの続きです。

今回は丹沢山(たんざわさん)、山頂からの展望はあまり良くはありませんが、塔ノ岳から丹沢山への稜線歩きが楽しいです!

スポンサーリンク

丹沢山

最後は丹沢山(たんざわさん・たんざわやま、標高1567.1m)です。

コースタイムは塔ノ岳から1時間30分程度(山と高原地図より)、登山口の大倉から登ってくると塔ノ岳を経て4時間50分ほどかかります。

日本百名山?

丹沢山は深田久弥の日本百名山に選ばれている山ですが、晴れていても展望はあまり良くありません。

冒頭の写真の方角に富士山が少し見えるくらいですね。

何故こんな地味な山頂を持つ山が、日本百名山に選ばれたのかというと…

もともと、丹沢山とは丹沢中央部に連なる山々の総称だったということ。

明治時代の測量時に一等三角点が設置され、その仮称として丹沢山と名付けられたのが、そのまま現在の山名になってしまったそうです。

以前は三境山(さんざかいやま)、三境ノ峰という名前で呼ばれていたようです。

山頂広場

山頂標識がある場所(冒頭の写真)から、少し先に平坦な広場があります。

こちらも、晴れていても周囲の展望はありません。

休憩用にベンチが4つ設置されていますが、ベンチはたいていは埋まっています。

ここで休憩をとる予定であれば、レジャーシート等を持参したほうが良いでしょう。

みやま山荘

みやま山荘
みやま山荘

広場の脇には山小屋「みやま山荘」が建っています。

小屋内の売店で「水、バッチ、ビール、日本酒、カレーライス、カップ麺など」が購入できます。

小屋の右側にはトイレが併設(男性用2、女性用2)されています。

みやま山荘

【宿泊】可能(30名ほど)
【営業日】通年営業(要予約)
【関連サイト】
みやま山荘ホームページ

蛭ヶ岳へ続く稜線

蛭ヶ岳へ続く稜線(後日撮影)

ここから、さらに丹沢最高峰の蛭ヶ岳(ひるがたけ、1673m)へと稜線が続いていきます。

丹沢山から先は登山者が少なくなり、静かに稜線歩きを楽しめて、景色も抜群なコースです。

ただし、日帰りで蛭ヶ岳へ登るのはかなり厳しい。

私も体調・天気・登山道のコンディションがベストなとき(年に数回)しか行けません。

今日はここから下山します。蛭ヶ岳への稜線歩きは、そのうちブログにアップしたいと思います。

(いつになるか…)

P.S.
天気が良くなかったので写真も今ひとつですね。まぁ、腕が悪いのですが…

じゃあまた。お疲れさま~

山行記

最後までご覧頂きありがとうございました。

本サイトでは山旅の楽しさと面白さと、とっておきのアイデアやお役立ち情報を掲載しています。他のページもぜひどうぞ!

山旅GOGOトップページへ
コメント欄へ

↓ブログランキングに参加中。応援クリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

山旅GOGO

~~~ コメント ~~~