標高2017mの雲取山へ(日帰り)

(0)

雲取山山頂

今年の初登りは西暦と同じ標高2017mの雲取山へ登ろう!とは決めたものの…

なかなか行けなくて…

そんな1月の最終日。天気も良さそうだったので思い切って、いや、気合を入れて実行に移すことにしました…

広告
広告

2017年の初登は標高2017mの雲取山へ

今年の初登りは西暦と同じ標高2017m雲取山へ登ろう!

とは決めたものの…(1月14日のブログ参照)

寒い日が続いていたので、朝早く起きて山に行こう!

なんて気がなかなかしなくて…

というか、2~3日前までは行く気満々なんだけど、前日の夜になると急に億劫になってしまい…(これって私だけ?あるある?)

積雪期なので、雪が凍っているとアイゼンが必要になるし、アイゼンを装着すると、通常より歩く時間が遅くなる。

日帰り予定なので、帰りの最終バスに間に合うかなぁ~?とか。

日が短いので、帰りは真っ暗で寒いだろうなぁ~。とか。

いろいろ考えてばかりで、なかなか実行に移せない日々が続いていました。

1月中には行きたいなぁとは思いながらも、1月ももう終わってしまいそうです。

そんな1月の最終日。天気も良さそうだったので思い切って、いや、気合を入れて実行に移すことにしました。

果たして日帰り&登頂できたのでしょうか?…(^-^;

日程・交通・登山コース

【日程】2017年1月31日(火) ・・・日帰り(予定)
【メンバー】単独

【登山口までの交通】
・往復:青梅線奥多摩駅⇔(バス35分)⇔鴨沢
・帰りの最終バス:鴨沢18:38分

【登山コース】
・往復:鴨沢⇔小袖乗越⇔堂所⇔七石小屋分岐⇔ブナ坂⇔奥多摩小屋⇔子雲取山⇔雲取山(2017m)

日帰りコースタイム

このコースを日帰りするためには、鴨沢バス停から雲取山まで、往復 9時間で帰ってこなければなりません。

下記にヤマプラで作成したコースタイムを載せておきます。

ヤマプラで作成した日帰りコースタイム
ヤマプレのコースタイム
※ヤマプラは、昭文社の「山と高原地図」を利用して登山コースとコースタイムを作成できる優れもの。
 詳しくは、1月14日のブログ参照の事。

ヤマプラで作成した日帰りコースタイムでは、18:30に鴨沢バス停まで戻ってこられるので、最終バスの18:38には間に合う計算です。

ただし、コースタイム中の休憩時間は「雲取山で10分のみ」で、それ以外の休憩時間はいれていません。

もちろん、休憩なしで歩き続けるわけではありません。

休憩時間を入れると、計算上では最終バスの時刻に間に合わなくなるのです。

よって、各通過地点の時刻は到着時刻ではなく、通過時刻(出発時刻)となります。

各地点をこの時刻内で通過すれば、帰りの最終バスに間に合うということです。

逆にいえば、各地点の通過時刻をオーバーするようであれば、日帰り&登頂は諦めなければなりません。

目途は雲取山に到着予定の14:5014:50までに雲取山へ到着しなければ、登頂は断念して引き返すか、山小屋に泊まるように計画変更が必要になります。

というわけで、今回はこの日帰りコースタイムの、通過時刻をチェックしながらの山歩きとなりました。

奥多摩駅~鴨沢バス停

早朝3:30に起床して、5:00過ぎに自宅を出発しました。

8:38頃、奥多摩駅に到着。

8:42分発の鴨沢西行きのバスに乗ります。今日は平日なので、乗客は少なく私を含め7~8名でした。

鴨沢バス停

バスで35分ほどで鴨沢バス停に到着。ここで降りたのは私を含めて4名のみ。

皆さん単独で、やはり今年の西暦と同じ2017mの雲取山を目指すそうです。私以外は山小屋で1泊するとのこと。

天気は快晴、気温も暖かい。絶好の登山日和になりそうです。

9:25頃。
トイレと準備を済ませ早々と出発します。
※予定より5分早く出発。

鴨沢バス停~小袖乗越

小袖乗越

9:45頃。鴨沢バス停から20分ほどで小袖乗越に到着。
※予定の通過時刻より15分早い

ここまでは雪はなく順調に歩けます。小袖乗越の駐車場は工事中でした。建設中の建物はトイレかな?

小袖乗越~堂所

小袖~堂所のコースタイムは、1時間45分と長いです。

この間コースタイムの目安になる地点はないので、堂所に到着しないと歩行ペース(どれくらい余裕があるのか?)がわかりません。

登山道は凍結している箇所が多くなりますが、登りは問題ありません。

(帰りの下りで何度かスリップして、こけそうになりましたが…)

堂所

11:20頃。堂所に到着。順調なペースです。
※予定の通過時刻より25分早い。

ここで少し休憩、行動食を食べます。

堂所~七ツ石小屋分岐 (1508m地点)

堂所から先は、日が当たらない場所は、積雪が残っている箇所が多くなりますが、アイゼンが必要なほどではありません。

七ツ石小屋分岐

12:05頃。七ツ石小屋分岐 (1508m地点)に到着。
※予定の通過時刻より30分早い。

鴨沢を出発してから2時間40分が経過。

そろそろ疲れてきました。お腹も減ってきた。軽く行動食を食して出発します。

七ツ石小屋分岐 (1508m地点)~ブナ坂

七ツ石小屋分岐を過ぎたあたりで、右足の太腿あたりに違和感が…

どうやら、右足の腿が攣りそうな気配がしてきました。

まだ大丈夫ですが、念のため歩くペースを落とします。一度攣ってしまうと、回復するのに時間がかかるからです。

この辺から、積雪が残っている場所が多くなります。登山道も片側が谷へ切れ落ちているところが多くなり、スリップすると危険なので慎重に進みます。

七つ石小屋~ブナ坂の中間ぐらい、積雪が多く凍結箇所も多くなってきました。

慎重に歩けばアイゼン無しで歩けそうですが、右足の腿が攣りそうで足元が怪しいので、ここでアイゼンを装着しました。

グリベルの12本爪アイゼン。両足で890gと軽量。

6本爪でも問題ありませんが、6本爪だとつま先と踵側に爪がなくて歩きにくいのです。

少しでも軽量化したい時以外は、12本爪を持って行きます。

ブナ坂① ブナ坂②

13:00頃。ブナ坂に到着。

足が攣りそうになったので、歩行ペースが随分落ちてしまいました。
※予定の通過時刻より15分早いが、30分あった余裕が15分もペースダウン。

ここで休憩。少し腹が減ってきたので、コンビにで買ってきたあんぱんを食します。

ブナ坂~奥多摩小屋(五十人平)

ブナ坂③ ブナ坂④

ブナ坂からの登山道はしばらくは防火帯。積雪もほとんどなさそうです。

ここでアイゼンをはずそうか迷いましたが、この先アイゼンが必要な箇所もあるでしょう。

外したり装着したりするのも面倒なので、アイゼンをつけたまま進みます。

と、ここで、またまた、右足腿の違和感がやってきました。

しばらく休んでから、ゆっくり歩き始めますが…

ああ、もう、ほとんど攣りそうだ…

いや、いや、もう攣っているのでしょう!

アイゼンを着けて歩くのも、足への負担になっているようです。

たまらずアイゼンをはずします。

ザックにしまうのは面倒なので、片手で持つて歩き始めます。

休み、休み、ゆっくりと…

※ここへ来て登頂&日帰りの計画は怪しくなってきました。

奥多摩小屋①

13:40頃。

奥多摩小屋(五十人平)に到着。ここでトイレ休憩。

※予定の通過時刻からはまだ10分早い。
実際の歩行ペースはもっと落ちているはずですが、コースタイム自体が実際より長く設定されているのでしょう。

奥多摩小屋②
小屋の前から富士山が見えました。

アイゼンも必要なさそうなので、ザックにしまって出発します。

奥多摩小屋~小雲取山~雲取山

奥多摩小屋から、小雲取山までの登りはきついですが、幸い、右足の調子は回復してきました。

14:15頃。

小雲取山へ到着。
※予定の通過時刻からはまだ5分早い。

小雲取山から雲取山は、コースタイムで30分。もう少しです。

雲取山非難小屋①

雲取山非難小屋が見えてきました。

もう一息だ!

雲取山非難小屋②

14:35頃。雲取山避難小屋に到着。

雲取山の肩①

非難小屋は雲取山の南側の肩に建っていますが、ここからの眺めも素晴らしい。

雲取山の肩②

山頂のような標識が建っているので、紛らわしいですが、ここは山頂ではありません。

鴨沢から雲取山へ初めて登る人は、ここが山頂かと間違いやすいですね。

ここまでくれば、もう山頂へ着いたも同然です。1分ほどで山頂へ。

雲取山の山頂へ到着

雲取山の山頂②

14:40頃。

雲取山山頂に到着しましたー!

※予定の通過時刻からは10分早い

山頂には、雲取山西暦2017年の記念碑と、新しくなった山頂標識が建っていました。

予定の到着時刻からは10分早いので、予定の休憩時間10分+10分=20分の休憩が取れる計算です。

先客は1名のみ。私が着いた時に丁度降りいってしまったので、雲取山の山頂は独り占め状態となりました。

しばらくは写真を撮ったりしながら達成感にひたります。

山頂風景の動画を撮ったので、こちらをご覧ください↓
※画像をクリックすると再生します。

そろそろ腹が減ってきました。天気も良くて暖かく、風もあまりないので山頂で食事にします。

今日は、日清のごんぶときつねうどん。カップはかさばるので中身だけ持ってきました。

本来、熱湯であたためるだけで食べるものですが、茹でたほうが熱々でふっくらして、腰もあっておいしいです。常温で保存できるので山飯としておすすめ。

クッカーでお湯を沸かして、うどんを入れて2~3分煮込んだら、粉末スープと液体スープと揚げを入れかき混ぜて出来上がり。

ごんぶときつねうどん

山頂で熱々のきつねうどん

心も体も温まりますねー。

あまりゆっくりしている時間はありません。
さっさと食べて下山しなけらばなりませんが、せっかく来たので少しだけゆっくりしよ~っと。

少しぐらい(10~20分ぐらい)遅れても、途中で挽回できるでしょう!

雲取山~鴨沢(下山)

15:10頃。下山開始。

予定の下山開始時刻からは10分遅れなので、途中で10分ほど挽回しなければなりません。
※予定の通過時刻から10分遅れ

小雲取山

15:30頃。子雲取山へ到着。
※予定の通過時刻から10分遅れ

奥多摩小屋(五十人平)

15:55頃。奥多摩小屋へ到着。
※予定の通過時刻から20分遅れ

あれっ!
挽回するどころか、20分遅れになってしまった!

もっとペースをあげないと!

途中、奥多摩小屋からブナ板の防火帯で、鹿の群れ(9匹)を発見。

動画を撮ったので、こちらをご覧ください↓
※画像をクリックすると再生します。

 

ブナ坂

16:15頃。ブナ坂へ到着。

20分の遅れが取り戻せない。
※予定の通過時刻から20分遅れ

七ツ石小屋分岐(1508m地点)

16:45頃。七ツ石小屋分岐(1508m地点)に到着。

20分の遅れがなかなか取り戻せません。

このままだと、最終バスの時刻に間に合わない!

少し不安になってきました。
※予定の通過時刻からまだ20分遅れ

堂所

17:05頃。堂所へ到着。

5分だけ遅れをとり戻しました。
※予定の通過時刻からまだ15分遅れ

堂所~小袖乗越のコースタイムは1時間20分と長いですが、登りではコースタイムより10分ほど早く歩けたので、この調子で行けば何とか間に合いそうです。

ただし、この間はコースタイムの目安になる地点はないので、小袖乗越に到着してみないと、15分の遅れが取り戻せたのかわからないのですが…。

そろそろ日が暮れてきたので、真っ暗になる前にヘッドライトを装着して出発。

小袖乗越

帰りの小袖乗越

18:00頃。小袖乗越に到着。

予定の通過時刻は…18:10…なので…

よっしゃ!

ここで一気に15分の遅れは取り戻せた!(10分の余裕ができた)

これで一安心です。

※予定の通過時刻から10分早い

鴨沢バス停

帰りの鴨沢バス停

18:10頃。
鴨沢バス停に到着。予定の通過時刻は18:30なので、20分も余裕でした。

18:38分、奥多摩駅行きの最終バスに無事乗車。

乗客は1名私だけ。奥多摩駅まで結局だれも乗車せず、専用バスのようになってしまいました。

2017年の初登り~雲取山(日帰り)を終えて

途中で足を攣ってしまったのが想定外でしたが、山登りは去年の11月以来2か月ぶりだったので、やはりオーバーペースだったのかもしれません。

まぁ、ほぼ予定通り、目的を達成できたので満足ではありますが…
次は何処へ行こうかなぁ~

◆◆◆コメント◆◆◆