丹沢・ミツバ岳(大出山)~ミツマタの花を見に行く

(0)

ミツバ岳山頂

西丹沢・丹沢湖の北側の位置するミツバ岳(834m)の正しい山名は大出山(おおだやま)と呼びます。登山ガイド本にはほとんど載っていない山ですが、ミツマタの花が咲く3月下旬~4月上旬には多くの登山者で賑わいます。「山と溪谷」2017年4月号に掲載されていた記事を読んで…登ってみることにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山と溪谷4月号~丹沢・ミツバ岳とミツマタの花

2017年3月発売の「山と溪谷」4月号に、丹沢のミツバ岳の記事が載っていました。それも、2つの記事で取り上げられてました。

一つは「丹沢巡礼 春から初夏へ」という記事で、早咲きの桜~初夏の花の横綱シロヤシオツツジとともに、ミツバ岳のミツマタ群落の写真が載っていました。もう一つは「春を彩る花の山」という記事で、ミツマタの花と富士山のコラボが楽しめる山として、ミツバ岳から権現山のルートが紹介されています。

いつも、次は何処の山に登ろうか?と悩みまくっているので、この記事を見て、よし、次はミツバ岳へ登ろう!と即決しました。(^_^)/

以前、登る計画を立てていた山ですが、今回初めて登ります。丹沢がホームグランドだと勝手に思っているので、全国的に紹介されるのは嬉しいのですが…その反面、登山者が増えるのは~ちょっと困りますね。(^_^;

ミツマタとは?

ミツマタは「和紙の原料」としてよく知らている低木です。枝の先が3つに分岐して、その先がまた、どんどん3つに枝分かれしてゆく様子が、ミツマタ(三又)の名前の由来になっているようです。木や花に詳しくない私でも、枝の形だけですぐにミツマタだとわかります。(花や葉っぱがなくても…)

丹沢・ミツバ岳(大出山)について

ミツバ岳(834m)は、西丹沢の丹沢湖のすぐ北側に位置します。登山ガイド本にはほとんど載っていないので、一般的にはあまり知られていない山ですが、ミツマタの花が咲く3月下旬~4月上旬には、多くの登山者で賑わいます。

昭文社「山と高原地図」には、登山道が破線で記載されていますが、浅瀬入口バス停からの往復コースは、危険な場所や急な斜面はありません。道に迷いそうな場所もなく、初心者でも問題なく登れる登山コースです。

ミツバ岳という山名は誤りで、正しい名前は大出山(おおだやま)と呼びます。大出山のミツマタ畑(ミツマタバタケ)が「ミツバダケ」と勘違いされて広まってしまったようです。
参考:ヤマレコ/ミツバ岳(大出山)

日程・登山コース・交通

【日程】2017年3月19日(日) ・・・日帰り
【メンバー】単独

登山コース

浅瀬入口バス停からの往復。

※山と溪谷4月号では、ミツバ岳から権現山へ向かい、浅瀬入口へ降りる周回コースが紹介されています。

所要時間

浅瀬入口バス停→滝壺橋→ミツバ岳:1時間40分
ミツバ岳→滝壺橋→浅瀬入口バス停:1時間20分

登山口までの交通

小田急線・新松田駅より、西丹沢ビジターセンター(西丹沢自然教室)行きのバスに乗車。

【往復】
○小田急線・新松田駅
|(バス45分)
○浅瀬入口バス停

新松田駅~浅瀬入口~滝壺橋

小田急線新松田駅・西丹沢自然教室行のバス停

小田急線・新松田駅から、西丹沢ビジターセンター(西丹沢自然教室)行きのバスに乗車。バス停は駅の目の前、一番近いところなので迷うことはないでしょう。

丹沢・ミツバ岳・浅瀬入口

新松田駅から、バスで45分ほどで浅瀬入口バス停に到着。ここにはトイレも水場もないので、トイレに行きたい場合は、1つ手前の丹沢湖バス停で降りると良いでしょう。

丹沢湖~浅瀬入口は徒歩で5~6分程度かな?

丹沢・ミツバ岳・落合トンネル

ミツバ岳の登山口は、丹沢湖の北側にそって西に進みますが、いきなり長いトンネル(落合トンネル)抜けて行きます。トンネルの右側に権現山への登山口が見えますが、今回のコースはトンネルを直進します。

丹沢・ミツバ岳・駐車場丹沢・ミツバ岳・駐車場

マイカーで来る場合、駐車場はミツバ岳の登山口の手前に2か所あります。あと、少し先にもう1箇所あるようですが、それぞれ10台ちょっとしか止められないので要注意。(丹沢湖バス停の近くの駐車場は約80台)

滝壺橋~ミツバ岳

丹沢・ミツバ岳・滝壺橋丹沢・ミツバ岳・滝壺橋

浅瀬入口から徒歩40分。滝壺橋の先にミツバ岳の登山口があります。登山口に入るとすぐに登山道が崩落した箇所がありますが、危険な場所ではないので大丈夫。

丹沢・ミツバ岳・登山道

登山道は杉の樹林帯をひたすら登ります。

丹沢・ミツバ岳・登山道・ミツマタの花丹沢・ミツバ岳・登山道・ミツマタの花

しばらく登ると(20分ぐらい)、ミツマタの木がところどころに見られるようになります。

丹沢・ミツバ岳・登山道・ミツマタの花丹沢・ミツバ岳・登山道・ミツマタの花

だんだん、ミツマタの木が多くなってきました。期待できそうです。

ミツマタの林

山頂に近づいてきました。おっと、これは…何処かて見たようような景色です。

丹沢・ミツバ岳・山頂付近丹沢・ミツバ岳・山頂付近

ミツバ岳の山頂付近はミツマタの密集地でした! そのミツマタの低木の下をくぐるように登山道が続いています。どっかで見たような景色だと思ったら、2月に行った筑波山の梅林に似ていますね。

丹沢・ミツバ岳・山頂付近のミツマタ丹沢・ミツバ岳・山頂付近のミツマタ

ミツマタの花は7分咲ぐらいでしょうか? ミツマタの花自体をあまり見たことがないので、よくわからないのですが…だぶん…

もうすぐ山頂です!

ミツバ岳の山頂

ミツバ岳山頂

ミツバ岳山頂

滝壺橋の登山口から約60分。ミツバ岳の山頂に到着!

うーん。ミツマタの花は見事なんですが、展望がなくて地味な山頂ですね。

と思いきや…山頂の西側の方に人が集まっているような気配がありました。人の気配がする方向に、ミツマタの枝をかき分けて行くと、金網の柵があり…

金網の柵をくぐり抜けると…

ミツバ岳山頂から富士山

じゃーん!富士山とミツマタのコラボ!

これこれ!「山と溪谷」に載っていた写真と同じ景色。

見事ですね~。「山と溪谷」の写真ほどきれいに撮れていませんが…山頂標識がある場所が、ミツマタの木に覆われて、展望がなかっただけに、一気に視界が開けて見える景色は、なおさら感動的でした~。

誰もいないと思っていた山頂でしたが、ここには十数名の登山者が景色を眺めたり、写真を撮ったりしながら、くつろいでいる様子でした。

下山~履き慣れた登山靴でくるぶしの痛み?

最初の予定では「山と溪谷」で紹介されていたミツバ岳~権現山の周回コースを歩くつもりでした。ミツバ岳山頂でゆっくり食事をしてから、権現山に向かおうと思っていたのですが…予定変更です。

ミツバ岳に登る途中で、左足のくるぶしが痛くなってきて、これ以上、山道を歩くのは苦痛になってきたんです。

そんなわけで、権現山へ行くのはやめて、最短で下山できるように登ってきたコースを浅瀬入口まで戻ることにしました。くるぶしの痛みは登山靴のせいなんですが、今回は、履き慣れた登山靴なので…

原因不明???

ネットで調べてみると、履き慣れた靴でも、くるぶしあたりが痛くなることがあるようですが…原因究明したらお知らせします。

↓こちらのブログに詳しい記事をUPしました!
履き慣れた登山靴で踝が痛くなった件

下山途中の、丹沢湖とミツマタの花の眺め。これも「山と溪谷」に載っていた写真と同じ風景ですが…「山と溪谷」の写真ほどきれいに撮れていないのが…残念です。(^_^;

スポンサーリンク
スポンサーリンク
山行記

最後までご覧頂きありがとうございました!
当サイトでは山旅の楽しさとお役立ち情報を掲載しています。他の記事もぜひご覧ください!
トップページへGO!

登山ブログのランキングに参加中です。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

山旅GOGO

◆コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク