南高尾山稜~泰光寺山、入沢山(天空レストラン)

上:入沢山、下:泰光寺山

前回、南高尾山稜(ハート形の周回コース&セブンサミッツ)を紹介しましたが、そのときに見逃してしまった2つのピーク(泰光寺山、入沢山)へ登ってきました。

両ピークともに、山頂へ至る標識が設置されていないため、見過ごしてしまいがちです(とくに入沢山の入口はわかりにくい)。

今回は、この2つのピークを見逃さないように、山頂への入口と山頂の様子をレポートします。

スポンサーリンク

トレッキングレポート

では、早速、南高尾セブンサミッツの2つのピーク(泰光寺山、入沢山)のレポートを始めましょう。

日程:2020年5月18日(水)
天気:晴れ
メンバー:単独

なお、南高尾山稜コース(ハート形の周回コース、セブンサミッツ)については、↓こちらの記事をご覧ください。

泰光寺山

まずは、南高尾セブンサミッツ3番目のピーク、泰光寺山(たいこうじさん、475m)です。

山頂へ至る登山道は、上の写真「フクロウの広場」から2分ほど進んだところにあります。

(草戸山から歩いて来た場合)

ここが、泰光寺山への分岐点です。右手の急階段を登ってゆくと泰光寺山の山頂に至ります。

手前に標識が立っていますが、泰光寺山とは書かれておらず、そのうえ急階段なので、知らなければわざわざ登って行こうとする人は少ないでしょう。

前回来た時は、我々もこの急登を避けて通り過ぎてしまったのです。

南高尾・泰光寺山の山頂

ここが、泰光寺山の山頂です。

山頂の少し開けた場所にベンチが3つ、奥の方にもう1つベンチが設置されています。

静かな山頂で、展望はほとんどありません。

南高尾・泰光寺山の山頂

こちらが、泰光寺山の山頂標識です。

山頂を通り過ぎると、南高尾山稜の縦走コースに合流します。

入沢山

次は、南高尾セブンサミッツ4番目のピーク、入沢山(いりさわやま、490m)です。

入口には標識類が何もないため、一番見逃しやすいピークでしょう。

というか、入口を知らないと入沢山の山頂へはたどりつけません。(^_^;)

噂では、セブンサミッツの中で一番の絶景ポイントとのことでしたが……

入沢山の山頂へ至る登山道を探す目印は、上の写真「語らいのベンチ」です。

「語らいのベンチ」は、「龍の広場」から7~8分の場所にありますが、登山道から左に少し降りたところにあるので、見過ごさないように注意しましょう。

「語らいのベンチ」の5~6メートル手前(草戸山方面)に、入沢山へ登る入口があります。

標識類は何もないので、踏み跡をたどって登って行きます。

急登を登りきると平坦な場所に出ますが、まだ山頂ではありません。

ここから、1分ほど先に進むと……

開けた場所に出ました!

ここが入沢山の山頂でしょう!

南高尾・入沢山の山頂

入沢山の山頂には、テーブルとベンチが複数設置されています。

南高尾・入沢山の山頂

「入沢山 天空レストラン」という、映える看板もありました。

ただし、ここには売店などはありませんので、飲み物、食べ物は持参してください。(^_^;

南高尾・入沢山の山頂

北西方面の展望が開けていて、気持ちいい!

テーブルとベンチが開けた方向に設置され、ほんとうに展望レストランのようです。

休憩&食事を取るのに持ってこい場所ですね。

セブンサミット随一の展望スポットと言って間違いないでしょう。

なお、入沢山の先は行き止まりになっているので、南高尾山稜コースに戻るには、登って来た道を引き返します。

あとがき

今回は、とくに入沢山の展望に期待していたのですが、実際に登ってみて、がっかりということも予想していました。

しかし、期待通りの展望と予想以上に気持ちの良い場所でした。

南高尾山稜コースを歩く場合は、ぜひ、入沢山にも登っておきましょう。

山行記

最後までご覧頂きありがとうございました。

本サイトでは山旅の楽しさと面白さと、とっておきのアイデアやお役立ち情報を掲載しています。他のページもぜひどうぞ!

山旅GOGOトップページへ
コメント欄へ

↓ブログランキングに参加中。応援クリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

山旅GOGO

~~~ コメント ~~~