南高尾山稜~ハート形の周回コース&セブンサミッツ

高尾山は全国的に有名な山ですが、南高尾山稜コースを知っている人は少ないのではないでしょうか。

高尾山の賑わいはなく、静かな山歩きが楽しめる穴場的なコースです。

コース途中に「南高尾セブンサミッツ」と呼ばれる7つの山頂があり、

また、南高尾山稜から高尾山を周回するコースはハートの形をしているため、「南高尾ハートルート」とも呼ばれています。

今回は、そんな魅力に満ちた南高尾山稜コースを紹介します。

スポンサーリンク

南高尾山稜コースの概要

南高尾山稜コース(ハート形の周回コース&セブンサミッツ)
南高尾山稜コース(ハート形の周回コース&セブンサミッツ)

南高尾山稜コースは、高尾山の東側から南側へ続き、さらに西側まで高尾山を囲むように連なる、標高300m~500m前後の縦走路です。

(東側の四辻~草戸山~榎窪山までは、南高尾山稜と区別して東高尾山稜と呼ぶ)

危険な場所はありませんが、低山ながらアップダウンが数多く、意外と疲れるコースになっています。

初心者にはややキツイ山歩きになりますが、随所にベンチや休憩所があり、途中にエスケープルートもあるので安心です。

各休憩所に設置された小道具やモニュメントも、登山者の心を癒してくれるでしょう。

ハート形の周回コース(南高尾ハートルート)

上記地図のように、高尾山口駅を起点として、南高尾山稜~大弛峠~高尾山~(1号路)~高尾山口駅へと1周すると、ハート形の周回コースになります。

その形から「南高尾ハートルート」とも呼ばれる、全長約16kmに及ぶロングコースです。

途中の三沢峠、西山峠、中沢峠、大垂水峠から下山できるので、体力やその日の体調に合わせたコースどりが可能です。

南高尾セブンサミッツ

南高尾山稜には7つのピークがあり、南高尾セブンサミッツと呼ばれています。

それぞれの山名と標高は以下のとおりです。

南高尾セブンサミッツ

1.草戸山(くさどやま)364m
2.榎窪山(えのくぼやま)420m
3.泰光寺山(たいこうじさん)475m
4.入沢山(いりさわやま)490m
5.中沢山(なかざわやま)494m
6.コンピラ山(こんぴらやま)515m
7.大洞山(おおぼらやま)536m

(山名のひらがな読みは、山と溪谷社「アルペンガイド 高尾山と中央線沿線の山」より)

登山口/交通/コースタイム

登山口/交通

京王線/高尾山口駅が起点となります。

高尾山口駅~大垂水峠の間はバス(神奈川中央交通)が運行していますが、本数は少ないので注意してください。

バス時刻表

高尾山口駅→相模湖行
大弛峠→八王子駅北口/高尾山口駅行

コースタイム

昭文社「山と高原地図」のコースタイムは以下の通り。

・高尾山口駅→四辻→セブンサミッツ→大垂水峠(約4時間20分)
・大垂水峠→一丁平→高尾山→薬王院→高尾山口駅(約2時間40分)
・合計約7時間(休憩なしの時間)

<エスケープルート>
・三沢峠→梅の木平→高尾山口駅(約1時間5分)
・西山峠→山下→高尾山口駅(約1時間5分)
・中沢峠→山下→高尾山口駅(約1時間10分)
・大垂水峠→山下→高尾山口駅(約1時間20分)
※大垂水峠~山下までは(国道20号)、歩道が設けられていない場所が多いので車には要注意!

山と高原地図 高尾・陣馬

 

出版社:昭文社(2022/2/25)

Amazonで見る

ヤマケイ アルペンガイド/高尾山と中央線沿線の山

 

南高尾山稜は大垂水峠から高尾山口駅へ下る逆コースが掲載されています。
出版社:山と渓谷社(2016/8/25)

Amazonで見る

注意点

南高尾山稜コース中には、トイレ、売店、水場はありません。

(高尾山付近まで行けば公衆トイレがあります)

トレッキングレポート

ここからは、先日、南高尾山稜コースを歩いてきたときのレポートです。

高尾山口駅から登山口までの道順と、コース中の見どころや休憩ポイントなどを紹介していきます。

日程:2022年5月7日(土)
天気:曇り時々晴れ?
メンバー:私、T氏、Y氏(3名)

高尾山口駅~登山口~四辻

高尾山口駅前

起点となる京王線/高尾山口駅前です。

ゴールデンウィーク中の土曜日ですが、天気予報が悪かったせいか人は少ないですね。

四辻

高尾山口駅を出たら、正面方向に進み(高尾山方面は右方向)、駅前の西氷川橋を渡ります。

すぐに、国道20号(甲州街道)に出るので、「高尾山口駅前」の信号を右へ進みます。

しばらく歩き(2~3分)、「高尾山入口」の信号の手前を左折(斜め左)します。

奥の分岐は左へ進みます。

この標識が、登山口の目印です。

南高尾山稜コースへ行くには「四辻・草戸峠」方面を目指します(右手方向)。

この民家の間の細い道が登山道への入口です。

民家の間を抜けるとすぐに山道になります。

四辻

登山口から10分ほどで四辻(よつじ)に到着。

ここから、東高尾山稜~南高尾山稜の稜線歩きがはじまります。

草戸峠

草戸峠

四辻から約1時間10分。草戸峠(くさどとうげ)に到着。

高尾山方面の景色が開けた場所で、ベンチもあるのでゆっくり休憩できますが、草戸山まではもう少しです。

草戸山~大洞山(南高尾セブンサミッツ)

①草戸山(1番目のピーク)

草戸山

草戸峠から約10分で、南高尾セブンサミッツ1番目のピーク草戸山(くさどやま、364m)の山頂に到着。

以前は標高が365mだったことから、地元では一年山と呼ばれているそうです。

草戸山

山頂には鳥居と小さな祠が祀られていました。

草戸山

展望台も設置されていますが、現在は老朽化のため立入禁止になっています。

草戸山

北方面の展望が開けています。

ふれあい休憩所

ふれあい休憩所

草戸山から10分ほど先にある、ふれあい休憩所。

あずまやが建ち、木々の間から城山湖が見下ろせる展望スポットです。

②榎窪山(2番目のピーク)

榎窪山

ここは、南高尾セブンサミッツ2番目のピーク、榎窪山(えのくぼやま、420m)の山頂です。

ハート形コースの一番下に位置する場所にあたりますが、ここが榎窪山だとは、気付かずに通り過ぎてしまいました。

あとで写真を見返したら、標識に「榎窪山」を書かれていたので、ここが榎窪山で間違いないでしょう。

南高尾セブンサミッツの中で一番地味な山頂です。

三沢峠

三沢峠

草戸山から40分ほどで、三沢峠(みさわとうげ)に着きます。

南高尾山稜の中では珍しく、やや暗い雰囲気ですが、夏場など暑い時期には涼しいかもしれません。

ここから、「梅の木平」バス停に下山する道があり、エスケープルートとして利用できます。

ふくろうの広場

フクロウの広場

三沢峠から15分ほどで、フクロウの広場(休憩所)へ到着。

何故?フクロウなのかと言うと……

フクロウの広場

広場の入口にフクロウのモニュメントがあるからですね。

ちなみに、後ろから見ると…

フクロウの広場

トーテムポールのようにも見えますね。

フクロウの下には、鷹の彫刻も彫られていました。

草戸山から歩いてくると、フクロウの顔が見えないので、トーテムポールだと思っている人も多いでしょう。

ここの場所が気に入ったので…

缶ビールで乾杯!

近くに売店はないので、缶ビールは自力で運んできました。(^_^;

冷やした赤ワインと日本酒(冷酒)も持ってきたので、しばらくは宴会タイム!

おつまみは、から揚げ、ビーフジャーキー、チーズ、乾き物(めざし)などなど。

この広場、フクロウのほかにも、スマホ台(写真左:丸太の上部にスマホを挟んで固定できるような溝がある)や、リュク掛け(写真右:リュックや小物が掛けられる)が設置されていて面白い場所でした。

約1時間ほど休憩(飲み食い)して、次に進みます。

③泰光寺山(3番目のピーク)

泰光寺山の山頂
泰光寺山の山頂

南高尾セブンサミッツ3番目のピーク、泰光寺山(たいこうじさん、475m)の山頂です。

セブンサミット中で一番の急登のようですが…今回は巻いてしまったようです。

たぶん、あの急階段があった場所でしょう。

今度行ったときに写真とってきます(上の写真は後日撮影したもの)。

西山峠

西山峠

フクロウの広場から、12~3分で西山峠に到着。

ここから、「山下」バス停に下山できる道があり、エスケープルートとして利用できます。

龍の広場

龍の広場

西山峠から5分ほどで、龍の広場(休憩所)へ到着。

何故?龍なのかと言うと…

広場の中央には龍の彫刻(ベンチ?)が堂々と置かれているからです。

龍の背中が平らになっているので、テーブルとして利用できます。

龍の後ろに丸太を2本合わせたベンチも設置されています。

龍の広場

この広場にも、ベンチ+テーブルの他に、リュック掛けが設置されていました。

語らいのベンチ

語らいのベンチ

龍の広場から7~8分、登山道から左に少し降りたところに、展望が開けた場所にテーブルとベンチが設置されていました。

ここは、語らいのベンチという名称がつけられている場所です。

語らいのベンチ

少し下側にも南側の景色が良い、テーブル+ベンチが設置されていました。

④入沢山(4番目のピーク)

南高尾・入沢山の山頂
入沢山の山頂

南高尾セブンサミッツ4番目のピーク、入沢山(いりさわやま、490m)の山頂です。

セブンサミッツの中で一番の絶景ポイントか?

しかし、山頂への入口がわかりにくく、この場所を訪れる人は少ないようです。

我々も知らないで行き過ぎてしまいました。

語らいのベンチ付近に山頂への入口があるようですが…

(上の写真は後日撮影したもの。そのときの記事は↓こちら)

見晴台

見晴台

語らいのベンチから15分ほどで、見晴台(みはらしだい)へ到着。

ここは、登山道に沿って山側にベンチが設置されている場所です。

見晴台

もう、お馴染みになったリュック掛けも、ベンチに沿って設置されていました。

ここからは、南方面(津久井湖)の展望が開けています。

南高尾山稜コースの中で、一番の展望スポットではないでしょうか(入沢山を除く)。

奥に見える山並みは丹沢、手前の山並みは観音様が寝ているように見えるため、地元の人は「寝姿観音」と呼んでいるそうです。

条件が良ければ富士山も見えるらしい。

⑤中沢山(5番目のピーク)

中沢山

南高尾セブンサミッツ5番目のピーク、中沢山(なかざわやま、標高490m)の山頂です。

山頂には観音菩薩像が立ち、厳かな雰囲気を醸し出しています。

ちょうど、レンゲつつじのオレンジ色の花が咲いていて、観音菩薩像が映えていましたね。

山頂の奥のほうに丸太のベンチが設置されています。

⑥コンピラ山(6番目のピーク)

コンピラ山

南高尾セブンサミッツ6番目のピーク、コンピラ山(514m)の山頂です。

細長い山頂に、横に長いテーブルとベンチが設置されています。

山頂標識は、「コンピラ山 414m」と書かれた小さめの木のプレートが木の幹にくくりつけてあるだけです。

以前は漢字で金毘羅山と書いていたようですが、山頂の標識はカタカナ表記だったので、この記事でもカタカナ表記を採用しました。

⑦大洞山(7番目のピーク)

大洞山

南高尾セブンサミッツ7番目、最後のピークで最高峰、大洞山(おおぼらやま、536m)の山頂です。

といっても、なだらかで山頂らしい急登はなく、展望もありません。

大洞山の山頂標識が立っていなければ、通り過ぎてしまいそうな場所です。

大垂水峠には休憩できる場所がないので、セブンサミッツ最後の休憩所になります。

大垂水峠~一丁平~高尾山~高尾山口

大垂水峠

大垂水峠

大洞山から30分ほどで、大垂水峠(おおだるみとうげ)に到着。

橋の下は国道20号です。ここで下山して、国道沿いに高尾山口駅まで戻ることも可能ですが、

ここまで来たら、やはり、ハートルートを完走(完歩?)したくなるでしょう。

(大垂水のバス停が近くにあるので、時間が合えばバスの利用も可)

大垂水峠橋

高尾山に向かうには、この大垂水峠橋を渡ります。

大垂水峠橋を渡ったら、高尾山方面への階段を上ってゆきます。

大垂水峠からしばらく歩くと(15分ほど)、電波塔が立つ広場へ出ます。

一丁平付近

大垂水峠から50分ほどで、高尾三~城山の登山道へ合流しました。

現在地は↓この辺です(もみじ台~一丁平の中間)。

高尾山

高尾山 大見晴園地

合流地点からひと登りで高尾山の山頂付近に到着。

ここは、高尾山大見晴園地という展望が開けた場所です。

やはり、人出はかなり少ないですね。

高尾山 山頂標識

いつもは混雑のためよく見えない山頂標識も、今日は全体像を撮影することができました。

あとは、1号路で高尾山口駅まで下れば、ハート形の周回コースを完歩したことになります。

しかし、南高尾セブンサミッツのうち2つのピーク(泰光寺山、入沢山)に登頂できなかったのが残念ですねー。

とくに、入沢山の山頂は景色が良さそうなので、近いうちに、また行ってみたいと思います。

※後日2つのピーク(泰光寺山、入沢山)に登ってきました。↓こちらの記事をご覧ください。

あとがき

久しぶりの山歩きだったので(今年はじめて)、高尾山への登りで太ももが吊りそうになり、かなりペースダウンしてしまいました。

コロナ禍で自粛していたため、去年も1回しか山に登っていなくて……脚力の低下は否めません。

夏山に向けて、脚力を回復せねば!

山行記

最後までご覧頂きありがとうございました。

本サイトでは山旅の楽しさと面白さと、とっておきのアイデアやお役立ち情報を掲載しています。他のページもぜひどうぞ!

山旅GOGOトップページへ
コメント欄へ

↓ブログランキングに参加中。応援クリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

山旅GOGO

~~~ コメント ~~~