マイテント紹介~マウンテンダックス・レラ-1

(0)

レラ-1 at白馬大池

テント好きの管理人が所有しているテントを紹介しています。

4番目に買ったのが、マウンテンダックス・レラ-1です。2014年に購入。マウンテンダックス社が20?年ぶりにテントを製造して話題になったモデルです。

(マウンテンダックス社の倒産に伴い、廃盤になってしまいました…)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レラ-1の特徴

このテントの一番の特徴は居住性が高いところ。テントポールが大きく立ち上がる構造になっているので、内部スペースが広々しています。前室の張り出し部分も70cmあるので、広い前室を確保することができます。

(一般のテントの張り出し部分は60cm前後です)

出入口も広くて開放的、荷物の出し入れも楽ですね。さらに、出入り口は全面メッシュになるので通気性は抜群です。暑い夏でも快適に過ごせるでしょう。

(風が吹いていれば…)

作りもしっかりしていて、最近の軽量テントに比較すると、多少重量はありますが、のんびりとテント泊を楽しむのには、ちょうどいいテントです。

フライシートと本体側ポールの固定方法

プロモンテのVLシリーズと同様に、張綱が本体側でなく、フライシート側についていますが、フライシートの裏側の留め具を、本体側ポール部分のスリーブ?に挟み込むだけなので、簡単に固定できます。

フライシートの4隅は、フライシート側のついているハト目にポール差し込むだけ。

廃盤

このテントは、発売後まもなく、マウンテンダックス社の倒産により廃盤になってしまいました。

テント自体は、AMAZON等でしばらく流通していたようですが、山ではほとんど見かけません。他の人と被らないところが、私的にはいいところ。

マウンテンダックス社について(倒産&復活)

マウンテンダックス社は2015年7月に倒産してしまいましたが、その後オクトス社の新ブランドとして復活し、ザック等は販売しているようですが…

残念ながら、テントの販売は復活していませんね。

レラ-1の長所と短所(まとめ)

レラ-1の長所と短所を簡単にまとめると以下の通り。

長所

〇大きく立ち上がるテントポールにより内部スペースが広い
〇前室が広い(前室の張り出し部分の長さ70cm)
〇出入口も広く、全面メッシュ構造
〇既に廃盤になっているので持っている人が少ない。

短所

△他の軽量テントと比較するとやや重い。
△廃盤のため破損した場合は自力で修理するしかない。

 

マウンテンダックス・レラの仕様

レラ-1(1人用)、レラ-2(2人用)が発売されましたが…現在はどちらも販売終了しています。

レラ-1

【定員】1人用(最大2人)
【大きさ】間口205×奥行100×高さ105cm
【重量】1460g (フライ・本体・ポール)
【素材】
・本体:20Dリップストップナイロン/超撥水加工
・フロアシート:30Dリップストップナイロン/PUコーティング/シリコン撥水加工/耐水圧2000mm
・フライシート:20Dリップストップポリエステル/PUコーティング/シリコン撥水加工/耐水圧1500mm
・ポール:DAC製7001アルミ合金中空ポール/プレスフィット径9.0mm

レラ-2

【定員】2人用(最大3人)
【大きさ】間口210×奥行130×高さ115cm
【重量】1560kg (フライ・本体・ポール)
【素材】
・レラ-1と同様。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までご覧頂きありがとうございました!
現在ブログランキングに参加中です。応援して頂けると嬉しいです。

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!…ランキングが上がれば励みになります!(^o^)

テント
山旅GOGO

◆コメント&質問コーナー