【山飯】アルファ米のおいしい食べ方

アルファ米は便利だけど…

アルファ米って登山には便利だけど、
苦手で食べられない人も多いですね。
そこで、今日はアルファ米のおいしい食べ方を紹介します。

アルファ米を使ったレシピではありません。
アルファ米自体をおいしくいただく方法です。

アルファ米が苦手な理由

アルファ米が苦手な理由としては、
・熱湯で戻しても出来上がる頃には冷めてしまう。
・べちゃべちゃした感じで食欲が湧かない。
・匂いが気になる人もいるようだ。

アルファ米のおいしい食べ方

だったら、
熱々でふっくらしたアルファ米が出来たらおいしいはず。

>じゃーどうすればいいの?

炊けばいいんです!
普通の米と同じように炊けばいいんですよ~。(^^)/

>えっ、アルファ米炊いてもいいの?

いいんです!
アルファ米も炊くことによって、
熱々でふっくらした、炊きたての米に近い味になるのです。

>うーん、ほんとかなー?

もちろん、普通の米と比べれば味も食感も劣りますが、
水やお湯で戻すよりは、かなりおいしく出来上がること間違いなし。
米の甘みが感じられるでしょう!

山で生米を炊くのは時間もかかり、
気圧が低いので火加減が難しく失敗する可能性もありますが、
アルファ米なら簡単に短時間で炊き上がります。


嘘だと思ったらお試しあれ!

準備するもの

アルファ米(白飯)
・味付け&具入りのものより、白飯のほうがふっくらおいしく炊けます。


尾西の白飯(アルファ米の定番)
AMAZONで見る


・アルファ米を戻すのに必要な量。パッケージに記載してある量でOK。

シェラカップ(計量カップ)
・水の量を計るために使用。
・アルファ米の空パッケージで代用する場合は、注水線の7割ぐらいでしょうか…

クッカー(コッヘル)
・アルミ製で本体と蓋の間に隙間がないもの。(蒸気が逃げないように)
・できれば焦げ付き防止加工がしてあるもの。

★おすすめはこちら↓

プリムス・イージークックNS・ソロセットM
AMAZONでみる

【おすすめ理由】
・アルミ製&ノンスティック加工で焦げ付きにくい。
・クッカー本体に注ぎ口があるが、蓋との間に隙間ができない。
・クッカーの蓋はアルファ米1人前を盛るのにちょうどいい大きさ。
 レトルトのカレーをかけてもギリギリOK.

ストーブ(バーナー)
・火力調整(強火~弱火)ができるもの

スプーン
・アルファ米付属のスプーンは短かいので普通の長さのものを用意。

アルファ米の炊き方

(1)クッカーにアルファ米と、水を入れてかき混ぜる。
・水はアルファ米のパッケージに記載の量でOK。
 ※好みもあるので慣れてきたら自分で調節すること。
・浸水は必要なし。

(2)ストーブに火をつけて(強火)、クッカーをのせて炊き始める。
・炊き始めはクッカーの蓋はしなくてOK.
・焦げ付かないように時々かき混ぜる。

(3)2分ほどで沸騰するので火を弱め(中火)、クッカーに蓋をする。
・蓋の上に「レトルトカレー」等のおかずを重石替わりに載せて温めるのもOK。
・以後、クッカーの蓋は開けないこと。
・吹きこぼれそうになったら火を弱める(弱火)
 ※なるべく強火のほうが美味しく炊けます。

(4)炊き始めから5~6分で炊き上がる。
・炊き上がり時間は、火力・気温・気圧によって変わるので「音」と「匂い」で判断する。

【炊き上がりの目安】
・音が「グツグツ」から「チリチリ」に変わる。
・湯気から「香ばしい香り」がする。
(私的にはおこげが好きなので、少し焦げた匂いがするまで待つ)

※炊き上がるまでは集中して観察/判断することが大事。

(5)炊き上がったら火を止めて5分ほど蒸らす。
※クッカーの蓋は開けないこと。(熱い蒸気が逃げて温度が下がってしまうので)

(6)蒸らし終わったら、蓋を開けてかき混ぜて、水分を飛ばせば出来上がり。
・水分が多い場合は、弱火にかけてかき混ぜながら水分を飛ばす。
・クッカーの蓋を開けた時に、溜まった蒸気(水分)が米に落ちないように注意。

以上で、熱々でふっくらしたアルファ米の出来上がり~。

味付け&具入りアルファ米を炊く場合

白飯を炊くときとほぼ同じですが、注意点をあげておくと、
・味付け粉末が別になっているものは、
(私の味覚では)全部入れるとしょっぱくなってしまうので、8割程度にすると良い。
・パッケージ記載の水の量が少ないものは、1~2割ほど多めのほうがいいものがある。
(尾西の「山菜おこわ」等、水を入れた感じで判断する)

味付け&具入りのアルファ米の、おいしい炊き方は研究中です!

尾西の白飯
アルファ米の定番!
ネットでまとめ買いがお得!

AMAZONで見る(検索結果)

アルファ米のおいしい食べ方②へ続く


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇