【山飯】マルタイ・棒ラーメンのおいしい作り方~粉っぽさ解消!伸びない麺!

(0)
マルタイ・棒ラーメンと乾燥ゴボウ

登山ではお馴染みの「マルタイ・棒ラーメン」の美味しい作り方を紹介します。見た目は地味ですが、粉っぽさと、麺が伸びやすい点を解消しました。ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マルタイ・棒ラーメンはおいしいか?

登山には便利ですが…

登山ではお馴染みのマルタイ・棒ラーメン(正式名称は、マルタイ ラーメン)。他のインスタント・ラーメンに比べると、嵩張らないので持ち運びに便利です。特にテント泊で何日もかけて縦走する場合(山から山へ歩くこと)、このコンパクトさが非常に重宝しますね。

ネット上では「まるで生麺のよう!」とか「あっさり醤油味で飽きのこない美味しさ!」等々、絶賛している記事も見つかりますが、その評判は本当なのでしょうか。

独特の味と香り~粉っぽさ~

マルタイ・棒ラーメンは本当においしいのか? 私的には独特の味と香り~粉っぽさ~が今ひとつです。インスタント・ラーメンなら、サッポロ一番や、チャルメラのほうが断然おいしいですね。

でも、サッポロ一番やチャルメラは、嵩張るのでテント泊には持って行きにくいんです。そこで、マルタイ・棒ラーメンを何とか美味しくする方法はないかと、いろいろと模索していたんですが……

ついに発見しました。マルタイ・棒ラーメンのおいしい作り方を。

名付けて、マルタイ・ゴ棒ラーメン!

今日は…特別に…あなただけに…こっそり教えましょう。(^_^;

おいしく作るコツは乾燥ゴボウと茹で時間

山で使えるレシピの条件

ネット上を検索すれば、棒ラーメンのレシピは山ほど見つかります。しかし残念ながら、山飯で使えそうな、特に数泊のテント泊で使えそうなレシピはほとんどありません。何故かというと、山飯として使える食材や調理方法には、以下のような条件があるからです。

山飯(テント泊)の条件

1. 食材は軽量&コンパクトに持ち運べて日持ちするもの
2. 生ものは基本NG(腐らなよう工夫すれば…可)
3. 調理方法は手間がかからないこと
4. ゴミが出ない(少ない)こと
5. 茹で汁は捨てないこと!

特に重要なのが「5.茹で汁は捨てないこと」です。麺の茹で汁や残り汁には、炭水化物や塩分・油分などが含まれているため、生態系の変化や自然環境の破壊につながります。山の自然を保護するための大切なマナーです。

乾燥ゴボウで粉っぽさ解消!

そこで登場するのが乾燥ゴボウです。乾燥ゴボウと一緒に麺を茹でると、棒ラーメン独特の味と香り~粉っぽさ~がなくなって、食感もコリコリしておいしくなるのです。ボリュームもアップするので一石三鳥という食材です。

ゴゴウの消臭効果

あまり知られていないようですが、ゴボウには消臭効果があります。ドジョウ鍋やイノシシ鍋に、ささがきにしたゴボウを入れるのは、食材の生臭さを消すためなんですね。ゴボウの消臭効果の秘密は、食物繊維アクにあるとのこと。

日本テレビの番組「所さんの目がテン!」でも紹介されいました。
参考:所さんの目がテン!/驚きの消臭力ゴボウの謎(2002年2月)

茹で1分、蒸らし2分~伸びない麺!

マルタイ・棒ラーメンの袋に記載されている麺の茹で時間は3分です。他のインスタントラーメンと同じ時間なんですが、棒ラーメンの場合、3分も茹でるとすぐに麺が伸びてしまいますね。

そうすると、粉っぽさが増して、どんどん味が低下してくるような気がします。麺が伸びないようにするには、早めに火を止めて粉末スープを混ぜてから余熱で蒸らせばOKです。

今までの経験では、
・ゆで時間1分+蒸らし2分(合計3分)
このくらいがちょうどいいと思います。

2分待っている間に少し冷めてしまいますが、カップヌードル(熱湯を注いで3分)よりは熱い状態で食べられます。

ちなみに、私は(猫舌ではありませんが)ラーメンやうどんは作りたての熱々より、少し冷めて麺にスープが染み込んだ状態のほうが好きです。少し冷めた方がスープの味もよく分かりますね。

ゴ棒ラーメンの作り方

では、実際の作り方を説明しましょう。

【1】乾燥ゴボウを1分煮込む
ゴ棒ラーメンの作り方①

クッカーに水を400mlと乾燥ゴボウを適量(10gぐらい)入れて沸騰させます。
公式の作り方は水450mlですが、乾燥ゴボウを入れるので、少し濃い目でちょうどいいですね。

ゴ棒ラーメンの作り方②

沸騰したら、そのまま1分ほど乾燥ゴボウを煮込みます。
煮込み時間は、乾燥ゴボウの戻し時間(袋に記載されているはず)によって調整します。

【2】棒ラーメンを投入し、1分茹でる

棒ラーメン1束を入れて1分間茹でます。
ゴボウのアクが出ても、そのままでOK!(アクに消臭効果があるようです)

【3】火を止めて粉末スープと調味油を投入
ゴ棒ラーメンの作り方③

1分たったら火を止めて、粉末スープと調味油を投入して、軽くかき混ぜます。

【4】2分蒸らす
ゴ棒ラーメンの作り方④

クッカーの蓋をして2分間待ちます(余熱で蒸らす)。

ゴ棒ラーメンの作り方⑤

2分たったら出来上がりです。蓋を開けると調味油(ごま油)のおいしそうな香りが広がります。

以上で完成です! 見た目は地味ですが……

まるっと、スリッと、ゴリッと、おいしくなってるはずです!

ごま油を少量加えると、さらに、風味と旨味がアップします!

この、ゴ棒ラーメンをベースにもうひと工夫すれば、更においしくなるでしょう!

ゴ棒ラーメン、一度試してみてください!

スープには粉っぽさが少し残りますが、これはしょうがないですね。
スープに使うお湯を、茹で汁とは別に用意すれば、この問題も解決できますが……
山で茹で汁を捨てると環境破壊につながるのでNGです。

あとがき

乾燥ゴボウはコリッとした食感が美味しくて、山飯のボリュームアップにもなる食材です。ラーメンだけではなく、アルファ米に入れてもおいしいです。アルファ米に入れる場合は、1-2cmぐらいに細かくしたほうが食べやすくて食感もグッド!

ゴボウの栄養と効果

ゴボウは食物繊維が豊富で、腸内環境を整え、肌荒れや便秘の予防に大きな効果が期待できます。その他の薬用効果もあるようです。最近ではゴボウ茶も人気ですね。

乾燥ゴボウは↓こちらを使用。

吉良食品・乾燥ごぼう(九州産)
風味と歯ごたえが評判!
Amazonで見る

動画を作成したので↓こちらもご覧ください。

【山飯】マルタイ・棒ラーメンのおいしい作り方~粉っぽさ解消!伸びない麺!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
山飯

最後までご覧頂きありがとうございました!
ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、お気軽にコメントをお寄せください。当サイトでは山旅の楽しさと、お役立ち情報を掲載しています。他の記事もぜひご覧ください。
山旅GOGOトップページへ

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

山旅GOGO

~~~ コメント ~~~